スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/20)オーハシテクニカ ファスニング営業部の開設を発表
記事一覧 (10/20)毎日コムネット 就職合同企業セミナーを開催
記事一覧 (10/20)インテージ マイボイスコムの株式の一部を取得
記事一覧 (10/20)トヨタは新型車SAIを発売!コンパクトカー並みの優れた低燃費を実現
記事一覧 (10/20)日産自動車が「キューブ」の特別仕様車を発売!
記事一覧 (10/20)ローソンが「驚きの商品開発プロジェクト」弁当シリーズ第5弾発売!
記事一覧 (10/20)カカクコムが「twitter」を活用した情報提供を開始
記事一覧 (10/19)ソケッツ 総合エンターテインメントブランド「LISMO!」の楽曲検索アプリケーションを開発
記事一覧 (10/19)ひらまつ 9月の単体の売上、営業利益の速報値を発表
記事一覧 (10/19)共和電業 引張圧縮両用型小型ロードセルの新製品発売
記事一覧 (10/19)岩谷産業 純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車完成
記事一覧 (10/19)ミクシィが18歳未満ユーザーに対しアクセス制限:トラブル防止策
記事一覧 (10/19)トヨタはマークXをフルモデルチェンジ:最低価格を238万円へ値下げ
記事一覧 (10/19)エーザイが鼻の外側に塗るだけの「塗るマスク」を発売!
記事一覧 (10/19)キーコーヒーが新しいタイプのドリンク発売!ショコラ・ショー専用チョコ
記事一覧 (10/18)エスケイジャパン 久保敏志社長今期業績について語る
記事一覧 (10/18)アドバンスト・メディア コールセンター・CRM業界国内最大の祭典に出展
記事一覧 (10/18)タムラ製作所 連結子会社2社との合併を発表
記事一覧 (10/18)シャープはLED照明で業界トップクラスの明るさを実現
記事一覧 (10/17)『人魚猛獣説:スターバックスと私』ウェブサイト連載が一冊の本に
2009年10月20日

オーハシテクニカ ファスニング営業部の開設を発表

オーハシテクニカホームページ 自動車パーツメーカーのオーハシテクニカ<7628>(東1)は、営業本部に新しく「ファスニング営業部」を開設し、10月1日より業務を開始した。
 同社は、創業以来、ファスニング製品を扱っていたが、年々多様化する顧客のニーズに対応するため、専門の営業部を開設することにした。
 現在、ファスニング市場では、商品開発のスピード化、低コスト化、製品のさらなる機能性の向上など、さまざまな要求がある。
 「ファスニング営業部」では、オーハシグループのグローバル展開を活かし、生産・調達・供給など国内外で同時提案を行い、その利便性をフルに活用することにより、ニーズに対してのフレキシブルな対応を武器に拡販活動を行う計画。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:13 | IR企業情報

毎日コムネット 就職合同企業セミナーを開催

■新卒採用厳選化で“クラブ・サークル幹部学生”に着目度UP

毎日コムネットホームページ 学生支援サービスを展開する毎日コムネット<8908>(JQ)は、「Campus キャリア就活応援フェスタ」を10月19 日(月)〜22 日(木)の4 日間、新宿NS イベントホールで開催している。
 同社は、クラブ・サークル・ゼミ活動に積極的に参加し『人に伝える、人をまとめる』経験を持った学生が「社会人基礎力」に優れることに着目。一方で新卒学生に「コミュニケーション力」を求める企業採用ニーズは高く、双方のマッチングを実現する独自のセミナーとして、今年第4回目の開催となる。
 セミナーへは、首都圏主要大学の2011 年卒業予定クラブ・サークル幹部学生が延べ約8,000 名来場する予定。一方の出展企業は約90 社と昨年の54 社を大幅に上回るとともに、企業のみならず政
府系金融機関、特殊法人、学校法人(大学)などと多様化。同社では、厳しい経済環境下で新卒採用の厳選化を図ろうとする採用ニーズに本セミナーが合致したものと考えている。
 なお同社では、本セミナーの後も継続して少人数制セミナーを開催し(約60回開催予定)、新卒採用支援事業を推進する方針。
 開催日時 は、10 月19 日(月)〜22 日(木) 各日10時30分〜18時30分まで。開催会場 は新宿NSイベント地下大ホール。

