[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/03)スターティア 子会社のスターティアラボは「アクティブック」に新機能追加
記事一覧 (03/02)伊藤園の第3四半期決算は戦略製品の好調が目立つ、株価は7日続伸
記事一覧 (03/02)ワコールHD:水の中のエクササイズに適した水着『アクアコンシャス』登場
記事一覧 (03/02)ソフトバンクBB:iPhoneのデータを遠隔操作で消去できる!
記事一覧 (03/02)ホンダは安全運転教育「四輪ドライビングシミュレーター」をフルモデルチェンジ
記事一覧 (03/02)ファーストリテイリングが業務効率化でiPhone3GSを1200台納入
記事一覧 (03/02)WiMAXサービスがJR東日本駅構内の111駅で利用可能に!
記事一覧 (03/02)東京スカイツリーのライトアップはパナソニック電工のLED照明に決定!
記事一覧 (03/02)四国電力:国内で2例目の「プルサーマル発電」伊方原発3号機が臨界に到達
記事一覧 (03/02)サンコーテクノ 画期的な新製品「あと基礎アンカー」を開発
記事一覧 (03/02)アライドテレシスホールディングス 2月の自己株式取得状況を発表
記事一覧 (03/02)GMOホスティング&セキュリティ 前09年12月31日を基準日とする配当を250円増の1850円に決定
記事一覧 (03/01)生化学工業 ウェブサイト「ひざイキイキ」を開設
記事一覧 (03/01)シナジーマーケティング 2月の自己株式の取得結果を発表
記事一覧 (03/01)日産車体九州の新工場の稼働開始、年産12万台のフル稼働目指す
記事一覧 (03/01)グリー:「モバイル版GREE」ゲーム向け開発パートナー募集
記事一覧 (03/01)富士通と原子力機構が実行性能日本1位のスーパーコンピュータシステムを稼働
記事一覧 (03/01)東芝が住宅用太陽光発電システム事業に参入!世界最高水準システム
記事一覧 (03/01)日立工機:ディスクモータとリチウムイオン電池搭載のコードレス刈払機発売!
記事一覧 (03/01)クボタ:農業機械の新キャラクター『元氣村の仲間たち』が誕生!
2010年03月03日

スターティア 子会社のスターティアラボは「アクティブック」に新機能追加

■電子ブックに直接文字や線が引け、また必要な箇所を自由に切り出しができる

スターティアのHP スターティア<3393>(東マ)の子会社で、500社以上に電子ブック作成ソフト「アクティブック」を提供するスターティアラボは、閲覧中の電子ブックに文字や線を自由に書き込め、また好きな箇所を切り取り、画像として保存ができるようになる新機能を3月より追加。
 「アクティブック」はスターティアラボが提供を行う電子ブック作成ソフトで、紙媒体を簡単に電子ブックへと変換することができる。また商品カタログや書籍、雑誌を電子ブック化しWEB上で閲覧出来るようにすることができ、更に作成した電子ブックを販売、無料配布することも可能。
 今回新たに追加された「ペン機能・切り出し機能」は、閲覧中の電子ブックに直接文字や線が引け、また画像を始めとする必要な箇所を自由に切り出し(トリミング)ができる新機能。

■商品カタログメーカーからの要望がきっかけ

 これにより電子ブック上で興味のある文章にペンでチェックをつけたり、欲しい画像を個別に切り取りスクラップブックを作成したりするなどが可能。
 新サービスの切り出し機能に関しては、商品カタログメーカーからの要望がきっかけであった。
 これまで商品カタログの販売代理店では、カタログ掲載商品の画像が必要な際に、直接カタログメーカーに画像の送付を依頼する必要があった。そのため、カタログメーカーからの画像送付を待つ必要や、カタログメーカーにおいても対応業務が負担であったが、新機能が「アクティブック」に追加されたことにより、カタログメーカーは商品カタログをアクティブックによりデジタルカタログ化するだけで、販売代理店はいつでも好きな時に画像を入手することが可能になり、またカタログメーカーも業務時間の削減につながる。
 尚、スターティアラボでは、新機能の提供開始により、カタログを制作している企業へのアプローチを強めると共に、今後も様々な顧客のニーズに沿った新機能を追加し、電子ブック業界におけるデファクトスタンダードを目指す。
 2日の同社の株価は、前日と変わらずの6万7000円。2月上旬に印刷会社向けに開発した最新の、電子ブック作成ソフトを発表し、最新の携帯端末「iPhone」(アイフォン)への対応のみならず米アップルの新型タブレット型端末「iPad」(アイパッド)への対応も視野に入れ、今夏をめどに提供を行う予定、と発表したことで、株価は9万円を超えるまでに急騰していたが、ここにきて一服している。アクティブックに新機能が次々と加わることで、業界標準となると株価と共に業績に与えるインパクトも強くなる。

