スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/10)セプテーニはフェイスブックのファンページ制作・運用支援サービス提供開始
記事一覧 (02/10)UBIC 今11年3月期連結業績予想の大幅な上方修正を発表
記事一覧 (02/10)アライドテレシスホールディングス 前10年12月期連結業績予想の修正を発表
記事一覧 (02/09)トレジャー・ファクトリー 1月の月次売上速報値を発表
記事一覧 (02/09)メンバーズはFacebook等の実名SNSを活用し人材スカウト
記事一覧 (02/09)ピーアンドピーは大好評の「中国人訪日旅行客対応セミナー」を開催
記事一覧 (02/08)GMOホスティング&セキュリティ エンタープライズ向けの包括的なクラウドソリューションの提供を開始
記事一覧 (02/07)ニッポ電機 今11年3月期の業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (02/07)国際航業ホールディングス:スマートフォン用の屋内位置情報サービス提供へ
記事一覧 (02/07)ベルーナ お花見向けのロゼワイン「バラ色の人生」を販売
記事一覧 (02/07)【近況リポート】ゼリア新薬は海外子会社が大きく寄与、通期利益を増額
記事一覧 (02/07)日本エンタープライズ インドで広告配信システムのソリューションサービスを開始
記事一覧 (02/04)アスカネットは新宿区と共催で「明るい遺影展」家族に残す1枚の写真展を開催
記事一覧 (02/04)スターティア 「Digit@linkCMS2」の提供を2〜3月中を目処に開始
記事一覧 (02/04)ツクイ 2月1日に神奈川県川崎市など3ヶ所にデイサービスセンターを開設
記事一覧 (02/04)昭和情報機器 江澤事務器、ピツニーボウズジャパン、豊通マシナリーと共同でPAGE2011に出展
記事一覧 (02/03)スターティア 子会社のスターティアラボは「Spider Lib」の提供を3月中旬を目処に開始
記事一覧 (02/03)森下仁丹 1月25日(火)から2月25日(金)まで特別展示「広告王 森下博〜森下仁丹 創業者」を開催
記事一覧 (02/03)GMOホスティング&セキュリティ 子会社のGMOグローバルサインとアイレットは2月2日にAWS版「第二世代ワンクリックSSL)」サービスを共同開発することで合意
記事一覧 (02/02)【近況リポート】寿スピリッツの3Qは計画ペースを回復し成長路線へ反転
2011年02月10日

セプテーニはフェイスブックのファンページ制作・運用支援サービス提供開始

 インターネット広告事業を手がけるセプテーニ・ホールディングス<4293>(JQS)は、米Facebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)「Facebook(フェイスブック)」のファンページ開設における企画提案・構築及び、運用支援における各種パッケージサービスを2月8日(火)から提供を開始すると発表。同件に関連して、アライドアーキテクツ株式会社と共同で、Facebook活用に関するセミナーを2月23日(水)に開催する。

 Facebookは、アクティブユーザー数が全世界で約6億人にのぼる世界最大のSNS。日本のアクティブユーザー数も200万人を超え、現在もその数は急速に増加していると言われている。Facebookのファンページでは、企業ごとの登録ユーザーに向けて、情報発信や対話を通してユーザーとの関係を深めていくことができる。また、YouTubeやTwitterと連携させて、様々なコンテンツを提供することが可能。このようなソーシャルメディアを活用したマーケティング手法は、今後さらに広まっていくと考えられている。

 同社では、Facebookのファンページ制作、運用を代行する各種パッケージサービスの提供を開始することで、企業のソーシャルメディアマーケティングをサポートしていく。(写真=事例:株式会社ニチレイフーズダイレクト)

セプテーニはフェイスブックのファンページ制作・運用支援サービス提供開始
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:48 | IR企業情報

UBIC 今11年3月期連結業績予想の大幅な上方修正を発表

 UBIC<2158>(東マ)は、10日に今11年3月期連結業績予想の大幅な上方修正を発表した。
 売上高は前回予想を9億3000万円上回る22億円(前期比2.32倍)、営業利益は6億400万円上回る6億9000万円(前期△1億8800万円)、経常利益は5億5600万円上回る6億3000万円(同△2億2200万円)、純利益は4億6700万円上回る5億4000万円(同△4億6300万円)と大幅な上方修正となり、大幅増収増益で黒字転換を見込む。

