[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/09)インデックスHD:犬語の翻訳機がiPhoneに誕生!Twitterと連携
記事一覧 (02/09)日産自動車のエコドライブサポートシステムが「資源エネルギー長官賞」受賞
記事一覧 (02/09)ビューティ花壇:生花祭壇・卸売足並みそろえ伸長、業績黒字へ転換
記事一覧 (02/09)JSP 子会社整理損発生するも通期連結業績への影響は無し
記事一覧 (02/08)ゼリア新薬:順調な主力商品に「アサコール」(新薬)が寄与、大幅増益で通期見込みを裏づけ
記事一覧 (02/08)スターティア SaaS 型のクラウド・グループウェア『Digit@Link GRIDY+』提供開始
記事一覧 (02/08)キムラユニティ:3Q増益実績踏まえ、通期減収ながら大幅増益を見込む
記事一覧 (02/08)GMOホスティング&セキュリティ 仮想化技術を取り入れた「仮想化サービス」を2月4日(木)より提供開始
記事一覧 (02/07)アライドテレシスホールディングス 医療機関に求められる「止まらないネットワーク」を提供
記事一覧 (02/06)スターティア 1月の自己株式の取得状況を発表
記事一覧 (02/05)一正蒲鉾は復調著しい3Q実績踏まえ通期業績2ケタの大幅増益に修正
記事一覧 (02/05)金地金など特化した第一商品:3Q赤字大幅縮小、通期黒字転換見込み据え置く
記事一覧 (02/05)松田産業 マレーシア現地法人が特定子会社に
記事一覧 (02/04)クリナップ:3Q実績大幅増益も、通期は修正予想を据え置く
記事一覧 (02/04)インテリジェント ウェイブ 今10年6月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (02/04)アライドテレシスホールディングス 1月の自己株式の取得状況を発表
記事一覧 (02/04)ラクーン 1月のスーパーデリバリーの経営指標を発表
記事一覧 (02/03)新日本建物:西小岩地区で新規マンション開発を発表
記事一覧 (02/03)理想科学工業 今通期連結業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (02/03)スターティア 子会社のスターティアラボはPAGE2010に出展
2010年02月09日

インデックスHD:犬語の翻訳機がiPhoneに誕生!Twitterと連携

■「バウリンガル」がiPhoneに誕生!Twitter連携機能搭載

 インデックス・ホールディングス<4835>(JQ)の子会社、株式会社インデックスは、犬の鳴き声を分析して人間の言葉に表示する、犬のボイス翻訳機「バウリンガル」のiPhone向けのアプリを、2010年初夏にApp Storeで販売を開始すると発表。

 iPhone向け「バウリンガル」は、犬の鳴き声をリアルタイムに音声分析し、変換して、犬の気持ちを文字で表示する「翻訳機能」のほか、iPhoneの特徴を活かした機能を搭載する。犬の写真を魚眼レンズで撮影したかのように加工できる「写真編集機能」、さらに「翻訳機能」で翻訳された内容や「写真編集機能」により加工された犬の写真を、いま話題のTwitterに連携して表示できる「Twitter連携機能」を搭載する予定。

 iPhone「バウリンガル」アプリの「Twitter機能」では、ログイン後に「翻訳機能」で翻訳された世界中の犬のつぶやきが表示され、飼い主のコメントと共に投稿が可能。さらに投稿された写真やコメントに対して評価ができるなど、愛犬家同士のコミュニケーションがリアルタイムで楽しめる機能を搭載する予定。

インデックスHD:犬語の翻訳機がiPhoneに誕生!Twitterと連携

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:32 | IR企業情報

日産自動車のエコドライブサポートシステムが「資源エネルギー長官賞」受賞

 日産自動車<7201>(東1)は8日、同社の小型車に採用されているエコドライブサポートシステム「ECOモード機能+ナビ協調変速機能」が、経済産業省主催による平成21年度第20回省エネ大賞(省エネルギー機器・システム表彰)において、「資源エネルギー長官賞」を受賞したと発表した。

