[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/28)スターティア 発行価格、処分価格、売出価格が決定
記事一覧 (02/28)【銘柄診断】ラクーンは体質改善策が奏効し、業績は持続的成長路線に転換へ
記事一覧 (02/28)ピックルスコーポレーション 「ご飯がススム キムチ」の食べ切りサイズを3月1日より新発売
記事一覧 (02/27)カナモト シンガポール共和国の建機レンタル大手と合弁契約の調印を終了
記事一覧 (02/26)フランスベッドホールディングス 連結子会社の固定資産譲渡により、特別利益の計上を発表
記事一覧 (02/25)ピックルスコーポレーションは「ご飯がススム」シリーズが好調
記事一覧 (02/25)【近況リポート】陽光都市開発は事業体質の転換に注力、今期黒字転換見込む
記事一覧 (02/25)アスカネット:「空中ディスプレー」事業へ進出
記事一覧 (02/25)大和小田急建設 信託受益権(固定資産)および固定資産の取得を決議
記事一覧 (02/24)クリナップ:ドリーミアクラブが特別講座で「2011豆腐フェア」に初参加
記事一覧 (02/24)生化学工業 ひざの痛みに悩んでいる1034名を対象に「ひざの痛みへの対処法・満足度実態調査」実施
記事一覧 (02/24)エスプール エスプール総合研究所の保有全株式を売却することを決定
記事一覧 (02/22)さくらインターネット 双日による同社株式に対する公開買付について、賛同の意見を表明
記事一覧 (02/21)寿スピリッツ:立会外分売値段869円に決定、DC率2.9%
記事一覧 (02/21)三栄建築設計 立会外分売の実施を発表
記事一覧 (02/21)さくらインターネット 取締役会で石狩データセンター建設計画の一部変更とその施工を決議
記事一覧 (02/21)日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」のiPhoneアプリ登場!
記事一覧 (02/21)アクセルマーク:『AXEL BOOK』の電子書籍が10万ダウンロード突破!
記事一覧 (02/21)共同印刷は新しい学びのカタチを提供する「電子書店・自己ガク」を開設
記事一覧 (02/21)三菱電機はマキタ本社工場に85kW太陽光発電システムを導入
2011年02月28日

スターティア 発行価格、処分価格、売出価格が決定

 スターティア<3393>(東マ)は、2月18日開催の取締役会において決議した新株式発行、自己株式の処分及び株式売り出しに関し、発行価格、処分価格及び売出価格を決定した。
 発行・処分・売出価格は1714円となった。申込期間は、3月1日から3月2日まで。払込期日は3月7日となっている。

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:43 | IR企業情報

【銘柄診断】ラクーンは体質改善策が奏効し、業績は持続的成長路線に転換へ

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)は2月25日に発表された好決算を受け、本日28日は一時好感買いに続伸展開となった。今2011年4月期第3四半期の業績は売上げが59億7300万円(前年同期の単独は56億5600万円)、営業利益9600万円(同7600万円)を達成した。同社はインターネット上で小売店舗とメーカーの直接取引を支援するサービス、スーパーデリバリーを行っている。

 業績の持続的成長へ向け購入する小売店、出店するメーカー双方の審査基準を引き上げ質的向上を図っている。また、購入サイドでは審査基準引き上げ後に参加した小売店の購入が活発化、主点サイドでも審査基準導入後のメーカーの出店意欲が高まっている。

 こうした営業政策変更の効果を受け今4月期通期では売上げ86億5000万円(前期単独76億4200万円)、営業利益1億3500万円(同1億200万円)と増収益を見込んでいる。今の営業改善効果がフルに寄与してくる来2012年4月期の業績はさらに向上する可能性が強そう。今期の配当は未定としているが、第4四半期の業績いかんではあるが、配当継続の方向が有力だ。

