スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/16)さくらインターネット 第2四半期業績は2ケタ増収大幅増益
記事一覧 (10/16)ドクターシーラボ ツイッターアイコンのカスタマイズ機能を活用した募金活動を10月14日より開始
記事一覧 (10/16)ベルーナ 第2四半期累計連結売上高は、対前年同期比1.8%増
記事一覧 (10/15)東祥が中計発表、ホリデイスポーツクラブ事業に経営資源集中
記事一覧 (10/15)ホンダの人間型ロボットASIMOが10周年を迎える
記事一覧 (10/14)日本ライフライン 第2四半期累計売上高速報値は前回予想を2億200万円上回る
記事一覧 (10/14)サン電子はiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム配信開始
記事一覧 (10/14)ベルーナ 日本格付研究所は、同社の格付見通しをネガティブから安定的に引き上げる
記事一覧 (10/14)トーソー 「第29回JAPANTEX2010 インテリアトレンドショー」へ出展
記事一覧 (10/14)スターティア 子会社のスターティアラボは営業&マーケティングの ための新しいテーマイベントに出展
記事一覧 (10/13)ピーアンドピー 9月の連結月次売上高を発表
記事一覧 (10/13)スターティア カタログサイトの構築が容易になるホームページ制作サービスの提供を開始
記事一覧 (10/13)フライトシステムは「ペイメント・マイスター」発売で報道機関向け説明会実施
記事一覧 (10/13)ピックルスコーポ:「ご飯がススム・キムチ鍋の素/よせ鍋の素」を新発売
記事一覧 (10/13)GMOアドパートナーズ ソーシャルグラフ、高度なアドテクノロジーに対応する研究新組織を設置
記事一覧 (10/13)TDCソフトウェアエンジニアリング 第2四半期業績の上方修正を発表
記事一覧 (10/12)夢真ホールディングス 9月の売上高は4億2900万円と下半期で最高の売上高を達成
記事一覧 (10/12)ノバレーゼ、今期末配当予想を1000円増額
記事一覧 (10/12)インデックスHDはアニメ映画『REDLINE』のコンテンツを無料提供
記事一覧 (10/11)カシオ計算機はインターネット経由の電子レジスター最上位モデルを発売
2010年10月16日

さくらインターネット 第2四半期業績は2ケタ増収大幅増益

■純利益は2億9800万円と対前年同期比6.34倍

さくらインターネットホームページ データセンターの大手さくらインターネット<3778>(東マ)は、今11年3月期第2四半期業績を発表した。
 売上高42億1100万円(前年同期比10.2%増)、営業利益6億5400万円(同2.41倍)、経常利益6億4600万円(同2.54倍)、純利益2億9800万円(同6.34倍)と2ケタ増収大幅増益となった。
 一時は景気回復局面にあった国内経済もここにきて減速傾向にあるなか、国内IT市場でも低成長が続いている。しかし、コンテンツのリッチ化にともなうデータ(トラフィック)量の増大や企業のIT環境に対する意識の変化などにより、同社の所属するインターネットデータセンター市場は、比較的高い成長を続けている。

■専用サーバサービス売上高は、対前年同期比25.7%増、レンタルサーバサービス同25.1%増と好調そのもの

 その様な状況の中で、同社はコストパフォーマンスに優れたサービスを継続的に提供することによって、他社との差別化を図っている。
 サービス別の売上高は、ハウジングサービス15億800万円(同1.0%増)、専用サーバサービス15億6000万円(同25.7%増)、レンタルサーバサービス7億500万円(同25.1%増)と好調そのもの。
 総資産54億5900万円(前期末比3億8200万円増)、純資産20億1000万円(同2億5500万円増)となり、自己資本比率は2.3ポイント改善し35.7%と財務体質の健全化が進んでいる。
 通期業績に対する進捗率は、売上高48.4%、営業利益62.2%、経常利益62.7%、純利益54.1%であることから利益面での上方修正も期待できる。

