[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/05)日本エンタープライズ 「女性のキレイ・リズム」のAndroid版の提供を開始
記事一覧 (07/03)ラクーン 原宿竹下通り系スタイルブランド「ACDC RAG」を「スーパーデリバリー」で販売
記事一覧 (07/01)フォーカスシステムズ ガイダンスソフトウェア社と正規販売代理店契約を締結
記事一覧 (07/01)インテージ 6月30日にリサーチダイナミクス社からの事業譲受を完了
記事一覧 (07/01)アライドテレシスホールディングス 30日の引け後に自己株式の消却を発表
記事一覧 (07/01)ラクーン ステーショナリーメーカーのアーティミスが「スーパーデリバリー」での販売をスタート
記事一覧 (06/29)ティムコ JR大阪駅西高架下商業ゾーン「ALBi」内にFoxfireストアを出店
記事一覧 (06/29)セントラルスポーツ 大型スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」を7月6日にオープン
記事一覧 (06/29)ラクーン アフリカ専門の輸入販売を行なうアフリカンスクエアーが「スーパーデリバリー」に登場
記事一覧 (06/29)スターティア 子会社のスターティアラボが第3回販促EXPOに出展
記事一覧 (06/27)ラクーン レディース下着ブランド「ロリアンミル」がスーパーデリバリーに登場
記事一覧 (06/27)森下仁丹 第2四半期連結業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (06/24)大幸薬品:水なしで飲める「ピシャット」ブランド拡充へ
記事一覧 (06/24)スターティア 税理士事務所の業務効率化を促すクラウド活用セミナーを共同開催
記事一覧 (06/23)日本エンタープライズ 子会社はCD「ELECTRO SWING GHIBLI」をリリース
記事一覧 (06/23)【大幸薬品:今期の展望】「セイロガン糖衣A」が堅調に推移、中国でも販売を開始
記事一覧 (06/22)朝日ラバー 特別利益の発生、今12年3月期通期連結業績予想、増配を発表
記事一覧 (06/21)メンバーズ ナガセとジョイントベンチャーを設立
記事一覧 (06/21)ラクーン 加藤工芸が「スーパーデリバリー」での販売をスタート
記事一覧 (06/21)GMOクラウド 子会社のGMOグローバルサイン社ライセンス体系を変更
2011年07月05日

日本エンタープライズ 「女性のキレイ・リズム」のAndroid版の提供を開始

■頑張る女性を応援するための健康サポートサイト

日本エンタープライズのHP モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ<4829>(東2)は、7月1日より女性向け健康サポートサイト「女性のキレイ・リズム」のAndroid版の提供を開始したと発表。
 女性向け健康サポートサイト「女性のキレイ・リズム」はi−mode、EZweb、Yahoo!公式サイトとして人気がある。その為、更に多くの女性に利用してもらうために、7月1日よりAndroid版の提供を開始した。
 「女性のキレイ・リズム」には、体調管理ツール、女性の悩みQ&A、大人の恋愛ラボ、性感染症と4つのコンテンツからなっていて、頑張る女性を応援するための健康サポートサイトといえる。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | IR企業情報
2011年07月03日

ラクーン 原宿竹下通り系スタイルブランド「ACDC RAG」を「スーパーデリバリー」で販売

■人気モデル着用商品も販売する予定

ラクーンのHP 7月1日よりACDCは、ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートすると発表した。
 ACDCは、竹下通りに集うローティーンの女の子の求める独特のガーリー、ロリータ、フェアリー、パンク等の感性を融合した原宿竹下通り系スタイルブランド「ACDC RAG」を展開している。
 また、雑誌「egg」にも取り上げられ、スーパーデリバリーでは人気モデル着用商品も販売する予定である。その他、話題性の多いアイテムの販売を行う。
 ACDCは、10代から20代前半のレディースをメインターゲットとし、オリジナルブランドのトータルコーディネイトを提案する。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | IR企業情報
2011年07月01日

