[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/19)GMOホスティング&セキュリティ 「アイル」「ラピッドサイト」期間限定のキャンペーンを実施中
記事一覧 (12/19)三栄建築設計 12月14日に株主優待制度を発表
記事一覧 (12/18)ソフトクリエイト ECサイトとして最高レベルの情報セキュリティ対策を実施
記事一覧 (12/18)ソフィアホールディングス ソフィア総合研究所は中国・上海への進出を決定し、16日より事業を開始
記事一覧 (12/17)アライドテレシスホールディングス BS日テレ制作の医療スペシャル番組の取材を受ける
記事一覧 (12/17)寿スピリッツ:「お菓子の壽城・シャミネ松江店」明日18日オープン
記事一覧 (12/16)ベルーナ 11月の売上高は、対前年同月比9.7%増と今期最高の伸び率
記事一覧 (12/16)東芝はエジプトにアフリカ・中近東地域で最大の液晶テレビ工場を建設
記事一覧 (12/15)スターティア 「セキュアSamba」を日本郵便が導入
記事一覧 (12/15)三栄建築設計 株式分割、定款の一部変更及び配当予想の上方修正を発表
記事一覧 (12/15)フラクタリスト 11月広告表示回数が40億回/月を突破
記事一覧 (12/14)クリナップ:らくらく大掃除サイトで「ぴかぴか読本/キッチン編」プレゼント
記事一覧 (12/14)パイプドビッツ シーエー・モバイルとモバイル広告販売の業務提携について合意
記事一覧 (12/13)ソーバル 今通期業績予想と配当の上方修正を発表
記事一覧 (12/13)日本エンタープライズは本日からハーレクインコミックスの中国語版20本を配信
記事一覧 (12/13)うかい 11月の飲食事業の売上高は、対前年同月比99.9%
記事一覧 (12/12)ピーアンドピー 前11月売上に不採算事業の実績が加わっているため、今11月の売上高は6.7%減
記事一覧 (12/11)アライドテレシスホールディングス 「モバイルアクセス キャッシュバックキャンペーン」を実施中
記事一覧 (12/10)日本エンタープライズ:中国モバイル向け電子コミックストア『漫魚』オープン
記事一覧 (12/10)トレジャー・ファクトリー 11月の売上高は、前年同月比26.9%増と今期の最高伸び率
2010年12月19日

GMOホスティング&セキュリティ 「アイル」「ラピッドサイト」期間限定のキャンペーンを実施中

GMOホスティング&セキュリティホームページ GMOホスティング&セキュリティ<3788>(東マ)は、「アイル」「ラピッドサイト」の期間限定キャンペーンを実施中。
 キャンペーンの内容は、キャンペーン期間の2010年12月15日(水) から 2010年12月20日(月)18:00までに入会すると、初期費用+月額3カ月分が完全無料となる。
 ホスティング事業では、会員の早期囲い込み策を実施し、多くの会員獲得のために、キャンペーンを実施している。今回のキャンペーンもその流れに沿ったもの。
 今通期連結業績予想は、売上高84億2300万円(前期比10.9%増)、営業利益12億6300万円(同10.7%増)、経常利益12億6300万円(同8.9%増)、純利益6億7600万円(同10.2%増)と増収増益を見込む。
 もう一方の、セキュリティ事業も、海外で順調に顧客を獲得していることから、今後の急拡大が予想される。今期予想PERは12.7倍。

>>GMOホスティング&セキュリティのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:57 | IR企業情報

三栄建築設計 12月14日に株主優待制度を発表

■11年2月末日現在で1単元以上所有している株主を対象

三栄建築設計のHP 戸建住宅の三栄建築設計<3228>(名セ)は、12月14日に株主優待制度を発表している。
 11年2月末日現在で1単元(100株)以上所有している株主を対象に、株式100株〜500株所有の株主には、お米1キログラム相当のおこめ券2枚、600株以上の株主には、お米1キログラム相当のおこめ券5枚をプレゼント。
 2月末の株主を確認後、速やかに郵送する。5月の初旬には株主の手元に届くとしている。尚、同日に11年1月31日を基準日として、1対2の株式分割も発表している。
 14日の分割、増配、株主優待の発表後、株価は出来高を伴い上昇している。17日の株価は、2560円(前日比51円高)で引けている。しかし、PERはまだ4.3倍と評価不足。今後の株価上昇が予想される。