>>UBICのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | IR企業情報

アライドテレシスホールディングス 前10年12月期連結業績予想の修正を発表

■円高で売上高は予想を下回るが、営業利益はソリューション販売で予想を大幅に上回る

アライドテレシスホームページ ネット機器の製造・販売をグローバル展開しているアライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、前10年12月期連結業績予想の修正を発表した。
 売上高は、急激な円高により海外売上高の円換算額が減少したことで、当初予想を35億3000万円下回る358億3000万円(09年期比4.8%増)、営業利益は利益率の高いソリューション販売により、売上総利益が大幅に増加したことから当初予想を8億7000万円上回る22億3000万円(同4.25倍)、経常利益は急激な円高による為替差損約12億円を計上することから、当初予想を7000万円下回る9億9000万円(同64.5%増)、純利益は4000万円下回る6億円(同23.5%増)と円高の影響で売上高は当初予想を下回るものの、営業利益はソリューション販売により当初予想を大幅に上回る見込み。
 円高の影響で、売上高、経常利益、純利益は当初予想を下回るものの、付加価値の高いソリューション販売を展開したことで、営業利益は当初予想を大幅に上回ったことで、09年期比では増収大幅増益を達成する見込み。
 株価は、100円飛び台でもみ合っているが、ソリューション販売で大幅増益が明確となり、配当2円を予想していることから反発が期待できる。

>>アライドテレシスホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:26 | IR企業情報
2011年02月09日

トレジャー・ファクトリー 1月の月次売上速報値を発表

■1月の全店売上高は前年同月比124.1%

トレジャーファクトリー リサイクルショップを関東中心に展開するトレジャー・ファクトリー<3093>(東マ)は、9日に1月の月次売上速報値を発表した。
 1月の全店売上高は、前年同月比124.1%、既存店は99.7%であった。出店、退店は共に1店舗となり1月末の総店舗数は51店舗、その内の3店舗がFC店。
 1月12日に発表された第3四半期業績は、前年同期比で、売上高20.5%増、営業利益5.6%減、経常利益4.3%減、純利益7.4%増であったように、売上高は順調であった。利益面については新規出店が前倒しになったため経費が嵩み、営業・経常利益共に減益となった。しかし、出店が前倒しになった分だけ売上が伸びることから、通期では増収増益要因となる。
 不況の折、リユース事業は時代の流れに沿ったビジネスであることから、同社の業績は順調に推移している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:49 | IR企業情報

メンバーズはFacebook等の実名SNSを活用し人材スカウト

■ソーシャルリクルーティング専任スタッフを配置

メンバーズ メンバーズ<2130>(名セ)は、ソーシャルメディア時代にふさわしいサービスの開発・提供を推進するため、世界最大の実名制ソーシャルサイトであるFacebook(フェイスブック)等を活用して人材の発掘・スカウト業務を行うソーシャル・リクルーティングの専任スタッフを配置し、ソーシャルメディア/テクノロジーの活用に長けた人材の採用を強化すると発表。

 米国では、米Googleを抜きFacebookが最もアクセス数の多いWebサイトであり、Facebookの人口普及率は約50%に及んでいる。この普及を背景に米企業は採用活動の手法も変化させており、多くの企業がFacebookやLinkedInに代表される実名SNSを活用した人材採用に取り組み始めている。

 メンバーズは2010年5月に中期経営計画を発表し、従来からの強みであるWeb構築、インターネット・ビジネス運営代行に加え「ソーシャルメディア時代をリードし、クライアントと共にビジネスを創造するネットビジネスパートナー」として、Facebook、Twitterといったソーシャルコミュニティのプロデュースや運営代行といったソーシャルメディアを活用したサービスの開発・提供に取り組んでいる。メンバーズはこの取り組みを加速させるため、ソーシャルメディアやそのテクノロジーの活用に長けたプロデューサー、エンジニアを積極的に採用していく。

■人事採用 Facebook
http://www.facebook.com/members.humanresource

■人事採用 Twitter
http://twitter.com/#!/Members_hr

メンバーズはFacebook等の実名SNSを活用し人材スカウト
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:30 | IR企業情報

