スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (07/08)ホンダはアシックスとコールマンと共同キャンペーンを実施
記事一覧 (07/08)日産自動車は「エクストレイル」をマイナーチェンジ
記事一覧 (07/08)ホンダは新型コンパクトハイトワゴン「フリード スパイク」を発売
記事一覧 (07/08)三菱自動車は『デリカD:5』と『アウトランダー』の特別仕様車を発売
記事一覧 (07/08)パナソニックはリチウムイオン蓄電システムと三洋電機の太陽光発電の実証試験を開始
記事一覧 (07/08)レーザーテックはSEMATECHと半導体3次元積層技術の技術開発に合意
記事一覧 (07/08)ソニーは3D写真の管理・鑑賞ができる「プレイステーション3」用アプリ提供
記事一覧 (07/08)電通はオリジナルのジブンCMを手軽に作成できるiPhoneアプリを提供
記事一覧 (07/08)OKIはGPSとTwitter活用の「TweetLine@災害」アプリを販売
記事一覧 (07/08)ポプラとツルハホールディングスが業務提携、競合地域少なく相互補完性高い
記事一覧 (07/07)新日本建物は横浜市で未完成マンションを取得
記事一覧 (07/07)ハブは6月の月次速報を発表、サッカーWカップで賑わい今期最高の数字
記事一覧 (07/07)インテージは北京駐在事務所を開設、中国調査市場でのトップ10入り目指す
記事一覧 (07/07)エフティコミュニケーションズ 7月7日、同社の子会社が大阪市に関西オフィスを新規開設
記事一覧 (07/07)コーセーは世界的トップヘアスタイリストと共同開発したヘアケアライン発売
記事一覧 (07/07)今夏は『ゲリラ雷雨』が3割程度増える!ウェザーニューズ発表
記事一覧 (07/07)サイバーエージェントはスマートフォン向けアプリ会社「アプリボット」を設立
記事一覧 (07/07)廣済堂はiPhone・iPad向け電子書籍の書店アプリオープンへ
記事一覧 (07/06)ソフトバンクグループの雑誌配信ビューンに毎日新聞、電通、西日本新聞が出資
記事一覧 (07/06)ソニーは大容量HDDを標準装備した「プレイステーション3」の新モデル発売
2010年07月08日

ホンダはアシックスとコールマンと共同キャンペーンを実施

 ホンダ<7267>(東1)は、取り回しの良さや広く多彩なアレンジが可能な室内空間が特長の「フリード スパイク」を活用し、「ライトアクティブ」なライフスタイルに合わせた商品を展開している企業と共同で、キャンペーンを実施する。このキャンペーンでは、キャラバンカーを制作し、各社のお客様向けのイベントなどで展示するとともに、「ライトアクティブ」なライフスタイルを提案した小冊子を配布。さらに、ホンダのホームページでは、このキャラバンカーを展示するイベント情報などを、順次公開していく。

■「ランニングステーション ASICS×Honda」

 スポーツメーカーのアシックスとホンダが開発したキャラバンカーで、ランニングを旅先でも快適に行える「旅先ランニング」を具現化している。アシックスのランニングシューズをプリントした外観デザインとなっている。また、広く大きなカーゴルームを利用した着替えも可能なロッカーや高いテールゲートを利用したシャワーユニットなどを装備した。

■「キャンピングステーション Coleman×Honda」

 総合アウトドアカンパニーのコールマン ジャパンとホンダが開発したキャラバンカーで、リビングのような空間を自然の中で楽しめる「青空リビング」と、出かけた先でも気軽に料理を楽しめる「寄り道クッキング」を具現化している。コールマンのブランドカラーであるグリーンを基調とした外観デザインとなっている。また、高くて大きなテールゲートを利用し、リビングスペースを作り出すテールゲートタープやテーブルの足の長さを自由に調整でき、室内でも屋外でも便利に使用できるテーブルなどを装備した。