>>毎日コムネットのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:09 | IR企業情報

インテージ マイボイスコムの株式の一部を取得

■インターネット調査サービスの強化が目的

インテージホームページ インテージ<4326>(東1)は、10月15日開催の取締役会において、マイボイスコムの株式の一部を譲り受けることを決議した。
 これまで同社は、市場調査・コンサルティング分野において、インターネット調査サービスの提供を積極的に展開してきたが、この分野をさらに強化するべく、マイボイスコムの株式を一部取得し、関係を強化することにした。
 これにより、これまで以上に相互の事業連携および相乗効果が期待され、インターネット調査サービスのみならず、市場調査・コンサルティング分野全般においても、より一層のサービス向上が期待される。
 マイボイスコムは、約30万人の良質なモニターを擁しており、回収情報の質と精度、そして専門リサーチャーによる調査設計や集計分析、レポーティングなどのサービス提供を通じて、高い付加価値を提供している会社。
 同社とマイボイスコムとは、これまでも良好な関係を構築してきたが、今回の株式取得をきっかけに、両社の関係がさらに進展するとともに、シナジー追求により、両社の事業発展が予想される。
 同社の取得株式数860株 で発行済株式6,800株に占める割合は12.6%となる。
 マイボイスコムの主な事業内容は、インターネットリサーチ、行動付随型リサーチ、マーケティングレポート販売等で、従業員数は45名。

>>インテージのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:05 | IR企業情報

トヨタは新型車SAIを発売!コンパクトカー並みの優れた低燃費を実現

トヨタは新型車SAIを発売!コンパクトカー並みの優れた低燃費を実現 トヨタ自動車<7203>(東1)は、新型車SAI(サイ)を開発し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、12月7日より発売すると発表した。SAIは、その名の由来である「才」と「彩」をコンセプトとして開発、「才に満ちた先進性」と「彩を放つ上質感」を兼ね備えた、ハイブリッド専用セダン。

 2.4Lハイブリッドシステムの搭載でコンパクトカーに相当する23.0km/Lの低燃費を実現。植物資源が原料のエコプラスチックを、圧倒的な使用量となる室内表面積の約60%に採用することで、環境への配慮を徹底。また、取り回しの良さと居住性、洗練された品格のあるセダンスタイルと空力性能を高次元でバランスさせた高効率パッケージを採用。さらに、プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)の設定をはじめとした先進装備による高い安全性能に加え、高級車にふさわしい走りと上質な乗り心地を実現した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 20:19 | IR企業情報

日産自動車が「キューブ」の特別仕様車を発売!

日産自動車が「キューブ」の特別仕様車を発売! 日産自動車<7201>(東1)は、「キューブ」の特別仕様車「15X / 15X FOURインディゴセレクション」を、11月5日より全国一斉発売すると発表した。

 「キューブ」は、2008年11月の発売から愛着のわくスタイリングと、開放的な居住空間、滑らかな走りや高い燃費性能などが高い評価を得ている。今回発売する特別仕様車「15X / 15X FOURインディゴセレクション」は、「15X」、「15X FOUR」をベースに、日産とゆかりの深い横浜の海をイメージしたインディゴブルーのプレミアム感のある内装。
 また、細かいウェーブ模様が刻まれた手触りのよいインディゴブルーのスエード調クロス地に、グレイッシュベロアのパイピングを施したデザイン性に優れたシートを採用した。さらに、左右どちらの手でも引きやすい形状のメッキインナードアハンドルや、本革巻3本スポークステアリング、インテリジェントキー、プッシュエンジンスターター、エンジンイモビライザー等、人気の高い装備を標準設定した。

 同車は、本年4月から施行されている「環境対応車普及促進税制」による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が2WD車で75%、4WD車で50%減税される。なお、同モデルは2010年3月末までの期間限定販売となっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:24 | IR企業情報

ローソンが「驚きの商品開発プロジェクト」弁当シリーズ第5弾発売!

■第1弾よりも肉量がさらにボリュームアップ!

