スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/04)東京ガスがタイで天然ガス火力発電事業へ
記事一覧 (10/03)インフォコムは完全Web−ERP「GRANDIT」の業務支援機能を拡充
記事一覧 (10/03)ジオネクストの子会社のエリアエナジーが太陽光発電所に係る権利を譲渡
記事一覧 (10/02)ワイヤレスゲートは「全録テレビ見放題SIMプラン」の販売を開始
記事一覧 (09/30)加賀電子:グローバルな生産サポート体制整う
記事一覧 (09/30)ワイヤレスゲートは浅草六区のストリートパフォーマー向け支援サービスを開始
記事一覧 (09/30)ヨコレイ:キルギスの森林行政関係者、喜茂別物流センター視察
記事一覧 (09/29)綿半ホールディングスはJマートを連結子会社に
記事一覧 (09/29)アドアーズはPCオンラインゲーム『一血卍傑』とのコラボ企画を町田店で開催
記事一覧 (09/29)ラクーンはChatWorkにPaidの決済サービスの提供を開始
記事一覧 (09/29)科研製薬は歯周組織再生剤「リグロス(R)歯科用液キット」の国内製造販売承認を取得
記事一覧 (09/28)メディカル・データ・ビジョンは医療費専門の決済事業へ本格進出
記事一覧 (09/28)パイプドHDの「スパイラル(R)」が三浦印刷の「キャンペーン缶」に採用
記事一覧 (09/28)パシフィックネットは「第1回 関西オフィスセキュリティEXPO」に出展
記事一覧 (09/28)メディカル・データ・ビジョンは医療費専門の決済事業へ本格進出
記事一覧 (09/27)JPホールディングスは「保育士資格取得特例制度」を活用して幼稚園教諭の保育士資格取得を支援
記事一覧 (09/27)トーソーは10月3日よりロールスクリーン、バーチカルブラインドの新シリーズを全国で発売
記事一覧 (09/27)ワイヤレスゲートが「第5回企業価値向上表彰」の表彰候補会社に選定
記事一覧 (09/26)ワイヤレスゲートは「銀座プレイス」でG Freeを展開
記事一覧 (09/22)ソラストの8月は訪問介護・デイサービスともに前年同月比プラスで推移
2016年10月04日

東京ガスがタイで天然ガス火力発電事業へ

■東南アジアで初めて

 東京ガス<9531>(東1)は3日、子会社の東京ガスアジア社がタイで天然ガス火力発電所「バンボー発電所」を所有・運営するイースタンパワー&エレクトリックカンパニー社の株式28%を、トタルガス&パワータイランド社から取得したと発表した。東京ガスが東南アジアで発電事業へ参画するのは初めてとなる。

 タイ王国では、堅調な経済発展により、電力市場は今後も約3%の成長が見込まれており、そのなかでも天然ガス火力は電源構成の約6割を占めるなど、同国の電源開発計画において今後も重要な役割を担っていく。

 同発電所は、タイの首都バンコクから南東に位置し、ガスタービンコンバインドサイクル発電方式の発電所で、2003年の営業運転開始以降、安定した操業を継続している。また、タイ発電公社との間に、2023年までの長期売買契約を締結しており、安定した収益が期待できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:08 | IR企業情報
2016年10月03日

インフォコムは完全Web−ERP「GRANDIT」の業務支援機能を拡充

■新たに「経費精算クラウドサービス」及び「スマートデバイスでも利用でき承認ワークフローの拡張機能」を追加

 インフォコム<4348>(JQS)は、完全Web−ERP「GRANDIT」の業務支援機能を拡充し、新たに「経費精算クラウドサービス」及び「スマートデバイスでも利用できる承認ワークフローの拡張機能」を追加した。

 新たに追加された「経費精算クラウドサービス」は、Suica、PASMO等の交通系ICカードに記録された利用履歴を用いて、スマートフォンから立替交通費清算用のデータを作成するクラウドサービス。作成したデータを用いることでGRANDITの経費精算業務に費やす時間を短縮することが出来る。

 「スマートデバイスでも利用できる承認ワークフローの拡張機能」は、稟議申請等のGRANDIT業務以外で承認が必要となる申請類について、汎用的な登録が可能となる。スマートフォンやタブレットを利用して承認を行うことで、場所にとらわれずワークフロー機能を活用することが可能となる。