フォーカスシステムズ ガイダンスソフトウェア社と正規販売代理店契約を締結

■本日よりEnCaseForensicの最新版であるV7の販売を開始

フォーカスシステムズのホームページ フォーカスシステムズ<4662>(JQS)は、本日(7月1日)にフォレンジックソフトウェア最大手である米国のガイダンスソフトウェア社と日本国内における正規販売代理店契約を締結し、本日よりEnCaseForensicの最新版であるV7の販売を開始すると発表した。
 ガイダンスソフトウェア社はフォレンジック業界では世界標準の一つとされるEnCaseForensicの開発元で、世界各国の警察、法執行機関や大手企業などで幅広く利用されている。また2010年にはフォレンジック用ハードウェアである書込み防止用機器・デュプリケータ大手のタブロー社を買収し、顧客に対してソフトウェアとハードウェアを組合わせた統合的ソリューションを提供できるベンダーである。
 同社は、日本国内のフォレンジック業界において培ってきた強力な顧客基盤を持っているうえに、コンピュータの調査解析とEnCaseForensicソフトウェアの熟練の専門家として、ガイダンスソフトウェア社から認定された世界で通用するフォレンジック調査士の資格であるEnCEを取得している企業であることから、フォレンジックについては業界の最先端のサービスを提供できる企業といえる。
 今回、ガイダンスソフトウェア社と日本国内における正規販売代理店契約を締結したことで、政府官公庁・法執行機関や大手企業をターゲットして積極的なフォレンジック製品の販売が拡大するものと予想される。

>>フォーカスシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | IR企業情報

インテージ 6月30日にリサーチダイナミクス社からの事業譲受を完了

■本日(7月1日)より統合後のインテージ・タイとして事業を開始

インテージ 市場調査のリーディングカンパニーであるインテージ<4326>(東1)は、6月30日にリサーチダイナミクス社からの事業譲受を完了したと発表。
 リサーチダイナミクス社の事業の全部を同社の子会社であるインテージ・タイが譲受け、本日(7月1日)より統合後のインテージ・タイとして事業を開始する。
 同社とリサーチダイナミクス社は、相互の市場調査・コンサルティング事業のノウハウを活用し、タイおよび東南アジア圏において新しい地歩を確立するため、08年7月に両社出資によってインテージ・タイを設立し、事業発展に取り組んできた。
 今回、東南アジア地域への展開を担うタイの拠点を更に強化し、次代の成長を担う国際戦略をより一層推進するためには、両社が一体となって事業拡大に取り組むことが望ましいことから、インテージ・タイがリサーチダイナミクス社から全ての事業を譲り受けることになった。
 インテージ・タイより売上規模の大きいリサーチダイナミクス社の事業を全て譲受けたことで、今後、タイおよび東南アジア圏でのインテージ・タイの認知度が向上すると共に、売上拡大が予想される。
 今回の事業譲受による業績に与える影響は、今12年3月期第3四半期からとなる。現在精査中であり、今後の発表予定の業績見通しの中で発表する。

>>インテージのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | IR企業情報

アライドテレシスホールディングス 30日の引け後に自己株式の消却を発表

■発行済み株式総数の26.92%を消却

アライドテレシスホームページ ネットワーク機器メーカーのアライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、30日の引け後に自己株式の消却を発表した。
 消却する株式数は、発行済み株式総数の26.92%に当る4,261万2,231株。消却予定日は7月15日。
 発行済み株式総数の26.92%を消却することから、1株当たり利益や株主資本利益率が大幅に改善されるため、株価の上昇が期待できる。
 また、一方では、発行済株式の減少により株式配当負担を軽減することになる。

