スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/31)28型新造船投入し遠洋航路への参入など川崎近海汽船が中計を発表
記事一覧 (05/31)iPad・iPhoneで30以上の新聞や雑誌・TVニュース配信開始
記事一覧 (05/31)キーコーヒーは企画提案型営業を積極推進で利益面が急回復
記事一覧 (05/31)GMOインターネットはiPadの壁紙設定アプリ「壁紙.com」を無料配信
記事一覧 (05/31)キリンがコカ・コーラに対抗!オリジナル「キリン コーラ」を発売
記事一覧 (05/30)資生堂 大阪工場と掛川工場で、環境にやさしい製品輸送保護材を開発し、2010年4月より運用をスタート
記事一覧 (05/30)アライドテレシスホールディングス 無線LANの導入事例を発表
記事一覧 (05/30)ベルーナ グルメ専門通販「ベルーナグルメ友の会」にて、四川料理全8商品を6月25日より販売
記事一覧 (05/30)巴工業 今10年10月期の連結業績と配当予想の修正を発表
記事一覧 (05/30)中部電力は新型電力量計で実施試験開始!スマートグリッド関連でマーク
記事一覧 (05/30)モスフードサービスが「ラー油」とハンバーガーを合体させた新商品を発売!
記事一覧 (05/29)カナモトは今10月期業績予想を上方修正、北海道地区で売上が大きく伸びる
記事一覧 (05/29)豊田通商はビスケーHD(8月26日付で上場廃止予定)を子会社化
記事一覧 (05/28)ヤフーはiPad専用サービスの「無料電子コミック」と「地図」を提供
記事一覧 (05/28)アドテック プラズマ テクノロジーは今8月期業績を上方修正
記事一覧 (05/28)アイティメディアはiPad用無料アプリ「ITmedia」の提供開始
記事一覧 (05/28)TBSは多機能携帯端末iPad向けマルチタスク型アプリを開発!
記事一覧 (05/28)スターティア 子会社のスターティアラボiPhone対応の電子ブック作成ソフト提供開始
記事一覧 (05/28)スクエニはiPad向け「ファイナルファンタジーXIII」のデジタル写真集を配信
記事一覧 (05/28)スターツ出版はiPad用電子女性情報誌に動画などの新コンテンツ実装!
2010年05月31日

28型新造船投入し遠洋航路への参入など川崎近海汽船が中計を発表

川崎近海汽船ホームページ 川崎近海汽船<9179>(東2)は27日に行った10年3月期決算説明会で、今期を初年度とし13年3月期までの中期(3ヵ年)経営計画を発表した。

 同社前期業績は、全体的には大幅減収・減益となったが、近海部門の不定期船部門が前期初に底打ちし、定期船部門も鋼材輸送の下期回復、また、内航部門は定期、不定期船ともに長期輸送契約などの比較的安定収益が確保されるなど、回復基調も示した。
 森原社長は中期経営計画の骨子である今後の課題と取組みについて、「アジア諸国の持続的経済成長に対し、国内経済の回復はデフレ懸念、雇用情勢の厳しさから引き続き緩やかな回復に止まる中、国内の産業構造、並びに顧客ニーズの変化への対応」などの同社課題に対する取組みとして、「近海部門で遠洋航路も視野にいれた新規分野への進出、営業利益の伸びが大きく伸長余地のある近海船の効率的な復航路配船」「内航部門では、高速道路料金問題、温暖化対策としての環境税など外的要因による輸送動向を把握したうえで、顧客利便性・サービスの向上のために、4隻体制で運行しているフェリー部門に、より効率的大型新造代替船を2012年春に投入し、定期船では茨城港港湾整備並びに高速道路開通を視野に、将来に向けてより効率的新造船建造を検討する。」と述べた。

 最終年度の数値目標は、売上高42,500百万円(実績比16.0%増)、営業利益3,100百万円(同77.8%増)、経常利益2,900百万円(同77.3%増)、当期純利益1,600百万円(同41.9%増)とし新たな成長路線へ挑む。(為替レート90円、然料油価格53,000円を期中の前提条件とする)
 効率的配船を目指し、近海航路6隻など新造船10隻の投入を予定
 新分野進出を実現するための具体的施策等である期(3ヵ年)中の船隊整備については、新造予定船として、近海部門では、11千トン型・28千トン型各1隻(傭船)、12千トン型2隻(自社船)を決め、さらに16千トン型・20千トン型各1隻(自社船または傭船)の検討を含め6隻建造を予定している。
 また、内航部門では、小型貨物船(傭船)1.8千トン型、旅客フェリー(自社船)11千トン型各1隻建造が確定しているが、さらに3年ぶりの発注となるRORO船14千トン型、新規分野進出用の貨物船3千トン型を各1隻(自社船また傭船)と4隻の建造を予定している。
 新船10隻建造を中心とした期中の投資額は11年3月期2,455百万円,12年3月期6,579百万円、および13年3月期6,179百万円を見込んでいるが、前期末有利子負債12,368百万円は、最終年度も同水準とみており、自己資本比率も若干の上昇に止まる模様だ。

