[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/19)インテージHDの子会社、インテージテクノスフィアはエヌ・エス・ケイの子会社化を決議
記事一覧 (09/18)【お知らせ】ハウスドゥは10月11日に代表の安藤正弘氏が語る説明会を実施
記事一覧 (09/18)プレミアグループが自動車整備事業に本格参入
記事一覧 (09/17)マルマエの8月末の受注残高は、半導体分野は出水事業所の稼働が上がり始め、出荷検収が順調に進む
記事一覧 (09/17)パイプドHDは「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第四弾を、9月13日に会員限定で公開
記事一覧 (09/14)パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツは、9月13日より「LINE Bot」に対応し、LINE連携ソリューションを強化
記事一覧 (09/13)JFEシステムズは電子帳票システム「FileVolante(R)」Ver3.0を9月20日にリリース
記事一覧 (09/13)パイプドHDのグループ企業、アイラブは下北沢商店連合会と「下北沢カレーフェスティバル2018」を開催
記事一覧 (09/13)SKIYAKIがSEA Globalを子会社化
記事一覧 (09/12)【IR企業情報】トランザスはホテルのIoTシステム開発などに取組み人手不足の解消などめざす
記事一覧 (09/12)スターティアHDはBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018−19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結
記事一覧 (09/11)JPホールディングスは従業員の家族を東京本部オフィスに招待する「JPホールディングスグループ ファミリーデー」を開催
記事一覧 (09/10)【IR企業情報】Jトラスト:国内金融事業の債務保証残高が初めて1700億円台に乗る
記事一覧 (09/10)トーソーは10月26日(金)にヒューリックホール浅草橋で「with Curtains 2018」と題した発表会を開催
記事一覧 (09/09)夢テクノロジーは新たに19年9月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定
記事一覧 (09/09)ベステラの第2四半期は大型の工事進行基準対象工事の施工が順調に推移
記事一覧 (09/08)リコーリースは千葉県食肉公社と、ABLの手法を用いて肉用牛肥育事業者に対して子牛調達費用のファイナンスを提供
記事一覧 (09/08)パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツ福岡支店は福岡市立老司中学校の職場体験学習に協力
記事一覧 (09/08)トレジャー・ファクトリーの8月の月次売上概況(単体)の全店売上高は7.3%増と好調
記事一覧 (09/07)ヨコレイは株主優待制度の一部変更を発表
2018年09月19日

インテージHDの子会社、インテージテクノスフィアはエヌ・エス・ケイの子会社化を決議

■エヌ・エス・ケイは製造業を中心としたさまざまな業種におけるシステム開発実績を基に、ソフトウェア事業を展開

 インテージHD<4326>(東1)の子会社、インテージテクノスフィアは、エヌ・エス・ケイ(本社:長野県長野市)の株式の一部を取得し子会社化することを決議し、株式譲渡契約書を締結した。

 インテージテクノスフィアは、インテージグループの一員としてグループ内のITを支えるとともに、業界・業務専門性をもとに特に旅行業界、医薬業界の顧客へシステムサービスを提供し、企業価値向上の実現に貢献している。

 一方エヌ・エス・ケイは、製造業を中心としたさまざまな業種におけるシステム開発実績を基に、蓄積されたシステム開発力、および生産・購買・販売・会計などの業務ノウハウを強みとしたソフトウェア事業を展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:13 | IR企業情報
2018年09月18日

【お知らせ】ハウスドゥは10月11日に代表の安藤正弘氏が語る説明会を実施

 ハウスドゥ<3457>(東1)は、住みながらその家を売却できるサービス「ハウス・リースバック」を通してハウスドゥ!グループが成長した投資術について、これまでの市場動向、そして今後の市況予測を踏まえ、10月11日に代表の安藤正弘氏が語る説明会を実施する。

 ハウス・リースバックは、超高齢化社会における高齢者の資金需要ビジネスであるとともに、保有後は賃貸用不動産として安定収益を確保するうえで重要な資産となる。それらの不動産を仕入・所有を通して、これからの不動産投資についての重要なポイントについて説明する。