 なお、同サービス、拡張機能については、販売開始に先立ち10月19日から21日に東京ビッグサイトで開催される「GRANDIT DAYS2016」で発表される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | IR企業情報

ジオネクストの子会社のエリアエナジーが太陽光発電所に係る権利を譲渡

■譲渡金額は約6200万円

 ジオネクスト<3777>(JQS)は30日、子会社のエリアエナジーが太陽光発電所に係る権利をエンブルー及び萩原工業に譲渡したことを発表した。

 譲渡する発電所の所在地は、岩手県紫波郡、千葉県の銚子市にある太陽発電所。譲渡金額は、約6200万円。

 譲渡金額は、今期の第3四半期及び第4四半期に計上するとしている。なお、今回の譲渡金額は、今期業績予想に織り込み済み。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:54 | IR企業情報
2016年10月02日

ワイヤレスゲートは「全録テレビ見放題SIMプラン」の販売を開始

■定額データSIMで地デジ8局が外出先で見放題

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は、ガラポン(東京都千代田区)が提供するテレビ番組を録画機「ガラポンTV伍号機」のレンタルプランに加え、LTE通信が定額使い放題のワイヤレスゲートSIMをセットした「全録テレビ見放題SIMプラン」を全国のヨドバシカメラ店舗、通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で9月30日から販売を開始した。

 ガラポンTVは8チャンネル分の全てのテレビ番組(ワンセグ)を24時間✕2週間(最大120日間)、全番組録画可能な録画機である。録画した番組は、iPhone、iPad、Android、PCなどから、いつでもどこでもインターネットで検索して視聴でき、また、あらかじめ番組をダウンロードしておけば、圏外での視聴も可能である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | IR企業情報
2016年09月30日

加賀電子:グローバルな生産サポート体制整う

■メキシコに子会社、北米地域へEMS事業拡大図る

 エレクトロニクスの総合商社の加賀電子<8154>(東1・100株)は、9月29日開催の取締役会で、メキシコ・サン・ルイス・ポトシ州に子会社「TAXAN MEXICO S.A.de C.V.=仮称」(代表者・鶴見隆行、加賀電子100%出資)を設立すること決めたと発表した。

 なお、設立日は11月を予定しており、資本金5,500千米ドル。

 進出するメキシコには、自動車産業を中心に、世界中の企業が北米および中南米向けの生産拠点として進出している。また、同国は日本はじめ多くの国と自由貿易協定の関係にあることと、労働力が豊富なお国柄から、今後の成長が期待されている。

 同社グループは、「すべてはお客様のために」をモットーに、電子部品・半導体の販売からEMS事業(Electronics Manufacturi ng Serviceng Service/製品の開発・生産を受託するサービス)やパソコンおよび周辺機器の販売など、エレクトロニクスの川上から川下まで様々な分野に進出している。

 特に同社のEMS事業は、中国市場への先駆け企業として進出(1990年代)、現在中国5拠点に続き、タイ、インドネシア、チェコ、マレーシアなどに拠点を置き、企業の生産サポートを行っている。

 同社は、「メキシコに拠点を設置することで、グローバルに顧客企業の生産をサポートする体制が整う。今後、北米地域へのEMS事業のさらなる拡大を図る」と話している(同社秘書・広報室)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:14 | IR企業情報

ワイヤレスゲートは浅草六区のストリートパフォーマー向け支援サービスを開始

■第2期社会実験に参加

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は30日、浅草六区のストリートパフォーマーを支援するためにWi−Fiとデジタルサイネージを連動させた新たなパフォーマー応援サービスを開始すると発表した。

 浅草六区地域では、「浅草六区再生プロジェクト」を推進しており、国家戦略特区事業認定に向けて様々な取組みを行っている。

 ワイヤレスゲートでは、『興行街』復活に向け、社会実験の第1期として今4月16日から世界最大のWi−Fiサービス「FON」を活用した「Wi−Fiタワー」の設置など、通信技術を活用した総合支援を実施してきた。

 これらの取組みの継続活動として、今回、同社では第2期社会実験に参加するとし、活動は9月30日から10月30日に実施される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:34 | IR企業情報