>>さくらインターネットのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:33 | IR企業情報

ドクターシーラボ ツイッターアイコンのカスタマイズ機能を活用した募金活動を10月14日より開始

 ドクターシーラボ<4924>(東1)は、CSR活動の一環としてツイッターアイコンのカスタマイズ機能を活用した募金活動を10月14日より開始した。
 今回、同社が開始する募金は、ツイッターアイコンを簡単に加工できる「twicon custom」を利用し、利用者が使っているツイッターアイコンを、同社が提供する募金用アイコンフレームでカスタマイズすると、「SPUTNIK International」が支援するスリランカのガールズホーム(孤児院)に「10円」が寄付されるというもの。募金する10円は、募金者に代わり、ドクターシーラボが「SPUTNIK International」に寄付する。アイコンのカスタマイズ募金は、利用者のホームやフォロワーのタイムラインなどに常に表示され続けることで、利用者のチャリティー参加意識やチャリティー自体の広がりにつなげていける利点がある。

ドクターシーラボ ツイッターアイコンのカスタマイズ機能を活用した募金活動を10月14日より開始

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:44 | IR企業情報

ベルーナ 第2四半期累計連結売上高は、対前年同期比1.8%増

■前期の減収の流れを断ち切り、今期は増収へと転換

ベルーナ 総合通販事業のベルーナ〈9997〉(東1)の第2四半期累計連結売上高を発表した。
 第2四半期累計連結売上高は、対前年同期比1.8%増となった。その内訳は、総合通販事業(旧カタログ事業)8.5%増、専門通販事業(旧単品通販事業)10.1%減、ソリューション事業(封入梱包等)62.8%増、ファイナンス事業42.4%減、プロパティ事業12.0%減、その他の事業14.0%増となっている。
 四半期毎の対前年同期比を見ると、前第1四半期14.4%減、前第2四半期18.3%減、今第1四半期2.1%増、今第2四半期1.4%増となっている。前期の減収の流れを断ち切り、今期は増収へと転換している。
 15日の株価は、前日比4円安の407円。チャート的には下値抵抗ラインである400円に近づいていることから反発が予想される。また、今第2四半期連結売上高予想は前年同期比1.3%増としているが、速報値は1.8%増と予想を0.5ポイント上回っていることも株価反発の後押し材料となる。

>>ベルーナのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:37 | IR企業情報
2010年10月15日

東祥が中計発表、ホリデイスポーツクラブ事業に経営資源集中

■10万人商圏で成り立つ新店舗モデルを開発し出店倍増

東祥のHP 初心者向けに郊外型「ホリデイスポーツクラブ」を全国展開する東祥<8920>(JQS)は14日、今11年3月期を初年度とする同社5ヵ年中期経営計画を発表した。

 わが国の高齢化が進むみ、国民の健康志向が一段と高まる中、同社はこうした状況を背景に、初心者の大人向け「ホリデイスポーツクラブ」事業を中心に、ホテル事業、賃貸事業を展開し急成長を続けている。

 今回発表した中期経営計画では、持続的成長を維持できる企業づくりのために、ホリデイスポーツクラブ事業を同社の成長ドライバーと位置づけ、今後はこの事業に経営資源を集中し、ホテル事業、賃貸事業については現状維持にとどめ利益率の改善など効率経営に特化する方針だ。

東祥が中計発表、ホリデイスポーツクラブ事業に経営資源集中

 中核となるホリデイスポーツクラブ事業では、地方都市への出店を継続し来期以降年8店舗と出店を加速、現在の37店舗を最終年度末の15年3月期には74舗へ倍増し、さらに18年度100店舗をめざす。

 このたび、蓄積したノウハウと増加してきた不動産情報を組合せ、従来の店舗モデル(会員数2,500〜3,000名、投資額4億円)より小型店舗(商圏10万人以上、想定会員数2,000名、投資額3.3億円)で利益率30%を確保できる新店舗モデルを開発し潜在立地を1.5倍に拡大、需要掘り起こしに取り組む。