>>三栄建築設計のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:10 | IR企業情報
2010年12月18日

ソフトクリエイト ECサイトとして最高レベルの情報セキュリティ対策を実施

■ECサイト構築から運用に関わる全ての過程でセキュリティ対策支援サービスを導入

ソフトクリエイトホームページ ECサイト構築のリーディングカンパニーであるソフトクリエイト<3371>(東2)とラックは、同社データセンターにて展開するECサイトを不正アクセスの脅威から守るため、ECサイト構築パッケージ「ecbeing」を活用したECサイト構築から運用に関わる全ての過程でセキュリティ対策支援サービスを導入する包括契約を締結し、ECサイトとして最高レベルの情報セキュリティ対策を実施することを発表。
 同社は、99年に立ち上げた自社運営ネットショップ「特価COM」(09年3月期売上実績約27億円)の運用経験をベースに開発したECサイト構築パッケージ「ecbeing」を提供しており、ECパッケージソフトウェア部門で国内No.1 の実績(矢野経済研究所調べ)を有している。550サイト以上の実績を誇るECサイト構築パッケージ「ecbeing」は、中堅・大手企業を中心に様々な業界で導入され、そのほとんどが同社データセンターで運用されている。

■ラックとセキュリティ対策における包括契約により、幅広い脅威に対して対策を実施

 近年、ECサイトへの攻撃手法が巧妙化し、不正浸入によるデータ改ざんや、顧客情報の漏洩などが大きな問題になっている。一般利用者と同じ通信手段(プロトコル)を利用してのファイアウォールの突破や、各種サービスの妨害・停止、ルート権限の奪取まで、その攻撃は実に多彩。こうした脅威からECサイトを守るためには、ログを詳細に解析して攻撃手法を検知する侵入検知システム(IDS)/侵入防止システム(IPS)の導入や統合脅威管理(UTM:Unified Threat Management)といったセキュリティソリューションが必要不可欠な状況になっている。特に、導入するだけではなく、導入後の的確な運用管理がセキュリティ対策の成否の鍵をにぎっているといっても過言ではない。
 同社は、ネットショップ運営における最重要課題は、店舗と客がいつも安全な電子商取引を安心して実行できる環境の提供にあると考えている。円滑な電子商取引をおびやかす脅威に対して問題意識を持ち、今回ラックと取り交わしたセキュリティ対策における包括契約により、幅広い脅威に対して対策を実施し、セキュリティ品質を高める取り組みを開始した。

■今期予想PER8.4倍と割安であり見直し買いの継続が予想される

 セキュリティに対する関心は非常に高まっていて、同社の不正接続PC検知・排除システムL2Blockerの売上は、当初の予想の売上を半年で達成し、今期予想売上高を当初予想の数値の2倍に引き上げている。
 消費者の購入形態もPCの普及と共にネット購入が各家庭に浸透してきていることから、EC(イーコマース)の売上高は年々高まってきている。
 日本のイーコマースの市場規模は経済産業省によるとBtoCで6.7兆円と言われており、年間成長率は10%以上見込まれていることから、今後も市場規模は拡大することから同社のECサイト構築ビジネスのニーズは高まると共に、一方でセキュリティの重要性が高まる。
 今回ラックとの業務提携により、同社の業界における基盤は更に強固なものとなる。
 株価は、15日に1000円台となり、出来高を伴い急上昇している。11月の下旬から市場全体が活発化していたが、同社の出遅れがここにきて見直されたことによる。しかし、17日の株価は、1040円(前日比8円安)で、今期予想PER8.4倍と割安であることから、今後も見直し買いが継続するものと思われる。