>>アライドテレシスホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:28 | IR企業情報

ラクーン ステーショナリーメーカーのアーティミスが「スーパーデリバリー」での販売をスタート

■販売予定のオリジナルキャラクターは2つ

ラクーンのHP 6月29日、ステーショナリー(オシャレな文房具)メーカーのアーティミスが、ラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートした。
 アーティミスは、ダイアリーをはじめステーショナリー全般とキッチン雑貨、服飾小物(キャラクターバッグ)の製造・企画・卸を行っている。
 スーパーデリバリーで販売予定のアーティミスのオリジナルキャラクターは「パピエクリーチャーランド」と「エルフズサーカス」の2つ。
 「パピエクリーチャーランド」は、紙でできた生き物の国(魔法の国)から生まれた、ちぎり絵のかわいいキャラクター。「エルフズサーカス」は、サーカス学校に通う象のエルフ君とその仲間達のキャラクター。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:45 | IR企業情報
2011年06月29日

ティムコ JR大阪駅西高架下商業ゾーン「ALBi」内にFoxfireストアを出店

■数多くの魅力的なアウトドアブランドが集結したショッピングセンター

ティムコのホームページ フィッシィング・アウトドア用品のティムコ<7501>(JQS)は、今年3月末にFoxfireギャレ大阪を一時閉店していたが、JR大阪駅西高架下商業ゾーン「ALBi」内に、新しく「Foxfire ALBi大阪」として6月11日にオープンした。
 数多くの魅力的なアウトドアブランドが集結したショッピングセンター「ALIBi」は、関西エリアのアウトドア情報発信基地といえる。その一角に、Foxfireストアを出店し、トレッキングやネイチャーフォトに関する、オシャレで機能的なクロージング&ギアを豊富に取り揃えている。
 今通期業績予想は、売上高2,720百万円(前期比0.7%減)、営業利益26百万円(同21.3%減)、経常利益44百万円(同4.4%減)、純利益14百万円(同12.5%減)と、この経済不況の中で伸び悩んでいるが、季節にあった製品をタイミングよく、売り出すことで、利益の確保に努めている。

>>ティムコのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:56 | IR企業情報

セントラルスポーツ 大型スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」を7月6日にオープン

■今回の出店は九州地区では5年振りで、ウェルネスクラブ業態として初めて

セントラルスポーツ セントラルスポーツ<4801>(東1)は、大型スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」を7月6日にオープンする。
 大阪ガスの子会社であるオージースポーツが08年に開業した「コ・ス・パ野間大池店」今年6月末に営業を終了するの受け、後継テナントとして同社が注力する業態「ウェルネスクラブ」として新たに開業する。
 同社は、これまで九州地区で4店舗を出店していたが、現在はソラリアスポーツ(福岡市)の運営を受託するのみとなっている。今回の出店は5年振りであり、ウェルネスクラブ業態としては初めてとなる。
 大人が快適に健康づくりができる場所として、最新のフィットネスプログラムを提供すると共に、9月よりベビースイミング、キッズスイミング、キッズ体育等のスクールも新に開設する予定。
 7月5日までに館内の改修工事を終えて、6日より営業を開始する予定。
 「セントラルウェルネスクラブ野間大池店」の所在地は、福岡市南区柳河内1−2−7、鉄骨作りで地上3階建て。施設面積は約1,035坪。営業時間は平日9時30分から23時まで、土曜日は10時から21時まで、日曜日・祝日は10時から20時までとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:45 | IR企業情報

ラクーン アフリカ専門の輸入販売を行なうアフリカンスクエアーが「スーパーデリバリー」に登場

■アフリカ各地の民芸品、美術品などインパクトのある新商品を取扱う

ラクーンのHP 6月28日より、アフリカ専門の輸入販売を行なうアフリカンスクエアーがラクーン<3031>(東マ)の運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売を開始した。
 アフリカンスクエアーの取扱商品は、アフリカ各地の民芸品、美術品、アクセサリー、雑貨、民俗音楽、繊維製品、オリジナル衣料品、家具など、インパクトのある新しい商品。
 中でも、バッグは、デザインの種類やカラーを豊富に取り揃え、シンプルなものからスパンコール付の華やかなものまで数多くラインアップしており、人気が高い。また、「Bui Bui」ブランドの名前で独自企画によるオリジナル服の製造輸入も行っている。
 アフリカンスクエアーでは、単なる営利目的の輸入販売のみではなく、アフリカ各地の優れた商品の開発、生産地の紹介、NGOへの協力などの活動も行っている。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:10 | IR企業情報