 今回開発した小型店舗モデルの初店舗「ホリデイスポーツクラブ出雲」を11年10月島根県に初出店し、同11月には北海道内5店舗目となる「ホリデイスポーツクラブ苫小牧」を開設する予定。

 同計画最終年度の主要経営指標目標は、売上高175億円(前期実績比65%増)、経常利益44億円(同110%増)、経常利益率25.0%(同5.3ポイント増)、EPS140円(同114%増)、ROE20%(同0.6ポイント増)、配当性向20%(同4.7ポイント増)とした。

■時代変化に適応した企業として成長する

 中期経営計画について代表取締役社長沓名俊裕氏は「上場7年目の大きな節目と判断しまとめた。少子高齢化社会が進み、人口の年齢構成が変わってくるが、健康づくりという切り口で進める当社のホリデイスポーツクラブ事業は、仕入もなく、営業マンもいないビジネスモデルであり10万人の商圏で成り立つ。環境は厳しい状況が続くが、土地手当てが容易になった。エンドユーザーである地域住民の生活に密着した商品をつくることは時代ニーズに沿うことであり、潜在需要を掘り起こすことにつながり、時代変化に適応した企業として成長できる。」と自信のほどを力強く語った。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:55 | IR企業情報

ホンダの人間型ロボットASIMOが10周年を迎える

■スマートフォン向けアプリの配信も予定

 ホンダ<7267>(東1)の人間型ロボットASIMOが、2000年10月31日に研究所内で二足歩行に成功してから、今年で10周年を迎える。

 同社は10周年を記念して、「みんなの写真でASIMOをつくろう」を企画。これは、ASIMOやホンダ製品と一緒に撮影した写真やASIMOのイラストを集めて、大きなASIMOの画像を作るスペシャル企画。写真やイラストはホンダのホームページや携帯電話サイト、Honda青山ビル1階のショールーム「Hondaウエルカムプラザ青山」、ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で10月31日まで募集している。

 さらに、ホンダのロボット開発の歴史や世界中で活動する様子を収めたASIMO10周年ムービーを10月29日にHondaのホームページで公開。スマートフォン向けアプリケーション「Run with ASIMO」の配信も予定。ユーザーの歩数に合わせてHondaのロボットが進化し、他のユーザーのASIMOとサーキットでの競争を楽しめる。

ホンダの人間型ロボットASIMOが10周年を迎える

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:52 | IR企業情報
2010年10月14日

日本ライフライン 第2四半期累計売上高速報値は前回予想を2億200万円上回る

■再度の上方修正が予想される

日本ライフラインのHP 日本ライフライン<7575>(JQS)は、14日の引け後に第2四半期(7月〜9月)の売上高速報値を発表した。
 第2四半期の売上高は56億600万円(前第2四半期比2.6%増)と、本年4月に医療機器の公定価格である保険償還価格の改定が行われ、心臓ペースメーカの主力機種の引き下げ幅が12.4%となったにもかかわらず前期を上回る売上を達成した。
 第2四半期累計の売上高は、109億8500万円(前年同期比0.5%減)と対前年同期比で減収となったが、当初予想売上高107億8300万円を2億200万円上回ったことになる。
 7月30日に今第2四半期累計連結業績予想の上方修正を発表している。速報値ではあるが、その数値を更に上回ったことから、再度の上方修正が予想される。

>>日本ライフラインのMedia−IR企業情報

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:05 | IR企業情報

サン電子はiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム配信開始

■『歪みの国のアリス』配信開始!