 省エネ大賞は、優れた省エネルギー性、省資源性等を有する民生用エネルギー機器・資材及びエネルギー利用システムを広く公募、発掘し、それらを表彰することにより、その開発支援・普及促進を図り、CO2などの排出量削減に貢献し、省エネルギー型社会の構築に資することを目的としている。
 今回の受賞は、エコドライブサポートシステム「ECOモード機能+ナビ協調変速機能」が、比較的低コストでエコ運転を実現する機能を実用化したものであり、今後幅広い車種への適用によって大きな省エネ効果が期待されるシステムとして評価された。
 このシステムでは、発進時や巡航時、カーブの手前などの減速時に、エンジン、無段変速機(Continuously Variable Transmission:CVT)、カーナビゲーションを協調制御することにより、特別な運転スキルを必要とすることなく、実用燃費向上を図ることができる。この機能は、2009年5月に発売したティーダ、ティーダラティオ、ならびに同年11月に発売したキューブに既に採用されている。【図:ECOモード画面イメージ(上)とナビ協調変速機能概要(下)】

日産自動車のエコドライブサポートシステムが「資源エネルギー長官賞」受賞

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:31 | IR企業情報

ビューティ花壇:生花祭壇・卸売足並みそろえ伸長、業績黒字へ転換

ビューティ花壇ホームページ ビューティ花壇<3041>(東マ)の10年6月期第2四半期連結業績は、生花祭壇事業、生花卸売事業ともに堅調に推移し、売上高は1,953百万円(前年同期比5.6%増)の増収となった。利益面では売上増に加え技術部門削減による売上原価低減で粗利が改善、さらに販売管理費の人件費、広告宣伝費などを抑えた結果、営業利益57百万円、経常利益62百万円、当期純利益14百万円を計上し、前年同期損失から黒字へ転換した。
 当期(7〜11月)の各部門の概況は、葬儀業界は前年比2.2%減少(経済産業省調査)する厳しい環境下、同社生花祭壇事業は受注件数8,354件(前年同期比7.5%増)へ増加、売上高1,491百万円(前年同期比1.6%増)、営業利益227百万円(同22.1%増)と伸長した。
 生花卸売り事業は生花小売業界が低価格カジュアルフラワー販売、大手生花チェーン店の台頭で競争が激化、切り花取扱い数量は前年比1%減(農水省「花き流通統計」)と低調であったが、同社は昨年来取り組んできた切り花の海外調達が軌道に乗り、期中の輸入本数317万本(同72万本増)と大きく増加し、売上高376百万円(同17%増)、営業利益71百万円(同113.4%増)の大幅増収増益となった。
 ブライダル事業、プランツスケープ事業などその他事業は売上高85百万円(同43.9%増)と伸長し収益が大幅に改善した。
 当期通期連結業績は、2月3日に発表した業績予想を据え置き、売上高4,000百万円(前期比7.4%増)、営業利益230百万円(同277%増)、経常利益240百万円(同269.2%増)当期純利益100百万円(前期損失15百万円)を見込んでいる。

>>ビューティ花壇のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:51 | IR企業情報

JSP 子会社整理損発生するも通期連結業績への影響は無し

 JSP<7942>(東1)は8日、今3月期に子会社整理損が発生すると発表。
 09年9月14日付で公表しているように、同社の連結子会社である日本リプロマシン工業社の清算に伴い、個別決算上2億6300万円の特損を計上する予定である。
 しかし、個別決算における子会社整理損は、連結決算上相殺消去されるため、通期連結業績への影響は無いとしている。

>>JSPのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:07 | IR企業情報
2010年02月08日