■今期11年3月期、2ケタ増益見込む

 初年度である11年3月期業績見通しについては、アジア諸国の景気後退局面の終息、国内景気の緩やかながら着実な回復があり、円高・近海部門運賃減、燃料油価格でのコスト増、船舶管理費・傭船料の上昇傾向、紙製品・建設資材など荷動き動向など懸念材料が想定されるが、売上高39,300百万円(前期比7.2%増)、営業利益2,250百万円(同29.9%増)、経常利益2,050百万円(同25.3%増)、当期純利益1,300百万円(同15.2%増)の増収増益を見込んでいる。

>>川崎近海汽船のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

iPad・iPhoneで30以上の新聞や雑誌・TVニュース配信開始

 ソフトバンク<9984>(東1)グループの株式会社ビューンは、アップル社のiPad、iPhone、iPod touchとソフトバンク携帯電話で、30以上の新聞や雑誌、テレビニュースなどが定額料金で楽しめるコンテンツ配信サービス「ビューン」の提供を6月1日から開始すると発表した。

 閲覧できるコンテンツは、ニュース、ビジネス、ファッション、グルメ、モノ、旅、スポーツ、ファミリー向け情報など各ジャンルを代表するもの。iPad、iPhone、iPod touch向けサービスについては、コンテンツを閲覧できる無料アプリケーション「ビューン」をApp Storeで提供するフトバンク携帯電話向けサービスについては、ソフトバンクモバイル株式会社を介して提供され、ソフトバンク携帯電話取扱店などで申し込める。

 ほとんどの雑誌で発売日当日から主要な記事が配信され、順次更新されていく(配信開始のタイミングや分量は、雑誌によって異なる)。また、すべての対応端末で、誌面そのままのレイアウトで閲覧できる。
 また、毎日新聞、西日本新聞、スポーツニッポンについては、「ビューン」限定のiPad向け特別編集版を配信する。特別編集版の名称は、毎日新聞が「Mainichi iTimes(マイニチ アイタイムズ)」、西日本新聞が「先読みPICK UP」、スポーツニッポンが「Sponichi i(スポニチ アイ)」。「先読みPICK UP」は、iPhoneとiPod touchでも観閲できる。

iPad・iPhoneで30以上の新聞や雑誌・TVニュース配信開始

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:23 | IR企業情報

キーコーヒーは企画提案型営業を積極推進で利益面が急回復

■今年も初摘みコーヒ―「トアルコ トラジャ」予約を開始

 キーコーヒー<2594>(東1)は、レインフォレスト・アライアンス認証とグッドインサイド認証を持つインドネシア・スラウェシ島北トラジャ県の同社直営パダマラン農場と標高1500m級の高地にある協力生産農家から、今年最初に収穫し詰め合わせた『初摘みコーヒー トアルコ トラジャ2010』の予約受付を29日から開始した。

 標高1500mの高地で栽培されたトアルコ トラジャは、「標高」、「スクリーンサイズ」、「欠点数」、「カップ」の4つの厳しい品質基準を設けた、世界でも類をみないプレミアムコーヒーといわれ、初摘みはその中でも今年最初に収穫された希少なコーヒーから厳選された初もの。
 同社では、今年は新たに直営農場の「パダマラン産トラジャコーヒー」を詰め合わせ、2種類の香りと味わいを提供するという。

キーコーヒーは企画提案型営業を積極推進で利益面が急回復

■環境を守りながら「最高級」を育てる

 同社は、アラビカ種の銘品といわれながら、戦禍で市場から消えかかっていたトラジャコ−ヒーを、地域の住民と手をたずさえて復活したのが1978年。今まではトアルコ トラジャコーヒーは世界最高レベルのコーヒーとして世界で認められるようになり、現在、539haのパダマラン農場を中心とした「直営農場事業」と「住民コーヒー栽培事業」の2つの柱で事業を行っている。