 10月11日の18時より開始する。開催場所は、丸の内トラストタワーN館17階(東京都千代田区丸の内1丁目8番1号)。参加料は無料。定員は40名としている。参加希望者は、電話(0120−350−340)まで、または、専用フォーム(https://goo.gl/9V995G)から。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:38 | IR企業情報

プレミアグループが自動車整備事業に本格参入

■自動車整備ソフトウェア開発・販売会社を買収

 プレミアグループ<7199>(東2)は9月14日、自動車整備工場等が利用するソフトウェアを開発・販売する株式会社ソフトプランナーの株式を取得した。取得株式数は全株式の80%の320株となる。

■ターゲットは5.4兆円規模の自動車整備市場

 現状、約2万社の自動車販売店とのネットワークを築く同社だが、整備業界でも新たにネットワークを構築していくという。将来的に、両ネットワークを繋ぎ合わせ、双方の利益向上につなげていく。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:53 | IR企業情報
2018年09月17日

マルマエの8月末の受注残高は、半導体分野は出水事業所の稼働が上がり始め、出荷検収が順調に進む

■半導体分野は対前年同月増減率では22.4%増の6億75百万円

 マルマエ<6264>(東2)は15日、8月度月次受注残高を発表した。

 同社の18年年8月末の受注残高は、半導体分野では、受注に停滞感が出ているなかで出水事業所の稼働が上がり始め、出荷検収が順調に進んだことから、対前月増減率は8.9%減、対前年同月増減率では22.4%増の6億75百万円となった。

 FPD分野でも、出荷検収は高水準に推移しながらも、中小型有機ELパネル向けを中心に受注が停滞したことから、対前月増減率は25.5%減、 対前年同月増減率では10.7%減の2億39百万円であった。

 その他分野においては、金額としては大きくはないが、スマートフォン向けの装置部品や、試作品レベルながらも中国向けで太陽電池製造装置の真空パーツを受注している。受注残高は37百万円となり対前月増減率は388.3%増となった。

 これらの結果、18年8月末の受注残高は、対前月増減率11.0%減、対前年同月増減率16.2%増の9億53百万円となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:41 | IR企業情報

パイプドHDは「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第四弾を、9月13日に会員限定で公開

■今回の第4弾では、現場マネージャの「ジョブ・アサインメント」が労働者のモチベーションにどのような影響を及ぼすのかについて分析・検証

 パイプドHD<3919>(東1)のパイプドビッツ内のパイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、全国2.4万人規模を対象にインターネットで実施した「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第四弾を、9月13日に会員限定で公開した。

 調査レポート第1〜3弾では、働き方改革に伴う施策や制度に焦点を当て、労働時間が減少するのか、業務のパフォーマンスが向上するのかなどについて検証してきた。今回の第4弾では、「マネジメント」をテーマに、現場マネージャの「ジョブ・アサインメント」が労働者のモチベーションにどのような影響を及ぼすのかについて分析・検証した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:01 | IR企業情報
2018年09月14日

パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツは、9月13日より「LINE Bot」に対応し、LINE連携ソリューションを強化

■LINEユーザーが入力したメッセージに対してあらかじめ設定しておいた内容を自動で応答

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツは、9月13日よりLINEが提供する「LINE Bot」に対応し、LINE連携ソリューションを強化した。

 このサービスにより、LINEユーザーが入力したメッセージに対してあらかじめ設定しておいた内容を自動で応答できるほか、「スパイラル」と連携することで、データベースに格納されたユーザー情報をLINEで返すことができ、パーソナルで円滑なコミュニケーションを実現する。

 「スパイラル」は、2016年10月よりLINEとの連携を強化し、LINE連携ソリューションを提供している。これまでに「スパイラル」から手軽にLINEメッセージをセグメント配信できる「LINE配信」オプションや、企業とLINEユーザーが1対1でトークできる「LINE1:1トーク」を追加し、LINEを活用した多彩な顧客コミュニケーションを実現している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:41 | IR企業情報
2018年09月13日