>>ラクーンのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:31 | IR企業情報

ピックルスコーポレーション 「ご飯がススム キムチ」の食べ切りサイズを3月1日より新発売

ピックルスコーポレーションのホームページ 漬物業界の最大手ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は、ナショナルブランドとなった「ご飯がススム キムチ」の食べ切りサイズを3月1日より新発売する。
 「ご飯がススム キムチ」は発売以来消費者の人気を獲得していることから、売上を順調に伸ばし、大手スーパーの新規取扱開拓につながっている。その為、売上も拡大し、今期売上高は過去最高が予想される。
 そのような状況で、容量の大きなキムチを購入するのを躊躇していた小家族をターゲットとした「ご飯がススム キムチ」の食べ切りサイズを新発売する。
 味は「ご飯がススム キムチ」そのまま、りんごのフルーティな甘味、アミ塩辛などの魚介の旨みがきいたこってり味で、白菜のきざみ幅を小さくしている。少しだけ食べたいときに便利な商品となっている。

ピックルスコーポレーション 「ご飯がススム キムチ」の食べ切りサイズを3月1日より新発売

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | IR企業情報
2011年02月27日

カナモト シンガポール共和国の建機レンタル大手と合弁契約の調印を終了

■海外展開の強化を今後の成長エンジンとして掲げ、シンガポール進出はその一環

カナモト 建機レンタルの最大手カナモト<9678>(東1)は、シンガポール共和国の建機レンタル大手JP Nelson Equipment PTE. LTD.(以下、JPN 社))と合弁で、同国内にKanamoto & JP Nelson Equipment (S) PTE Ltd.(以下、KNE)を設立・運営することに合意、2月25日、シンガポールにて合弁契約の調印を終了したと発表。
 国内建設市場は緩やかな縮小傾向にあることから、同社グループでは日本国内でのM&A によるシェア拡大と同時に海外での事業拡大を進めている。特に2010〜2014 年の長期計画では、海外展開の強化を今後の成長エンジンとして掲げており、シンガポールへの進出はその一環。

■東南アジア諸国やオセアニア、インド地域の橋頭堡の役割を担う

 もともと、シンガポールでは建設需要が底堅く、地下鉄工事や湾岸高速ハイウェイなどの大型プロジェクトが発注されているなど、建機レンタル需要が十分に見込まれる。インフラ工事には、同社グループのエンジニアリング系子会社のソリューションが必要不可欠であり、グループを通じた相乗効果が見込める。
 また、同社グループが目指す、東南アジア諸国やオセアニア、インド地域での事業展開の橋頭堡の役割を担う企業と位置付けている。
 法人登記は2011年1月に完了しているが、資本金の払込は今後漸次実行される予定であり、本格的な営業活動を開始するのも3月以降となる見込み。KNE社の業績については、3年度目の2013年会計年度に黒字に転換する予定で、売上高は3,800千SG$(約2億4000万円)、営業利益は155千SG$(約1,000 万円)を計画している。
 今期の業績に与える影響は軽微であるが、今後に与える影響は大きいといえる。株価は、PBR0.4倍であり、今後の見直しが予想される。

>>カナモトのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:52 | IR企業情報
2011年02月26日

フランスベッドホールディングス 連結子会社の固定資産譲渡により、特別利益の計上を発表

■譲渡益5億8200万円が特別利益として計上される

フランスベッドホールディングス フランスベッドホールディングス<7840>(東1)は、連結子会社の固定資産譲渡により、特別利益の計上を発表した。
 子会社のフランスベッドが所有する土地1万5644.26uを中村土建(本社:宇都宮市)に譲渡することで、譲渡益5億8200万円が特別利益として計上される。
 会社側では、連結業績見通しについては現在精査中であり、業績予想の修正が必要と判断された場合は、速やかに公表するとしている。
 同社の事業は、前期は介護福祉用具事業、家具インテリア健康事業の2事業に分けられていた。
 前期の2事業の業績を見ると、介護福祉用具事業は売上高238億9400万円(09年期比3.9%増)、営業利益18億5800万円(同48.9%増)と増収大幅増益で順調。ところが一方の家具インテリア健康事業は、売上高217億400万円(同16.7%減)、営業利益△11億5600万円(09年△12億7100万円)と大幅減収で営業赤字と不振。