ピーアンドピーは大好評の「中国人訪日旅行客対応セミナー」を開催

■開催日は3月17日(木)の午後2時から、会場は本社会議室

ピーアンドピーHP 販売促進支援事業を行うピーアンドピー<2426>(JQS)は、前回の「中国人訪日旅行客対応セミナー」が大好評であったことから、今回で3回目となる中国人訪日旅行客対応セミナーを開催することになった。
 中国は、経済の発展と共に、世界の工場から、世界の市場へと変化を遂げ、海外の観光旅行に出かける中国人の数が増えている。日本政府観光局によると、昨年の中国人観光客の数は前年比40.5%増と大幅に伸び、1年間で141万3000人が日本を訪問していることから、今年も昨年を上回る中国人観光客の来日が期待できる。
 そこで、中国人観光客に商品をアピールしたいメーカーの担当者、中国人観光客を呼び込みたい小売業の担当者向けにポイントを絞って解説する。
 今回のセミナーでは、中国人観光客の状況に詳しいJTBグローバルマーケティング&トラベルの訪日商品事業部 佐藤隆氏、日本と中国をつなぐ情報発信会社であるENJOY JAPAN社の瞿史偉社長を招き、中国人観光客の「心」をつかむポイントを紹介する。
 セミナーの開催日は3月17日(木)の午後2時からで、会場は同社の本社会議室(新宿3丁目27番4号新宿御幸ビル8階)で行われる。定員は50名までとして、1社につき2名まで。

ピーアンドピー 前回大好評であった「中国人訪日旅行客対応セミナー」を開催

>>ピーアンドピーのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:27 | IR企業情報
2011年02月08日

GMOホスティング&セキュリティ エンタープライズ向けの包括的なクラウドソリューションの提供を開始

■エンタープライズクラスのIT基盤に不可欠なセキュリティ、コスト効率、パフォーマンスを備える

GMOホスティング&セキュリティホームページ GMOホスティング&セキュリティ<3788>(東マ)は、クラウド基盤の導入コンサルティングからシステム設計・構築、運用・監視までを同社が担うエンタープライズ向けの包括的なクラウドソリューション「GMOクラウド」を2月7日(月)より提供開始した。
 これを皮切りに、従来の中小・中堅企業向けに加え、エンタープライズ向けのクラウド市場へ新規参入する。「GMOクラウド」は、プライベート/ハイブリッドクラウド基盤の導入コンサルティングからシステム設計・構築、導入後の運用・監視までを同社がワンストップでサポートする、包括的なクラウドソリューション。エンタープライズクラスのIT基盤に不可欠なセキュリティ、コスト効率、パフォーマンスを備えているのが特徴。
 15年に及ぶ法人向けホスティング事業の展開で培ったサーバー仮想化や大規模なホスティングシステムの開発・構築ノウハウと、約13万社の導入実績で培った提案力を基盤としており、経営・事業戦略を効率よく実現するための「ビジネスコミットできるクラウド」としてエンタープライズ向けに提供。

■企業規模やシステム用途に応じて最適な環境を構築したうえで提供

 「GMOクラウド Private」は、仮想化技術を駆使し、拡張性に優れたIT基盤の設計から構築・運用まで、一貫したマネージメントを行い、十分なセキュリティ対策を施した専用のクラウド環境(プライベートクラウド)を用意。クラウド環境を構成するデータセンター、ネットワーク、サーバー機器(CPU、メモリ、ディスク等)やソフトウェア等の選定を含め、企業規模やシステム用途に応じて最適な環境を構築したうえで提供。利用者は、セキュアなクラウド環境に企業資源を集中することによって、IT資産の効率的な利用を図ることができる。
 「GMOクラウド Hybrid」は、プライベートクラウドとパブリッククラウド、またはオンプレミス(自社サーバーやレンタルサーバー、マネージドサーバー、ハウジングなどのインフラ環境)との組み合わせによるハイブリッドクラウド環境を構築可能なサービス。システム全体の効率化と投資コストの削減に主眼を置いたクラウド環境を提案。また、組み合わせるパブリッククラウドは他社提供サービスの利用でも可能。

>>GMOホスティング&セキュリティのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:00 | IR企業情報
2011年02月07日

ニッポ電機 今11年3月期の業績予想の上方修正を発表

■店舗照明、建築化照明、紫外線部門共に当初予想を上回る売上

ニッポ電機のホームページ ニッポ電機<6657>(JQS)は、7日に今11年3月期の業績予想の上方修正を発表した。
 売上高は、前回予想を3億円上回る93億円(前期比20.7%増)、営業利益は1億1000万円上回る3億5000万円(同38.88倍)、経常利益は1億円上回る3億円(同9.67倍)、純利益は5000万円上回る1億5000万円(前期△8400万円)と大幅増収増益で黒字転換を見込む。
 上方修正の要因は、店舗照明、建築化照明、紫外線部門共に当初予想を上回る売上が見込めることによる。特に、LED照明器具の販売台数が大幅に増加し、売上増に寄与している。