ホンダはアシックスとコールマンと共同キャンペーンを実施

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:13 | IR企業情報

日産自動車は「エクストレイル」をマイナーチェンジ

■クリーンディーゼル「20GT」はオートマチックトランスミッション車を追加

 日産自動車<7201>(東1)は、「エクストレイル」をマイナーチェンジするとともに、クリーンディーゼルを搭載した「エクストレイル 20GT」に6速オートマチックトランスミッション搭載車を追加し、7月16日から全国一斉発売すると発表した。

 今回のマイナーチェンジでは、新形状のフロントグリルやフロントバンパー、ヘッドランプを採用することで、より精悍でスマートなフロントデザインとした。また、リヤコンビランプをLEDに変更し、悪天候時などでの後続車からの視認性を向上させ、インテリアにはドライバーの視認性を向上させる大径メーターを採用し、瞬間燃費やメンテナンス必要時期など様々な情報を表示させる車両情報ディスプレイを新たに設定した。

 さらに、「保温保冷機能付グローブボックス」を全車に標準設定したほか、路面の状況や坂の勾配などに応じて走行速度を設定できる「アドバンスドヒルディセントコントロール(速度設定機能付)」を4WD車に採用(マニュアルトランスミッション車を除く)するなど、エクストレイルならではの使い勝手のよさを、より一層向上させた。また、ガソリン3.5リッターV6エンジン並みの高トルクを低回転から発生する2リッター「M9R」クリーンディーゼルエンジンを搭載した「20GT」に、6速オートマチックトランスミッション(マニュアルモード付)搭載モデルを新たに追加した。

日産自動車は「エクストレイル」をマイナーチェンジ

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:10 | IR企業情報

ホンダは新型コンパクトハイトワゴン「フリード スパイク」を発売

 ホンダ<7267>(東1)は、取り回しの良いボディサイズでありながら、使いやすいゆとりのある室内空間を確保し、多彩な使い方が可能な荷室を備えた、新しいコンパクトハイトワゴン「フリード スパイク」を7月9日(金)に発売する。
 フリード スパイクは、“可能性搭載コンパクト”をキーワードに、好評のフリードのパッケージ技術を活かしながら、人にも荷物にも大きなゆとりを確保したうえで、出かけた先でも荷室を活用でき、しかも楽しく過ごせることにまでこだわり開発した。

ホンダは新型コンパクトハイトワゴン「フリード スパイク」を発売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:07 | IR企業情報

三菱自動車は『デリカD:5』と『アウトランダー』の特別仕様車を発売

 三菱自動車<7211>(東1)は、ミニバン『デリカD:5』とオンロードSUV『アウトランダー』のエアロカスタマイズグレード「ROADEST(ローデスト)」シリーズに、装備を厳選した特別仕様車「ROADEST Limited Edition(ローデスト リミテッド エディション)」を設定し、2010年7月15日(木)から全国の系列販売会社より発売すると発表した。

 『デリカD:5』「ROADEST Limited Edition」は、標準車の「M」グレードをベースに、「ROADEST」専用外観化(フロントメッキグリル、フロントエアロバンパー、ドアエアロガーニッシュ、リヤエアダム、フォグランプなどを装着)を施し、低価格を実現した(メーカー希望小売価格、『デリカD:5』:249万8000円〜295万円)。
 『アウトランダー』「ROADEST Limited Edition」は、今年1月に外観を大幅に変更している「ROADEST」シリーズの「ROADEST 20MS」をベースに、215/70R16タイヤ+フルホイールカバー、シルバー塗装のドアアウターハンドルやエアコンダイヤルリング、ニットのシート生地、キーレスエントリーを採用するなど、装備を厳選し、低価格を実現した(『アウトランダー』:226万円〜249万8000円、消費税込)。

三菱自動車は『デリカD:5』と『アウトランダー』の特別仕様車を発売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:03 | IR企業情報