スターティア 子会社のスターティアラボが第3回販促EXPOに出展

■集客力を強化するパッケージサービスを展示

スターティアHP スターティア<3393>(東マ)の子会社スターティアラボは、7月6日より3日間、東京ビッグサイトで開催される第3回販促EXPOに出展する。
 第3回販促EXPOは、ノベルティグッズ・記念品・POP・店舗什器・デジタルサイネージ・携帯販促サービスなどが一堂に出展する日本最大の商談専門展。スターティアラボは、同展示会においてSaaS版電子ブック作成ソフト「ActiBookSaaS」とホームページ作成サービス「デジタリンクCMS」とを組み合わせた集客力を強化するパッケージサービスを展示する。
 パッケージサービスの活用により、カタログを電子化してECサイトと連携することで、カタログの送付コストを減らし、かつデジタルカタログから商品購入ページへとアクセスを誘導し販売を促すといった販売促進につながるサイトを構築するなど、これまで電子ブック作成ソフトとホームページ制作を手掛けてきた強みを生かしている。
 尚、今回は、現在開発中である顧客管理ができるデータベース機能を搭載した高機能のCMS「Digit@linkCMS2」のデモを初公開する予定。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:14 | IR企業情報
2011年06月27日

ラクーン レディース下着ブランド「ロリアンミル」がスーパーデリバリーに登場

■ファンシーなデザインで、安心して購入できるクオリティ&プライス

ラクーンのHP 6月27日より、ロリアン(本社:大阪市西区)はラクーン<3031>(東マ)が運営する卸サイト「スーパーデリバリー」での販売をスタートする。
 ロリアンは、全国に38店舗の直営店を展開し、ブランド「ロリアンミル」の企画・製造販売を行なっている。
 「下着は消耗品」と考えられていた時代に、オリジナルブランド「ロリアンミル」というファッション性の高いショーツを市場に次々と送り出した。ファンシーなデザインで、安心して購入できるクオリティ&プライス。生産は全て上海自社工場にて一貫生産し、市場のニーズにすばやく対応できる体制を持っている。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | IR企業情報

森下仁丹 第2四半期連結業績予想の上方修正を発表

■売上高は前回予想を200百万円上回る

森下仁丹のHP 森下仁丹<4524>(東2)は、本日(27日)午前11時に今12年3月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表した。
 売上高は前回予想を200百万円上回る4000百万円(前年同期比7.7%増)、営業利益は80百万円上回る30百万円(前年同期△102百万円)、経常利益は100百万円上回る50百万円(同△88百万円)、純利益も100百万円上回る70百万円(同△88百万円)と増収大幅増益で黒字転換を見込む。
 東日本大震災による同社業績への影響を大きく見込んでいたが、現在のところヘルスケア事業、カプセル事業共に業績への影響が当初予想と乖離していることから第2四半期業績予想の上方修正を行った。
 尚、通期業績予想については、原発問題が解決の糸口を見出せず、日本の経済動向も不透明さが残っているため、前回予想を据え置くとしている。
 前場の株価は、36円高の312円で引けている。

>>森下仁丹のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:06 | IR企業情報
2011年06月24日

大幸薬品:水なしで飲める「ピシャット」ブランド拡充へ

■顆粒に加え、錠剤タイプを7月から新発売

 大幸薬品<4574>(東1)は、水なしでも飲める顆粒タイプの下痢止め薬『ピシャット』に加え、新たに口中溶解(チュアブル)タイプ『ピシャット錠』(第2類医薬品)を全国の薬局・薬店、ドラッグストアで7月上旬から販売を開始する。