>>ニッポ電機のMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:03 | IR企業情報

国際航業ホールディングス:スマートフォン用の屋内位置情報サービス提供へ

■みなとみらい「Qスクエア横浜」で体験イベント

国際航業ホールディングスのHP 国際航業ホールディングス<9234>(東1)傘下の国際航業は、8日(火)から11日(金・祝)、横浜みなとみらい「クイーンズスクエア横浜」で、財団法人日本情報処理とともに、経済産業省が行う「G空間プロジェクト」の一環として無線LANによる屋内測位技術を利用したサービスの実証実験を行い、一般消費者が体験できるイベントを実施する。

 昨今、複合商業施設、地下街、商店街、イベント会場など、広い屋内施設が増加し、訪問者が迷いやすく、施設内での移動の利便性向上が課題となっている。そこで同社では、施設の利用者が使い易いツールとして開発したAndroidスマートフォン向けアプリケーション(実験用)を使い、無線LANによる屋内測位を行い、その結果を文字や目印画像で、直感的で分かりやすく表示する道案内などのサポートの有効性を実証する。

 また、このアプリを利用したサービスでは、施設内での移動経路をサポートするほかに、施設内の現在地周辺や他フロアの店舗PR情報も同時に配信し、訪問者が、施設を満喫するための情報を"その場で"得られるサービスも提供する。

 国際航業グループでは、Twitterの『つぶやき』を介し、施設内店舗のPR情報やクチコミを「場のにぎわい」として提供し、施設内等の回遊促進や、来店機会の創出や、消費者の行動傾向などマーケッティングへの活用も可能であることから、さらに、実証実験や類似実験を重ね、役立つ位置情報サービスの提供を開始する予定。【図=Twitterによる施設や店舗の口コミ情報と屋内位置情報を連携させて配信するイメージ】

【実証実験期間】2011年2月8日(火)〜2月11日(金・祝)11時〜17時。
【実証エリア】横浜みなとみらい「クイーンズスクエア横浜」

 なお、このイベントでは、スマートフォンの貸出しを行うので、一般消費者も体験できる。(身分証明書持参・参加費無料)

国際航業ホールディングス

>>国際航業ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:29 | IR企業情報

ベルーナ お花見向けのロゼワイン「バラ色の人生」を販売

■取っ手が付いたハンドバック型のおしゃれな商品

ベルーナ ベルーナ<9997>(東1)のワイン専門通販「My Wine CLUB」で、お花見向けのロゼワイン「バラ色の人生」を販売している。
 最近では、アウトドアで、ビールだけでなくワインを楽しむ人が増えている。「My Wine CLUB」では、紙箱入りのワイン(ボックスワイン)を販売しているが、持ち運びが便利で、酸化しにくい真空パックに付いたそそぎ口からワインを出せるため、セルフサービスで好きな量を各自で楽しめるのも魅力で、アウトドア向けとして最適で需要が伸びている。
 厳しい冬も去ろうとしている今日この頃、同社では、早くもお花見用として、取っ手が付いたハンドバック型のおしゃれな商品の販売を開始した。ボックスにはバラのモチーフが描かれた「ラ・ヴィ・アン・ローズ(バラ色の人生)」には、華やかな名前にふさわしく、ロゼワインが入っており、お花見のシーンにふさわしい一品といえる。
 「My Wine CLUB」では、2003年からボックスワインを販売している。「お買い得感」「信頼のおける味わい」が支持を受け、今では年間7900個を売上げるレギュラー商品となっている。

ラ・ヴィ・アン・ローズ

>>ベルーナのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:13 | IR企業情報

【近況リポート】ゼリア新薬は海外子会社が大きく寄与、通期利益を増額

近況リポート

■利益成長に伴う株価上昇に期待続く

ゼリア新薬工業ホームページ ゼリア新薬工業<4559>(東1)は、傘下のティロッツ社の業績が好調に推移していることなどにより、11月年3月期第3四半期連結業績発表に際し、通期利益予想を増額した。
 1株あたり予想純利益は44.73円となり、株価の割高感が薄まる。同社は、アサコールの国内市場拡大、新薬開発や海外事業展開など潜在的材料多く、利益成長が期待され、中期的にみて上昇要因となろう。
 売上高510,000百万円(前回発表比変わらず)、営業利益3,000百万円(同、100百万円増額)、経常利益2,900百万円(同、100百万円増額)、当期純利益1,800百万円(同、50百万円増額)とした。