>>ソフトクリエイトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:50 | IR企業情報

ソフィアホールディングス ソフィア総合研究所は中国・上海への進出を決定し、16日より事業を開始

■中国におけるネットビジネスへの進出に最適な時期に入ったと判断

ソフィアホールディングス ソフィアホールディングス<6942>(JQS)の子会社であるソフィア総合研究所(以下、SRI)は、09年6月16日にSophia Asia−Pacific,Limited(以下、SAP)を香港に設立し、市場の情報収集を行い、事業計画の策定、開始の準備を進めてきたが、今回中国・上海への進出を決定し、16日より事業を開始した。
 同社グループの中核事業であるインターネット関連事業の長期的成長を図るため、SRI及びSAPはソフィアデジタル、ソフィアモバイルへの輸入事業の支援とは別に、東アジア地域を中心に市場の情報収集を進めてきた。この地域は長期的な成長が期待されているものの、1人当たりの国民所得等から日米欧並みのネットビジネスの市場が確立するのは、購買力の点でまだまだ先と思われる。しかし、中国の経済成長は著しく、日本のネットビジネス企業が進出しても購買力やインフラ整備状況の点で採算が取れる可能性が飛躍的に高まってきている。
 その結果、中国におけるネットビジネスへの進出に最適な時期に入ったと判断し、まず中国・上海においてインターネット関連事業を開始する事を決定し、16日より事業を開始した。

■日本の商品を扱う小売店舗の運営およびインターネット通販事業を開始

 SRIは、子会社を通じて中国(上海)で、日本の商品を扱う小売店舗の運営およびインターネット通販事業を開始する。(中国国内で外資系企業がインターネット通販事業を行なうためには現地に実店舗が必要)SRIは、ネットビジネスに取り組む企業の後方支援を行う事を主たる事業としているが、今回、自らが中国本土で店舗事業・インターネット通販事業を立ち上げ、経験・ノウハウを直接得ることが、今後の事業展開において重要であると判断した。
 多くの国内企業が既に中国への進出を果たし、事業展開を図っているが、習慣の違いやコミュニケーションの問題、細部にわたる中国の法律問題等がビジネスの障害となるケースが見受けられる。
 そこで、自らリアルタイムで現地の市場動向を把握し、発生する問題を自ら解決し、経験・ノウハウを蓄積、活用することで、国内クライアントが障害無くスムーズに中国市場に進出できる事を目指す。
 最終的には、国内と同様のスピードと品質で、マーケティングからシステムインテグレーション迄、ワンストップサービスを目指す計画。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:05 | IR企業情報
2010年12月17日

アライドテレシスホールディングス BS日テレ制作の医療スペシャル番組の取材を受ける

■放送予定日12月19日(日)13時30分より14時まで

アライドテレシスホームページ インターネット機器の製造・販売を行なうアライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、最新の医療ネットワークを支える存在であることから、同社の活動内容と、インタビューが行われ、12月19日にBS日テレのスペシャル番組で放送される。
 番組では、地域医療ネットワークを構築している民間病院や、先進的な院内ネットワークを構築している病院が取材されるなど、病院における医療情報部の重要性や、最新の病院ICTが紹介される予定。
 放送予定日は、12月19日(日)13時30分より14時まで。BS日テレ (デジタルBS 4ch)で「医療スペシャル ネットワークが病院を変える」というタイトルで放送される。

>>アライドテレシスホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:15 | IR企業情報

寿スピリッツ:「お菓子の壽城・シャミネ松江店」明日18日オープン

寿スピリッツのHP 寿スピリッツ<2222>(JQS)グループの寿製菓は、現在、松江駅構内シャミネ食の専門館で、洋菓子ブランドの「KAnoZA」(カノザ)を展開しているが、このたび新たに、和菓子ブランドの「お菓子の壽城 シャミネ松江店」(面積27.04平米)を12月18日に出店する。

 同店では、「お菓子の壽城」の名物「とち餅」をはじめとした人気商品を取りそろえているが、何といっても菓子処・松江にふさわしい売り場づくり・商品構成での展開をめざしている。

 また、おもてなしの接客を心がけ、癒しと寛ぎの場として利用してもらうとともに、自宅用としても気軽に利用してもらうために、単品販売を実施する。なお、同社では、同シャミネ松江店の年間売上目標を40百万円と見込んでいる。(写真=お菓子の壽城の外観)