 SUNSOFTを展開するサン電子<6736>(JQS)は、iPhone/iPod touch/iPad向けにアドベンチャーゲーム「歪みの国のアリス」を2010年10月14日から配信を開始した。同アプリは、15種類のエンディングがあることで話題となり、携帯電話で200万ダウンロードを達成している。App Storeからダウンロードできる。価格は450円(税込)。
 また、13日からauとSoftbankの携帯電話向け美少女ゲームサイト「しゃんはいむすめ」に、新作アプリ『SUPER上海☆娘Vol.02メイド☆娘』の配信を開始している。

サン電子はiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム配信開始

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:03 | IR企業情報

ベルーナ 日本格付研究所は、同社の格付見通しをネガティブから安定的に引き上げる

ベルーナ 日本格付研究所は、本日(13日)にベルーナ<9997>(東1)の格付見通しをネガティブから安定的に引き上げ、長期優先債務格付をBBBとした。
 理由として以前は、ファイナンス事業、プロパティ事業への収益依存度を高めていたが、近年の外部環境の悪化を受けて、現在はファイナンス事業、プロパティ事業を縮小すると共に、総合通販事業、専門通販事業などデータベース関連事業への回帰を進め、利益面でも回復傾向にあることを主な理由としてあげている。
 同社の株価は午後1時35分現在で3円高の411円。

>>ベルーナのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46 | IR企業情報

トーソー 「第29回JAPANTEX2010 インテリアトレンドショー」へ出展

■今年のブースコンセプトは「暮らしを豊かにするウインドウファッション〜ひとと地球にやさしい窓辺の提案〜」

トーソーHP インテリアメーカーのトーソー<5956>(東2)は、11月17日(水)から19日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第29回JAPANTEX2010 インテリアトレンドショー」へ今年も出展する。
 今年のブースコンセプトは「暮らしを豊かにするウインドウファッション〜ひとと地球にやさしい窓辺の提案〜」。今年の窓周りの新製品を中心に、近日発売予定の未発表製品を含めた窓周り製品の提案と、環境に配慮した製品や企業としての取り組みの紹介を行い、窓の内側から外側までを演出する窓周りのトータル提案企業として、幅広いラインナップを展示する。
 ブースの位置は、西展示ホールNO.1−46。主な見所は、装飾性レールとカーテンのコーディネートの事例、グッドデザイン賞を受賞した無地多色スクリーン「コルト」と今年の新製品、電動カーテンレール「プログレス50」等。

コルト

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:09 | IR企業情報

スターティア 子会社のスターティアラボは営業&マーケティングの ための新しいテーマイベントに出展

■電子ブック作成ソフトを活用した売上アップの為の新しいWEBマーケティング手法を紹介

スターティアのHP スターティア<3393>(東マ)の子会社であるスターティアラボは、東京ビッグサイトで10月18日より3日間開催される営業&マーケティングのための新しいテーマイベント「ITpro EXPO 2010〜Sales&Marketing Solution 2010〜」に出展する。
 今回の展示では、40もの業種・用途で活用されている電子ブック作成ソフト「アクティブック」を活用した売上アップの為の新しいWEBマーケティング手法をテーマに紹介する。展示ブースでは、iPhone(TM)(アイフォーン)/iPad(TM)(アイパッド)に対応した電子ブック作成ソフト「アクティブック」の展示の他、10月5日に発表を行った電子書店開設パッケージ「ACTIBOOK SHELF(アクティブックシェルフ)」を中心に展示し、電子ブックを新たな自社サービスとして展開し売上アップを図った印刷会社や、大量の製品カタログを電子ブック化し、ホームページに掲載することで問い合わせを増やした製造メーカーなど、電子出版以外の用途でも活用されてきている電子ブックをこれまでの事例を踏まえながら紹介する。

アクティブック

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:45 | IR企業情報
2010年10月13日

ピーアンドピー 9月の連結月次売上高を発表

■9月27日に利益面での大幅上方修正を発表しているように、計画を上回るペースで推移

ピーアンドピーHP ピーアンドピー<2426>(JQS)は、9月の連結月次売上高を発表した。
 9月の売上高は、対前年同月比10.8%減。昨年7月に子会社化したピーアンドピー・キャリアの不採算事業の売上高が前期業績に含まれている影響で、今期の7月、8月、9月売上高の対前年同月比は、減収となっているが、減収幅は月毎に縮小している。
 しかし4月〜9月までの累計の売上高は対前年同期比で1.8%増と前期の特殊要因を含めた売上を上回っている。実態は、9月27日に利益面での大幅上方修正を発表しているように、計画を上回るペースで推移している。