パナソニックはリチウムイオン蓄電システムと三洋電機の太陽光発電の実証試験を開始

 パナソニック<6752>(東1)は、6月から住之江工場で同社のリチウムイオン蓄電システムと三洋電機<6764>(東1)の太陽電池を組み合わせたシステムの実証試験を開始したと発表。住之江工場内に設置した太陽電池パネルと蓄電システム(現在開発中のリチウムイオン電池モジュール4個と充電器で構成)を組み合わせて試験を実施。発電能力2.8kWの太陽電池パネルと、蓄電能力6kWhの蓄電システムとで、事務棟で必要な電力の一部をまかないながらデータを収集する。

 実証試験は、(1)太陽光発電との組み合わせによるリチウムイオン蓄電システムの充放電検証、(2)長期連続稼働によるリチウムイオン蓄電システムの信頼性評価、を目的としている。これらを評価するために試験を行い、太陽電池からの出力電圧、電流と、蓄電池の充放電特性のデータを計測する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:19 | IR企業情報

レーザーテックはSEMATECHと半導体3次元積層技術の技術開発に合意

 レーザーテック<6920>(JQ)は、ニューヨーク州立大学アルバニー校のナノスケール科学工学カレッジ(CNSE)でSEMATECHが行っている、半導体3次元積層技術プログラム(3D Interconnect Program)に参加すると発表。同社は、SEMATECHと共同でヴィア・ミドルTSV(via mid through−silicon via、シリコン貫通電極)の量産に備え、堅固で費用効率が高いプロセス計測技術に向けての課題解決策を開発する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:01 | IR企業情報

ソニーは3D写真の管理・鑑賞ができる「プレイステーション3」用アプリ提供

■“サイバーショット”や“α”など3D対応カメラ用

 ソニー<6758>(東1)は8日、「プレイステーション3」(PS3)用の3D写真管理・鑑賞アプリケーション「プレイメモリーズ」を、9月下旬にPlayStationStoreで無料提供すると発表した。
 「プレイメモリーズ」は、3D<ブラビア>などの3D対応テレビに接続したPS3上で、2D写真だけではなく、“サイバーショット”『DSC−TX9』、『DSC−WX5』や“α”『NEX−5』、『NEX−3』などで撮影された3D写真の管理・鑑賞を楽しめるアプリケーション。

ソニーは3D写真の管理・鑑賞ができる「プレイステーション3」用アプリ提供

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:50 | IR企業情報

電通はオリジナルのジブンCMを手軽に作成できるiPhoneアプリを提供

■「汐留イノベーションスタジオ」活動第二弾

 電通<4324>(東1)と慶應義塾大学SFC研究所が共同研究を通して、次世代型事業シーズの創造と発信を行っていくために立ち上げたクリエーティブ・ユニット「汐留イノベーションスタジオ」(SIS)は、その活動の第二弾として、ユーザー個人が撮った写真を使い、オリジナルのジブンCMを手軽に作成することができるiPhone/iPod touch版アプリ『ClipCM』ver1.0を開発したと発表。7日より、App Storeから無料ダウンロードサービスの提供を開始した。

 SISは、ユーザー個人が撮った写真を4枚選び、装飾したり、動かしたりするだけで、「自分の趣味の世界」や「家族の様子」、「今日起きた出来事」、「言葉では伝えづらい話題」などを、4コマのオリジナルストーリーとして作成できるiPhone/iPod touch版アプリ『ClipCM』ver1.0を開発し、一般ユーザー向けに無料ダウンロードサービスを提供する。
 ClipCMは、CM制作の知見を活かし、CMを企画するときに多く用いる「起承転結」の絵コンテ表現技法を採用し、4コマの動画を作成していくという特徴がある。また、iPhoneのカメラ機能と連動しているため、写真を撮ったその場で、すぐに作成することも可能。