>>スターティアのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:39 | IR企業情報
2010年03月02日

伊藤園の第3四半期決算は戦略製品の好調が目立つ、株価は7日続伸

■販売促進費の効率的投下などが寄与

伊藤園のHP 伊藤園<2593>(東1)が2日発表した1月第3四半期の連結決算(5〜1月累計)は、売上高が前年同期比0.8%減となったものの、原価低減の推進や、販売促進費の効率的投下などのコスト削減策が効果を発揮し、営業利益が同21.6%増加、純利益も同35.9%増加する好決算となった。
 大引けの株価は1373円(3円高)。2月22日から小幅だが7日続伸となり、決算発表への期待を続ける動きをみせた。

■経常利益など通期予想を上回る推移を継続

 この期間の売上高は2532億6100万円(前年同期比0.8%減)。主力商品である緑茶飲料が、嗜好性に合わせた幅広い品ぞろえ戦略によって販売数量は増加したものの、金額的には消費節約傾向を受けて低価格化の影響を避けられない状態が継続。こうした中で、紅茶飲料で新たな美味しさを提案した「TEAS'TEA NEW YORK」(ティーズ・ティー・ニューヨーク)や、原料から製法に至るまで、こだわり抜いた「TULLY'S COFFEE BARISTA'S CHOICE」(タリーズコーヒー・バリスターズチョイス)を発売するなど、グループ企業とのコラボレーションに基づく戦略製品を積極的に投入した。
 こうした商品戦略に沿い効率的な販売促進費の投下などにつとめた結果、営業利益は101億300万円(同21.6%増)、経常利益は94億4500万円(同18.5%増)、などとなった。
 4月通期の見通しは12月の中間決算発表で示した予想を据え置き、売上高を3355億円(前期比0.8%増)、経常利益を110億円(同6.0%増)、純利益を52億円(同9.1%増)としたが、第3四半期までの実績を通期の予想と単純比較すると、経常利益は通期予想の約86%を確保済みとなっており、純利益は約95%を確保。計画線を上回る好調さが浮かんでくる。
 第4四半期も、2月の月次販売動向が売上高ベースでコーヒー飲料12%増、紅茶飲料196.2%増を示すなど、引き続き戦略製品の好調さがうかがえる推移となっている。

>>伊藤園のIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:03 | IR企業情報

ワコールHD:水の中のエクササイズに適した水着『アクアコンシャス』登場

ワコールHD:水の中のエクササイズに適した水着『アクアコンシャス』登場 ワコールホールディングス<3591>(東1)のワコールが展開している水着ブランド「ワコールスイム」より、水中でのエクササイズ運動(アクアウォーキング、アクアビクスなど)に適した機能を付加した水着『アクアコンシャス』を立ち上げ、3月1日より全国の百貨店スポーツ売場50店舗で順次、販売を開始する。(写真=トップ:ショルダーフリーSPY・602ピンク、ボトム:エアステップSPQ・603ローズピンク)

 アクアビクスのような水中運動は浮力が働くため、関節にかかる負担が軽減される一方、筋肉に水の抵抗が掛かるため、陸上で同じ運動をするよりも多くの負荷が掛かり、効率よい運動ができることで注目を集めている。

 トップでは、肩甲骨周りのラインが左右の肩甲骨をバランスよく支え、動きをスムーズにする設計の『shoulder free(ショルダーフリー)』を2品番と、ボトムでは、膝の動きに合わせて伸び縮みする「パテラパッド」で膝蓋骨(ひざの皿)を安定させるだけでなく、腰から太ももの外側、内側、さらに膝周辺の筋肉や靭帯に沿ってサポートする機能がある『AirStep(エアステップ)』の2品番を発売し、計5000枚の販売を目指す(2010年3月〜7月)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:46 | IR企業情報

ソフトバンクBB:iPhoneのデータを遠隔操作で消去できる!