JFEシステムズは電子帳票システム「FileVolante(R)」Ver3.0を9月20日にリリース

■オープンシステムで生成された帳票を長期間かつ効率的に保管・活用する電子帳票システム

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、電子帳票システム「FileVolante(R) (ファイルボランチ)」Ver3.0を9月20日にリリースする。

 「FileVolante(R))は、オープンシステムで生成された帳票を長期間かつ効率的に保管・活用する電子帳票システム。「様々な帳票設計ツールが生成するPDFデータに対応できる適応性」、「利用ユーザが多い場合でも単一サーバで対応可能な柔軟性」などが評価され、金融・製造・小売・エネルギーなど業種を問わず、600社以上に採用されている。

11.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:16 | IR企業情報

パイプドHDのグループ企業、アイラブは下北沢商店連合会と「下北沢カレーフェスティバル2018」を開催

■2018年10月5日(金)から10月14日(日)までの10日間

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、アイラブは、下北沢商店連合会と、2018年10月5日(金)から10月14日(日)までの10日間、下北沢の128店舗のオリジナルカレーが楽しめる「下北沢カレーフェスティバル2018」を開催する。

 7回目となる今回は、「It’s a CURRY LAND」と題し、カレーの街下北沢を思う存分楽しめるコンテンツを用意している。下北沢にちなんだ「謎解き」や、インスタ映えコンテスト、地元民に愛されつつ昨年閉店してしまった「アンゼリカ」のカレーパンが限定復活、小田急線跡地広場の屋外飲食エリア「ぱくぱくパーク」でのダンス、音楽ライブ、演劇など、子どもから大人まで楽しめるイベントになっている。毎年恒例のカレーを食べて集めるスタンプラリーでは、謎解きに正解するとスタンプがもらえるため、人気のオリジナルTシャツなど限定グッズが手に入りやすくなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:42 | IR企業情報

SKIYAKIがSEA Globalを子会社化

■スポーツ分野への進出を加速

 SKIYAKI<3995>(東マ)は12日、スポーツマーケティングを支援するSEA Global(東京都中央区)の株式を取得し、同社を連結子会社化すると発表した。今後はスポーツ分野にも事業を広げる。また、同時にSHOWROOMとbitfanの連携スタートも発表した。

 SEA Globalは、Jリーグクラブなどのプロスポーツクラブのファンサイトを運営し、高校球児・部活動応援フリーマガジン『Timely!』を発行する「スポーツ関連のメディア事業」など、スポーツを軸にした事業を展開している。また、同社が手掛けるスポーツコンサルティング事業はSKIYAKIの展開するプラットフォームサービスとの親和性が高く、SEA Globalの水谷代表取締役は社湘南ベルマーレの代表取締役でもあり、スポーツ事業に豊富な経験と実績を有している。

 SKIYAKIは、この連結子会社化により、エンターテインメント業界だけでなく、スポーツ業界への進出も加速させる。取り扱い分野・コンテンツを広げ、サービス運営において収集・分析したデータに基づくマーケティングコンサルにも力を入れていくとしている。今後は、スポーツ分野でもビットファンの利用拡大を図る。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:08 | IR企業情報
2018年09月12日

【IR企業情報】トランザスはホテルのIoTシステム開発などに取組み人手不足の解消などめざす

■業績見通しは下方修正したがIoTソリューションメーカーに変貌中

 トランザス<6696>(東マ)はいま、以前の映像受信端末装置メーカーという姿からホテルのIoT化などを支援するIoTソリューションサービスメーカーに変貌中だ。

 当連結会計年度から、宿泊施設のIoT化を促進するためのIoTコントローラー「AIrux(エーアイラックス)」や、ホスピタリティロボットの提供を開始する予定。これらは人的作業の一部を代替することができるため、労働力不足が深刻な宿泊業界を中心に引き合いがあり、「AIrux」やホスピタリティロボットと連携させて利用することができる次世代VOD端末とともに、これら新分野の製品は、当初予想よりも受注・売上高が上回って推移する見込みとした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:43 | IR企業情報

スターティアHDはBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018−19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結

kuma1.jpg

■熊本ヴォルターズは地震からの復興の一翼を担い、積極的に熊本県の復興支援を行う

 スターティアHD<3393>(東1)は熊本県を本拠地として活動しているBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018−19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結をした。

 2016年4月の熊本地震から2年が経過したが、熊本県およびその周辺地域では、依然として約3万6千人もの方々(平成30年4月末時点)が仮設住宅での暮らしを余儀なくされている。そうした中、熊本ヴォルターズは、熊本県を本拠地とする地域プロスポーツクラブとして、地震からの復興の一翼を担っていきたいと考えており、6月にはブロックチェーン技術を使った復興支援に繋がる地域活性化計画を発表するなど、積極的に熊本県の復興支援を行っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:51 | IR企業情報
2018年09月11日

JPホールディングスは従業員の家族を東京本部オフィスに招待する「JPホールディングスグループ ファミリーデー」を開催

■初回となる今回は18組21名の従業員とその家族が参加

 JPホールディングス<2749>(東1)は、8月20日に、東京本部に勤務する従業員の家族を東京本部オフィスに招待する「JPホールディングスグループ ファミリーデー」を開催した。

11.jpg

 このイベントは、従業員の家族に事業内容や職場について理解を深めてもらうとともに、従業員の働きがいの向上、およびワーク・ライフ・バランスを推進することを目的に企画された。初回となる今回は18組21名の従業員とその家族が参加した。

 当日は、古川浩一郎社長との名刺交換や社内見学に加えて、グループ傘下の株式会社ジェイキャストによる「英語&リトミック教室」、グループが運営する民間学童クラブAEL(アエル)で実施した凸版印刷株式会社が提供する「conoco terrace(コノコテラス)絵本ワークショップ」、サイエンスクリエイター&パフォーマー善ちゃんによる「科学実験教室」など、子育て支援事業ならではのさまざまなプログラムを行った。

 早くも新社長のリーダーシップが発揮され、会社と従業員とその家族が一体となった新しいイベントが開始されたといえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:04 | IR企業情報
2018年09月10日

【IR企業情報】Jトラスト:国内金融事業の債務保証残高が初めて1700億円台に乗る

■8月の月次データ推移、IFRSを適用した17年7月から連続増加

 Jトラスト<8508>(東2)が9月7日発表した8月の月次動向「月次データ推移・速報値」は、日本、韓国の保証残高、貸付残高が順調に拡大し、インドネシアの銀行業における貸出金残高が前月比で微減となった以外はすべて順調に増加した。

 国内金融事業の債務保証残高は1701億円(前年同月比60.5%の増加)となり、IFRS(国際会計基準)ベースで集計を開始した2017年7月以降で初の1700億円台に乗った。前月比でも17年7月以降13ヵ月連続増加した。

 韓国金融事業のうち、銀行業における貸出金残高(JT親愛貯蓄銀行とJT貯蓄銀行の合計)は3兆617億ウォン(同21.4%の増加)となり、前月比では、IFRS(国際会計基準)ベースで集計を開始した17年7月以降、17年12月に微減となった以外は連続拡大した。

 東南アジア金融事業のうち、銀行業における貸出金残高(Jトラスト銀行インドネシア:BJI)は12兆2224億ルピア(同14.4%の増加)となった。前月比では18年2月以来6ヵ月ぶりに微減となったが、4ヵ月続けて12兆円台で推移した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | IR企業情報