■事業の改善が着実に進み、財務内容は健全であることから、株価の見直しが予想される

 そこで、今期は、介護・福祉用具を主軸とするメディカルサービス事業分野に経営資源を集中すると共に、第3四半期間にメディカルサービス事業とインテリア健康事業との融合に向けた新たな組織体制を構築している。
 最終利益は見直しが予想されるが、当初の今通期連結業績予想は、売上高486億円(前期比2.3%減)、営業利益9億7000万円(同34.6%増)、経常利益8億円(同24.0%増)、純利益3億円(同13.9%増)と減収ながら2期連続の増益を見込む。
 前期は08年の最終利益△16億1500万円から2億6300万円の黒字と赤字脱却を実現し、今期も2ケタ最終増益を見込んでいる。事業の改善が着実に進んでいるところに、今回の特別利益計上の発表。自己資本比率は62.8%であり、財務内容は健全であることから、株価の見直しが予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:12 | IR企業情報
2011年02月25日

ピックルスコーポレーションは「ご飯がススム」シリーズが好調

ピックルスコーポレーションのホームページ ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は1月12日に今2011年2月期業績について下方修正を行ったが、以後さえない動きが続いている。

 今2月期第3四半期累計の営業利益が3億900万円(前年同期4億5300万円)と減益に転じたため、通期の営業利益も従来の6億3900万円から4億2000万円(前期5億3600万円)へ下方修正された。

 ただ、売上げを見ると今期は210億円と前期比15%の大幅増加が見込まれている。積極的な販売活動により「ご飯がススム」シリーズ(ご飯がススムキムチ、ご飯がススム 辛口、ご飯がススム カクテキ)が量販店等で売上げが伸び、「ラ〜油うま辛きゅうり」、「うま辛ザーサイキャベツ」、「ねぎキムチ」などご飯がススムシリーズの新商品も好調。そのため関西工場で新工場を建設したほか、既存工場においても新規設備導入を進めた。

 こうした積極的な設備投資による費用増、及び天候異変による野菜の値上りが営業利益減額修正の要因。従って、株価にとっては決してマイナス要因ではなく中期的には業績を押し上げる要因である。増益転換が予想される来2012年2月期の業績見通し発表を契機に株価も見直し相場入りとなりそう。

ピックルスコーポレーション 「ご飯がススム うま辛ザーサイキャベツ」「ご飯がススム ねぎキムチ」を新発売

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

【近況リポート】陽光都市開発は事業体質の転換に注力、今期黒字転換見込む

近況リポート

陽光都市開発ホームページ 陽光都市開発<8946>(JQS)の21日に発表された前2010年12月期決算は営業利益が2億4700万円の損失(前々期は1億7000万円の黒字)となった。

 従来予想の2億3000万円に比べ若干損失幅拡大する結果になったが、これはマンションの買い戻しに際しての土地売却事項が従来の金融取引から売買取引に変更されたことによるもの。

 今2011年12月期については営業利益3400万円の黒字計上を見込んでいる。投資マンションの勧誘について電話による行き過ぎた販売営業活動があったとして宅地建物取引業法に基づく行政処分が下り、2月1日―22日まで営業停止処分となった。こうした点を踏まえ投資用マンションについて今後はセミナー開催や紹介による集客などの販売営業手法にシフトする。

 従って今後は投資用マンション事業は規模が縮小するとことになる。代わって今後は安定した収益を見込める不動産管理事業等のフィービジネスを主力とした事業構造の構築に注力する方針だ。希望退職者の募集、投資用マンション事業縮小による人件費・コストの削減を推進することで今期は黒字化を目指す。

>>陽光都市開発のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:09 | IR企業情報

アスカネット:「空中ディスプレー」事業へ進出

■画像映像を空中に結像、浮かび上がらせる新技術取得

アスカネットホームページ アスカネット<2438>(東マ)は本日の取締役会で、新規事業として空中ディスプレー(エアリアルイメージング=AI)事業を3月16日カら開始することを決めた。