ローソンが「驚きの商品開発プロジェクト」弁当シリーズ第5弾発売! ローソン<2651>(東1)は、2009年7月に開始した「驚きの商品開発プロジェクト」の弁当第5弾として「漬け焼き 牛カルビ重」480円(税込)を2009年10月27日より全国のローソン店舗(8694店/2009年9月末現在)で発売すると発表。

 「驚きのお弁当」第5弾は、焼肉店で人気の高い「牛カルビ」を使用し、肉の量は第1弾の「スタミナ牛焼肉弁当」より増量した。原材料の一括購入などにより、驚きの値段と肉量を実現した。
 さらに、製法にもこだわり、カルビ肉に味がしみ込むように原料段階からタレにつけこみ、丁寧に焼き上げていく。タレは牡蠣・海老の海鮮系に加え、梨やりんごの果汁を添加し、最後ににんにくを程よく効かせることで、深みのある味わいに仕上げた。

 同社の驚きの商品開発プロジェクト」は「たまには良いものを」という要望に応えることを目的に09年7月から稼動。商品の価値を3割アップさせ、「驚き」をご提供することを目指している。

【これまでの開発商品と販売実績】
第一弾=「スタミナ牛焼肉弁当」:約110万食を約10日間で完売
第二弾=「ダブルポークステーキ重」:約100万食を約2週間で完売
第三弾=「大海老天重」:約100万食を約2週間で完売
第四弾=「直火焼炙りチャーシュー弁当」(現在販売中)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:51 | IR企業情報

カカクコムが「twitter」を活用した情報提供を開始

■購買支援サイト『価格.com』、高級ホテル・旅館予約サイト『yoyaQ.com』

 カカクコム<2371>(東1)は、同社が運営する購買支援サイト『価格.com』と、高級ホテル・旅館予約サイト『yoyaQ.com』でミニブログ「twitter(ツイッター)」を用いて、お得な情報や旬の商品情報を発信する、新サービスの提供を開始したと発表。
 twitterを活用することで、新しいコミュニケーションチャネルを獲得し、情報発信可能な範囲を拡大、ユーザーもコメントできる双方向性、即時性をいかして、リアルタイム双方向コミュニケーションによるファン獲得を目指していく。

■価格.com twitter

kakaku111.gif 『価格.com』における、大幅値下がり製品やタイムセール情報、ユーザーから寄せられた、話題のクチコミや掲示板情報、ユーザー向けイベントやキャンペーンのほか、ネット上で話題になっていることを『価格.com』スタッフが定期的につぶやきます。
 また、『価格.com』の製品ページに設置されたtwitterボタンをクリックすると、twitterサイトに移動し、つぶやき欄に自動的に「製品名」と「製品リンク」が挿入されるため、自分のお気に入り製品や気になる製品を手軽に第三者へお勧めすることも可能です。
 これにより利用者は、『価格.com』上に掲載された膨大な情報の中から、お得度や情報鮮度の高いものを効率的にキャッチし、また自らもtwitter上で発信することができます。

■yoyaQコンシェルジュボット

kakaku222.gif yoyaqbot宛てのつぶやきに対して返信をするtwitterボットです。例えば、「@yoyaqbot 駅名(日にち)(人数)(食事条件)※( )内は、任意入力」とつぶやくことで、駅周辺の最も安いプランを返信します。
 また、フォロワーへ、ホテルから『yoyaQ.com』に投稿された、おすすめ情報(限定情報、特価情報、イベント情報など)をリアルタイムに紹介します。
 これにより利用者は、twitterを使いながらにして、簡単なキーワードを入力するだけでリーズナブルなホテルやプランを検索することができ、ホテルからのお得なおすすめ情報を、twitter上ですばやくキャッチすることができます。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:11 | IR企業情報
2009年10月19日