電通はオリジナルのジブンCMを手軽に作成できるiPhoneアプリを提供

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:34 | IR企業情報

OKIはGPSとTwitter活用の「TweetLine@災害」アプリを販売

■災害・避難情報を迅速・簡単・安全に提供するASPサービス

構成イメージ コンサルティングサービスとソリューション提供を行うOKI<6703>(東1)グループのOKIコンサルティングソリューションズ(OCS)は、スマートフォンのGPS(全地球測位システム)機能とTwitterアプリケーションを活用し、地域住民・被災者への災害情報や避難情報を迅速・簡単・安全に提供することを実現する災害対策支援アプリケーション「TweetLine(ツイートライン)@災害」を開発し、8日から地方自治体向けのASPサービスとして販売を開始する。

■スマートフォンのGPS機能とTwitterアプリケーションを利用

 「TweetLine@災害」は、地域住民などのユーザーから現場の災害状況を迅速・タイムリーに情報収集しつつ、専用タイムラインでユーザーに被害情報を提供する。自治体指定のハザードマップに対応し、避難・被災者の安全・確実な避難所への誘導を、スマートフォンのGPS機能とTwitterアプリケーションを活用することにより迅速・安全・リアルタイムに実現する。

 地域住民は、スマートフォンのアプリケーションストアより「TweetLine@災害」アプリケーションをダウンロードして、スマートフォンから被災情報をタイムラインで確認することや、被災現場の画像をセンター側へ送信することが可能となる。また「TweetLine@災害」は、プラットフォームである「TweetLine」クラウド上で稼動する。「TweetLine」クラウドは、自治体のハザード情報である避難場所・地図情報・災害管理情報などの災害情報管理データベースで、OCSのUSB型シンクライアント「SafarioR」が対応しており、自治体等職員による災害情報管理データベースへ自宅など遠隔地からの操作を可能としている。OKIの顔認識エンジン「FSER(Face Sensing Engine)」により、被災者の性別・年代等の属性情報を取得することで支援物資等の要求精度を高める効果が期待できる。

OKIはGPSとTwitter活用の「TweetLine@災害」を販売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:47 | IR企業情報

ポプラとツルハホールディングスが業務提携、競合地域少なく相互補完性高い

 ポプラ<7601>(東1)ツルハホールディングス<3391>(東1)は7日、業務提携を行うことで合意したと発表。

 ポプラは、コンビニエンスストア「ポプラ」、「生活彩家」、「くらしハウス」および「スリーエイト」のフランチャイズ店および直営店を、主として中国地方を基盤とし関東以南の本州および九州地域で展開している。一方、ツルハホールディングスは、ドラッグストアチェーン「ツルハドラッグ」、「くすりの福太郎」、「ドラッグストアウェルネス」、「サクラドラッグ」を、関東以北の地域を主力地域として北海道と本州で展開している。
 両社ともに地方発で全国展開を進めている企業であり、その店舗展開地域の特性が共通するうえに、競合する展開地域が少なく、双方の店舗機能や商品サービスを更に深化させるパートナーとしては、相互補完性が高い。今後はそれぞれの強みを生かした形で、ノウハウ、商品、サービスの提供を相互に行い、双方のグループ店舗機能の更なる強化と、消費環境の変化に対応する店舗のあり方などを共同で研究していく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:46 | IR企業情報
2010年07月07日

新日本建物は横浜市で未完成マンションを取得

新日本建物のホームページ マンションの買取再販事業に取り組む新日本建物<8893>(JQ)は、このたび神奈川県横浜市戸塚区で未完成マンション1棟(93戸)を取得し、販売を行なうと発表した。