 同社は、遺影写真等画像映像のデジタル加工などメモリアルデザインサービス事業、一般消費者からプロ写真家までをターゲットに、個人向け写真集の作製、販売などのパーソナルパブリッシング事業を中心に事業展開し、さらに事業拡大への方向を、「画像映像」の新しい表現方法を模索していた。

 このたび、画像映像を空中に結像させ浮かび上がらせる斬新でユニークな技術を取得したことを契機に研究を進め、新しい映像画像の表現方法として確立するため事業化した。

 このAI事業は、画像映像の表現という同社の事業領域とも合いシナジーが期待できることに加え、今後様々な分野への展開が考えられ、すでに試作等の引き合いがある状況でもあり、新しい市場が創出できると判断し同事業へのチャレンジを決めた。

 AI事業立ち上げに要する費用は、空中結像技術に関する特許権(申請中のものを含む)等の取得費に約60百万円を予定しているほか、AI事業開発室を新設し、この技術開発者を採用してトップに据え、研究とマーケティングを行う。

■3本目の柱とするべく、事業化を推進

 今後の展開について「3Dを含めた空中結像技術のさらなる研究、反射パネル量産化の研究、市場マーケティング、試作品の製作および提案などに優先的に取り組んで、メモリアルデザインサービス事業、パーソナルパブリッシングサービス事業に続く当社の3本目の柱とするべく、事業化を推進する。」(同社常務取締役・CFO功野顕也氏)といっている。

【AI事業の概要】

 (1)技術の概要:被写体からの光を、特殊な反射パネルを通過させることによって、空中に再度結像させ表示するもので、その結果、映像画像が空中に浮かんで見える。反射パネルに独自の技法を施すことで、高照度、高精細、高い飛び出し距離を実現する。また、高度なパネルの使用や、既存技術、製品との連携などで、3Dでの表現も可能となる。

 (2)用途としての可能性:空中に画像映像が浮かぶというユニークな技術であり、画像映像を表現しているあらゆる分野へ展開できる可能性がある。例えば、PC用ディスプレー、自動車機器、広告、アミューズメント、サイン看板などがある。

>>アスカネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:36 | IR企業情報

大和小田急建設 信託受益権(固定資産)および固定資産の取得を決議

大和小田急建設のHP 大和小田急建設<1834>(東1)は、24日に開催の取締役会で、信託受益権(固定資産)および固定資産の取得を決議したと発表。
 1月31日に公表した売却の決定した賃貸用固定資産の買換え資産として、今回の信託受益権(固定資産)および固定資産の取得が今後の業績に寄与すると判断したことを取得理由として挙げている。
 信託受益権(固定資産)の物件名称は「六門」、所在地は港区六本木。土地面積488.58u、建物は地下一階付の7階建、延べ床面積2849.63u。取得価格(予定)は51億6000万円。売買契約締結は3月3日を予定。
 取得する固定資産の名称は、ダイワロイネットホテル横浜関内、所在地は横浜市中区。土地面積は1114.86u、建物は地下一階付の10階建、延べ床面積8567.98u。取得価格(予定)は32億5000万円。売買契約締結は2月25日を予定。
 今回の取得資金については、自己資金を充当する予定。今期業績に与える影響は軽微としている。

>>大和小田急建設のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | IR企業情報
2011年02月24日

クリナップ:ドリーミアクラブが特別講座で「2011豆腐フェア」に初参加

■関連イベント、「京都ほんまもんの豆腐・油揚げ&純豆腐なべを堪能」講座なども

クリナップホームページ クリナップ<7955>(東1)が運営する会員組織「Dreamia Club(ドリーミアクラブ・現在の会員数約1万人)は、運営開始した08年以来、定期的に食に関するイベントや講座を実施しているが、このたびは3月12日・13日の両日、東京ビッグサイトで開催される「2011豆腐フェア」(主催:全豆連など)に参加し、「Dreamia Club豆腐メニュープレゼンテーション2011」と題する特別講座を開講する。