ソケッツ 総合エンターテインメントブランド「LISMO!」の楽曲検索アプリケーションを開発

ソケッツのHP ソケッツ<3634>(東マ)は、au(KDDI)が09 年10 月より順次、拡張サービス・機能を提供開始する総合エンターテインメントブランド「LISMO!」内の楽曲検索アプリケーションの開発に参加している。
 同アプリケーションは、従来、携帯電話における課題のひとつであった検索から購入までの遷移数の多さなどの使い勝手や操作性を飛躍的に向上させることを目的に、検索から購入までの導線を最短化、簡略化するために新たに開発されたアプリケーションであり、「LISMO!」サービスの「使いやすさの強化」を実現。
 また、検索から購入までの導線の最短化のみならず、ユーザーと音楽の新しい出会いを実現するためのサービス機能を新たに提供している。
 今回au(KDDI)で提供する楽曲検索アプリケーションは、ユーザーの手間を大幅に削減し、楽曲試聴やジャケット表示などの機能により、より多くの楽曲との出会いを提供すると共に、音楽コンテンツの売上向上に貢献するサービスアプリケーションを実現している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:54 | IR企業情報

ひらまつ 9月の単体の売上、営業利益の速報値を発表

ひらまつのHP 高級レストランを経営するひらまつ<2764>(東2)は、19日に9月の月次業績の(単体)速報を発表した。
 9月の売上高は8億2200万円(予想比1.1%減)、営業利益は7300万円(同23.7%増)であった。
 また、08年10月〜09年9月までの売上高は100億3300万円(同0.1%減)、営業利益は10億7300万円(同1.8%増)。
 9月10日に09年9月期業績予想の上方修正を発表しているが、営業利益はその数値を上回ったことになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:50 | IR企業情報

共和電業 引張圧縮両用型小型ロードセルの新製品発売

共和電業のホームページ 共和電業<6853>(東1)では、小型プレス機や圧入装置などの荷重測定・制御に適した引張圧縮両用型小型ロードセルを10月より新発売。年間200個の販売を見込んでいる。
 引張圧縮両用型小型ロードセルLUX−B−IDは従来からあるLUX−A型の低容量型で50N,100N200Nの定格容量である。小型軽量で荷重受け部がねじ状になっているので機器への組み込みが容易である。
 高精度、小型・軽量で、オールステンレス製であり、TEDS対応、防水コネクタ付きで設置時にケーブルの引き回しが無くケーブル交換も簡単である。
 価格は、LUX−B−50N−ID、LUX−B−100N−ID、LUX−B−200N−IDともに9万8000円。
 同社は、創業60周年を記念して、新製品を次々と発表している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:45 | IR企業情報

岩谷産業 純水素型小型燃料電池を搭載の水素自転車完成

■10月13日より、関西国際空港で実証試験を開始

岩谷産業のHP 岩谷産業<8088>(東1)は、燃料電池の新しい利用分野の開拓を目標に様々な取り組みを行っているが、今回、純水素型燃料電池を搭載したアシスト自転車「水素自転車」を開発したと発表。
 同社は、経済産業省が実施する「水素・燃料電池実証プロジェクト(JHFC)」の一環として、06年〜08年度まで3年間、燃料電池アシスト自転車の実証試験を行った。今年度は、この実証研究の成果をベースに、一般人による実証機モニター評価を行うために独自の改良を行い、「誰でも、安全に、簡単に、快適に乗ることができる水素自転車」をコンセプトに開発を進め、完成したもの。
 関西国際空港における試験的運用を10月13日から行っている。今後、様々なイベント等で試乗を通じて、水素エネルギーを身近に感じてもらう計画。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 22:42 | IR企業情報

ミクシィが18歳未満ユーザーに対しアクセス制限:トラブル防止策

 ミクシィ<2121>(東マ)は、2009年11月4日から、ソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)において、青少年ユーザー保護のために、利用者毎による機能制限施策を強化すると発表。18歳未満のユーザーが面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為などで、トラブルに巻き込まれるのを防ぐためとしている。
 18歳未満のユーザーの、「マイミクシィ」と「マイミクシィのマイミクシィ」以外のユーザーへのアクセスを制限。また、18歳以上の一般ユーザーについても、「マイミクシィ」と「マイミクシィのマイミクシィ」以外の18歳未満のユーザーへのアクセスを制限する。また、18歳未満の日記・フォト・動画・レビュー検索の利用制限や検索結果を非表示にするなどの措置をとる。今後も『mixi』の健全性向上のため、人・システムによるパトロールの強化を図り、随時強化していく方針。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:51 | IR企業情報