お菓子の壽城の外観

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:48 | IR企業情報
2010年12月16日

ベルーナ 11月の売上高は、対前年同月比9.7%増と今期最高の伸び率

■主力の総合通販事業は、7月に次ぐ伸び率で、同13.0%増

ベルーナ カタログ販売のベルーナ<9997>(東1)は、16日に11月の月次売上を発表した。
 11月の売上高は、対前年同月比9.7%増と今期最高の伸び率を示した。主力の総合通販事業は、7月に次ぐ伸び率で、同13.0%増。ソリューション事業(封入・同梱事業)も87.3%増と大幅に伸びている。その他事業(子会社のBANKAN、わものや、フレンドリー)は、15.1%増。
 一方、減収となっているのは、専門通販事業(1.7%減)、ファイナンス事業(42.3%減)、プロパティ事業(7.4%減)。
 今期は本業回帰で、売上高6.4%増、営業利益33.9%増、経常利益33.6%増、純利益119.3%増と増収大幅増益を見込む。
 16日の株価は、444円(前日比5円高)と出来高を伴い反発が始まった。PBR0.41倍、今期予想PER7.9倍、配当利回り3.38%とまだ割安であり、主力の総合通販事業の売上が伸びてきていることから継続的な反発が予想される。

>>ベルーナのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:21 | IR企業情報

東芝はエジプトにアフリカ・中近東地域で最大の液晶テレビ工場を建設

■2011年度にアフリカ・中近東地域でシェア15%を目指す

 東芝<6502>(東1)は、エジプト国内のトップメーカーのエルアラビ社と合弁で、新たに液晶テレビの製造会社を設立すると発表した。

 アフリカ・中近東地域として初めて、パネル組立工程から完成品までの液晶テレビの生産体制を構築することで、コスト競争力強化を図るとともに、新会社で生産された製品について、エジプト国内を含めた近隣アフリカ・中近東諸国への販売拡大に向け、エルアラビ社との販売合弁会社の体制も強化し、事業規模拡大を図っていく。

 新会社は、同社のテレビ事業の新興国販売戦略の一環として、アフリカ・中近東地域における「地産地消」体制の構築による事業拡大を目的としたもので、アフリカ・中近東地域では最大の液晶テレビ工場となる。現在、同社と技術提携関係にあるエルアラビ社との協業を推進し、地域市場のニーズに基づく液晶テレビを地域内で生産することで、商品力とコスト競争力強化を図り、生産規模も順次拡大し2013年度に年間200万台を目指す。

 また、販売体制については、今後、現在エルアラビ社と同社グループの東芝ホームアプライアンス株式会社との共同出資の販売会社である「東芝エルアラビ家電販売社」の白物家電の販売ルートも活用することで、テレビの販売力の向上を図り、2011年度にアフリカ・中近東地域でシェア15%を目指していく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:09 | IR企業情報
2010年12月15日

スターティア 「セキュアSamba」を日本郵便が導入

■大容量かつ低価格を評価

スターティアのHP スターティア<3393>(東マ)は、SaaS型オンラインストレージサービス「セキュアSamba」を日本郵便へ納入した。
 「セキュアSamba」は、社内にファイルサーバーがあるのと同感覚で支店や他社など拠点間のファイル共有を行えるSaaS型オンラインストレージサービス。最大1TB(1000GB)のファイルをインターネット上のファイルサーバーに保存することが可能。
 日本郵便では、他社とのファイル共有を目的として大容量かつ低価格であった「セキュアSamba」を評価し、導入することになった。また、シンプルな操作性のほか、SSL−VPNを利用した高いセキュリティも評価の対象となった。
 同社では、クラウド/SaaSの普及と共にオンラインストレージ市場も大きく拡大してくると予想している。
 同社の重点的取り組みのひとつであるストック収益の拡大を進めるために、サービスの拡販を行う方針。(画像=『セキュアSamba』ホームページ)

(画像=『セキュアSamba』ホームページ)

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:39 | IR企業情報

三栄建築設計 株式分割、定款の一部変更及び配当予想の上方修正を発表

■11年1月31日を基準日とし1対2の株式分割を実施

三栄建築設計のHP 戸建住宅の三栄建築設計<3228>(名セ)は、14日の引け後に、株式分割、定款の一部変更及び配当予想の上方修正を発表した。
 11年1月31日(月曜日)を基準日とし、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有普通株式1株を2株に分割する。
 分割することで、投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性を高め、より投資しやすい環境を整えることで投資家層の拡大を図る。
 株式分割に伴い、発行可能株式総数は1480万株から2960万株となる。
 また、分割後の11年8月期末の配当を20円とすることも発表した。分割前に換算すると1株当たり40円となることから、前期比10円の増配となる。当初予想35円としているので、5円の上方修正。
 首都圏23区内の狭少宅地の都市型3階建ては同社の独占状態であり、業績は、上場以来最高益更新を継続中で今期も増収増益が見込まれている。
 今年の2月24日に株式分割を実施しているが、その際は、2月25日の1490円から急騰し、5月12日には年初来最高値2920円を付けている。
 しかし、現在でもPER4.22倍と依然として割安状態であることから、今回の分割、配当の上方修正により、再度の株価見直しが予想される。