■コーヒー需要の創出施策を推進

 3月期通期連結業績は、売上高50,328百万円(前年度比5.3%減)、営業利益は853百万円(同44.8%増)、経常利益は1,131百万円(同34.5%増)、当期純利益は356百万円(同0.7%増)と減収ながら大幅増益となった。
 当期は、業績に影響を与えるコーヒー生豆相場が期初4月には1ポンド110セント台から12月には150セント近くまで高騰、期末も130セント近辺で推移する状況であったが、新事業領域の開拓、ニーズに応える新商品開発、企画提案型営業を積極的に推進するとともに、経費削減などに取り組み、利益面での目覚しい急回復をみた。
 コーヒー需要の創出施策として、コーヒーのメニューがない飲食店・非飲食店にソフトポッドシステム(専用コーヒーマシン)設置の提案を、また、新事業への取り組では、独自開発した自家焙煎システムSRS(ショップ・ロースティング・システム)の拡大に向け展示会でPR活動を行なった。
 新たな顧客層開拓施策では、コーヒーとチョコレートのコラボギフトをバレンタインデー・ホワイトデーに発売、海外市場の売上拡大めざしレギュラーコーヒー消費が急伸長している東アジア圏向け海外専用商品「珈琲和華」を発売した。
 環境問題への取り組みの結果、トアルコトラジャコーヒー生産地インドネシア・スラウェシ島の直営農場が、審査基準の厳しい国際的環境保護団体「レインフォレスト・アライアンス」の認証を新たに取得、「グッドインサイド」と合わせ2つの認証を取得した。
 部門別状況は、コーヒー関連事業が売上高43,934百万円(前年度比6.5%減)、営業利益は1,359百万円(同6.3%増)、飲食関連事業は、売上高5,325百万円(同1.2%増)、営業利益は97百万円(同22.1%増)、その他部門が売上高1,068百万円(同17.3%増)、営業利益は52百万円(同289.5%増)であった。

■「収益性、生産性、&ブランド価値」向上を3本柱に

 今11年3月期については、経営環境は引き続き厳しいと受け止め、また、天候不順がブラジル生豆の品質に及ぼす悪影響、コロンビア生豆減産など、原材料価格の上昇圧力が強まると予想している。
 このような状況下、本年は創業90周年の節目の年であり、創業100周年への礎を造り上げるための第一歩と位置づけ、(1)「収益性回復」=市場環境変貌に適応した収益構造への転換と新たなビジネスチャンス発見・創出。(2)「生産性向上」=生産から販売までロスの削減、効率性の向上、社員の質的向上・最適人材配置。(3)「ブランド価値向上」=消費者の期待と要求を満たす商品の提供・提案、品質面の優位性を背景としたブランド価値訴求、安全、安心、魅力ある商品の供給という3つの柱に取り組み、売上高は52,000百万円、営業利益益は860百万円、経常利益は1,030百万円、当期純利益は450百万円を予想している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:41 | IR企業情報

GMOインターネットはiPadの壁紙設定アプリ「壁紙.com」を無料配信

 GMOインターネット<9449>(東1)のグループ会社であるGMOメディア株式会社が運営する、国内最大級のPC・携帯電話の壁紙専門のポータルサイト「壁紙.com(かべがみどっとこむ)」は、iPadの発売に合わせ、高画質な壁紙を無料でダウンロードできる、日本語・英語対応のiPadアプリ「壁紙.com」の配信を開始したと発表。また、「壁紙.com」のiPhoneアプリ(日本語版・英語版)も同時に配信を開始した。

 同アプリは、iPadの大きい画面でも使用できる高画質な壁紙を無料で配信しており、世界遺産、動物、アートCG、夜景、スポーツなど全部で27あるバラエティー豊かなカテゴリの中から、好みの壁紙をダウンロードすることができる。iPad、iPhoneアプリは共に英語版に対応しているため、国内や海外のユーザーも利用できる。

 また、同グループのpaperboy&co.<3633>(JQ)は、インターネット上で写真を共有・保管できるオンラインフォトアルバム「30days Album(サーティーデイズ アルバム)」で、iPad専用アプリケーション「30days Album for iPad」の無料提供を開始した。

■株価は堅調、下げすぎ感も

 株価は31日、345円(7円高)で前引けとなり堅調。5月13日に408円の年初来高値をつけてから下げに転じ、27日の325円を境に戻り相場となっている。業績が堅調なため、今12月期の予想1株利益20円からみた現在の株価水準は評価不足との見方が出ている。