ヨコレイ:キルギスの森林行政関係者、喜茂別物流センター視察

■農産品の冷凍・冷蔵保管施設など見学、活発な意見交換も

 9月27日、中央アジアに位置するキルギス共和国の森林行政関係者ら6名が、北海道虻田郡喜茂別町にあるヨコレイ<2874>(東1)の喜茂別物流センターを訪れ、施設見学および意見交換を行った。
 参加者からは、農産物の冷凍保存方法や冷凍機器の運用方法などについて活発な質問が挙がった。

yoko1.jpg
座学研修、冷蔵倉庫施設見学するキルギスの一行ら

■公的森林地域、土地貸与し農産物生産・加工などの振興推進、

 現在、キルギス政府は、公的森林地域での果樹・ナッツ・しいたけなど、農産物の生産・加工などを推進しており、また、同国の林業庁や森林局は、行政の所有する土地を民間企業や個人事業主にリース貸与し、農産業の振興を図っている。
 今回の見学会は、そうした同国の現状を背景に、JICA(国際協力機構)主催の「キルギス国林産品による地方ビジネス開発プロジェクト」の一環として、日本での農産品の低温物流の調査、保存技術を学ぶため、行政関係者が同センターを視察したものである。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:49 | IR企業情報
2016年09月29日

綿半ホールディングスはJマートを連結子会社に

■大都市圏への店舗網の拡大を推進

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は29日、Jマート(東京都三鷹市)の全株式を11月4日予定で取得し、連結子会社化すると発表した。

 Jマートは、「生活向上ストア」を掲げ、インテリア、ガーデン、ペット等に特色あるホームセンターを運営しており、現在、関東甲信越地域に14店舗を展開している。

 一方、綿半ホールディングスのスーパーセンター事業は、長野県17店舗、愛知県6店舗のスーパーセンター、ホームセンター及び食品スーパーを展開しており、長野県外への出店地域拡大を推進し、検討を重ねてきた。

 Jマートの店舗展開エリアは、長野県をはじめ山梨県、東京都、埼玉県、神奈川県と長野県近郊であり、大都市圏への店舗網拡大に繋がる。また、インテリア、ガーデン、ペット等の特色ある売場作りのノウハウの活用が期待できるとともに、商品の仕入原価低減、PB商品の相互供給によるお互いのシナジーが期待でき、同社グループの企業価値の向上に資するものとして、Jマートの株式を取得した。取得価額合計は1億91百万円である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:28 | IR企業情報

アドアーズはPCオンラインゲーム『一血卍傑』とのコラボ企画を町田店で開催

■まだプレイしたことのないアニメファンに向けた新たなプロモーションの一環として

 アドアーズ<4712>(JQS)は、PCオンラインゲーム『一血卍傑(いっちばんけつ)』とのコラボ企画を、10月7日(金)〜11月6日(日)までAnimePlaza町田店で開催する。

ad11.jpg

 「一血卍傑」は、2016年6月30日から開始された事前登録だけで24万人以上が申込み、8月3日のサービス提供開始以降も着々とファンを増やし、現在30万人以上が遊ぶ、PCオンラインシミュレーションゲーム。

 数十人の豪華絵師によるキャラクターデザインや、豪華声優陣による吹き込みなどにより、多方面で話題にとなっている本作品だが、まだプレイしたことのないアニメファンやゲームファンに向けた新たなプロモーションの一環として、AnimePlaza町田店とのコラボ企画を開催する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | IR企業情報

ラクーンはChatWorkにPaidの決済サービスの提供を開始

■ChatWorkは以前より、クレジットカード以外の決済方法を検討

 ラクーン<3031>(東1)が提供するBtoB掛売り・請求書決済代行サービス「Paid(ペイド)」は、ChatWorkにPaidの決済サービスの提供を開始した。

 Paidは企業間取引の掛売り(後払い)決済で発生する与信管理から請求、代金回収まで決済周りの業務を一括して代行するサービス。話題のフィンテックサービスとして、企業間取引で発生する決済業務の効率化に貢献している。

 ChatWorkは、ビジネスチャットツール「チャットワーク」を提供し、ユーザーの会社規模や用途に合わせ、フリープラン、パーソナルプラン、ビジネスプランの3種類を用意している。今回Paidが導入されるのは、新しく創設される「エンタープライズプラン」である。「エンタープライズプラン」では従来のプランより管理機能を強化し、よりセキュリティを重視する企業の利用を想定しており、細かいセキュリティ設定を必要とする大企業や官公庁向けのプランとなっている。