>>三栄建築設計のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:16 | IR企業情報

フラクタリスト 11月広告表示回数が40億回/月を突破

■サービス開始より広告主、メディアより大好評

 モバイルインターネット分野のマーケティング支援とモバイルサイトの運営を行うフラクタリスト<3821>(名セ)が提供するモバイルアドネットワークサービス「AD−STA(アドスタ)」が、開始15カ月目にあたる11月に広告表示回数が40億回/月を突破した。
 「AD−STA」とは、クリック率やコンバージョン率、費用対効果などの広告実績に基づき、モバイルメディアとモバイル広告の組み合わせを最適化する機能を持つアドネットワークサービス。
 このサービスは、広告主、メディアの双方にとって最適な広告の配信が可能であるため、広告主は広告効果の向上が期待できる一方、メディアは広告主からの継続的な広告出稿により安定した収益を見込むことができる。
 サービス開始より広告主、メディアより大好評であったことから、11月をもって広告表示回数が40億回/月を突破。
 同社では安定した広告配信と提携モバイルメディアを順次拡充しており、今後も引き続き、さらなるサービスの拡大を見込んでいる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:45 | IR企業情報
2010年12月14日

クリナップ:らくらく大掃除サイトで「ぴかぴか読本/キッチン編」プレゼント

クリナップ:らくらく大掃除サイトで「ぴかぴか読本/キッチン編」プレゼント

クリナップホームページ クリナップ<7955>(東1)が同社ホーページ内にオープンした、年末の大掃除に役立つスペシャルWebサイト「ラクラク大掃除計画」は、主婦の泣き処「キッチン掃除のツボ」を押えたプロの知恵だと好評だ。

 そこで同社では、同Webサイト「ラクラク大掃除計画」を訪れた顧客へのサ−ビスとして、同社オリジナル冊子「ぴかぴか読本/キッチン編」(非売品)を先着200名にプレゼントしている。

 この冊子では、キッチンの手入れのし方を、シンクまわり、加熱機器、レンジフード、キャビネット、壁パネルおよびその他の機器類について、各部位ごとに分けて細かく説明している。
また、プロの目で見た理想的な手入れのスケジュールとして、毎日の行うもの、週間、月間、半年〜年間で実施するなど、手入れ・掃除の頻度を分けて紹介し、効率よくラクに掃除ができるコツを紹介している。

>>クリナップのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:41 | IR企業情報

パイプドビッツ シーエー・モバイルとモバイル広告販売の業務提携について合意

■より付加価値の高いサービスの提供や利便性の向上が予想される

パイプドビッツのHP パイプドビッツ<3831>(東マ)は、シーエー・モバイルと両社の将来に向けた持続的な事業発展のため、14日にモバイル広告販売の業務提携について合意したと発表。
 今回の提携は、モバイル広告分野におけるリーディングカンパニーとしての経験とノウハウを有するシーエー・モバイルと、情報資産プラットフォーム事業で1800以上の取引を有している同社が業務提携することにより、両社の強みを活かした事業展開が期待でき、顧客に対して、より付加価値の高いサービスの提供や利便性の向上をもたらすものと予想される。

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:17 | IR企業情報
2010年12月13日

ソーバル 今通期業績予想と配当の上方修正を発表

■適切な人員配置を実現し、待機工数の削減が実現

ソーバルのHP 技術者派遣のソーバル<2186>(JQS)は、13日引け後に、今通期業績予想と配当の上方修正を発表した。
 売上高は、前回発表通りの58億5000万円(前期比1.4%増)、営業利益は前回予想を4000万円上回る1億9000万円(同11.87倍)、経常利益は5000万円上回る2億円(同10.52倍)、純利益は1500万円上回る1億500万円(前期△1900万円)と増収大幅増益を見込む。
 期初に案件情報の一元管理及び情報共有を目的とした組織変更を行ったことにより、適切な人員配置を実現し、待機工数の削減が実現できたことと、コスト削減に取り組んだことを利益面での上方修正の要因としている。
 また、当初予想を上回る利益が確保できることから、期末配当を当初予想の7円から8円へと上方修正した。第2四半期の7円と合わせると年間配当15円(前期10円)となる。
 株価チャートを見ると、大幅な業績回復にもかかわらず、たいした反発もないL字型のチャート。今後の反発が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | IR企業情報