GMOインターネットはiPadの壁紙設定アプリ「壁紙.com」を無料配信

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:40 | IR企業情報

キリンがコカ・コーラに対抗!オリジナル「キリン コーラ」を発売

■隠し味にホップフレーバーを使用した「キリン コーラ」

 キリンホールディングス<2503>(東1)グループのキリンビバレッジは、清涼飲料カテゴリーの『キリン』ブランドでは初めてとなるオリジナルコーラ「キリン コーラ」を、6月1日(火)から全国で新発売する。

 同社調べによると、炭酸飲料市場は近年伸長を続けており、なかでも最大のボリュームを占めるコーラ系炭酸飲料が市場の成長を牽引している。同社は、コーラ系炭酸飲料としては初めてとなるオリジナルコーラ「キリン コーラ」を発売することで、炭酸飲料の商品ラインアップを拡充し、伸長する炭酸飲料市場の活性化を図っていくとしている。同製品は、適度な甘さと炭酸の爽快な刺激に加え、隠し味としてフルーティーなホップフレーバーを配合することにより、キレのあるすっきりとした後味を実現した。
 パッケージは、キリンのイメージカラーである赤をベースに、「KIRIN」のロゴを金色で大きく配置し、堂々としたデザインに仕上げた。また「COLA」の「O」の文字には、様々な大きさの泡をデザインすることで、炭酸ならではの「爽快感」「楽しさ」を表現している。発売日は2010年6月1日(火)、価格は115円(消費税抜き希望小売価格)。

■株価は堅調、天候なども材料性増す季節

 31日の株価は前場1230円(6円高)まで上げ、前引けも1225円(1円高)となり、小幅だが3日続伸。日経平均採用の主力株だけに、27日につけた1188円の安値からの戻りは鈍いものの、季節性や天候も材料になるシーズン・ストックだけに、身近な銘柄として注目できる季節になってきた。

キリンがコカ・コーラに対抗!オリジナル「キリン コーラ」を発売


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:02 | IR企業情報
2010年05月30日

資生堂 大阪工場と掛川工場で、環境にやさしい製品輸送保護材を開発し、2010年4月より運用をスタート

 資生堂<4911>(東1)は、資生堂大阪工場と掛川工場で、環境にやさしい製品輸送保護材を開発し、2010年4月より運用をスタート。
 従来は製品を輸送する際、製品の形状や物量に合わせて多種多様な輸送保護材を使用していたことから、リユースが困難で使用後は廃棄していた。
 そこで、資生堂の物流委託会社である日立物流コラボネクストと共同で、様々な形に展開可能となる「仕切り」を開発し、規格化した。
 この「仕切り」は、折りたたみ方を変えることによって2分割または4分割となり、目的に応じてフレキシブルに展開できることが特長。そして、使用後は小さく折りたたんで工場に返却し、リユースが可能となった。
 リユース可能になったことによりダンボール使用量が年間で約53t 削減され、また輸送効率が向上したことで、輸送時のCO2排出量を年間で約43t 削減することが可能となる見込み。
 今後も同社では、生産や物流などすべてのプロセスにおいて環境対応を進めていくとしている。

資生堂 大阪工場と掛川工場で、環境にやさしい製品輸送保護材を開発し、2010年4月より運用をスタート

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:58 | IR企業情報

アライドテレシスホールディングス 無線LANの導入事例を発表

■東大阪市教育センターでは、81校におよぶ市立小中学校、高等学校のICT環境を拡充

アライドテレシスホームページ インターネット機器の製造・販売をグローバル規模で行っているアライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、無線LANの導入事例を発表した。
 東大阪市教育センターでは、81校におよぶ市立小中学校、高等学校のICT環境を拡充。パソコン教室や特別教室に加え、普通教室用にノートPCを用意するとともに、校内の多くの教室で情報を活用した授業が行えるよう、ネットワーク環境を整備している。その基盤を担うのがアライドテレシスの無線LANアクセスポイント「AT−TQ2403」。各校に約10台平均のアクセスポイントを設置して快適な無線アクセスに対応するほか、ネットワークマネージメント・ソフトウェア「Swim Manager」を用いて、教育センターから校内LANの稼働を監視。万一のネットワーク障害時にも迅速に対応、授業への影響を最小化する体制を整えている。無線LAN導入を検討する文教関係者に向け、同社では東大阪市教育センターの取り組みを紹介している。
 同社は今期の重点課題として、日本国内に営業拠点を増強し、営業・サービス力の拡充を挙げている。その流れの中で、各地元への密着サービスの成果が出てきており、今回の無線LAN導入事例も今期の重点課題の成果といえる。