 これまでチャットワークの有料プランの支払いについては、すべてクレジットカードでの対応であった。しかし、クレジットカードを保有していない企業もあったり、限度額などの問題もあったりしたことから、以前より、クレジットカード以外の決済方法の導入を検討していた。そこで今回の新プランの立上げをきっかけに、「エンタープライズプラン」でPaidを導入することとなった。

 これにより、ChatWorkは手間やリスクを負うことなく、掛け売り決済の提案が出来ることになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | IR企業情報

科研製薬は歯周組織再生剤「リグロス(R)歯科用液キット」の国内製造販売承認を取得

■組換え型ヒトbFGFを有効成分とする世界初の歯周組織再生医薬品

 科研製薬<4521>(東1)は28日、歯周組織再生剤「リグロスR歯科用液キット600μg/1200μg」[一般名:トラフェルミン(遺伝子組換え)、以下「リグロス(R)」]について、「歯周炎による歯槽骨の欠損」の効能・効果で製造販売承認を取得したと発表した。

 「リグロス(R)」は組換え型ヒトbFGF(塩基性線維芽細胞成長因子)を有効成分とする世界初の歯周組織再生医薬品である。

 歯周炎は主に歯と歯ぐきの間に付着したプラークや歯石によって生じる慢性炎症疾患で、炎症の進行とともに歯を支えている歯槽骨などの歯周組織が徐々に破壊され、これを放置すると最終的には抜歯に至ることがある。進行した歯周炎では、歯周組織の破壊を阻止するために「フラップ手術」と呼ばれる外科手術が実施されることがある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:59 | IR企業情報
2016年09月28日

メディカル・データ・ビジョンは医療費専門の決済事業へ本格進出

■患者が自由に支払い条件を決めることが出来る医療費後払いサービス「CADA決済」を10月よりスタート

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)は27日、患者が自由に支払い条件を決めることが出来る医療費後払いサービス「CADA決済」を10月よりスタートすることを発表した。また同日、当社では医療費専門の決済事業へ本格進出についての記者会見を実施した。

bb11.jpg

■CADAカードに決済機能を入れたことで、患者と病院に大きなメリットが生じる

 代表取締役社長岩崎博之氏は、「メディカル・データ・ビジョンとしても未来のための最高の商品という位置づけで取り組んでいます。実は、このCADA決済ですが、CADA―BOXという商品の一機能です。この商品自体は2015年から構想したものを作り上げ、テスト運用を行った2年がかりの商品です。当初のテスト運用の時点では、CADAカードは、自分の診療情報を見るIDと共通診察券という位置づけでしたが、これに決済機能を入れたことで、患者と病院に多大なメリットが生じることが分かりました。例えば患者さんは、病院での会計やその待ち時間の長さに困惑していますが、CADA決済を使えば、ご自身の経済状況に合わせた支払を待ち時間なくできることになります。ですから、この機能を取り込んでCADA―BOXとして販売し、医療費専門の決済事業へ本格的に進出することとなりました。さらにこのCADA―BOXを通じて、現在保有する国民の8人に一人の診療デ-タに加え、リアルタイムな診療データの取得も目指します。」と、医療費決済事業への進出背景と今後の展望を説明した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:13 | IR企業情報

パイプドHDの「スパイラル(R)」が三浦印刷の「キャンペーン缶」に採用

■カスタマイズ性とセキュリティ性能の高さが評価される

 パイプドHD<3919>(東1)の子会社、パイプドビッツの情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」が、三浦印刷のデジタル販促ソリューション「ミウラの缶」シリーズの「キャンペーン缶」に採用されたことを発表した。

 三浦印刷は1931年創業の老舗印刷会社で、カタログやパンフレットなどの商業印刷を中心に、高品質なカラー印刷で80年以上もの実績がある。インターネット関連の開発業務で20年以上培ったノウハウからデジタル販促ソリューション「ミウラの缶」を開発し、紙とWebにかかわる顧客の多様な要望に対応している。

 「スパイラル(R)」が選定された決め手については、カスタマイズ性とセキュリティ性能の高さを挙げている。個別にフルスクラッチで対応していたアプリケーション開発にも柔軟に対応できるカスタマイズ性や、厳格なセキュリティが求められる顧客にも安心して提供できることを挙げ、「「スパイラル(R)」があったから「キャンペーン缶」を始めた」と高く評価された。