 新たに取得する未完成マンション(戸塚上矢部プロジェクト・仮称)の最寄り駅である「戸塚」駅はJR東海道線・横須賀線・湘南新宿ライン、横浜市営地下鉄ブルーラインの4路線が利用できることに加え、近年再開発が進み、首都圏最大のバスターミナルへと整備されるなど、交通システムが整い、利便性が高い。
 また、このマンションは、高台のマンションとして、街を一望できる条件を活かせるよう、奥行き約4mのバルコニーを設け、光と風をふんだんに取り込める全開口サッシュを採用する工夫が凝らされているのが特長だ。
 今回の事業化にあたって、同社は建設専門子会社である(株)エス・ティー・エンジニアリングと連携し、同社基準による検査など、工事途中の建物の品質確認を行っている。なお、今後の工事は同建築を手がけてきた建設会社が施工を担当する。
 マンション完成後の引渡しは11年3月を予定しており、今期同社業績への寄与を見込んでいる。

 【戸塚上矢部プロジェクト(仮称)物件概要】 総戸数:93戸・構造:鉄筋コンクリート造7階建・住居間取り:3LDK〜4LDK・住居面積:65.31平米メートル〜93.05平米メートル・建物竣工予定:11年2月・引渡開始予定:11年3月。

 7日の株価は高値44円があって引けは1円安の42円。10年3月期まで、2期間の営業赤字から11年3月期は営業利益10億3000万円と黒字転換の見通し。上記物件が計上される見通しから予想は上回ることが期待される。09年9月以来となる100円台も見込めそうだ。

>>新日本建物のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:04 | IR企業情報

ハブは6月の月次速報を発表、サッカーWカップで賑わい今期最高の数字

■月次の売上高、客数、客単価の全てで今期最高の数字

ハブのHP 英国風居酒屋HUBを多店舗展開するハブ<3030>(大へ)は、6月の月次速報を発表した。
 6月は、南アフリカ共和国で、サッカーのワールドカップが開催され、日本チームも出場したことから、同社の店舗もサッカーファンで賑わい、月次の売上高、客数、客単価の全てで今期最高の数字となった。
 6月の売上高は、対前年同月比41.1%増、客数26.9%増、客単価11.2%増であった。客単価は今期に入って初めて100%を超えた。

>>ハブのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:58 | IR企業情報

インテージは北京駐在事務所を開設、中国調査市場でのトップ10入り目指す

■日系顧客開発支援とともに、現地企業との戦略的パートナーシップ構築を視野に入れる

インテージのHP 市場調査のリーディングカンパニーであるインテージ<4326>(東1)は、経済成長著しい中国において事業を拡大するため、7月7日より北京駐在事務所を開設した。
 北京駐在事務所の名称は、インテージ北京事務所。
 同社では、99年に上海事務所を開設し、02年に現地法人である英徳知市場諮詢(上海)有限公司を設置している。更に、09年には中国の市場調査会社である聨恒市場研究有限公司を買収するなど、中国における事業を積極的に展開してきた。
 今回、北京駐在事務所を開設することにより、聨恒市場研究有限公司と連携し北京の日系顧客開発支援を行うとともに、現地企業との戦略的パートナーシップ構築を視野に入れたさらなる情報収集体制の拡大を図る方針。
 同社は、中期目標として、海外事業の連結売上比率10%を設定、早期に中国調査市場でのトップ10入りを実現するとしているが、5月にグループ4社(現地事務所含む)をSOHO東海広場に集結している。トップ10に入るには1億元の売上が条件となるが、今回の北京駐在事務所開設は、今期の売上1億元達成を更に確実にすると思われる。また、今後の情報収集も加速度的に進むものと期待される。

>>インテージのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:30 | IR企業情報

エフティコミュニケーションズ 7月7日、同社の子会社が大阪市に関西オフィスを新規開設

エフティコミュニケーションズのHP エフティコミュニケーションズ<2763>(JQ)の連結子会社アイエフネットは、7月7日、大阪市に関西オフィスを新規開設した。
 アイエフネットは、中小企業向けインターネットサービスの販売や「Bizloop」シリーズを中核とした様々なソリューションの提供を通じ、中小企業のインフラ構築と企業情報発信を支援している。
 今回関西オフィスを新規に開設したことで、関西エリアの中小企業を、インターネットのインフラ構築からホームページにおけるセールス・プロモーションまで総合的に支援する体制が整った。