■低価格なiPhone向けセキュリティサービス

 ソフトバンク<9984>(東1)グループのソフトバンクBB株式会社は、iPhone 3GS/3Gのデータを遠隔地から消去できる「リモートワイプサービス」を、2010年3月1日(月)より月額315円にて提供を開始すると発表した。

 「リモートワイプサービス」は、iPhoneの紛失や盗難時における企業のセキュリティ対策として、法人向けSaaS/ASPサービス「TEKI−PAKI」にて提供する。同サービスは、管理者またはユーザーから遠隔操作にてiPhone本体に保存されたデータを初期化状態とする利便性の高いサービス。管理者はユーザー情報が登録された各利用機器のデータ消去をコントロールできるほか、電話機能の利用自体を停止(停波)することも可能。また、ユーザーは専用電話サービスの音声ガイダンスに従い、自身の利用機器の遠隔操作によるデータ消去が可能。(図=「リモートワイプサービス」利用イメージ)

ソフトバンクBB:iPhoneのデータを遠隔操作で消去できる!
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:43 | IR企業情報

ホンダは安全運転教育「四輪ドライビングシミュレーター」をフルモデルチェンジ

 ホンダ<7267>(東1)は、安全運転教育用「四輪ドライビングシミュレーター(模擬運転装置)」をフルモデルチェンジし、3月2日(火)に発売した。

 新型四輪ドライビングシミュレーターは、危険に対する認知力や理解力をさらに高めるよう、運転中に起こる可能性が高い危険場面での注意点や安全運転のアドバイスを、画像や文字で分かりやすく解説する「危険場面解説機能」などを新たに追加した。これにより、指導員のよりきめ細かく、的確な指導を実現する。高画質な液晶ディスプレイを採用することで、より実際に近い運転感覚の体験が可能になった。
 四輪ドライビングシミュレーターは、ホンダが長年培った安全運転のノウハウを活かし、実際の交通状況を想定しながら危険を安全に体験できる安全運転教育機器として開発。2001年の発売以来、国内外の教習所などに約200台販売してきた。この他、二輪車や自転車のシミュレーター、四輪車の簡易型シミュレーターも販売しており、幅広いモビリティの運転者を対象に、危険予測の能力や安全意識の向上をはかっている。

ホンダは安全運転教育「四輪ドライビングシミュレーター」をフルモデルチェンジ

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:05 | IR企業情報

ファーストリテイリングが業務効率化でiPhone3GSを1200台納入

 ソフトバンク<9984>(東1)グループのソフトバンクテレコム株式会社は、2010年3月1日のファーストリテイリング<9983>(東1)の東京本部移転にあわせ、約1200台の「iPhone 3GS」(アップル社製)を納入したと発表。

 今回のiPhone導入によって、会社のメールや予定表を時間や場所にとらわれることなく利用できるため、業務を効率化し生産性を向上させることができる。また、社員情報の検索にはオンラインの電話帳を提供することで、アドレスなどのデータをiPhoneに残すことなく利用でき、高いセキュリティーを実現している。
 そのほか、ソフトバンクテレコムは、新東京本部におけるWi−Fi環境の構築や国内拠点間をつなぐ固定ネットワーク、携帯−固定−内線電話をシームレスに利用可能なFMCサービス、TV会議システムなど、業務を効率化するためのコミュニケーション基盤を提供することでコスト削減を実現し、ファーストリテイリングのコミュニケーション環境の充実をサポートしていく。

ファーストリテイリングが業務効率化でiPhone3GSを1200台納入
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:37 | IR企業情報

WiMAXサービスがJR東日本駅構内の111駅で利用可能に!