 この製品は、いつでも どこでも 水なしで服用できる口中溶解(チュアブル)タイプであり、さらに、フルーツミント風味で味にも特長があり、口の中ですっきりと溶け、飲みやすくなっているので、通勤・通学途中、会議中、移動中などの外出先で、突然起こる下痢に速やかに対応することができる。既に発売している『ピシャット』(顆粒タイプ)の姉妹品として、鎮痛・鎮痙作用のある生薬「シャクヤク」を新たに配合しており、腹痛を伴う下痢に効果を発揮する。

 同社が実施したアンケート結果では、下痢止め薬を服用するのは「緊急時」、「ひどい下痢になった時」という答えが多かったことを踏まえ、「成人用量として2日分」という少容量とし、価格も求め易い価格(希望小売価格525円=税込)設定とした。

 近年、いつでもどこでも飲める製剤へのニーズが高まっており、市場も拡大している。また、口中溶解タイプへの消費者の要望が多いことから、同社では、水なしで飲める『ピシャット』ブランドの拡大に積極的取り組みを進める。

【ピシャット錠の特長】
○外出先で突然おこる下痢に、水なしでどこでも飲める薬
○お口の中ですっきり溶けるフルーツミント風味
○突然の腹痛を伴う下痢に効果を発揮する
○携帯に便利なPTP包装

大幸薬品:水なしで飲める「ピシャット」ブランド拡充へ

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:47 | IR企業情報

スターティア 税理士事務所の業務効率化を促すクラウド活用セミナーを共同開催

■税理士事務所顧問先紹介プログラムもあわせて紹介

スターティアHP スターティア<3393>(東マ)は、7月8日(金)、7月13日(水)にSaaS型会計ソフト開発のビジネスオンラインと税理士事務所の業務効率化を促すクラウド活用セミナーを共同開催する。
 このセミナーでは、税理士事務所がクラウド型サービスを活用することで、顧問先とインターネットを通じて同じ帳簿画面を見ながら相談業務を行える方法や、顧問先データの安全な保存先として企業向けのオンラインストレージサービスを活用するといったクラウドによる業務効率化を促す方法を紹介する。
 あわせて、同セミナーでは、「SMAP(Startia Managed Advisory Partnership)」という、スターティアが新に提供する税理士事務所顧問先紹介プログラムもあわせて紹介。
 セミナー会場は、新宿モノリスビル19F スターティア株式会社内 セミナールーム(西新宿2−3−1)。開催日は7月8日、13日の2日間で開催時間は共に15:00〜17:00まで。定員は30名まで(定員を超えた場合は抽選)。参加料は無料。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:38 | IR企業情報
2011年06月23日

日本エンタープライズ 子会社はCD「ELECTRO SWING GHIBLI」をリリース

■遠い日々 レクイエムを含めて全部で12曲からなる

日本エンタープライズのHP モバイルソリューション事業を展開する日本エンタープライズ<4829>(東2)の子会社アットザラウンジは、自社のレコード会社@LOUNGE RECORDSより、CD「ELECTRO SWING GHIBLI」を6月22日にリリースした。
 今回発売したCDは、古き良き時代のスイング・ジャズの魅力と、踊れるクラブ系エレクトロ・サウンドを融合したクールで熱い音楽シーン「エレクトロ・スイング」にジブリソングが登場!ハイテンションなアッパーチューンから、ホッとした気分になれるピアノ曲までバラエティに富んだおもちゃ箱のような一枚といえる。
 収録曲は、「風の谷のナウシカ」より 遠い日々 レクイエムを含めて全部で12曲からなっている。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:20 | IR企業情報

【大幸薬品:今期の展望】「セイロガン糖衣A」が堅調に推移、中国でも販売を開始

■コスト構造改革進む、営業利益黒字化し成長路線復帰へ!