特別講座を開講

 Dreamia Clubでは、運営内容のひとつとして、自宅で絵料理教室を主宰しているサロネーゼのコミュニティ「DreamIaサロン」を展開しており、今回参加する豆腐フェアでのイベントでは、サロネーゼが創作した豆腐料理の中から特に優秀な作品を選定し、フェアの中でレシピの公開や試食会を行う。

豆腐 なお、同社が行う同フェア関連イベントは、「2011豆腐フェア『記者発表&先行試食会』」(新東通信本社=中央区銀座、2月24日(木)16:30〜17:30)、「特別講座〜京都ほんまもんの豆腐・油揚げ&純豆腐なべを堪能」(パーティスペースDreamia新宿=クリナップ新宿ショウルーム、2月26日(土)、講師:東田和久=京の地豆腐「久在屋」店主)、「Dreamia Club豆腐メニュープレゼンテーション2011」(東京ビッグサイト、3月13日(日)11:00〜12:30)。

>>クリナップのMedia-IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:59 | IR企業情報

生化学工業 ひざの痛みに悩んでいる1034名を対象に「ひざの痛みへの対処法・満足度実態調査」実施

■「病院に行かない」と答えた人は80.2%

生化学工業のHP 関節機能改善剤「アルツ」の製造・販売の生化学工業<4548>(東1)は、ひざの痛みに悩んでいる40歳以上の男女1034名を対象に「ひざの痛みへの対処法・満足度実態調査」実施した。
 調査によると、ひざに痛みがあるにもかかわらず「病院に行かない」と答えた人は80.2%にものぼり、その多くが「我慢をする」、「市販の湿布を貼る」など、自分なりの対処法で済ませていることが分かった。

■「適切な治療を受ければ痛みを軽減することができる」ということを認識してもらうことが重要

 病院に行かない理由で最も多かったのは、「病院へ行くほどでもない」(52.2%)、このうちの79.9%が「階段の上り下りがつらい」、「立ち上がるのがつらい」など、日常生活で何らかの不便を感じていることが明らかとなった。

「病院へ行くほどでもない」(52.2%)

 日常生活に支障をきたしているものの、症状を軽く考えており、受診・治療による痛みの改善の機会を逃していると推察される。
 中高年のひざの痛みの原因として最も多い変形性ひざ関節症は、初期の段階から専門医による適切な治療を受けて病気の進行を遅らせることが重要と考えられている。その為には、患者に「ひざの痛みは変形性膝関節症かもしれない」「適切な治療を受ければ痛みを軽減することができる」ということを認識してもらうことが重要。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | IR企業情報

エスプール エスプール総合研究所の保有全株式を売却することを決定

■譲渡金額は1億500万円

 エスプール<2471>(JQS)は、23日の取締役会で、同社の連結子会社であるエスプール総合研究所の全株式を譲渡することを決議したと発表。
 エスプール総合研究所の取締役により同社に対してMBO方式による全株式の買取の申し入れがあり、同社では、エスプール総合研究所の保有全株式を売却することを決定した。
 譲渡金額は、1億500万円。株式譲渡予定日は2月28日。
 株式譲渡に伴い、特別利益を計上する見込であり、当期連結業績に与える影響については確定次第公表するとしている。

>>エスプールのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:41 | IR企業情報
2011年02月22日

さくらインターネット 双日による同社株式に対する公開買付について、賛同の意見を表明

■買付予定数の上限があるいわゆる部分買付であり、同社の上場は維持される

さくらインターネットホームページ データセンター大手のさくらインターネット<3778>(東マ)は、22日開催の取締役会において、双日による同社株式に対する公開買付について、賛同の意見を表明すると共に、双日との間で業務提携契約書を締結することを決議したと発表。
 今回の公開買付は、買付予定数の上限があるいわゆる部分買付であり、同社の上場は維持されるもの。
 公開買付価格は23万円。2月21日の終値17万7800円に対して29.36%のプレミアを加えた価格。買付期間は2月23日から3月23日。
 双日は同社の発行済株式総数の29.31%を所有しているが、51.04%に引き上げて、連結子会社化する方針。
 また、同日に堂島データセンターの拡張フロアーに、新にサーバラック72基増設したことも発表。今期業績予想には織り込み済み。