■WiMAXサービスの利用可能エリア拡大

 UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中孝司、以下UQ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020>(東1)の総計111の駅構内において、WiMAX(ワイマックス:高速無線通信ネットワーク)サービスの屋内基地局設置が完了し、エリア化したと発表。
 2008年度に44駅、今年度新たに67駅のエリア化が完了し、JR東日本の総計111駅にて、電波の届きにくい改札内のコンコースや地下ホームでも、WiMAXサービスが快適に利用できる。

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9020.T&d=6m
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:04 | IR企業情報

東京スカイツリーのライトアップはパナソニック電工のLED照明に決定!

■省エネルギーと美しさを両立させたオールLED化を目指す

 パナソニック電工<6991>(東1)は、東武タワースカイツリー株式会社(本社:東京都墨田区)が、東京都墨田区業平橋・押上地区で建設を進めている東京スカイツリーのライティング機器のパートナー企業に決定したと発表。ライティングデザインのオールLED化を目指し、タワー専用のLED照明器具の開発を進めていく。
 今後、江戸で育まれてきた心意気の「粋」と、美意識の「雅」の演出を、株式会社日建設計/戸恒浩人氏(シリウス ライティング オフィス)監修のもと、オールLED照明(ライトアップ用照明器具のみ)での再現を目指したタワー専用LED照明器具の開発を進めていく。

東京スカイツリーのライトアップはパナソニック電工のLED照明に決定!

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:10 | IR企業情報

四国電力:国内で2例目の「プルサーマル発電」伊方原発3号機が臨界に到達

 四国電力<9507>(東1)は1日、国内で2例目となる、使用済み核燃料から取り出したウランとプルトニウムを混ぜた燃料を使う「プルサーマル発電」の試運転が始まったと発表。

 試運転の始まった伊方原発3号機(愛媛県伊方町)は2日4時50分に核分裂が一定の割合で継続する臨界状態となった。今後は原子炉の停止余裕検査などの各種検査を実施した後、3月4日に送電を再開し、3月30日には、国による総合負荷性能検査を受け営業運転の予定。

【「プルサーマル発電」とは・・=ウラン燃料のリサイクル】
 プルトニウムを一般的な原子力発電所(サーマル・リアクター)で使用するという意味の和製英語。原子力発電で使い終わった燃料に残るウランやプルトニウムを取り出して新しい燃料(MOX燃料:ウランとプルトニウム混ぜた燃料)を作り、現在の原子力発電所で再利用すること。

四国電力:国内で2例目の「プルサーマル発電」伊方原発3号機が臨界に到達

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:35 | IR企業情報

サンコーテクノ 画期的な新製品「あと基礎アンカー」を開発

■3月3日より東京ビッグサイトで開催される、第1回「太陽光発電システム施工展」に出展

サンコーテクノのHP あと施工アンカーの製造販売を行なうサンコーテクノ<3435>(JQ)は、開発力があることで業界でも一目置かれている存在であるが、またしても画期的な新製品である「あと基礎アンカー」を開発し、3月3日より東京ビッグサイトで開催される、第1回「太陽光発電システム施工展」に同製品を出展する。
 現在、太陽光パネルに対する需要は急速に増している。しかし、陸屋根への太陽光パネル設置にあたり、従来の工法ではコンクリート基礎を増設するため、工程・工期、コストがかかるほか、防水処理との兼ね合いや建物への荷重負担などが課題となっている。
 ところが、同社が開発した「あと基礎アンカー」は、金属性アンカー自体が基礎部となり、太陽光パネルの架台を固定し、支える。そのため、従来工法で必要であったコンクリート基礎工事が不用になるため、大幅な工事期間の短縮が実現する。