日本エンタープライズは本日からハーレクインコミックスの中国語版20本を配信

■中国では、初の日本コミックの取り扱いとなる

日本エンタープライズホームページ モバイルソリューション事業を展開する日本エンタープライズ<4829>(東2)は、100%子会社の因特瑞思(北京)信息科技有限公司と北京業主行網絡科技有限公司の両社が運営する中国モバイル向け電子コミックストア「漫魚」(マンギョ)において、ソフトバンク クリエイティブ社(東京都港区)と、ハーレクイン社(東京都千代田区)の協力により、本日(12月13日)から、ハーレクインコミックスの中国語版20本を配信する。
 中国の契約携帯電話は、8億台を超え、世界第一位の加入者数を誇る携帯電話大国であり、現在も驚異的な増加を続けている。また、携帯電話を活用したモバイルコンテンツ市場は、今後、第三世代携帯電話(以下、3G)が普及していくことが見込まれており、飛躍的な広がりが期待されている。
 このような状況のもと、同社グループは、本格的な3G端末の普及を見据え、「電子コミック」を中国戦略の大きな柱として推進しており、Android端末をはじめ2G・2.5G携帯端末向けのサービスとして、より多くの人々に利用してもらうことを目的に、中国通信キャリアの有料化に先駆け、独自の課金システムによる有料サービスとして、モバイル向け電子コミックストア「漫魚」をオープンし、240タイトルの中国オリジナルコミックを配信している。
 今回、配信開始する「ハーレクインコミックス」20本は、ハーレクインのロマンス小説を原作とした日本コミックで、「漫魚」にとって、初の日本コミックの取り扱いとなる。これを機に、日本の電子コミックを拡充していく予定。

日本エンタープライズは本日からハーレクインコミックスの中国語版20本を配信

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:27 | IR企業情報

うかい 11月の飲食事業の売上高は、対前年同月比99.9%

■上半期の売上高と比較すると回復傾向

うかいのホームページ 高級和食・洋食レストランを運営するうかい<7621>(JQS)は、飲食事業の11月の月次売上高を発表した。
 11月の売上高は、対前年同月比99.9%。来客数は同98.5%、客単価は、同101.5%。来客数は100%を割り込んでいるが、8月、10月に次ぐ高い数値である。
 10月の売上高は同101.8%であったことから、10月と11月を合わせた売上高は、前年をわずかに上回っている。上半期の売上高98.8%(前年同期比)と比較すると回復傾向にあるといえる。

>>うかいのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:27 | IR企業情報
2010年12月12日

ピーアンドピー 前11月売上に不採算事業の実績が加わっているため、今11月の売上高は6.7%減

■減収幅は着実に縮小し、利益を伴う売上高が伸びる

ピーアンドピーHP 販売支援のピーアンドピー<2426>(JQS)は、10日に11月月次の売上を発表した。
 11月の売上高は、前期の11月売上高に不採算事業の実績が加わっているため、前年同月比6.7%減となった。
 昨年7月より前年度末に整理したピーアンドピー・キャリアの不採算事業部門の実績が加わっているため、今期の月次売上高は、4月〜6月までは20%を超える増収であったが、7月以降15.9%減、8月14.6%減、9月12.1%減、10月7.9%減、11月6.7%減と前年同月比では減収。
 しかし、減収幅は着実に縮小していることから、実態は利益を伴う売上高が伸びているといえる。

■予想PER7.45倍、PBR0.66倍、配当利回り4.99%を背景に、今後も株価の見直しが進む

 11月5日発表の第2四半期連結業績では、売上高104億8000万円(前年同期比0.9%増)、営業利益2億4000万円(同74.5%増)、経常利益2億4200万円(同71.4%増)、純利益8800万円(同54.2%増)と微増収ながら大幅増益であったように、今期は不採算事業を一掃し、収益体制の改善が進んでいる。
 株価チャートを見ると、10月19日の年初来最安値1万4400円を底に急反発し、12月10日に1万8000円台まで回復している。予想PER7.45倍、PBR0.66倍、配当利回り4.99%を背景に、今後も株価の見直しが進むものと予想される。