アライドテレシスホールディングス 無線LANの導入事例を発表

>>アライドテレシスホールディングスのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:24 | IR企業情報

ベルーナ グルメ専門通販「ベルーナグルメ友の会」にて、四川料理全8商品を6月25日より販売

■中華料理界の鉄人、陳建一氏と菰田欣也氏がプロデュース

ベルーナ カタログ販売のベルーナ<9997>(東1)は、28日にグルメ専門通販「ベルーナグルメ友の会」にて、中華料理界の鉄人、陳建一氏と菰田(こもだ)欣也(きんや)氏がプロデュースした四川料理全8 商品を6月25日より販売する。
 今回販売する商品は、麻婆豆腐や餃子、ジャージャー麺など身近な四川料理を8種類。すべて中華料理界の鉄人、陳建一氏と菰田欣也氏によって監修されており、本格中華の味を家庭で気軽に楽しめる。核家族化などにより個食の機会が増える中、好きな料理を好きなだけ注文できるように敢えてセットにはせず、1 袋1人分から販売。販売価格(税込)は300円から600 円に設定し、消費者のニーズに応えている。また、まとめ買いもできるよう、税込4200円以上では、送料が無料になる特典も設けている。
 設立18年目を迎えた「ベルーナグルメ友の会」は、年間売上高が118億円(2009 年度)を突破し、総合通販に次ぐ規模に成長。特に、「できれば食卓にもう一品加えたい」という忙しい主婦のニーズを捉えたお惣菜は、年間出荷数が100 万点を超える人気商品となっている。このような実績に加え、昨今の低価格志向と内食志向の高まりや、食に対する信頼・安心へのこだわりを背景に、300円から本格的な味が楽しめるという新たなコンセプトが誕生した。
 同社では、今回の新商品の販売動向からさらにニーズを分析し、両氏とともにベルーナオリジナル商品の開発も手がける予定。今後も、顧客のニーズに応えた商品を提供し続けるとしている。

ベルーナ グルメ専門通販「ベルーナグルメ友の会」にて、四川料理全8商品を6月25日より販売

>>ベルーナのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | IR企業情報

巴工業 今10年10月期の連結業績と配当予想の修正を発表

■第2四半期は当初の減益予想から2ケタ増益を確保

巴工業ホームページ 巴工業<6309>(東1)は28日引け後に、今10年10月期第2四半期と通期連結業績予想の修正を発表。
 第2四半期の売上高は、前回予想を9億2900万円下回る195億7100万円(前回予想比4.5%減)、営業利益は5億1700万円上回る16億4700万円(同45.8%増)、経常利益は6億2400万円上回る17億5400万円(同55.2%増)、純利益は4億900万円上回る11億3900万円(同56.0%増)となる見込み。
 機械製造販売事業において、機械・装置販売に一部繰延が生じたことで売上高は計画比未達となるものの、補修案件では予想を上回る受注が集中し、相対的に利益率が高い部品・修理の売上高とそのウエイトが高まった。また、化学工業製品販売事業においても、電子材料分野や工業材料分野を中心に、相対的に付加価値が高い商材の販売とそのウエイトが計画を超えて上回ったことが要因。前年同期と比べると1.2%と若干の減収となるが、利益面では当初の減益予想から一転し、営業利益20.1%増、経常利益16.9%増、純利益36.1%増と2ケタ増益を確保する。

■期末配当予想は5円増配の35円へ

 第2四半期業績を反映し、通期については、売上高が4億円下回る391億円(同1.0%減)、営業利益は3億円上回る20億3000万円(同17.3%増)、経常利益は3億5000万円上回る21億円(同20.0%増)、純利益は2億円上回る13億円(18.2%増)に修正、増益幅を拡大する見通し。
 これに伴い、期末配当予想は当初の1株当たり30円から35円(前期実績30円)に引き上げた。

>>巴工業のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:13 | IR企業情報

中部電力は新型電力量計で実施試験開始!スマートグリッド関連でマーク

 中部電力<9502>(東1)は、新型電力量計による遠隔検針の実地試験を行うと発表した。同社はこれまで、通信機能を備えた新型電力量計の技術的な仕様について調査、検討を行ってきた。その結果をもとに、2011年4月より1年間にわたり、愛知県春日井市の一部エリアの家庭に新型メーター約500台を設置し、遠隔検針機能などについて実地実験を行うこととした。(図=「遠隔検針の通信イメージ」)
 省エネルギー効果や、業務効率化などを検証する。新型メーターは、スマートグリッドに利用される公算が大きい。株式市場でスマートグリッド関連は脚光を浴びており、関連銘柄のローリスク銘柄としてマークが必要だ。

中部電力は新型電力量計で実施試験開始!スマートグリッド関連でマーク

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | IR企業情報

モスフードサービスが「ラー油」とハンバーガーを合体させた新商品を発売!