>>ピーアンドピーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:21 | IR企業情報

スターティア カタログサイトの構築が容易になるホームページ制作サービスの提供を開始

■容易かつ最短1ヶ月という短期間でデジタルカタログを活用したWEBサイトを構築

スターティアのHP スターティア<3393>(東マ)の子会社であるスターティアラボは、13日にカタログサイトの構築が容易になるホームページ制作サービス「デジタルカタログサイト構築パッケージ」の提供を開始したと発表。
 今回のサービスは、スターティアラボが提供する電子ブック作成ソフト「Digit@link ACTIBOOK(デジタリンクアクティブック)」(以下「アクティブック」)とホームページ制作サービス「デジタリンクCMS」や「ActiBookManager(アクティブックマネージャー)」をベースにしたパッケージサービスで、カタログサイトの構築に必要となるデジタルカタログの作成やホームページ制作のほか、サイトのテンプレート、CMS(WEBコンテンツ管理システム)や簡易データベースなどもパッケージングされており、容易かつ最短1ヶ月という短期間でデジタルカタログを活用したWEBサイトの構築が行える。

■カタログをホームページ上で掲載したいという声に応える

 サービス開始の背景として、これまで製造メーカーや卸売業などカタログを大量に保有する企業において、売上の向上や印刷・郵送コストの削減の為に、カタログをホームページ上で掲載したいという声が多くあったが、カタログをホームページに掲載するには、大量のページ作成が必要になるほか、データベースの構築が必要となる場合もあるなど、多額のコストと開設までに長い期間が必要であった。しかし、今回のサービスであれば、「アクティブック」を活用することで、カタログやパンフレットなどの紙媒体をそのまま電子化することができるため、デジタルカタログを容易に作成でき、デジタルカタログを掲載するサイト制作もパッケージされていることから、短期間でカタログサイトの構築が可能となる。
 スターティアラボは、今後、製造メーカーや卸売業などを中心にカタログサイトの提案を行っていくほか、社内文書管理用のイントラサイトとしての利用も推進するなど、様々な電子ブックの活用方法を提案していく方針。

デジタルカタログサイト.com

>>スターティアのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:57 | IR企業情報

フライトシステムは「ペイメント・マイスター」発売で報道機関向け説明会実施

■いつでも・どこでも・モバイルでクレジットカード決済が可能に

フライトシステムコンサルティングホームページ フライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)は12日、先に発表した、iPhoneによるクレジットカード決済ソリューション「ペイメント・マイスター」について報道機関向け説明会を開催した。

 片山圭一朗同社社長は、iPhone専用アプリケーション「ペイメント・マイスター」開発経緯並びにサービス概要などを説明、引き続いて、同決済システム導入を決めたAIGエジソン生命保険株式会社の二見通常務取締役が、導入の背景と今後の活用について説明した。

報道機関向け説明会実施

■スマートフォンによるクレジットカード決済の「デファクト・スタンダード」を目指す。

 片山社長は、「iPhoneとペイメント・マイスターがあれば、いつでもどこでも、クレジットカードのモバイル決済が可能となります。特に、セキュリティ対策では、『専用カードリーダーで読み取った情報は、ANSIで規格化されPCI DSS準拠のDUKPTで暗号化された状態で決済センターへ送られ、決済センターで復号化される。また、iPhoneと専用カードリーダー間ではデジタル証明書によるデバイス認証を実施している』という強度な暗号化通信と、最新の暗号化技術を実装した決済端末(三菱UFJニコスと共同開発)で、クレジットカード・モバイル決済で最も重要な要件であるセキュリティ対策も完璧・安全な決済環境が提供できる。」また、「多彩なカードブランドに対応できるとともに導入先では、当日中のクレジットカード決済の取消処理、取引照会にも対応し、さらに取引結果を顧客にEmail送信できるなど利便性も高い。また三菱UFJニコスが運営するECカード決済サービスと連携することでエンタープライズ向けの大量導入にも柔軟に対応可能し、コスト面でも高額な専用端末と比べ大幅な削減を期待できる」と説明し、スマートフォンによるクレジットカード決済の「デファクト・スタンダード」を目指すと強調した。