■建物への負荷は50分の1から80分の1に軽減

 あと基礎アンカーと従来の工法を比較すると、あと基礎アンカーの重量は、1個わずか約2kgであるが、従来の工法であると架台を据えつけるために約160kgのコンクリート基礎(400mm×400mm×400mm)が必要となるため、建物への負荷は大きい。しかし、あと基礎アンカーを採用すると建物への負荷は従来工法の50分の1から80分の1に軽減される。
 また、あと基礎アンカーを使うと、従来の工期より約2週間短縮できるため、コストの面でも大幅に軽減できる。
 更に、同社の屋上外断熱防水工法「テクノパネル工法」と組合わせると、外断熱・防水作業が効率よく行なえる。
 以上のように、あと基礎アンカーを使った工法が優れていることから、今後急速に普及するものと予想される。
 1日の株価は3円高の1353円。チャートを見ると最安値圏で推移している。新製品の登場で、株価回復も期待できる。

サンコーテクノ 画期的な新製品「あと基礎アンカー」を開発
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:24 | IR企業情報

アライドテレシスホールディングス 2月の自己株式取得状況を発表

アライドテレシスホームページ アライドテレシスホールディングス<6835>(東2)は、1日に2月の自己株式取得状況を発表した。
 2月の自己株式の取得株数は、138万9900株、買付総額は9002万1000円であった。
 取締役会で09年6月1日から10年3月26日の期間で、自己株式の取得株数3000万株(上限)、取得価格の総額20億円(上限)を決議している。
 2月末までの累計買付株数は1696万8100株、買付総額は9億4982万3700円となっている。
 1日の株価は、1円安の75円で引けている。10年かけて開発したトリプルプレイが市場のニーズとマッチしていることから、今後も同社のソリューション販売が順調に推移するものと期待されている。今期業績は増収大幅増益で4期連続の黒字が見込まれており、黒字化定着により、株価の見直しが始まっている。

>>アライドテレシスホールディングスのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:59 | IR企業情報

GMOホスティング&セキュリティ 前09年12月31日を基準日とする配当を250円増の1850円に決定

GMOホスティング&セキュリティホームページ GMOホスティング&セキュリティ<3788>(東マ)は、1日の引け後に前09年12月31日を基準日とする配当を250円増の1850円とすることを発表した。
 08年12月期末の配当は1600円であったことから、250円の増配となる。
 前期はそれまで赤字であったセキュリティ事業が黒字化したことで、増収大幅増益の好業績であったこともあり、今回の増配となった。
 1日の株価は、100円安の5万8800円で引けている。今期も増収増益を見込んでおり、セキュリティ事業はグローバル規模で顧客の確保が進んでいるため、今後の成長が期待できることから、6万円を挟んだもみ合いは仕込み好機といえる。

>>GMOホスティング&セキュリティのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:34 | IR企業情報
2010年03月01日

生化学工業 ウェブサイト「ひざイキイキ」を開設

 生化学工業<4548>(東1)は、3月1日に変形性ひざ関節症の情報を提供するウェブサイト「ひざイキイキ」を開設した。
 「ひざイキイキ」では、日本大学総合科学研究所 教授 龍 順之助(りゅう じゅんのすけ)氏の監修で、変形性ひざ関節症に関する基本的な知識や、病気の原因や診断・治療方法をわかりやすく解説。また、通院可能な医療機関の情報を入手出来るように、病院検索サイト「ヘルスクリック」へのリンクを設定している。さらに「ひざの痛み解消ブック」小冊子を希望者に無料でプレゼントする企画も予定している。
 同社は、引き続き「ひざイキイキ」の掲載内容を充実し、ひざの痛みに悩んでいる人達が正しい知識を入手し、早期発見・早期治療の必要性を理解する情報を提供することで、より多くの人々が適切な治療を受ける機会が増えることを願っている。

生化学工業 ウェブサイト「ひざイキイキ」を開設

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:29 | IR企業情報

シナジーマーケティング 2月の自己株式の取得結果を発表

シナジーマーケティングホームページ シナジーマーケティング<3859>(大へ)は、1日に2月の自己株式の取得結果を発表した。
 2月の自己株式の取得株数は、5400株。取得価額の総額は、273万2700円。
 09年11月30日開催の取締役会で、自己株式の取得を決議し、取得株数5万株(上限)、取得価額の総額3500万円(上限)、期間09年12月1日から10年3月24日までを発表している。
 2月28日までの自己株式の取得株数は、1万600株、取得価額の総額は546万7700円となっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:26 | IR企業情報