トヨタはマークXをフルモデルチェンジ:最低価格を238万円へ値下げ

■V6・3.5Lエンジンを新たに搭載

トヨタはマークXをフルモデルチェンジ:最低価格を238万円へ値下げ トヨタ自動車<7203>(東1)は、マークXをフルモデルチェンジし、全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタでも販売)を通じて10月19日より発売した。
 2代目となる新型マークXは、V6・3.5Lエンジンを新たに搭載し、サスペンションの摩擦抵抗低減やアームの剛性を高めるなど足まわりも強化。車速に応じて前輪の切れ角を制御し、ステアリング操作を支援するVGRS(ギヤ比可変ステアリング)も新たに設定した。
 また、環境負荷低減を追求し、CO2の削減を念頭に燃費向上を図りトップレベルの低燃費を実現。2.5L車(2WD車)のリラックスセレクションでは、「環境対応車 普及促進税制」および「環境対応車・普及促進対策費補助金」の対象車となる「平成22年度燃費基準+15%」を達成している。
 さらに、スポーツ、プレミアムの3タイプを用意する一方で、最低価格を238万円に引き下げ、月間の販目標台数は3000台としている。(写真=マークX 250G“Sパッケージ・リラックスセレクション”<オプション装着車>)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:11 | IR企業情報

エーザイが鼻の外側に塗るだけの「塗るマスク」を発売!

■塗るだけで、花粉・ハウスダストなどをイオンの力で防ぐ

エーザイが鼻の外側に塗るだけの「塗るマスク」を発売! エーザイ<4523>(東1)は、イオンの力で花粉やハウスダストの鼻腔内への侵入を防ぐジェル「クリスタルヴェール」(雑貨)を、10月20日(火)に新発売すると発表。
 同製品は、鼻の外側に塗るだけで花粉やハウスダスト対策ができる「塗るマスク」で、ジェル1滴を鼻の周りに塗布することにより、主成分の水溶性陽電荷帯電ポリマーが目に見えない透明なプラスイオンの膜を作り、空中の花粉やハウスダストなどのアレル物質が鼻の中へ侵入することを防ぐという新しいコンセプトの製品。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:42 | IR企業情報

キーコーヒーが新しいタイプのドリンク発売!ショコラ・ショー専用チョコ

■ベルギー発の本格ショコラ・ショー専用チョコレート

キーコーヒーが新しいタイプのドリンク発売!ショコラ・ショー専用チョコ キーコーヒー<2594>(東1)は11月1日(日)より、ベルギー生まれの本格ショコラ・ショー専用チョコレート「ショコ・レ」(価格=1本357円:税込)3アイテム(ダーク、ミルク、ヘーゼルナッツ)を全国のキーコーヒー直営ショップにて発売すると発表。
 「ショコ・レ」はスティックについたチョコレートをホットミルクなどに溶かして飲む新しいタイプのドリンクで、本格的ベルギーショコラの濃厚な味わいが楽しめる。ホットミルクのほか、少し深めにローストしたコーヒーに入れてカフェ・モカ風にしたり、手軽に美味しいアレンジドリンクが楽しめる。

 【ショコラ・ショーとは】 ショコラ・ショーとは欧米で古くから冬の代名詞として親しまれている「ホットチョコレート」を意味する。日本のココアより油分が多く、チョコレートをそのまま溶かした濃厚な味。近年では冬場にホットチョコレートを取り扱うカフェが日本にも増えてきている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:17 | IR企業情報
2009年10月18日