■『テリー伊藤のざくざくラー油バーガー』を発売

 モスバーガーを展開するモスフードサービス<8153>(東1)は、2010年6月10日(木)〜2010年6月28日(月)まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)で、日本テレビの情報番組「スッキリ!!」と共同開発した新商品「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」(390円)と「テリー伊藤のざくざくラー油チーズバーガー」(420円)を期間限定で発売すると発表した。ゴマ油の中に2種類の唐辛子と、大きさの違う2種類のフライドガーリックやフライドオニオン、小粒のあられを加え、『ざくざく』とした食感の、モスオリジナルの食べるラー油を使用している。(写真=左:テリー伊藤のざくざくラー油バーガー、右:テリー伊藤のざくざくラー油チーズバーガー)

モスフードサービスが「ラー油」とハンバーガーを合体させた新商品を発売!

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:07 | IR企業情報
2010年05月29日

カナモトは今10月期業績予想を上方修正、北海道地区で売上が大きく伸びる

カナモトのホームページ 建機レンタル最大手のカナモト<9678>(東1)は2010年10月期業績予想を、売上高671億円から673億円へ、経常利益7億1000万円から7億3000万円へ、純利益1億1000万円から3億3000万円へ上方修正した。
 主力事業の建機レンタル資産の見直しに加え、経済対策効果があった北海道地区で売上が大きく伸びたほか、東北地区も回復。民需の途切れた関東、近畿中部地区の減収分を補完した。一方、中古建機海外市況が堅調であったことから、中古機売却を進めることができた。今後は、今夏の参議院選挙で建設需要動向に変化があるか注目される。

>>カナモトのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:04 | IR企業情報

豊田通商はビスケーHD(8月26日付で上場廃止予定)を子会社化

 豊田通商<8015>(東1)は、アパレルのビスケーホールディングス<7542>(JQ)を株式交換によって完全子会社化する。これによりアパレルをはじめ生活産業事業などを見直し、収益の改善を図っていく。
 すでに豊田通商はビスケーホールディングス36.45%出資しており、残りの株式を株式交換により取得する予定。割り当て比率は、ビスケホールディングス1株に対し、豊田通称0.05株。ビスケーホールディングスは、8月26日付で上場廃止になる予定。

■チリ共和国のヨード開発・生産事業会社へ出資

 また同社は、チリ共和国においてACF Minera S.A.社と共同で、ヨード製造会社であるAlgorta Norte S.A.へ出資した。2010年5月よりチリ国アントファガス州において工場建設に着工し、2011年操業を目指す。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:30 | IR企業情報
2010年05月28日

ヤフーはiPad専用サービスの「無料電子コミック」と「地図」を提供

■Yahoo!コミックiPadアプリ(近日公開予定)

 Yahoo! JAPANを運営するヤフー<4689>(東1)は、本日28日、日本国内で発売が開始されたアップル社のiPad向けに、電子コミックと地図の提供を開始すると発表。

 PC版Yahoo!コミックで人気の「無料マガジン」を、iPadアプリで提供する。「無料マガジン」のなかから全5誌約100タイトルを提供し、約2万5000冊の有料コミックを順次追加していく。今後は、ユーザーコミュニケーション機能の実装など、さらなるサービス拡充に努めると共に、著作権保護の観点から海賊版対策にも積極的に取り組んでいく。また、「Yahoo!ラボ」において、指を使って地図を自由に操作できる、iPad専用ウェブ地図サービス「yubichiz」(ゆびちず)を公開した。

ヤフーはiPad専用サービスの「無料電子コミック」と「地図」を提供

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:33 | IR企業情報

アドテック プラズマ テクノロジーは今8月期業績を上方修正

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668>(東マ)は、2010年8月期業績予想を、売上高40億7500万円から42億7200万円へ、経常利益1億3300万円の赤字から7500万円の赤字へ、純利益1億3700万円の赤字から6900万円の赤字へ上方修正した。
 同社グループの主な事業領域である半導体、液晶関連事業で、主に韓国を中心としたアジア地域で半導体、液晶関連の設備投資が急激に回復したことから、新規受注の獲得が堅調に推移している。半面、利益面では為替相場の急激なユーロ安で為替差損の発生が見込まれる。