ゼリア新薬:順調な主力商品に「アサコール」(新薬)が寄与、大幅増益で通期見込みを裏づけ

近況リポート

 ゼリア新薬工業ホームページ ゼリア新薬工業<4559>(東1)10年3月期第3四半期連結業績は、売上高37,968百万円(前年同期比6.2%増)、営業利益1,411百万円(同30.0%増)、経常利益1,437百万円(同35.2%増)、当期純利益752百万円(同13.1%減)となった。
 通期業績見通しは、第4四半期もアサコールの市場浸透やコンドロイチン群、ヘパリーゼ群の売り上げ拡大が見込まれるので昨年11月11日発表の売上高53,000百万円(前期比11.2%増)、営業利益2,000百万円(同51.0%増)、経常利益2,000百万円(同46.4%増)、当期純利益1,200百万円(同0.3%減)を据え置いた。

 第3四半期の医療用医薬品業界は、医療費抑制策の推進に伴うジェネリック医薬品の使用促進などに加え、OTC医薬品も個人消費の伸び悩みで厳しい環境が続いたが、同社医療用医薬品部門は、消化器官用薬を最重点に営業力を一層注力し、亜鉛含有胃潰瘍治療剤「プロマック」は順調に推移したが、H2受容体拮抗剤「アシノン」、胃炎・潰瘍治療剤「マーズレン」などの製品は競争激化やジェネリック医薬品の浸透で苦戦した。一方、昨年12月より販売開始した「アサコール」の協和発酵キリンとの共同開発・共同販売契約に伴う契約金収入は当期売上高に加わった。
 コンシューマーヘルスケア部門では、主力製品群「コンドロイチン群」がTVCM効果で製品認知度がさらに向上し売り上げを伸ばしたのに続いて、今期から大型商品への育成に力を入れている肝臓水解物配合滋養強壮剤「ヘパリーゼ群」についても、昨年11月より関東地区でTVCMを開始し売り上げを拡大した。また、植物性便秘薬「ウィズワン群」も順調に売り上げを伸ばした。
 利益面では売上高の伸長により営業利益、経常利益ともに30%超の増益となった。

 同社株の本日の終値は908円(先週末終値比9円高)の高値引けとなった。出来高48,000株、PBR1.36倍、PER31.41倍。

>>ゼリア新薬工業のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:58 | IR企業情報

スターティア SaaS 型のクラウド・グループウェア『Digit@Link GRIDY+』提供開始

■本来有料であるSaaS 型クラウド・グループウェアを無料で提供

スターティアホームページ スターティア<3393>(東マ)は、本日(2月8日)より、SaaS 型クラウド・グループウェア『Digit@Link GRIDY+(デジタリンク グリッディプラス)』の提供を開始する。
 今回のサービスは、業務支援型SaaS・クラウドサービスを手がけるブランドダイアログ社(本社:東京都中央区)との業務提携により実現したサービスで、同社のホスティングサービスを利用の顧客に、本来有料であるSaaS 型クラウド・グループウェアを無料で提供するもの(アカウント無制限。総容量5GBまで無料、追加容量1000円/GB)。

■iPhone(TM)(アイフォーン)3G ブラウザにも対応

図=『Digit@Link GRIDY+(デジタリンクグリッディプラス)』ログイン画面イメージ Digit@Link GRIDY+の特徴として、インストール不要のSaaS 型サービスのため、インターネットに接続できる環境があれば、どこでも簡単に利用できる。一部機種を除く各キャリアの携帯端末や、iPhone(TM)(アイフォーン)3G ブラウザにも対応しているので、外出先や自宅などオフィス以外の場所からも利用が可能。また、ユーザビリティとセキュリティを配慮した実用的な23機能を搭載している。一例として挙げると、自己のスケジュール管理や、社内外でグループを組んでいるメンバーのスケジュール確認が可能になる『スケジュール管理』や社内外でグループを組んでいるメンバーとの『ファイル共有』等が利用可能。
 同社では本サービス開始の目的として、ホスティングサービスの差別化と、ユーザー数の増加によるストック収益の拡大を目指しており、今後はグループウェアを利用していない中規模から小規模の会社への新規導入や、既にグループウェアを利用している企業で、経費削減を検討している会社などを中心に拡販を行っていく計画。