■へパリーゼ群、キャンペーン効果などで売り上げ大幅増加

 第3四半期までの業績は、医療用医薬品事業では、主力の潰瘍性大腸炎治療薬アサコールが、国内市場での浸透が進むとともに、海外市場でのティロッツ社の自販体制の推進など営業力強化によりアサコールの売上高を伸ばした。
 また、コンシューマーヘルスケア事業は、コンドロイチンが引続き順調に売り上げを伸ばし、今期市場拡大に注力しているヘパリーゼ群もテレビCMやキャンペーン実施効果で売り上げを大幅に拡大した。
 売上高37,759百万円'前年同期比、0.6%減)、営業利益2,745百万円(同、94.5%増)、経常利益2,709百万円(同、88.4%増)、当期純利益1,732百万円(同、130.2%増)。

>>ゼリア新薬工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:42 | IR企業情報

日本エンタープライズ インドで広告配信システムのソリューションサービスを開始

■ショッピングモール、カフェ、イベント等の集客・宣伝に活用

日本エンタープライズのHP モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ<4829>(東2)は、2月4日にインドの子会社であるNEモバイル(本社:インド ムンバイ)がBluetooth対応の携帯電話向けに広告配信システム「BTAD」のソリューションサービスを開始したと発表。
 配信端末の約100m圏内の携帯電話にBluetoothを活用して広告を配信するシステム。ショッピングモール、カフェ、イベント等の集客・宣伝に活用できる。接続数は、一度に約20の携帯電話との接続が可能である。
 国内では、店頭アフェリエイト事業が契約件数を伸ばしている一方で、海外では、中国モバイル向け電子コミックストア「漫魚」を通じ中国漫画、日本漫画の販売を開始するなど、新しい動きが出てきている。
 インドについては、子会社のNEモバイルが、昨年12月末より、アプリの配信を開始した。そのうちの6つのプラットフォームは無料であるが、2つのプラットフォームでは有料である。今回Bluetoothを活用して広告を配信するサービスを開始したことから、モバイルの事業がいよいよ本格化し、今後はプラットフォームの拡大と共に、無料版コンテンツの有料化が促進されるものと思われる。

>>日本エンタープライズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:43 | IR企業情報
2011年02月04日

アスカネットは新宿区と共催で「明るい遺影展」家族に残す1枚の写真展を開催

■生前に撮影された遺影写真450枚など展示

アスカネットホームページ 遺影写真をデジタル加工・修整し、ネットを通じ全国の葬儀社に配信する事業を行っているアスカネット<2438>(東マ)は、全国2700社が加盟する「協同組合日本写真館協会」(新宿区)と共催で、「明るい遺影展」〜家族に残す1枚の写真〜を新宿駅西口広場(新宿区)で開催している。

 会場には、写真館協会提供の、生前に撮影された遺影写真450枚と写真クラブに所属する学生に呼びかけたコンテストで選ばれた40枚、あわせて490枚の肖像写真が展示されている。

 いずれも、その人らしく、生前に撮られたい肖像写真だけに、表現も個性的だが、明るく穏やかな表情の肖像揃いで、見る人に安らぎを与えているようで印象的だ。

 新聞で開催を知り、都内から来たという初老の男性は、「素敵ですね・・・」とつぶやきながら、一枚いちまい丁寧に鑑賞していた。

 この「明るい遺影展」は、6日まで開催されるが、その後、大阪(2月17日から20日まで、TWIN21 アトリュウム)、福岡(2月24日から27日まで、ソラリアプラザ ゼファ)で開催する。

アスカネットは新宿区と共催で「明るい遺影展」家族に残す1枚の写真展を開催

>>アスカネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:03 | IR企業情報

スターティア 「Digit@linkCMS2」の提供を2〜3月中を目処に開始

■顧客や会員管理の機能及びドラッグ&ドロップでコンテンツの移動ができる機能を実装したホームページ構築パッケージ

スターティアHP スターティア<3393>(東マ)の子会社であるスターティアラボは、顧客管理ができるデータベース機能を搭載した高機能のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)をパッケージしたホームページ制作サービス「Digit@linkCMS2」の提供を2〜3月中を目処に開始する。
 スターティアラボでは、既に500社以上もの企業にホームページ制作パッケージ「Digit@linkCMS」の提供を行ってきたが、インターネット技術の発展と共に顧客が望む機能も増加傾向にあり、より高度な機能を持つホームページを望む声が増えてきたことから、今回、顧客や会員管理の機能及びドラッグ&ドロップでコンテンツの移動ができる機能を実装したホームページ構築パッケージ「Digit@linkCMS2」の提供を予定している。
 「Digit@linkCMS2」の特長として、これまで専門業者に制作を別途依頼する必要のあったデータベースの構築や問合せフォームの作成を自社で自由に利用できるようになるほか、会員限定ページの作成、サイト内検索など、ホームページを充実させる機能が盛り込まれる予定。
 更に今後は、電子ブック作成ソフトのSaaS版「ActiBook SaaS」や先日発表を行った社内ファイル管理システム「Spider Lib」など、スターティアラボが提供するサービスとの連携を強め、同社しかできないホームページ制作を進めていく予定。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:39 | IR企業情報