 大幸薬品<4574>(東1)の前期(11年3月期)は、医薬品事業の売上が国内、海外とも前年度を下回ったことに加え、感染管理事業で新型インフルエンザ流行の衰えなど需要急減となり、それに伴い流通在庫滞留、さらに多額の返品が重るなど同部門の売上高がマイナスとなり、連結売上高が前年度の52.4%とほぼ半減、損失を計上した。

■「糖衣A」TVCM1.4倍、店頭プロモーションを強化「クレベリン」

 今期は、感染管理事業の回復、コスト構造改革により、営業利益確保の達成を目指しており、営業面では医薬品事業のシェアアップ目指し、内外での販売戦略の見直しによる販売力強化に取り組んでいる。

 医薬品事業では、国内戦略としては、販売量の伸び率が年々高まっている「セイロガン糖衣A」のTVCM放映量を1.4倍に増し、止瀉薬市場でのシェア向上に結び付ける。海外戦略としては、中国市場での「正露丸」販売の回復と華東・華北、東北地域で「セイロガン糖衣A」販売開始へ向け、新規販路の開拓に取り組む。


セイロガン糖衣A

 感染管理事業は、収益力回復へ「クレベリン」販売強化に重点を置く。前期下期に実施した(11月〜1月の3ヶ月)店頭プロモーション強化の結果は、「クレべリンゲル」店頭販売個数は、「ゲル60グラム107%、「同150グラム21%、「クレベリン スプレー」5%それぞれ前年度実績を上回り、店頭プロモーション強化の重要性が浮上したが、今期はTVCMにシンクロした「クレベリン」の店頭展開の更なる強化、他社とのアライアンスを推進する。

 また、「クレベリン発生機 リスパス」の販売強化を図る。また、営業管理面においては、在庫管理を徹底させる。海外戦略では、アジア地域の台湾・香港・シンガポール・マレーシアなどのマーケットを中心にテスト販売も含めた販売を行い、成長への布石として販路開拓と製品普及推進に取り組む。

クレベリン

■コスト構造改革実施、利益体質と財務基盤の強化を図る

 内部管理面では、既存事業へのリソース集中で新規開発を抑える、年功序列の撤廃など人事制度改革の実施、在庫水準のコントロールなど、コスト構造改革を重点政策とする、10年11月から開始した同改革をさらに進め、利益体質への転換・財務基盤の強化を図り営業利益黒字化の実現に取り組んでいる。

 今12年3月期連結業績見込みは、毎期シェアアップを続け、前期27%と3割目前の「セイロガン糖衣A」を中心に医薬品事業での伸長と、コスト構造改革での成果により、売上高5,500百万円(前期比19.1%増)、営業利益84百万円(前期1,242百万円損失)、経常利益84百万円(同1,192百万円損失)当期純利益10百万円(同2,228百万円損失)と黒字転換し、来期13年3月期で成長路線復帰を確実なものとする。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:17 | IR企業情報
2011年06月22日

朝日ラバー 特別利益の発生、今12年3月期通期連結業績予想、増配を発表

■今期最終利益は前期比4.09倍の大幅増益を見込む

朝日ラバーのHP 工業用ゴムの朝日ラバー<5162>(JQS)は、本日(22日)14時45分に特別利益の発生、今12年3月期通期連結業績予想、増配を発表した。
 地震損害保険による80百万円の保険金収入があり、今通期連結業績予想に反映している。
 今12年3月期連結業績予想は、当初大震災の影響により未定としていたが、本日発表した。
 売上高4,750百万円(前期比1.2%減)、営業利益168百万円(同4.3%増)、経常利益104百万円(同11.2%減)、純利益86百万円(同4.09倍)を見込んでいる。
 最終利益は大幅増益となったこともあり、これまで未定としていた配当を年間8円(前期6円)と2円の増配を決定した。