>>さくらインターネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | IR企業情報
2011年02月21日

寿スピリッツ:立会外分売値段869円に決定、DC率2.9%

寿スピリッツのHP 寿スピリッツ<2222>(JQS)は本日取引終了後、株式の分布状況改善および流動性向上を目的に、明日2月22日大阪証券取引所で実施する同社株式の立会外分売の値段を869円と発表した。本日の株価終値895円に対するディスカウント率は2.90%となった。

 なお、今回の立会外分売は、分売予定株式数200,000株、買付申込数量上限は買付顧客一人につき3,000株(売買単位100株)となっている。

 同社は、全国各地のお菓子のオリジナルブランドとショップブランドの総合プロデューサーを目指し、高付加価値製品の開発・地域限定有店舗の通信販売という独自の戦略を展開し、熱狂的ファンと顧客にとって不可欠な「商品」、「店」創りに取組んでいる。

 第2四半期までの異常気候の影響を脱した第3四半期(10年10月から12月)の実績は、売上高2.1%、営業利益5.6%、経常利益9.2%と増収増益で、再び成長路線に乗っており、通期での売上高過去最高の更新を目指している。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:11 | IR企業情報

三栄建築設計 立会外分売の実施を発表

■分売予定株式数は10万株

 戸建住宅の三栄建築設計<3228>(名セ)は、21日の引け後に立会外分売の実施を発表した。
 分売予定株式数は10万株、分売実施日は2月22日(火)、分売値段は1411円、買付顧客1人につき1000株(売買単位:100株)まで。
 同社は、上場来最高益更新を継続中の企業。今期も最高益更新を見込む元気印の実力派。

>>三栄建築設計のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:01 | IR企業情報

さくらインターネット 取締役会で石狩データセンター建設計画の一部変更とその施工を決議

■第1期工事において、2棟同時に建設

さくらインターネットホームページ データセンター事業の大手さくらインターネット<3778>(東マ)は、21日開催の取締役会で石狩データセンター建設計画の一部変更とその施工を決議したと発表。
 取締役会で、石狩データセンター建設の詳細について検討した結果、第1期工事において、2棟同時に建設することを決定した。
 データセンターの着工から竣工までにかかる期間は、設備機器導入にかかる期間と比較すると長く、冬季の工事着工は非常に困難であることから、建物については需要を先取りした投資計画が必要であり、また、建物には機能的な陳腐化の恐れがなく、設備機器と比較すると安価なため、初期投資負担も比較的軽く、減価償却の運用費負担も大きくないことが建設計画変更の理由として挙げられる。

■約200台のサーバラックを新設する予定

 各棟のサーバ室を100ラック毎に区分けして、空調方式や供給電力を柔軟に変更できる「モジュール方式」を採用する予定。
 その為、需要動向に応じた段階的な設備投資が可能となることから、第1期工事においては、他のデータセンターにおけるラック稼動状況やホスティングサービスの需要動向、来期投入予定のクラウドサービスの供給環境を整備することなどを考慮して約200台のサーバラックを新設する予定である。
 石狩データセンターは、全体が完成すると、8棟合計約4000ラックと、国内最大級の大規模データセンターとなる。

>>さくらインターネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:43 | IR企業情報

日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」のiPhoneアプリ登場!

■カスタマイズして自分だけの楽天市場が作れる!

 日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」を運営する楽天<4755>(JQS)は21日、「楽天市場」専用のiPhone用アプリケーション「楽天市場APP for iPhone」をリリースした。

 楽天市場が誇る7000万点以上の商品を「検索」「ランキング」「ジャンル」など様々な方法で探して、買い物が出来る。WEBサイトと共通の楽天会員IDを利用して、ポイント(1ポイント=1円として50ポイント以上から利用できる)を貯めたり、会員ランクや買い物かごの中身を確認することが出来る。また、各種カスタマイズ機能も搭載している。

日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」のiPhoneアプリ登場!
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:16 | IR企業情報

アクセルマーク:『AXEL BOOK』の電子書籍が10万ダウンロード突破!