日産車体九州の新工場の稼働開始、年産12万台のフル稼働目指す

 日産自動車<7201>(東1)の100%出資子会社の日産車体九州株式会社(本社:福岡県京都郡苅田町 社長:渡辺 義章)は、2月24日に、日産自動車株式会社九州工場敷地内にある新工場の稼働開始式を行なった。

 稼働開始式には、麻生渡福岡県知事をはじめとした多数の来賓とカルロス・ゴーン日産自動車CEOをはじめとした多数の関係者が列席し行われた。日産車体九州の渡辺社長は「この新工場は、グローバル日産グループの中でも最新工場である。ここで『日本でのものづくり』を追求し、品質、コスト、納期の総合力でベンチマークとなる工場を目指して、チャレンジを続けていく。」と語った。

 日産車体九州の新工場は、最初の車種として主に中近東向けのSUV「新型パトロール」の生産を開始、今年1月からは量産体制に移行した。新工場は、車体館、塗装館、組立館と、日産車体九州の本社機能を持つ事務棟から構成されているほか、圧造、樹脂部品は、同じ敷地内の日産自動車九州工場から供給を受け、フレーム工場と組立工場の一部は既存の建屋を活用するなど、日産自動車九州工場との連携を図っている。建屋面積は、日産自動車九州工場の既存の建屋と合わせて75500平方メートル。

 新工場では、昨年12月に生産開始した「新型パトロール」を、2009年度末までに、約5000台生産する予定であり、2010年度には、国内向けのミニバン「エルグランド」、主に北米向けのミニバン「クエスト」、主に北米向けの高級SUV「インフィニティQX56」の生産開始を予定している。2011年度以降、グローバル自動車市場が回復し、年産12万台のフル稼働に移行できることを目指す。

日産車体九州の新工場の稼働開始式、年産12万台のフル稼働目指す
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:46 | IR企業情報

グリー:「モバイル版GREE」ゲーム向け開発パートナー募集

■「GREE Fund」を設立

 グリー<3632>(東マ)は3月1日、「GREE Platform」を利用した「モバイル版GREE」向けのゲームについて、開発パートナーの募集を開始すると発表した。また、「GREE Platform」向けにアプリケーションを開発・提供して頂くデベロッパー様向けへの資金サポートとして、「GREE Fund」を設立する。

 開発パートナーの募集要項についてはデベロッパーセンター(URL:http://developer.gree.co.jp/)にて公開。なお、ゲームの公開は2010年6月以降を予定。今後ゲーム以外のアプリケーションについても募集を計画している。
 「GREE Platform」向けにアプリケーションを開発・提供してもらうデベロッパーへの資金サポートを目的として「GREE Fund」を設立。「GREE Fund」では、デベロッパー様のニーズに応じて、出資・融資・開発費用負担などの方法にて、デベロッパーを資金面でサポートしていく。概要についてはデベロッパーセンターで公開。(写真=GREEデベロッパーセンターのロゴ部分)

グリー:「モバイル版GREE」ゲーム向け開発パートナー募集

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:09 | IR企業情報

富士通と原子力機構が実行性能日本1位のスーパーコンピュータシステムを稼働

■LINPACK実行性能日本1位を達成

 富士通<6702>(東1)は、独立行政法人日本原子力研究開発機構(本部:茨城県那珂郡東海村、理事長:岡 俊雄)の新スーパーコンピュータシステムを共同で構築し、3月1日より稼働を開始したと発表。

 新システムで実施したLINPACK:リンパック(コンピュータの性能計測プログラム)ベンチマークによる性能測定では、186.1テラフロップス:TFLOPS(1テラフロップスは毎秒1兆回の浮動小数点演算速度)の実行性能を達成した。この結果は、最新のTOP500リスト(世界のスーパーコンピュータ性能ランキング)(2009年11月発表)において、日本1位に相当する。なお、同新システムは、原子力機構様において、核融合シミュレーションをはじめとする原子力分野のさまざまな研究開発で活用され、安全な原子力エネルギーの実現に役立てられる予定。(写真=新スーパーコンピュータシステム)