■ペーパー&キャッシュレス達成に強力な武器になる

 ソリューション導入を決めたAIGエジソン生命の二見常務は次のように語った。

 「当社としてはITによるスピード化、サービスの質およびブランド力の向上をめざし、09年4月、『プロジェクト・フェニックス』を立ち上げ、営業の変革・サービスの変革・システムサポートの変革に取組んできた。外交での外回りでは移動時間が多く、この隙間を如何に活用するかが課題であり、iPhoneについても既に音声入力を採用しているが、このソリューションはセキュリティ、安全面が確認できたので、さらに手書書類からの解放によるペーパーレス、キャッシュレス達成に向け、強力な武器になると判断し導入を決めた。活用分野はさらに拡大できると考えている。」

ペイメント・マイスター

>>フライトシステムコンサルティングのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:52 | IR企業情報

ピックルスコーポ:「ご飯がススム・キムチ鍋の素/よせ鍋の素」を新発売

■具となる野菜がたっぷり入っているスープ

新製品NOW 漬物業界の最大手ピックルスコーポレーション<2925>(JQ)は、10月20日より「ご飯がススム キムチ鍋の素」、「ご飯がススム よせ鍋の素」を新発売する。

 「ご飯がススム」シリーズの新商品として、野菜がたっぷり入った"鍋の素"を発売する。市場で販売されているこれまでにある鍋つゆとは違い、スープの中に具となる野菜がたっぷり入っているので、あとは肉を加えるだけで簡単に1〜2人前の鍋が出来上がる。包丁いらずで、調理時間も約5分と、簡単・便利にすぐできる、単身者や二人世帯の方に最適な商品。

■鍋に開封し、水100ccを入れ煮立て、肉を入れるだけ

 「ご飯がススム キムチ鍋の素」は、「ご飯がススム キムチ」をはじめとした、白菜、豆もやし、ねぎ、えのき、にらの5種類の野菜が入っている。鍋に開封し、水100ccを入れ煮立ったら、豚ばら肉を加え火が通ったら出来上がり。アミ塩辛やかつお節、昆布などの魚介のうま味をきかせたコクのあるスープに仕上げている。450g入りで希望小売価格398円(税込み)。

 「ご飯がススム よせ鍋の素」は、白菜、大根、ねぎ、人参、椎茸の5種類の野菜が入ったよせ鍋の素、鍋に開封し、水100ccを入れ煮立ったら、鶏もも肉(ぶつ切り)を加え火が通ったら出来上がり。かつおと昆布をあわせて仕上げたシンプルなスープは、上品なうま味に仕上げてある。470g入りで、希望小売価格398円(同)。

■新商材「鍋の素」が加わり、冬場の売上拡大を予想

 同社は、これまでの漬物関連の商材を発売していたが、鍋の素を販売することで、新分野へ進出し、事業領域を拡大することになる。

 「ご飯がススム こうちゃんキムチ」が大ヒットしたことで、これまで取引のなかった量販店とも取引が出来るようになり、新規顧客の開拓が順調に進んでいる。今期も売上が拡大し、通期売上高の上方修正を発表している。

 しかも、これまでの漬物関連の商品とは異なり、鍋の素の販売を開始することで、浅漬け、惣菜、キムチに次ぐ新たな商材「鍋の素」が加わったことで、冬場の売上拡大が予想される。

ピックルスコーポ:「ご飯がススム・キムチ鍋の素/よせ鍋の素」を新発売

>>ピックルスコーポレーションのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:11 | IR企業情報