>>エフティコミュニケーションズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:25 | IR企業情報

コーセーは世界的トップヘアスタイリストと共同開発したヘアケアライン発売

■カプセル技術を応用

 コーセー<4922>(東1)は、ニューヨーク在住の世界的トップ ヘアスタイリストスティーブン・ノル氏と共同開発したヘアブランド『スティーブンノル コレクション』のヘアケアラインをリニューアルし、「ハイドロリニュー シャンプーEX 」「ハイドロリニューコンディショナーEX」「ハイドロリニュー ミスト EX」など、ヘアケア商品9品種17品目(1500〜2700円/税込1575〜2835円)を8月21日に発売する。

 今回のリニューアルでは、「リペア インプラント」をコンセプトに、スキンケアの研究開発で培ってきた最先端の『カプセル技術』を、初めてヘアケア商品に応用した。毛髪の水分保持に必要な脂質『インナーリピッド(ステロール誘導体)』を高濃度に内包した、微細な『リピッド キャリア カプセル』として配合した。このカプセル化により、毛髪への親和性の高さに加え、毛髪内部への浸透力にも優れ、表面部分(キューティクル)から、内部(コルテックス)まで補修成分を埋め込むように行き渡るので、高い補修効果を発揮することができる。ターゲットは20代後半以降の、美容意識の高い女性層で、全国のGMS・ドラッグストア・化粧品専門店などでカウンセリングを通じて販売する。

コーセーは世界的トップヘアスタイリストと共同開発したヘアケアライン発売

 【スティーブン・ノル氏 プロフィール】 ニューヨークのビューティシーンにおいて「マスター オブ ヘア」として誰もが認める現役のトップ・ヘアスタイリスト。ファッション誌等で活躍するほか、スーパーモデル「シンディ・クロフォード」やハリウッド女優などを顧客に持ち、「セレブに最も愛されているセレブリティヘアスタイリスト」として注目を浴びている。マディソンアベニューにて「スティーブン・ノル サロン」も展開している。

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:51 | IR企業情報

今夏は『ゲリラ雷雨』が3割程度増える!ウェザーニューズ発表

■『ゲリラ雷雨』発生回数は全国的に昨年より3割程度多い見込み

 ウェザーニューズ<4825>(東1)は、突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらす『ゲリラ雷雨』に対し、事前対策への意識を高め、被害軽減に繋げるため、7月〜9月における『ゲリラ雷雨傾向』を発表した。

■東・西日本は7月と8月下旬に、北日本は8月下旬に多く発生する傾向

 昨年は夏の太平洋高気圧の勢力が弱く、地上の気温は低めに推移した。さらに上空の寒気も弱かったため、一昨年よりも『ゲリラ雷雨』発生数は少なくなった。今年は太平洋高気圧の勢力は平年並みに強い見込みで、7月から段々と強まり、8月にピークをむかえ、8月の下旬から9月は段々と弱まってくる見込み。
 上空の寒気は7月と8月下旬に入ってきそう。このため、7月は寒気と高気圧周辺の湿った風の影響で、山沿いほど雷雨が多くなる予想。
 8月上旬〜中旬は大気の状態は安定する見込みで、『ゲリラ雷雨』の発生は少なくなりそう。一方、8月下旬には、再び寒気が入って不安定になり、全国的に『ゲリラ雷雨』が多くなる予想。
 9月からは数日おきに前線や低気圧の影響を受ける周期変化が起き、段々と気温も低めに経過するようになり、『ゲリラ雷雨』の発生は少なくなりそう。今年は、昨年よりも上空に入る寒気が入る日数がやや多い見込みで、『ゲリラ雷雨』発生が少なかった昨年に比べ、8月下旬を中心に3割程度多くなると見ている。