エスケイジャパン 久保敏志社長今期業績について語る

■7月以降前年同月比売上高が40%近くも伸びる

エスケイジャパンホームページ アミューズメント業界向けキャラクター商品の卸販売を行っているエスケイジャパン<7608>(東1)は、10月16日兜町平和ビル3階で、今10年2月期第2四半期の決算説明会を開催した。
 10月9日に今第2四半期連結業績は発表されているように、連結売上高45億6100万円(前年同期比0.4%増)、営業利益1億4600万円(前年同期△2億200万円)、経常利益1億7100万円(同△2億1100万円)、純利益3億2900万円(同△2億3900万円)と微増収ながら、大幅増益により黒字転換となっている。純利益の大幅な伸びは、保険金解約等による特別利益1億7700万円が計上された影響。
 代表取締役社長久保敏志氏は、「売上高は0.4%の増収ですが、小売り事業を除くと卸売り事業は11.3%の増収になります。特に売上が伸びたのは、アミューズメント向けの売上です。また、利益率の高いオリジナル商品まるねこくらぶ、でぶねこ、スウィートベア等のヒットにより、売上総利益率は26.7%と3.1ポイントアップし、利益拡大に貢献しました。更に、ユーフォーキャッチャー向けのプライズ商品がよく売れたことで、在庫は前年同期比25.9%の減少となっています。今後も、在庫を増やさないように、営業担当者の注文を聞いてから製造するようにしています。一方、最大の顧客であるオペレーターの状況はというと、ビデオゲーム、メダルゲーム、通信カード等が低迷しています。そこでアミューズメント施設ならではの、プライズ機に注力するオペレーターが増えたことで、プライズ商品の価格を下げて、とれとれキャンペーンを提案したところ、昨年並みに戻り、プライズ商品の売上が順調に伸びました。しかし、価格を下げたため3月から6月までの売上高はほぼ前期並みで推移しましたが、7月、8月は37.2%増、36.7%増と大幅に伸びました。9月も40%近く伸び、10月に入っても順調です。このままいくと25%増は達成しそうです」と2期連続の赤字から、今期は黒字化を目指し順調に推移している現状を説明した。
 ECサイト部門の状況は、男性向けショッピングサイト「プレイワン×楽天」を4月1日にオープン、女性向けショッピングサイト「グラムワン×楽天」を同日オープンしている。また、総合ショッピングサイト「プッシュワン×Yahoo!」を4月24日にオープンした。3サイトの中で最も売上を伸ばしているのが女性向けショッピングサイト。「価格競争に巻き込まれないように、ここでしか買えないものを販売していきます。1個当たりの売上額は少ないので、売上高より利益率を高めることを目標としています。また、BtoBからBtoCのビジネスですので粘り強くやっていく方針です」と語った。ECサイトの今期計画は、売上高2400万円、売上総利益1100万円。
 今後の大きな市場になると期待している米国進出については、「来年8月にロサンゼルスにラウンドワンさんが出店する北米1号店への景品供給窓口として米国に進出します。100台近くのユーフォーキャッチャーを設置するので、プライズの景品で人気のあるものを持っていきます。また、ラウンドワンの営業地域でない周辺の店舗にも営業をかけていく方針です。今期の海外の初期投資は1500万円、来期3000万円と見ています。売上は9月からで、3000万円と見ています。2年目はトントンで3年目から黒字化の計画です」といよいよ米国に進出することを表明した。
 今通期連結業績予想は、売上高90億円(前期比2.9%減)、営業利益1億8000万円(前期△4億3700万円)、経常利益2億円(同△4億7600万円)、純利益3億4000万円(同△7億8900万円)と減収ながら大幅増益で黒字達成を見込む。
 しかし、先述しているように、7月以降前年同月比売上高が40%近くも伸びていることから、今期業績の上方修正も期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:18 | IR企業情報

アドバンスト・メディア コールセンター・CRM業界国内最大の祭典に出展

■通話録音された音声を全文テキスト化

アドバンスト・メディア アドバンスト・メディア<3773>(東マ)は、11月12日(木)から13日(金)まで、コールセンター・CRM(顧客管理)業界国内最大の祭典である「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2009(第10回)」に出展する。
  同社では、VOCソリューションとして、通話録音された音声を全文テキスト化するAmiVoice CallScriberの新バージョンを展示する。
 音声認識ソリューションでは実績No.1の同社が、今年はVOCソリューションとして全通話テキスト化を行い、VOC抽出、コンプライアンス対応などに活用できるAmiVoice CallScriberの新バージョンを紹介する。また、会場では実際に音声認識技術の高い音声認識性能をAmiVoiceで体感できる。
 「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2009」は、池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催される。同社のブースはA−6。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:16 | IR企業情報