GMOアドパートナーズ ソーシャルグラフ、高度なアドテクノロジーに対応する研究新組織を設置

■「メディア開発本部」内に「サノウラボ」を新設

 GMOアドパートナーズ<4784>(JQ)は、8日にpaperboy&co.<3633>(JQ)の株式取得を機に、次世代インターネット媒体の開発・支援事業を拡大するために、ソーシャルグラフへの対応や、高度なアドテクノロジーに対応する研究を行う新組織を設置すると発表した。
 ソーシャルグラフとは、ウェブ上における人間相関関係やその結びつきの情報のこと。
 同社は、従来から進めてきたモバイル領域でのメディア開発に加え、PC領域でのメディア開発を本格的に推進するために設置した「メディア開発本部」内に、主にソーシャルメディアの研究開発をミッションとする部署「サノウラボ」を新設する。「サノウラボ」での研究開発には、paperboy&co.を共同での研究主幹とし、さらにウノウ社、Exys社、インディソフトウェア社を研究協力会社とする。
 同社は、メディアレップ事業およびSEM事業を展開し、独自にモバイル媒体の開発も行っている。一方、paperboy&co.は、2005年より社員の自主的なサービス研究を支援する「ペパ研」やスピード感と直感力を重視した短期間の開発合宿「お産合宿」など、社員による最先端のテクノロジーやサービスに関する研究開発の支援を行っている。
 両社はそれぞれの強みを生かし協力することで、成長著しいソーシャルメディア領域において次世代のインターネット媒体の開発を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:34 | IR企業情報

TDCソフトウェアエンジニアリング 第2四半期業績の上方修正を発表

■営業利益は2億8000万円上回る4億3000万円(前年同期比4.0倍)

TDCソフトウェアエンジニアリング TDCソフトウェアエンジニアリング<4687>(東1)は、12日の引け後に今11年3月期第2四半期業績の上方修正を発表した。
 売上高は前回予想を7億円上回る82億円(前年同期比9.3%増)、営業利益は2億8000万円上回る4億3000万円(同4.0倍)、経常利益は3億3300万円上回る4億8000万円(同4.0倍)、純利益は9000万円上回る1億7000万円(同2.88倍)と増収大幅増益を見込む。
 営業活動の強化による受注確保・拡大に努め、金融系、法人系システム開発を中心に予想を上回る受注を確保したことに伴い、稼働率・生産性等が向上したことに加え、管理業務の効率化等のコスト削減施策が寄与し、全社的な収益性が向上したことで、当初予想を上回る見込みであることから上方修正を発表した。
 今通期業績予想は、慎重に精査し、第2四半期決算発表時に公表するとしている。5月11日に発表している今通期業績予想は、売上高165億円(前期比0.6%増)、営業利益6億5000万円(同9.0%増)、経常利益6億5000万円(同6.7%増)、純利益3億5000万円(同11.9%増)。
 進捗率を見ると売上高49.7%、営業利益66.1%、経常利益73.8%、純利益48.5%。営業利益、経常利益の上方修正も期待できる。
 12日の株価は707円(16円安)でひけている。チャートを見ると下値抵抗ラインである700円ラインに近づいている。今回の上方修正により、反発が予想される。配当利回り3.5%、PER12.19倍、PBR0.76倍。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:00 | IR企業情報
2010年10月12日