ツクイ 2月1日に神奈川県川崎市など3ヶ所にデイサービスセンターを開設

■全事業合計の事業所数は504ヶ所となる

ツクイホームページ 介護事業の大手ツクイ<2398>(JQS)は、2月1日に、神奈川県川崎市など3ヶ所にデイサービスセンターを開設した。
 開設したデイサービスセンターは、ツクイ見沼(さいたま市)、ツクイ千代ヶ丘(川崎市)、ツクイさつま吉野(鹿児島市)。
 この結果、同社の在宅介護事業における事業所数は414事業所となり、全事業合計の事業所数は504ヶ所となる。
 3月開設予定のデイサービスセンターは、ツクイ南相馬(福島県相馬市)、ツクイ戸田(埼玉県戸田市)、ツクイ三島(静岡県三島市)、ツクイ岡谷(長野県岡谷市)、ツクイ茜部(岐阜市)、ツクイ西緑丘(大阪府豊中市)、ツクイ浜甲子園(兵庫県西宮市)、ツクイ神田(高知市)の8ヶ所。
 有料老人ホーム「ツクイ・サンシャイン」については、5月1日に定員168名のツクイ・サンシャイン町田西館(東京都町田市)の開設を予定している。
 同社のサービスに対する顧客満足度は0.1ポイント差で業界2位とトップクラスであることから、利用者数は毎月過去最高を更新している。利用者数の増加に伴い、業績も最高益を更新中である。

>>ツクイのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:32 | IR企業情報

昭和情報機器 江澤事務器、ピツニーボウズジャパン、豊通マシナリーと共同でPAGE2011に出展

■「コンビニ収納」をターゲットにした、プリントからブッキング、インサートまでの一貫した流れを展示・実演

昭和情報機器ホームページ 漢字プリンタの昭和情報機器<6922>(JQS)は、江澤事務器、ピツニーボウズジャパン、豊通マシナリーと共同でPAGE2011に出展する。
 今回の4社共同出展では、「コンビニ収納(地方税納税通知書)」をターゲットにした、プリントからブッキング、インサートまでの一貫した流れを展示・実演する。同社では、シンプルで柔軟性の高い搬送系により、小ロットから中ロットの業務や高度なトランザクション業務のほか、多様な特殊メディアへの印字を可能にした新製品「Oce VarioStream7120プロダクションプリンタ・システム」を出展し、コンビニ収納対応用紙(市民税・県民税納税通知書)の出力業務をデモンストレーションする。
 またPAGE2011で、コダックでは、同社が取り扱うオフセットに匹敵する高品質印刷、高耐久性、高生産性、低コストを実現した高速モノクロインクジェットプリンタ・システムProsper S10を出展するほか、大日本スクリーン製造/メディアテクノロジー ジャパンでは、Truepress Jetシリーズの印字サンプルやビジネスモデルを出展する。
 総合展示会「PAGE」は1988年に印刷、メディア業界のコンベンションとして開催以来、毎年2月に開催、今回で24回目となる。開催日は2月2日から4日まで。

>>昭和情報機器のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:24 | IR企業情報
2011年02月03日