■株価は上値を試す動き

 株価は28日、一時10万2300円(5100円高)まで上げ、大引けは9万7800円(600円高)となり、上値を試す動き。4月15日につけた17万5500円を高値に下げ相場だが、5月25日の9万2700円を下値に反転上昇の兆しを見せている。
 この下値は、4月の高値に進む前の助走相場だった9万円前後の水準に接近しており、テクニカル的に下げ渋り感を強めるとみられている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:53 | IR企業情報

アイティメディアはiPad用無料アプリ「ITmedia」の提供開始

■国内初!Evernoteとのアプリ連携

 IT関連コンテンツ配信のアイティメディア<2148>(東マ)は、5月28日、同社が運営するIT総合情報ポータル「ITmedia」の主要記事の全文をアップル社のiPadで読むことができる無料アプリケーション「ITmedia」の提供を開始したと発表。

 同アプリケーションは、ITmediaの主要記事のヘッドラインと記事本文と、一部の画像をオンラインで定期的に取得するのが特徴で、記事本文のデータはアプリ内に一時的に保存されるため、インターネットとの接続が切れている場合でも閲覧が可能である。iPad本体を縦横どちらの向きで使用しても最適化したデザインで記事を表示できるほか、9.7型というiPadの大画面を活かし、画面を複数の表示領域に分けることで、記事のほかに利用者自身のTwitterのタイムラインを表示させたり、記事に関するTwitter投稿も行える。また、記事閲覧による情報の取得から、Twitterを使った情報発信までを、アプリケーションの切り替えなく実現できる。

 Webベースのメモ管理ツール「Evernote」とも連携しており、同アプリケーションでEvernote機能を選択すると、記事のタイトルとURLが自動挿入された状態で、専用の投稿画面が開く。投稿画面に記事本文や感想を書き加えることも可能で、タグを設定しEvernoteに保存できる仕組み。Evernoteと連携したiPad用アプリケーションを提供するのは、メディア企業として同社が国内初となる。

アイティメディアはiPad用無料アプリ「ITmedia」の提供開始

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:26 | IR企業情報

TBSは多機能携帯端末iPad向けマルチタスク型アプリを開発!

 TBSホールディングス<9401>(東1)は28日(金)に発売された米アップル社の多機能携帯端末iPad向けに、クラシックステーションOTTAVA(オッターヴァ)を聴きながら、TBSが配信する最新ニュースも一覧できるアプリケーションを開発したと発表した。本アプリの開発・提供元はフライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)で、近日中にApp Storeへの申請予定となる。

 このアプリケーションは、TBSホールディングスが運営するクラシック音楽専門のデジタルラジオ&インターネットラジオOTTAVA(http://ottava.jp/)の音声ストリーミングと、TBSのニュースサイト、TBSNews―i(http://news.tbs.co.jp/)の最新ニュース更新サービスを結合させた、今までにないマルチタスク型のサービス。

 OTTAVAは、昨年の8月、iPhone用に日本ではじめての放送同期24時間ストリーミングアプリケーションの提供を開始し、モバイルで気楽にどこでも聴ける、放送楽曲の一覧化、楽曲購入機能などを搭載し大きな関心を呼んだ。

 今回は、このiPhoneアプリをベースに、ニーズのあった「ニュースチェック機能」を新たに追加したもので、iPadの大画面に適したアプリケーションとしてバージョンアップ。iPad上で『音楽』と『ニュース』をいつでも視聴することができ、電子書籍の閲読など、想定されるiPad利用シーンにぴったりな寄り添い型アプリ。アプリ名は「TBS−OTTAVA News&Classics」(オッターヴァ ニュース&クラシック)。

 TBSテレビをはじめとするTBSグループでは、今回のOTTAVAアプリだけでなく、iPadをはじめとする新しい各種端末用アプリを現在開発中で、順次、提供を開始する予定だという。

■TBSは底堅くフライトSは続伸

  TBSの株価は28日、底堅い動きとなり、朝方1330円(17円高)まで上げ、後場は1295円(18円安)もあったが、大引けは1306円。このところ4月26日の1694円を年初来の高値として下げに転じているが、5月25日の1273円を安値として下値を固める雰囲気となった。
 フライトシステムコンサルティングの株価は堅調続伸となり、一時4万7200円(2200円高)まで上げて大引けは4万6200円。ここ調整相場だが4万円を割らずに出直る動きとなった。

TBSは多機能携帯端末iPad向けマルチタスク型アプリを開発!