トーソーは10月26日(金)にヒューリックホール浅草橋で「with Curtains 2018」と題した発表会を開催

■インテリアテキスタイルの合同発表会

 トーソー<5956>(東2)は、10月26日(金)にヒューリックホール浅草橋で「with Curtains 2018」と題した発表会を開催する。

 今年で12回目を迎える「with Curtains」は、カーテンレールメーカーの同社だからこそ実現できるインテリアテキスタイルの合同発表会で、日本を代表するインテリアテキスタイルメーカー8社のマーケティング・商品開発担当者より、自社製品の開発背景やセールスポイント、そしてコーディネート例の提案などを直接聞いて・見ることができるイベントである。

 また、毎年好評を博している事例展示は、日本テキスタイルデザイン協会(TDA)プロデュースによる各社一押し製品の事例展示や、各社の製品をテーマ毎にミックスした展示となっている。

 申込み対象者は、インテリアコーディネーターで、募集人員は400名、募集期間は9月10日から10月19日まで。
 申し込みは、http://www.toso.co.jp

to1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:28 | IR企業情報
2018年09月09日

夢テクノロジーは新たに19年9月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定

■現在の体制では将来の需要に対して十分に対応できず継続して成長することが困難であると判断

 夢テクノロジー<2458>(JQS)は7日、最近の外部環境及び業績動向を踏まえ、新たに19年9月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定した。

 同社は、夢真ホールディングス<2362>の連結子会社で、製造・IT業界向けエンジニア派遣事業を展開している。

 同社は、今後のエンジニア需要の拡大を見込み、18年9月期は、採用計画1200人とし、女性や外国人といった独自の採用ターゲットを開拓し、おおむね達成の見通しとなっている。一方で、大量採用に伴った稼働数を増加させるための営業力強化及び研修体制の強化が、当初の計画通り進んでいなかった。これまでの今期の実績を見ると、現在の体制では将来の需要に対して十分に対応できず継続して成長することが困難であると判断している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:56 | IR企業情報

ベステラの第2四半期は大型の工事進行基準対象工事の施工が順調に推移

■ヒロ・エンジニアリングを子会社化したことで、今期から連結決算となる

 ベステラ<1433>(東1)は7日、第2四半期連結業績を発表した。大型の工事進行基準対象工事の施工が順調に推移した結果、売上高21億10百万円、営業利益1億39百万円、経常利益1億39百万円、純利益90百万円となった。なお、18年3月若手技術者育成教育支援サービスや人材サービスを展開するヒロ・エンジニアリングを子会社化したことで、今期から連結決算となっている。

 プラント解体分野は、企業の業績改善による投資意欲上昇、国際競争力強化のための企業の再編や生産拠点・生産体制の見直しなどのリストラクチャリングの増加によって、設備の更新・改廃が促進され、解体工事案件が増加している。

 同社は、製鉄・電力・ガス・石油・石油化学業界(製鉄所・発電所・石油精製・石油化学設備など)向けを主力とするプラント解体工事、および特定化学物質・アスベスト・ダイオキシン・土壌汚染などの環境関連対策工事を展開している。16年10月には東京都から解体工事業の許可を受けた。

 最近のトピックスとしては、18年7月に日本国内の原子力発電設備解体事業に関して、日立プラントコンストラクションと業務提携したことが挙げられる。

■第一カッター興業との業務提携基本契約を締結

 また、今回の第2四半期決算と同時に、第一カッター興業<1716>(東1)との業務提携基本契約を締結することを発表している。両社はお互いの工法を組み合わせることにより、安全かつ最適で効率的な解体技術の提供を進めると共に、その特化した技術を組み合わせることにより、今後、増加が予想されるプラント解体ビジネスにおいて競争力を強化し、両社の事業拡大を目指すとしている。

 第2四半期連結業績はほぼ計画通りで推移していることから、通期連結業績予想は当初予想を据え置いている。

 ちなみに、今期19年1月期連結業績予想は、売上高51億円(前期比13.4%増)、営業利益4億22百万円(同9.3%増)、経常利益4億06百万円(同8.6%増)、純利益2億86百万円(同8.3%増)を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:58 | IR企業情報
2018年09月08日