スターティア 子会社のスターティアラボは「Spider Lib」の提供を3月中旬を目処に開始

■自動的にファイル属性や本文をライブラリ化

スターティアHP スターティア<3393>(東マ)の子会社であるスターティアラボは、ファイルサーバ内のファイルを統合管理し、軽い動作で閲覧したり、OfficeやPDFファイルを全文検索したりできるクラウドサービス「Spider Lib」の提供を3月中旬を目処に開始する。
 これまでの文書管理システムやファイル管理システムと違う点として、現在利用しているファイルサーバにクローラを巡回させることで自動的にファイル属性や本文をライブラリ化することができるため、コストや時間をかけてファイル一つ一つを登録する作業が必要ないことが挙げられる。また、ファイルサーバにあるファイルはクラウド上にある「Spider Lib」のストレージに同期されるため、バックアップサービスとして活用することも可能。
 更に大きな特徴として、SaaS版の電子ブック作成ソフトである「ActiBook SaaS」とも連動を行っており、プレゼン用のファイルを電子ブック形式で外部に公開したり、必要なファイルをiPhoneやiPad、 Android端末で持ち出したり、閲覧することも可能。
 本サービスが考案された背景として、これまでファイル管理のサービスは多くの企業において提供されているが、制作した情報を整理し、公開するという仕組みまで、一貫して提供できる企業は多くなかった。
 しかし、スターティアラボでは、電子ブック及びホームページ制作などを始とするこれまでの事業ノウハウを活用することで、情報の検索・閲覧・共有・公開という一連のフローの一元化が可能であり、社内に眠っている情報を有効に活用することで、売上アップやコスト削減といった会社情報の利益化を促す。
 本サービスは、当初「ActiBook SaaS」導入企業への提供を勧めるとともに、情報の整理、共有、公開に悩む全ての企業への提供、更には、親会社であるスターティアが提供するSaaS型オンラインストレージサービス「セキュアSamba」及びデジタルカラー複合機など、事業シナジーを生み出せる親和性の高いサービスへの連動も検討している。
 スターティアラボでは、これまで電子ブックを中心とした紙媒体の電子化を推し進めているが、「Spider Lib」の提供開始によって、全ての紙媒体を電子化し新しい情報共有の仕組みを確立し、情報化社会における新しい顧客価値を生み出すべく、サービスの拡販を行っていく予定。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:42 | IR企業情報

森下仁丹 1月25日(火)から2月25日(金)まで特別展示「広告王 森下博〜森下仁丹 創業者」を開催

■創業118年目を迎える森下仁丹の歴史を、より身近に体験できる展示

 森下仁丹<4524>(東2)は、創業日である2月11日の「仁丹の日」を記念し、大阪で活躍した企業家たちの情熱と英知を伝える「大阪企業家ミュージアム」(大阪市中央区)にて、1月25日(火)から2月25日(金)まで特別展示「広告王 森下博〜森下仁丹 創業者」を開催している。
 今回の特別展は、大阪の地で創業し、2011年2月11日(金・祝)の「仁丹の日」に創業118年目を迎える森下仁丹の歴史を、より身近に体験できる展示になっている。森下仁丹に所蔵されている仁丹の第1号商品「毒滅」の木製看板や琺瑯(ほうろう)製の町名看板、明治〜昭和の新聞広告や販促物、懐かしい当時の商品やノベルティグッズなど百点以上に及ぶ広告物を展示している。

特別展
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:55 | IR企業情報

GMOホスティング&セキュリティ 子会社のGMOグローバルサインとアイレットは2月2日にAWS版「第二世代ワンクリックSSL)」サービスを共同開発することで合意

■AWS環境でSSLサーバ証明書の申請からインストールまでをワンストップで実現

GMOホスティング&セキュリティホームページ GMOホスティング&セキュリティ<3788>(東マ)の連結子会社で、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサインとアイレットは、2月2日にAWS(Amazon WebServices)版「第二世代ワンクリックSSL)」サービスを共同開発することで合意した。
 アイレットは、Amazon Web Services(以下、AWS)の導入設計から運用監視・保守支援を行う「cloudpack」を展開していることからGMOグローバルサインと共同開発することになった。
 AWS版「第二世代ワンクリックSSL」は、AWS環境でSSLサーバ証明書の申請からインストールまでをワンストップで実現するサービスで、2011年3月下旬にアイレットより提供開始する予定。
 AWSとは、米国Amazon社が提供するIaaS(Infrastructure as a Service)型クラウドコンピューティングサービスのことである。IaaS型を採用することでデータセンター、ネットワーク、ハードウェアを仮想化でき、既存のOS環境を利用することが可能。ミドルウェアやその上で動作するアプリケーションも自由にインストールして稼働させることができるので、既存資産を技術的なギャップなく移行できる環境である。
 「第二世代ワンクリックSSL」は、GMOグローバルサインがホスティング事業者などへ提供しているサーバ管理ツールと認証局の自動連携を実現できるAPI(特定の機能を持つプログラム部品)サービス。
 SSLサーバ証明書を導入する際にサーバ管理者側で行うCSR(サーバIDを申請・取得するために認証局へ 提出する署名リクエスト)作成、ドメイン存在確認のメール受信、SSLサーバ証明書の受領及びウェブサーバへのインストール作業といった作業が省略可能となる。またSSLサーバ証明書が月単位で契約可能で、新たな認証方式(特許番号:4252620)によってSSL暗号化している。