>>スターティアのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:13 | IR企業情報

キムラユニティ:3Q増益実績踏まえ、通期減収ながら大幅増益を見込む

キムラユニティーホームページ キムラユニティ<9368>(東1)の10年3月期第3四半期連結業績は、期中の受注低迷の影響で連結売上高25,972百万円(前年同期比11.0%減)となったが、物流サービスで新規事業所の収益改善の進展や徹底した原価削減の推進効果により営業利益680百万円(同187.2%増)、経常利益662百万円(同111.6%増)と大幅増益となり、四半期利益も、5月に閉鎖した東三河営業所の減損損失をカバーし264百万円(同23.7%増)の増益となった。

 10年3月期通期連結業績については、昨年11月5日発表の業績見通しを上方修正し、売上高34,600百万円(前年同期比8.9%減)と減収ながら、営業利益800百万円(同241.5%増)、経常利益770百万円(同95.7%増)、当期純利益320百万円(同66.5%増)と大幅増益を予定している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:31 | IR企業情報

GMOホスティング&セキュリティ 仮想化技術を取り入れた「仮想化サービス」を2月4日(木)より提供開始

■専用サーバーの台数を増やすことなく、効率のよいサーバー環境を構築

GMOホスティング&セキュリティホームページ GMOホスティング&セキュリティ<3788>(東マ)は、ホスティングブランド「アイル」の専用型ホスティングサービスで、仮想化技術を取り入れた「仮想化サービス」を2月4日(木)より提供開始した。
 市況の悪化が進み、企業がコスト削減の取り組みをより一層強化する中、社内のITシステムのコスト削減方法の一つにサーバーの仮想化が注目されている。
 専用サーバーの台数を増やすことなく、効率のよいサーバー環境が構築できるので、導入する企業やウェブ制作会社も増えてきている。しかし、従来の「アイル」の専用サーバーで仮想化を実現するには、仮想環境を構築するためのソフトウェアライセンスを使用者側で購入し、構築することが必要であった。

■ITシステムへの投資コストや運用管理コストを削減

 今回「アイル」では、専用サーバーの仮想化に対するニーズの高まりを受け、簡単に専用サーバーを仮想化できる「仮想化サービス」の提供を開始した。
 「仮想化サービス」は、1台の物理サーバー上に複数のサーバー環境を構築する仮想化技術を用いたサービスで、これにより複数のサーバーの集約、統合を可能にする。
 運用している専用サーバーを仮想化することで、サーバーの効率化や増え続けるサーバーの台数を抑えることが可能となり、ITシステムへの投資コストや運用管理コストの削減が見込める。また「仮想化サービス」では、RAID構成の高スペックな専用サーバーに、世界中で導入実績があるParallels社のOS仮想化ソリューションVirtuozzoを搭載するため、サーバーの効率性、柔軟性においても多様化するビジネスに十分に対応できるサーバー環境が実現可能である。

>>GMOホスティング&セキュリティのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:34 | IR企業情報
2010年02月07日

アライドテレシスホールディングス 医療機関に求められる「止まらないネットワーク」を提供

アライドテレシスホームページ アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)のコア・スイッチは、新病院の竣工に合わせ、国立病院機構 高崎病院から名称変更した独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センターの院内ネットワークシステムに使用されている。
 群馬県西毛地域の基幹病院として、地域医療支援と救急医療などの役割を担う。新病院では新たに電子カルテシステムを導入するとともに、アライドテレシスのコア・スイッチ「SwitchBlade x908」および「x900シリーズ」を中核に冗長化された高信頼・広帯域の院内ネットワークを構築している。
 高崎総合医療センターに、医療機関に求められる「止まらないネットワーク」を提供している。
 今後同社のコア・スイッチを導入する医療機関の増加が予想される。

>>アライドテレシスホールディングスのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | IR企業情報
2010年02月06日

スターティア 1月の自己株式の取得状況を発表

スターティアホームページ スターティア<3393>(東マ)は、5日引け後に1月の自己株式の取得状況を発表した。
 1月に取得した自己株式数は18株、取得価額の総額は78万2300円。
 同社は、12月3日開催の取締役会で自己株式の取得を決議している。取得株式数は100株(上限)、取得価額の総額は550万円(上限)として、取得する期間は、12月4日から3月31日まで。
 これまで取得した株式数は、63株、取得価額の総額は265万5350円。
 株価は、次世代携帯として注目の「iPad」(アイパッド)用の電子書籍ソフトを2日発表したことが材料となり、3日連続のストップ高で、年初来高値を更新中。

>>スターティアのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:02 | IR企業情報
2010年02月05日

一正蒲鉾は復調著しい3Q実績踏まえ通期業績2ケタの大幅増益に修正

一正蒲鉾は復調著しい3Q実績踏まえ通期業績2ケタの大幅増益に修正 一正蒲鉾<2904>(JQ)は10年6月期第2四半期業績を開示するとともに通期業績見通しを上方修正した。
 第2四半期は、消費者の節約志向が強まり低価格商品への移行が進むなど厳しい環境であったが、同社は市場の動きや消費者の動向に応じた販促施策と生産体制見直しによるコスト削減に取り組んだ結果、利益面では経常利益で前年同期比2.2倍となったのをはじめ各利益がほぼ倍増し、売上高15,999百万円(前年同期比3.3%増)、営業利益1,689百万円(同104.6%増)、経常利益1,666百万円(同120.3%増)、当期純利益1,143百万円(同91.9%増)となった。

 第2四半期部門別の状況は、主力の水産練商品・惣菜は蒲鉾・竹輪部門が総じて順調に推移し、売上高は13,403百万円(前年同期比3.3%増)となったのをはじめ、きのこ部門が継続的な拡販を実施した結果売上高2,208百万円(同4.1%増)となり、新規取引の増加した運送部門は売り上げ、利益とも前年同期を上回るとともに倉庫部門も堅調であったため、両部門合わせた売上高210百万円(同10.4%増)と好調だった。

 通期見通しは、復調著しい第2四半期の実績を踏まえ、売上高増加、グループ全体のコスト削減効果、さらに原材料・燃料等の価格が当初見込みを下回る状況を見込み、売上高28,200百万円(前期比2.2%増)、営業利益1,600百万円(同37.9%増)、経常利益1,540百万円(同45.5%増)、当期純利益1,000百万円(同16.5%増)に大幅な上方修正を行った。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:57 | IR企業情報

金地金など特化した第一商品:3Q赤字大幅縮小、通期黒字転換見込み据え置く

第一商品のHP 第一商品<8746>(JQ)10年3月期第3四半期累計業績は営業収益4,531百万円(前年同期比13.2%増)と伸長し、利益面では損失を計上ながら、前年同期に比べ赤字幅が大幅に縮小し、営業損失253百万円(前年同期1580百万円損失)、経常損失237百万円(同1,963百万円損失)、当期純損失216百万円であった。

 第3四半期累計期間(09年4月〜12月)の全国商品取引所売買高は、貴金属市場が貢献したものの、他市場の落ち込みがあり51,738千枚と前年同期比29.4%減少した。
 同社は金市場の好環境を背景に、金地金販売や金先物取引に特化した独自の営業戦略を展開したことが功を奏し、既存顧客のみならず新規顧客の満足度を高め、その成果の一つとして、当第3四半期(10〜12月)の委託者売買高は316千枚(同152%増)へと大きく取引高を増やした結果、第3四半期累計期間の同売買高は732千枚(同20.5%増)となり、業績復調を鮮明にしている。