>>ピーアンドピーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:18 | IR企業情報
2010年12月11日

アライドテレシスホールディングス 「モバイルアクセス キャッシュバックキャンペーン」を実施中

■ARルーターの購入金額の最大72%をキャッシュバックする期間限定の特価キャンペーン

アライドテレシスホームページ アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、「モバイルアクセス キャッシュバックキャンペーン」を、2010年12月1日より2011年5月31日(申込分)まで実施中。
 本キャンペーンは、アライドテレシスARルーターの購入時に、ソフトバンクモバイルのスマートフォンを契約すると、ARルーターの購入金額の最大72%をキャッシュバックする期間限定の特価キャンペーン。
 近年のモバイルネットワークの高速化や、スマートフォンに代表されるモバイル端末の急速な普及にともない、その利用シーンはビジネスシーンをはじめ病院、学校、行政分野まで幅広く展開し、モバイルアクセスを積極的に活用するケースが増えている。
 アライドテレシスのVPNアクセス・ルーター“ARファミリ”は、Windows OS (XP/Vista/7) と、ソフトバンクモバイルのスマートフォンなどモバイル端末標準搭載のIPsec VPNクライアントとの相互接続検証確認済みであり、専用ソフトウェアの購入やインストールは不要。また、標準Wizardで簡単に設定ができるため、外出先から社内や院内、校内等のアプリケーションへ容易にセキュアなモバイルアクセスを実現。さらに、ARファミリはファイアウォール、QoS、ブリッジ機能等の豊富な機能を搭載し、ネットワークの規模や環境に応じた製品ラインナップにより、各クラスにおける高いコストパフォーマンスを発揮する。

>>アライドテレシスホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | IR企業情報
2010年12月10日

日本エンタープライズ:中国モバイル向け電子コミックストア『漫魚』オープン

■独自の課金システムによる有料モバイル向け電子コミックを開始

日本エンタープライズホームページ モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ<4829>(東2)の100%中国子会社である因特瑞思(北京)信息科技有限公司と、北京業主行網絡科技有限公司は、中国のモバイル向けに、電子コミックストア『漫魚』(マンギョ)を平成22年12月10日(金)にオープンしたと発表。

 中国の契約携帯電話は、8億台を超え、世界第一位の加入者数を誇る携帯電話大国であり、現在も驚異的な増加を続けている。また、携帯電話を活用したモバイルコンテンツ市場は、今後、第三世代携帯電話(3G)が普及していくことが見込まれており、飛躍的な広がりが期待されている。

 このような状況のもと、同社グループは、本格的な3G端末の普及を見据え、「電子コミック」を中国戦略の大きな柱として推進しており、本年1月に電子書籍の発展・保護を目的とした「漫画家新媒体連盟」(中国北京市)の設立、同年3月からiPhone/iPod touch向けに電子コミックの配信をスタートしていた。

 今回のモバイル向け電子コミックストア『漫魚』は、中国通信キャリアを問わず、Android端末をはじめ2G・2.5G携帯端末向けのサービスとして、中国通信キャリアの有料化に先駆け、独自の課金システムによる有料サービスとして、12月10日(金)にオープンすることとななった。取り扱う電子コミックは、同社が保有する中国オリジナルコミック240タイトルからスタートし、今後、タイトル数を拡大させ、日本の電子コミックの配信も手がけていくとしている。

日本エンタープライズ:中国モバイル向け電子コミックストア『漫魚』オープン

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:11 | IR企業情報

トレジャー・ファクトリー 11月の売上高は、前年同月比26.9%増と今期の最高伸び率

■株価は半減していることから、今後継続的な上昇が期待される

トレジャーファクトリー リサイクルショップを展開するトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)は、11月の月次売上高を発表した。
 11月の売上高は、前年同月比26.9%増と今期の最高伸び率となった。下期に入って、9月は14.2%増と通期売上予想23.9%増を大幅に下回ったものの、10月、11月共に前年同月比26.9%と通期予想を3ポイント上回り、攻勢に転じている。
 最高益更新企業でありながら株価チャートは右肩下がりであったが、10月27日の年初来最安値490円を底に、反転し、やっと見直し買いが始まったところ。株価は半減していることから、今後継続的な上昇が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | IR企業情報