リコーリースは千葉県食肉公社と、ABLの手法を用いて肉用牛肥育事業者に対して子牛調達費用のファイナンスを提供

■在庫や商品、設備などこれまで担保として活用することが困難であった資産価値に着目

 リコーリース<8566>(東1)は、千葉県食肉公社と、ABLの手法を用いて肉用牛肥育事業者に対して子牛調達費用のファイナンスを提供することを目的とした業務提携契約を締結。

 ABL(Asset Based Lending)とは、事業者が保有する資産のうち、在庫や商品、設備などこれまで担保として活用することが困難であった資産価値に着目し、その資産を担保としてファイ ナンスをする仕組み。

千葉県食肉公社は、食肉用の牛豚の、屠畜業務に加え、集荷・販売、一般消費者に向けたギフト販売など、総合的に食肉に関わる一連の業務体制を整備し、幅広く肥育事業者に対する支援も行うなど、 千葉県において基幹的な役割を担っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:21 | IR企業情報

パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツ福岡支店は福岡市立老司中学校の職場体験学習に協力

■老司中学校の中学2年生5名を受け入れ、IT企業の体験プログラムを提供

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツ福岡支店は、福岡市立老司中学校が開催している職場体験学習の体験先企業として協力し、9月4日、5日の2日間にわたり、老司中学校の中学2年生5名を受け入れ、IT企業の現場を実際に見て、業務を体験してもらう体験プログラムを提供した。

 この職場体験学習は、老司中学校が企業の現場を見学することで、学生自身の将来設計に活かすことを目的に開催している行事。初日には、座学によるIT業界や同社事業についての講義のほか、実際に情報資産プラットフォーム「スパイラル」を使ってレポート投稿システムを構築するワークショップを行った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:42 | IR企業情報

トレジャー・ファクトリーの8月の月次売上概況(単体)の全店売上高は7.3%増と好調

■7月に続き猛暑の影響で生活家電の動きが活況

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)の8月の月次売上概況(単体)は、既存店売上高は前期に比較して休日が1日少なかったことで1.0%減となったが、全店売上高は7.3%増と好調であった。

 8月は、7月に続き猛暑の影響で生活家電の動きが活況であった。一方、服飾雑貨が前年を下回った。

 8月の出店、退店は共になかった。その結果、8月末の総店舗数は119店舗(前期末比6店舗増)となっている。

 7月11日に発表された第1四半期は、売上高43億54百万円(前年同期比8.6%増)、営業利益3億06百万円(同28.4%増)、経常利益3億15百万円(同24.0%増)、純利益1億95百万円(同12.5%増)と増収2ケタ増益で順調といえる。

 ちなみに、今期19年2月期連結業績予想は、売上高177億99百万円(前期比8.3%増)、営業利益8億18百万円(同31.6%増)、経常利益8億41百万円(同25.7%増)、純利益5億54百万円(同60.2%増)と2期連続の減益から立ち直り、大幅増益を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | IR企業情報
2018年09月07日

ヨコレイは株主優待制度の一部変更を発表

■1000株以上3000株未満保有の株主にノルウェー産トラウトサーモンを提供

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は6日、株主優待制度の一部変更を発表した。

 同社グループの取扱商品をより多く知ってもらうため、1000株以上3000株未満保有の株主に、株主優待品として、ノルウェー産トラウトサーモンを提供する。トラウトサーモンは、鮮やかな身の色と豊富な脂が特徴で、欧米ではスモークサーモンやステーキ用として重宝されている。提供するトラウトサーモンは、孵化から成育、一次加工までを同社グループで行っている。

 なおトラウトサーモンを生産したホフセス・アクア社は同国トラウト養殖事業初となるASC認証を取得しており、環境にも配慮した事業運営を行っている。

y1.jpg
当社グループのホフセス・アクア社で水揚げされた
トラウトサーモン
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:55 | IR企業情報