 通期業績見通しについては足元の状況も計画通り推移している模様で、最終利益362百万円と黒字転換を見込んだ09年年10月30日公表の業績予想内容を据え置いた。

>>第一商品のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:04 | IR企業情報

松田産業 マレーシア現地法人が特定子会社に

松田産業ホームページ 松田産業<7456>(東1)は、4日に同社が貴金属関連事業の拠点を目的に設立したマレーシア現地法人MATSUDASANGYO(MALAYSIA)SDN.BHD.が特定子会社に該当することになったと発表。
 09年5月29日に開催の取締役会で、マレーシア現地法人MATSUDASANGYO(MALAYSIA)SDN.BHD.(以下MSM)の設立を決議した後、6月10日に設立登記された。その後9月14日に資本金の増資が決議されMSMの資本金が1500万マレーシアリンギットとなったことから、特定子会社に該当することになった。
 MSMの資本金が増えたことで、事業規模も拡大することが予想される。

>>松田産業のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:15 | IR企業情報
2010年02月04日

クリナップ:3Q実績大幅増益も、通期は修正予想を据え置く

クリナップホームページ クリナップ<7955>(東1)の10年3月期第3四半期連結業績は、売上高73,604百万円と前年同期比10.8%の減収ながら、利益面では営業利益が大幅に改善、前年同期比10.8倍の2,412百万円となり、経常利益、当期純利益もそれぞれ2,269百万円、2036百万円の黒字を計上した。
 通期連結業績については、例年第4四半期には利益幅の少ないマンション比率が高いことや普及品比率がアップしていることなどを考慮して厳しく見込み、09年11月6日公表数値を据え置き、売上高99,000百万円(前期比9.3%減)、前期赤字の利面は営業利益1,000百万円、経常利益900百万円、当期純利益300百万円の黒字を見込む。

>>クリナップのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:33 | IR企業情報

インテリジェント ウェイブ 今10年6月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表

インテリジェント ウェイブ インテリジェント ウェイブ<4847>(JQ)は、今10年6月期第2四半期連結業績予想の上方修正を発表した。
 売上高は、前回予想を5億3700万円上回る21億7700万円(前年同期比21.5%減)、営業利益は3億8500万円上回る△400万円(前年同期3200万円)、経常利益は3億8800万円上回る△100万円(同1900万円)、純利益は1億7900万円上回る5500万円(前年同期比44.7%増)を見込んでいる。
 修正の主な理由は、当初第3四半期連結累計期間以降に計上予定であったカードビジネスのフロント業務のハードウェア売上が、今第2四半期連結累計期間において検収完了し計上されたほか、カードビジネスのフロント業務とシステムソリューション業務のソフトウェア開発売上の一部が同様の理由により計上されたことによるもの。
 今回の修正は、主として当初予想に計画されていた複数の売上案件の計上時期が今第2四半期連結累計期間に異動したことによるものであり、新規受注案件による売上も計上したとはいえ現在のところ通期予想売上高が大きく増加することはないので、通期業績予想の修正は無い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:59 | IR企業情報

アライドテレシスホールディングス 1月の自己株式の取得状況を発表

アライドテレシスホームページ インターネット機器の製造・販売を世界規模で展開しているアライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、1月の自己株式の取得状況を発表した。
 1月の買付株式数は、342万5900株、買付総額は2億337万6200円であった。
 昨年5月14日に同社の取締役会で、自己株式の取得を決議した。取得株数は3000万株(上限)、取得価額の総額は20億円(上限)として、期間を6月1日から12月30日までとしていたが、12月28日の取締役会で、3月26日まで延長している。
 6月1日から1月31日までの買付株式数は1557万8200株、買付総額は8億5980万2700円となっている。

>>アライドテレシスホールディングスのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:56 | IR企業情報