>>朝日ラバーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:01 | IR企業情報
2011年06月21日

メンバーズ ナガセとジョイントベンチャーを設立

■学習への取組を支援するコミュニティサイト「Studymate」を共同運営

メンバーズ メンバーズ<2130>(名セ)と子会社であるコネクトスターは、ナガセとジョイントベンチャーを設立し、学習への取組を支援するコミュニティサイト「Studymate(スタディメイト)」を共同で運営すると発表した。
 コネクトスターは、同社が11年4月1日に設立した子会社で、実名制ソーシャルネットワークであるFacebookをベースとして多数のインターネットサービスを立ち上げるプロジェクト「F30(エフ・サーティ)」を進めている。
 一方、ナガセは、「社会(世界)に貢献する人財を育てる」ことを教育目標として、高校生、高卒生対象の東進ハイスクール、東進衛星予備校をはじめ、グループ会社の四谷大塚や、イトマンスイミングスクールなどを展開し、知育、体育、徳育を総合的に行える体制の整備を進めている。
 今回のジョイントベンチャーは、両社のビジョン実現に向けて合弁会社Studymateを設立し、両者が保有するノウハウや、蓄積したコンテンツなどのアセットを活用して、Facebookをベースとした実名制の学習専門コミュニティサイト「Studymate」の運営を共同で展開する。このサイトの運営を通じて、リアルの世界の友人・知人同氏がお互いに刺激を与え合う、励ましあうといったコミュニケーションを深めることにより、学習に取組む人々の学習意欲の維持・向上を支援していくことを目指している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:37 | IR企業情報

ラクーン 加藤工芸が「スーパーデリバリー」での販売をスタート

■豚の貯金箱で有名なメーカー、250アイテム以上を出品

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)は、17日に加藤工芸(本社:名古屋市)が「スーパーデリバリー」での販売をスタートした。
 加藤工芸は豚の貯金箱で有名なメーカー。ピギーバンクは94年テレビで放映されたドラマ「お金が無い!」にキーアイテムとして使用され、注文が殺到して品切れ状態になったことがある。
 また、メイン商材であるガーデニンググッズはディズニー、ムーミン、スヌーピー、キューピー、サンリオ、ピーターラビット、ミッフィーなど多数のキャラクターを使用し、かわいらしいアイテムとして長年人気がある。
 今回スーパーデリバリーには250アイテム以上を出品する。

ラクーン 加藤工芸が「スーパーデリバリー」での販売をスタート

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | IR企業情報

GMOクラウド 子会社のGMOグローバルサイン社ライセンス体系を変更

■1枚の電子証明書を複数の機器で同時利用が可能 

GMOクラウド GMOクラウド<3788>(東マ)の連結子会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサインは20日、同社が提供する「コードサイニング証明書」、クライアント証明書「電子署名(S/MIME)用証明書」、「マネージドPKI Lite」、「PDF文書署名用証明書for Adobe CDS」のライセンス体系を同日より変更すると発表した。
 今回のライセンス変更によって、GlobalSignのすべての電子証明書において、サーバ環境、クライアント環境双方でライセンス数を気にせず、1枚の電子証明書を複数の機器で同時に利用することが可能となる。

■大幅なコスト削減が可能となる

 これまで複数の機器にインストールして利用する場合には、証明書のプロファイルが同じであっても複数枚購入する必要があった。今回、1人のユーザが複数の端末を同時に使用するマルチデバイス化時代のニーズに適応するため、プロファイルが同じ証明書を複数の機器にインストールして同時に利用できるよう、ライセンス体系を変更したもの。なお、ライセンス体系の変更後も証明書の価格に変更はないという。複数の機器にインストールするために証明書を複数枚購入しているユーザにとって、大幅なコスト削減が可能となる。

>>GMOクラウドのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:50 | IR企業情報