■AWSのクラウドサービスとしての特性を生かしながら、SSLサーバ証明書を利用できる仕組みの構築を実現

 共同開発合意の背景には、従来、AWS環境でSSLサーバ証明書を利用する場合、二つの課題があった。
 一つは、月額課金制のAWSに対し、SSLサーバ証明書は年額一括支払のため、支払のサイクルが一致しなかった。
 もう一つは、AWSは、契約からサーバ運用開始まで非常に短期間であることを特長としているにも関わらず、SSLサーバ証明書を利用するには申請情報の準備・手続、申請、審査、インストールが必要で手間と時間がかかっていたことである。これらの課題を解決し、AWSのクラウドサービスとしての特性を生かしながら、SSLサーバ証明書を利用できる仕組みの構築を実現するために、両社でAWS版「第二世代ワンクリックSSL」を共同開発することになった。
 AWS版「第二世代ワンクリックSSL」では、申請情報(CSR不要)の登録を行うだけで、SSLサーバ証明書をAWS環境へ自動的にインストールすることを可能とする。また、月額払いや一ヶ月ごとの自動更新にも対応しているので、AWSとSSLサーバ証明書の利用料金を同じタイミングで支払うこともできる。そのため、キャンペーンサイトのような一年未満の短期間でサイトを開設する利用者に最適。さらに、GlobalSignのSSLサーバ証明書は一枚のサーバ証明書を複数台のサーバで利用できるため、SSLサーバ証明書の費用負担の増加を気にせずにサーバ増強が可能である。
 AWS版「第二世代ワンクリックSSL」が開発されると、SSLサーバ証明書の利用回数が更に増えることが予想される。

>>GMOホスティング&セキュリティのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:23 | IR企業情報
2011年02月02日

【近況リポート】寿スピリッツの3Qは計画ペースを回復し成長路線へ反転

近況リポート

寿スピリッツのHP 寿スピリッツ<2222>(JQS)は本日取引終了後、11年3月期第3四半期の連結業績を発表した。

 当第3四半期(10〜12月)の売り上げは、秋の行楽シーズン、クリスマス・年末商戦での販促活動で、夏場の記録的な猛暑と前期9月が大型連休効果が大きかった反動で低迷した第2四半期から一転し、前年同期実績を2.1%上回る5,000百万円となり、経常利益も711百万円(同9.2%増)と成長路線を回復した。

 その結果第3期累計(4月から2月)業績は、売上高14,169百万円(前年同期比0.4%増)、営業利益1,248百万円(同12.8%減)、経常利益1,310百万円(10.3%減)となり、資産除去債務適用影響額など特別損失53百万円を計上した当期純利益644百万円(同18.4%減)となった。

■猛暑で低迷した2Qのハンディ、販売強化で跳ね返す!

 セグメント別では、

 1.「ルタオ」のケイシイシイは、3Qにおいても、百貨店催事が低調であったが、大丸札幌店のリニューアル効果、新商品「ヴェネチア・ランデヴー」の好調などで売上高4,995百万円,営業利益549百万円。

 2.寿製菓は、「ゲゲゲの女房」効果で観光客が増加した利点を活かし、モンドセレクション2年連続金賞受賞キャンペーンなど実施し、売上高5,135百万円,営業利益386百万円。

 3.販売子会社(11社)は、交通機関中心に、「コンディトライ神戸」ブランドの関西地区が、新商品「神戸バニラフロマージュ」の販売強化、主力商品「神戸クリームチーズケーキ」モンドセレクション金賞受賞PR効果で、売上高3,088百万円、営業利益116百万円。

 4.九十九島グループは、直営店舗が猛暑で低迷した反面、焼き芋まんじゅう「龍馬伝」の販売強化、主力製品「九十九島せんぺい」生誕60周年記念キャンペーンなどで主力商品が堅調に推移、売上高2,288百万円、営業利益136百万円。

 5.但馬寿は、遊月亭の黒豆茶がテレビ紹介を契機に認知度が高まり通信販売が好調に推移、売上高817百万円、営業利益74百万円。

 6.つきじちとせは、交通機関を中心に主力商品の販売強化、10月にオープンした羽田新国際ターミナルへの拡販もあり、売上高480百万円となり、営業損失ながら37百万円へ改善した。

■通期業績、過去最高売上高の更新を目指す

 通期業績については、第4四半期中に、バレンタイン当日が3年ぶりの平日(2月14日が月曜日)に当たることに加え、ルタオ「LeTAO The Pink Season」キャンペーン(12月〜2月)、「九十九島せんべい」誕生60周年、「因幡の白うさぎ」の兎年にちなみリニューアルにともなうPR展開を強化し、売上高増加に取組む。第3四半期業績が概ね計画通りに進捗したことから、過去最高売上高の更新を目指している。

 通期業績予想については、10年10月26日の予想を据え置いた。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:50 | IR企業情報