■10万ダウンロード記念コンテンツを発表

 アクセルマーク<3624>(東マ)は、電子書籍化支援サービス『AXEL BOOK』のダウンロード数が累計10万ダウンロードを突破したと発表。また、10万ダウンロード突破を記念して、『AGC38朗読アプリ(仮)』を2011年3月から提供開始した。

 同サービスは、2010年7月からのサービス開始以来、累計46作品を配信し、電子書籍のジャンルは、「ビジネス書」、「小説」「哲学」「自己啓発」「健康」「恋愛」など。App Storeブックランキング1位を記録した作品は6作品、またベスト10へランキング入りした人気作品も多数だった。

 同社では、10万ダウンロード突破を記念して、「AGC38朗読アプリ(仮)」の提供を開始する。同アプリは、『AXEL BOOK』の人気作品を「AGC38(写真=サイト)」の美少女キャラクターが朗読するオーディオアプリ。オーディオアプリとは、書籍を声優が読み、その音声データーをダウンロードして「耳で聴く」電子書籍。「耳で聞く」電子書籍のため、通勤通学などの移動中やジョギングをしながら、家事をしながらなど、様々なシチュエーションで時間を有効活用して読書を楽しむことができる。第1弾として、「胸キュン! 愛され女神のラブモテフレーズ143」(著編:恋愛作法研究所)と「日刊男心〜草食男子の穏やかな反逆〜」(著:吉見マサノヴ)、「1日1分!モテる男の心理フレーズ」(著:伊東明)の作品を順次配信する。

AGC38サイト
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:52 | IR企業情報

共同印刷は新しい学びのカタチを提供する「電子書店・自己ガク」を開設

 共同印刷<7914>(東1)は、電子書籍の販売からセミナー運営までを手がける電子書店「自己ガク」を開設すると発表。2011年4月の正式オープンに向け、2月末から順次配信を開始する。

 同サイト「自己ガク」は、自己啓発や資格取得など「学び」をテーマにした電子書店。医療・看護、ビジネス、法律、趣味・教養、資格検定の5つの専門カテゴリーをもち、電子書籍販売を核に、講演会やセミナーの紹介から運営まで幅広いサービスをワンストップで提供する。

 「自己ガク」では「学びたい読者」のために、検索した電子書籍に関連した講演会やセミナー、スマートフォン向け推奨アプリケーションなどの多角的な情報を、一覧で表示する。また、コンテンツは、文字検索や付箋、マーカーなどの学ぶために便利な機能を実装した、同社開発の専用ビュアーで閲覧が可能。さらに、PCをはじめiPadなどの各種タブレット型端末にも対応するワンIDマルチデバイスのサービスも展開する。
 出版社はコンテンツのPDFデータと書誌データを用意するだけで、同社が電子書籍の販売やプロモーションから、講演会・セミナーの事務局運営、さらにはコンテンツデータ、販売データ、顧客データなどの管理までを行なう。

共同印刷は新しい学びのカタチを提供する「電子書店・自己ガク」を開設
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:34 | IR企業情報

三菱電機はマキタ本社工場に85kW太陽光発電システムを導入

■2月に稼働開始

 四国の船舶用ディーゼルエンジンメーカーの株式会社マキタ(香川県高松市)は、本社工場(香川県高松市)に発電容量85kWの太陽光発電システムを導入し、2011年2月から稼働を開始する。太陽電池モジュール、パワーコンディショナなどの太陽光発電システム一式を三菱電機<6503>(東1)が納入した。(写真=株式会社マキタ 本社工場、屋根上設置の太陽光発電システム)

 マキタは総トン数1万トンから3万トンの船舶向けディーゼルエンジン市場で、世界シェア30%を占めるトップ企業。1910年に創業し、昨年100周年を迎えた。低炭素社会形成への取り組みとして、環境負荷を軽減するために自然エネルギーの活用を進め、今回はじめて太陽光発電システムを導入した。

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6503.T&d=6m
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:28 | IR企業情報