夢真ホールディングス 9月の売上高は4億2900万円と下半期で最高の売上高を達成

■図面は、最も計画を上回る数値を達成、生産体制の増強も視野に入れる

夢真ホールディングスホームページ 夢真ホールディングス<2362>(JQS)は、12日に9月の月次速報を発表した。
 9月の売上高は4億2900万円(計画比10.5%増)と下半期で最高の売上高を達成した。内訳は、建築派遣3億8800万円(同12.3%増)、図面1600万円(同27.3%増)、一般派遣2400万円(同17.8%減)。
 建築派遣で平均稼働率97.4%と高い水準を維持。今後は電気・設備のスクールを開校し更なる市場拡大を目指していくとしている。 図面については、最も計画を上回る数値を達成。保育園・老人ホームの受注が好調であった。今後は増える受注を見込み、生産体制の増強も視野に入れるとしている。一般派遣は、3カ月連続で売上が伸びたものの、計画未達成。10月から主力の保育士派遣に加え医療人材派遣に力を入れ収益拡大を目指していく。
 8月、9月と2カ月連続で4億円超の売上を達成していることから事業環境は好転している。今通期連結業績の売上高は47億8000万円を見込んでいるが、第2四半期の売上高と下半期の売上高速報値を合わせると48億8000万円となる。速報値であることから正確とはいえないが、計画を上回る業績が予想される。
 12日の株価は86円で引けている。チャートを見ると下げ過ぎであり、計画を上回る業績が予想されることから、株価の見直しが予想される。

>>夢真ホールディングスのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:22 | IR企業情報

ノバレーゼ、今期末配当予想を1000円増額

 婚礼プロデュースのノバレーゼ<2128>(東マ)は、11月1日に創立10周年を迎えるのを記念し、10年12月期の期末配当予想を、1株当たり1,200円の普通配当に、記念配当1,000円を加えて、2,200円に上方修正すると発表した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | IR企業情報

インデックスHDはアニメ映画『REDLINE』のコンテンツを無料提供

■携帯特設サイトでFlash待受けとデコメアニメが取り放題

 インデックス・ホールディングス<4835>(JQ)は、子会社でアニメーション制作を手がける株式会社マッドハウスが制作したアニメーション映画『REDLINE』とタイアップしたスペシャルコンテンツを、10月8日から期間限定無料で提供を開始した。

 インデックスHDでは、2010年10月9日から全国ロードショーとなる、マッドハウス制作のアニメーション映画『REDLINE』の公開に合わせて、同社が運営する公式携帯サイトに特設ページを設置し、映画とタイアップしたスペシャルコンテンツを期間限定無料で配信する。

 インデックスHDが運営するきせかえ専門公式携帯サイト「キセカエxデザインch」からFlashR待受けを、デコメアニメRサイト「アニデコメ取り放題」からデコメアニメRを、それぞれ配信。また、このタイアップには、インデックスHDの子会社でオンラインゲーム事業をおこなうロッソインデックスが角川書店と共同で運営する、アニメ雑誌「Newtype」公式携帯サイト「モバイルNewtype」、及びメディアミックスゲームマガジン「コンプティーク」の公式携帯サイト「コンプティークモバイル」も参加し、それぞれに設置された特設ページからFlashR待受けを提供する。

インデックスHDはアニメ映画『REDLINE』のコンテンツを無料提供

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:22 | IR企業情報
2010年10月11日

カシオ計算機はインターネット経由の電子レジスター最上位モデルを発売

■売上集計管理・電子決済サービスに対応した最上位モデル

カシオ計算機 カシオ計算機<6952>(東1)は、インターネット経由で売上集計管理や電子決済などのNTTドコモとの合弁会社「株式会社CXDネクスト」が提供するサービスを利用できる電子レジスター『ネットレジ』の最上位モデルとして、12.1型のTFTカラー液晶タッチパネルを搭載した『QT−6000』を11月22日から発売すると発表。

 電子レジスターのトップメーカーとして様々な業種・業態の会計業務を支援している同社では、タイムリーな売上把握や電子決済などを手軽に実現できる『ネットレジ』を2007年8月に発売以来、中小規模の飲食店や小売店を中心に好評を得ている。

 『ネットレジ QT−6000』は、12.1型のカラー画面を活かした全面タッチパネル入力の採用により、店舗をお洒落に演出できるスマートなフォルムと、多彩な商品を簡単に選択できる優れた操作性を両立。画面部にJIS IPX1(鉛直に落下する水滴による影響がないもの)準拠の防滴性能を備えることで飲食店などでの使い勝手を高め、プリンター・キャッシュドロア分離型の採用でレイアウトの自由度も高めた、シリーズ最上位モデル。

カシオ計算機はインターネット経由の電子レジスター最上位モデルを発売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:26 | IR企業情報