富士通と原子力機構が実行性能日本1位のスーパーコンピュータシステムを稼働

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:54 | IR企業情報

東芝が住宅用太陽光発電システム事業に参入!世界最高水準システム

■世界最高水準の総合発電効率を実現した高効率なシステムを発売

 東芝<6502>(東1)は、電力・産業用太陽光発電システムで培ったシステム技術など、固有の優れた技術力や総合力を生かし、住宅用太陽光発電システム事業に参入すると発表。4月1日からシステムの販売を開始し、2012年度の国内シェア10%を目指していく。

 同太陽光発電システムは、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、カラー表示器などから構成されている。今回発売する日本国内向けのシステムでは、太陽電池モジュールに世界最高水準(2010年3月現在同社調べ)のセル変換効率21.5%を実現した米サンパワー社(カリフォルニア州)製を採用する。また、パワーコンディショナとの組み合わせで、総合発電効率15.9%と世界最高水準の高効率システムを実現。単位面積あたりの発電量が多いため、同システムは省スペース化と軽量化が図れ、限られた屋根のスペースに設置することが可能。(図=当社の太陽光発電システムのイメージ)

東芝が住宅用太陽光発電システム事業に参入!世界最高水準システム
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:20 | IR企業情報

日立工機:ディスクモータとリチウムイオン電池搭載のコードレス刈払機発売!

 日立工機<6581>(東1)は、高効率なディスクモータと高容量リチウムイオン電池を組み合わせることにより、運転音が静かで1充電あたりの作業量を大幅に伸ばした、コードレス刈払機「CG14DSL/CG14DSAL形」を、2月25日より全国の日立工機製品取扱店(専門店、ホームセンター)から発売すると発表した。

 刈払機は、エンジン式が主流で主に林業や農業などの草刈作業に広く使われているが、家庭菜園や園芸ブームに伴い家庭用でのニーズも高まっている。しかし、エンジン式は、稼動中のエンジン音や排出ガスの関係で住宅街では使いづらく、燃料の取り扱いや製品のメンテナンスなど所有・保管にはさまざまな注意が必要だった。
 一方、充電式刈払機は、環境への配慮と使用場所を選ばない便利さからこれまでも販売されてきたが、使用時間を伸ばすためには大型の蓄電池が必要となり、それによる重量の増加や操作性の改善が課題になっていた。
 今回発売する充電式の刈払機は、高効率なディスクモータと高容量リチウムイオン電池を組み合わせることで、同社従来機種に比べ、より静かな運転音、約2倍の連続使用時間、大幅な軽量化を実現した。さらに、電池残量警告ランプ、電源オートオフ機能、無段変速機構など利便性に優れた機能を備え、幅広いニーズに対応した。

日立工機:ディスクモータとリチウムイオン電池搭載のコードレス刈払機発売!
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:04 | IR企業情報

クボタ:農業機械の新キャラクター『元氣村の仲間たち』が誕生!

 クボタ<6326>(東1)は、クボタブランド向上の一環として、主力製品・農業機械と、農家の家族をマペット人形(人形劇で使われるパペットと操り人形マリオネットを組み合わせた造語)に仕立てた新しいキャラクターを発表した。3月より、農業機械の製品CMなどの広告宣伝や、販売促進キャンペーン活動に登場する。

 新キャラクター『元氣村の仲間たち』は、架空設定の「元氣村」で、トラクタの「オレンジ」、田植機の「ウエール」、コンバインの「カール」が、村の人々と協力しながら農業を元気にしていくストーリー。3月より展開予定の初回テレビCMでは、農業を営む若者「元氣」くんと妹の「ひまわり」ちゃんが、「オレンジ」、「ウエール」と一緒に春の農作業を楽しく元気よく応援する。(写真=ビジュアルイメージ)

クボタ:農業機械の新キャラクター『元氣村の仲間たち』が誕生!
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:21 | IR企業情報