タムラ製作所 連結子会社2社との合併を発表

タムラ製作所  タムラ製作所<6768 >(東1)は、10 月13 日開催の取締役会で、同社の連結子会社であるタムラ化研およびタムラエフエーシステムを吸収合併することを決議。
 同社グループは経営スローガン「オンリーワン・カンパニーの実現」を目指し、2007 年度に策定の中期経営計画(T‘s POWER!)のもと、総合力を最大限に活かし、競争力強化のための業務革新や顧客ニーズに合った新製品の投入、ERPシステムの有効活用による原価管理の徹底や営業力強化などに取り組み、業績アップに努めている。しかし、同社を取り巻く環境は、急激な市場環境の変化をはじめ、法制度の複雑化や制度要求の増加など、より厳しさを増している。このような環境変化へ迅速に対応するため、更なるグループ経営・グローバル統括力の強化や、経営のスピード化が求められるため、従来の分社型経営から全体最適を求めた統合型経営へビジネス基盤を再構築することが、同社グループの将来のビジネス拡大のために最善と判断し、電子化学材料の製造・販売を行うタムラ化研および、はんだ付装置の製造・販売を行うタムラエフエーシステムの2社を同社へ統合することを決定した。
 今回の合併による連結業績に与える影響は無いとしているが、中長期的には合併によるグループ経営資源の有効活用、生産性の向上などにより、連結業績への寄与が期待できると見ている。
 合併予定日(効力発生日)は、10年4月1日を予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:48 | IR企業情報

シャープはLED照明で業界トップクラスの明るさを実現

■消費電力6割削減のLEDキャノピー照明を発売

シャープはLED照明で業界トップクラスの明るさを実現 シャープ<6753>(東1)は、軒下取り付け用として業界トップクラスの9500lm(ルーメン)の明るさを実現したLED(発光ダイオード)キャノピー照明「DL−EG001」を発売した。一般的な400W形水銀灯と比べて約5倍の6万時間の長寿命を実現。消費電力は約4割に抑制する。

 同製品は、優れた放熱設計で、一般的な400W形水銀灯の寿命12,000時間に比べて、約5倍の長寿命60,000時間を実現。さらに、器具の直下を効率的に照らす器具形状で、400W形水銀灯とほぼ同等の直下照度で、消費電力が約4割と優れた省エネ性能を達成した。また、紫外線をほとんど出さないLEDを採用したLEDキャノピー照明は、虫が集まりにくく、灯具の清掃頻度が削減でき、長期間美観を保つことができる。
 今後は、高い照度、美観が求められるサービスステーション(ガソリンスタンド)をはじめ、環境配慮と省エネ性能が求められる物流倉庫、商業施設や商店街のアーケードなどへ提案していく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 00:45 | IR企業情報
2009年10月17日

『人魚猛獣説:スターバックスと私』ウェブサイト連載が一冊の本に

■人気歌人・穂村弘がスターバックスの謎に迫る!

『人魚猛獣説:スターバックスと私』ウェブサイト連載が一冊の本に スターバックス コーヒー ジャパン<2712>(大ヘ)は、11月4日、歌人・穂村弘氏によるスターバックスを題材にしたエッセイ「人魚猛獣説 スターバックスと私」(発行:かまくら春秋社価格:1365円・税込)をスターバックスコーヒーの一部店舗で先行発売すると発表。
 店舗で販売するものには、限定オリジナルタンブラー台紙が付いており、12月1日から一般書店で販売する同書籍の表紙とタンブラー台紙は、デザインが異なる。(写真:スターバックス限定のデザイン)

 このエッセイは、2008年の11月5日〜12月23日の期間中、「スターバックス三十一文字(みそひともじ)解析」と題し、スターバックスコーヒーのウェブサイトで15回にわたり連載したエッセイを一冊の本にまとめたもの。全国のスターバックスファンやスターバックスコーヒージャパンの従業員から募った短歌の紹介を交えながら、穂村氏の独特な視点でスターバックスの魅力と謎を解析している。

 【穂村弘(ほむら・ひろし)】=歌人。1962年札幌生。主な著書に『シンジケート』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』『短歌の友人』『世界音痴』『本当はちがうんだ日記』『にょっ記』『もしもし、運命の人ですか。』他。また「ほむらひろし」名義による絵本翻訳も多数。第19回伊藤整文学賞、第44回短歌研究賞、2008年度アルスエレクトロニカ・インタラクティブ部門栄誉賞(石井陽子とのコラボレーションによる)を受賞。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:19 | IR企業情報