ラクーン 1月のスーパーデリバリーの経営指標を発表

ラクーンのHP ラクーン<3031>(東マ)は3日、1月のスーパーデリバリーの経営指標(会員小売店数、出展企業数、商材掲載数)を発表した。
 会員小売店数2万6870店(12月末比542店舗増)、出展企業数1035(同7社減)、商材掲載数25万6851点(同3415点増)。
 同社では、経営指標数値の拡大を重視する方針から、より質の高い会員小売店及び出展企業の獲得と、より市場ニーズに適合した商材の獲得を重視する方針にシフトしている。そのため当面の間は、出展企業数及び商材掲載数は増加ペースが鈍化、もしくは減少すると予想している。

>>ラクーンのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:51 | IR企業情報
2010年02月03日

新日本建物:西小岩地区で新規マンション開発を発表

新日本建物ホームページ マンション事業の新日本建物<8893>(JQ)は3日、江戸川区内で新築マンション「西小岩プロジェクト(仮称)」の事業を開始すると発表した。
このプロジェクトは、同社がJR総武線「小岩」駅から徒歩8分の住宅地内に地上10階建新規マンションの開発を手がけるもので、昨年暮れに「小田原プロジェクト(仮称)」開発を発表したのに次ぐ新規開発案件となる。
 同社はこれまでのマンション開発を通じて蓄積した企画力・マーケティング力を活かし、「住まう方」、「創る者」そして地域の人々の「満足」が得られる住まいを提供してきたが、今回の案件でも地域の特性に合わせたファミリー層向け住宅の開発を目指している。
 今期に入って同社は短期的戦略として、マンション買取再販事業を主軸とした事業展開を積極的に進めているが、同社では「会社の継続的発展や中長期的展望に立った経営計画として開発案件の推進が必要であり、今後もマンション買取再販事業と並行して事業性の高い開発案件に取り組む」(同社グループ経営企画部)と話している。
 なお、「西小岩プロジェクト(仮称)」の概要は、総戸数27戸、間取り3LDK(66.86〜74.31平米)、竣工予定11年8月(引渡開始予定同年9月)

>>新日本建物のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:33 | IR企業情報

理想科学工業 今通期連結業績予想の上方修正を発表

■利益面での大幅な上方修正で、営業利益、経常利益は共に黒字転換を見込む

理想科学工業ホームページ 理想科学工業<6413>(東1)は、2日に今10年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。
 売上高は前回予想通りの787億円であるが、営業利益は前回予想を10億5000万円上回る1億円(前期△9億1300万円)、経常利益は11億5000万円上回る6億円(同△6億9500万円)、純利益は17億円上回る△85億円(同△6億4100万円)と利益面での大幅な上方修正となり、営業利益、経常利益は共に黒字転換を見込む。尚、最終利益が大幅な赤字となるのは、厚生年金基金脱退時特別掛け金約58億円を特損として計上したことと、繰延税金資産約31億円を取り崩した影響による。
売上高は前回予想どおりに推移する見込みだが、利益面では印刷機器関連の消耗品販売が堅調に推移したことや販売費および一般管理費の削減により、営業利益、経常利益、当期純利益が前回予想を上回る見込みであることから、今回の上方修正となった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:03 | IR企業情報

スターティア 子会社のスターティアラボはPAGE2010に出展

スターティアホームページ スターティア<3393>(東マ)は、子会社のスターティアラボが2月3日より3日間サンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催されるPAGE2010に出展すると発表した。
 スターティアラボは、「印刷業界における電子ブックの活用方法」をテーマに、印刷会社の売上アップツールとして既に120社以上の印刷会社に導入された、電子ブックソフト「アクティブック」のほかに、今春提供予定のアイフォーンに対応したアクティブックの試作機による実演も行う。
 アクティブックはアイフォーン対応だけでなく、1月27日にApple社が発表を行った新型タブレット型端末「iPad」への対応も視野に入れており、今夏をめどに提供を行う予定。

>>スターティアのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:54 | IR企業情報