ウェザーニューズは今夏の「ゲリラ雷雨傾向」発表

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:24 | IR企業情報

サイバーエージェントはスマートフォン向けアプリ会社「アプリボット」を設立

 サイバーエージェント<4751>(東マ)は7日、スマートフォン向けアプリケーション事業の100%子会社として、株式会社アプリボットを設立すると発表した。

 現在、国内におけるスマートフォンの出荷台数は2009年実績で前年比約2倍の234万台と発表されており(2010年4月MM総研発表)、今後、国内における携帯電話の総出荷台数に占める割合の増加と、それに伴うスマートフォンアプリ市場の拡大が予想される。その一方で、同社は多数のモバイルサービスやモバイル向けソーシャルアプリケーションを運営する実績があり、これらのノウハウを活かしたスマートフォン向けアプリケーション事業の強化を目的に、株式会社アプリボットを設立、iPhoneアプリやAndroidアプリをはじめとするスマートフォン向けアプリケーション、コンテンツの企画・運営・配信を行う子会社として事業を展開し、2011年9月期で売上高5億円を目指していく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:36 | IR企業情報

廣済堂はiPhone・iPad向け電子書籍の書店アプリオープンへ

■51社と契約

 廣済堂<7868>(東1)は7日、平成22年7月末を目処に、iPhone/iPad上で電子書籍書店アプリ「Book Gate」をオープンすると発表。すでに、51社の出版社・コンテンツホルダーと契約しており、さまざまな電子書籍を順次販売していく。

廣済堂はiPhone・iPad向け電子書籍の書店アプリオープンへ

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:25 | IR企業情報
2010年07月06日

ソフトバンクグループの雑誌配信ビューンに毎日新聞、電通、西日本新聞が出資

 ソフトバンク<9984>(東1)グループのiPadやiPhoneなどのコンテンツ配信サービスを手掛ける株式会社ビューンは、毎日新聞社、電通<4324>(東1)、西日本新聞社の3社を引き受け先とした第三者割当増資を実施したと発表。
 増資金額は3社で合計1億8000万円で、6月29日に出資金の払込が完了している。同社は、今回の出資により、株式会社ビューンが提供するコンテンツ配信サービス等で、株主各社と事業連携を強め、さらなる事業展開を積極的に実施していくとしている。
 同社は、iPad、iPhone、iPod touchとソフトバンク携帯電話で、30以上の新聞や雑誌、テレビニュースなどが定額料金で楽しめるコンテンツ配信サービス「ビューン」の提供を6月1日から開始したが、アクセスが集中するなどの障害が発生したため、サービスを停止していた。iPad向けサービスは、7月6日の午前0時から正式に再開している。(写真=ビューンのホームページ)

ソフトバンクグループの雑誌配信ビューンに毎日新聞、電通、西日本新聞が出資

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:21 | IR企業情報

ソニーは大容量HDDを標準装備した「プレイステーション3」の新モデル発売

■「プレイステーション 3」新色クラシック・ホワイト登場

 ソニー<6758>(東1)グループのソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、大容量160GBと320GBのハードディスクドライブ(HDD)を標準装備した「プレイステーション3」(PS3R)(CECH−2500シリーズ)を、2010年7月29日(木)から、それぞれ希望小売価格2万9980円(税込)、3万4980円(税込)で発売する。

 本体色はチャコール・ブラックに加え、160GBモデル向けに、新色の「クラシック・ホワイト」新たに加わった。それに合わせて、クラシック・ホワイトのPS3R専用ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCKR3)と縦置きスタンドを、それぞれ希望小売価格5500円(税込)、2000円(税込)で同日発売する。また、PS3R専用地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)」と160GBモデル(本体色:チャコール・ブラック)を同梱した「地デジレコーダーパック」を数量限定で、希望小売価格3万6980円(税込)で同日発売する。新モデルの発売に先立ち、2010年7月7日(水)から、現行の120GBモデルのPS3R(CECH−2100Aシリーズ)をオープン価格に変更する。

ソニーは大容量HDDを標準装備した「プレイステーション3」の新モデル発売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:19 | IR企業情報