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:44 | IR企業情報

スターティア 子会社のスターティアラボiPhone対応の電子ブック作成ソフト提供開始

■米Apple社の新型タブレット型端末「iPad(アイパッド)」への対応も近日公開する予定

 社員数300名以下の中小企業向けにIT関連のサービスを提供するスターティア<3393>(東マ)の子会社であるスターティアラボは、本日(5月28日)より電子ブック作成ソフト「デジタリンクアクティブック」(以下「アクティブック」)にiPhone(TM)(アイフォーン)用の電子ブックが作成できる機能を追加した「アクティブックカスタム2」の提供を開始した。
 今回の機能追加は、出版社を中心とした「アクティブック」採用企業から対応化への要請が背景としてあり、出版社などコンテンツ提供会社は「アクティブックカスタム2」のオーサリングツール(編集画面)で、iPhone用の電子ブックデータを作成することができる。
 「アクティブックカスタム2」により作成された電子ブックでは、タッチパネルによるページめくりや拡大縮小、回転動作への対応(iPhoneを横向きにすると電子ブックも横向きに変化する。)など、iPhoneならではの機能のほか、全ページのサムネイル表示機能やお気に入りのページにしおりを付けるなど、「アクティブック」が持つ機能も実装しており、高い閲覧性を実現している。
 「アクティブック」は、今後も様々な電子書籍閲覧端末への対応を進めており、iPhoneだけでなく、米Apple社の新型タブレット型端末「iPad(アイパッド)」への対応も近日公開する予定。

■株価は大幅続伸

 28日の株価は大幅続伸となり、出来高を増加させながら一時29万5500円(4万5500円高)まで上昇した。事業が話題的にも最先端の分野であるため、様々なタイプの投資資金が入りやすいと注目されている。

(写真=iPhone 画面で表示された『アクティブック』)

>>スターティアのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | IR企業情報

スクエニはiPad向け「ファイナルファンタジーXIII」のデジタル写真集を配信

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>(東1)の株式会社スクウェア・エニックスは、本日から日本で販売が開始されたiPad向けに、デジタル写真集「ファイナルファンタジーXIII Larger−than−Life Gallery」と、パーティゲーム「チョコボパニック」の配信を開始したと発表。

 日本では2009年12月17日、北米・欧州では2010年3月9日に発売された「ファイナルファンタジーXIII」の超高解像度画像を収録したデジタル写真集が、iPhone/iPod touchに続き、iPadにも登場する。収録された全ての画像は、マルチタッチで拡大・縮小することが可能。ポスターなどにも使用された美しいイメージCGやキャラクターCGを拡大すると、瞳の色や指先、服のディテールからアクセサリの光沢まで精彩なグラフィックを体験できる。気に入った画像を好みの大きさに拡大して、時計やカレンダーに設定できる機能も搭載。さらに、立体視用の赤青メガネを通して見るとキャラクターが立体的に見える画像も収録している。
 また、「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクター『チョコボ』を主人公としたパーティゲームが、iPadに登場する。画面上を動き回る色とりどりのチョコボを表示される指示に従って指で捕まえるというというシンプルなルールで、誰でも簡単に遊べるアプリ。

スクエニはiPad向け「ファイナルファンタジーXIII」のデジタル写真集を配信

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:54 | IR企業情報

スターツ出版はiPad用電子女性情報誌に動画などの新コンテンツ実装!

■OZmagazine6月号電子雑誌版に実装

 スターツ出版<7849>(JQ)は、女性情報誌『OZmagazine(オズマガジン)』において、動画等の新コンテンツを実装した、iPad/iPhone/iPod touch対応の電子雑誌アプリを「App Store」で発売を開始した。

 巻頭特集で「紹介店舗オーナーインタビュー」、「雑誌に載っていない写真」、「店内風景・商品」、「鎌倉の海・街の風景」が動画で閲覧できる。また、紹介されているホテル、レストラン、リラクサロン等、編集部オススメの全29店舗の予約が可能となり、電子雑誌の紹介記事をタップすると予約画面にリンクされ、その場で予約ができるようになった。
 OZmagazine6月号電子版はアプリ発売を記念して期間限定のダウンロード無料(5/28〜1ヶ月間=通常350円)となっている。

スターツ出版はiPad用電子女性情報誌に動画などの新コンテンツ実装!

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:32 | IR企業情報