 導入効果については、1件あたり10日かかっていたキャンペーンシステム構築が「キャンペーン缶」を利用することで3日に短縮でき、顧客からも「スパイラル(R)」が基盤のためセキュリティやシステムの安定性を含めて高評価でリピート利用につながったことなどを挙げている。

導入事例【三浦印刷株式会社】
http://www.pi-pe.co.jp/spiral-suite/case/miurainsatsu/
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | IR企業情報

パシフィックネットは「第1回 関西オフィスセキュリティEXPO」に出展

■関西では初の開催

 パシフィックネット<3021>(東マ)は、10月5日(水)〜7日(金)にインテックス大阪で開催される「第1回 関西オフィスセキュリティEXPO」に出展する。

 「オフィスセキュリティEXPO」とは、企業・官公庁・学校・病院向けのあらゆるセキュリティ対策製品が一堂に出展する防犯・セキュリティ対策の商談専門展で、関西では初の開催となる。

 当社はセキュリティサービス提供企業として認知度向上を目指し、出展ブースでは各種サービスの案内およびデータ消去作業のデモンストレーションを行う。

<紹介するサービス内容>
(1)処分するオフィス情報機器の引取・回収
(2)情報機器のデータ消去と「データ消去証明書」発行サービス
(3)ハードディスクや携帯電話・メディアの物理破壊サービス
(4)磁気記録媒体(磁気テープ等)の磁気消去サービス
(5)機密書類のシュレッダーと古紙回収
(6)IT機器の全国引取回収サービス
(7)IT機器レンタルサービス
(8)リユースPC導入サービス
(9)法人向けMVNO通信サービス(Bizmo)
(10)情報システム部門向けWEBメディア「ジョーシス」

ホームページ  : http://www.prins.co.jp/
ECサイト    : http://used.prins.co.jp/
レンタルサービス: http://rental.prins.co.jp/
 
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12 | IR企業情報

メディカル・データ・ビジョンは医療費専門の決済事業へ本格進出

■患者が自由に支払い条件を決めることが出来る医療費後払いサービス「CADA決済」を10月よりスタート

 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)は27日、患者が自由に支払い条件を決めることが出来る医療費後払いサービス「CADA決済」を10月よりスタートすることを発表した。また同日、当社では医療費専門の決済事業へ本格進出についての記者会見を実施した。

 CADA決済の特徴は、1)入院時、保証人・保証金なし、2)外来診療でも現金不要、3)医療費に特化することによる不正使用のリスク減、4)高齢者、定期収入の無い方でも申込み可能、5)家族の医療費をまとめて引き落とし可能、6)急な出費による家計負担を軽減、7)自由度の高い支払方法といった点が挙げられる。

CADA決済は、病院向けのデジタル健康ソリューションCADA―BOXの一機能である。

 CADA―BOXの医療機関への導入が順調に進めば、リアルタイムの診療データの取得も進むことになるため、当社の目的である「医療を高める」がさらに1歩進むものといえる。当社では、CADA―BOXが「医療の世界を変える大きな宝の箱」と期待している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:47 | IR企業情報
2016年09月27日

JPホールディングスは「保育士資格取得特例制度」を活用して幼稚園教諭の保育士資格取得を支援

■過去に幼稚園教諭を経験した人達も対象

 JPホールディングス<2749>(東1)は、幼稚園教諭免許を有し、「保育士資格取得特例制度」を活用して保育士を目指す人達を応援する。対象は、現在、幼稚園教諭として働いている人達だけでなく、過去に幼稚園教諭を経験した人達も含まれる。

 今回スタートするのは、幼稚園教諭免許を持っている人達を対象にして、同社グループの保育園で正社員として勤務しながら保育士資格を取得するための支援を行う新制度。具体的には、必要単位取得のための受講費用を当社で負担することに加え、受講期間中の勤務を軽減する。

 同社では、新制度により、幼稚園教諭から保育士への「転身」を志す人達の採用を拡充する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:28 | IR企業情報

トーソーは10月3日よりロールスクリーン、バーチカルブラインドの新シリーズを全国で発売

■人気のニュアンスカラーを中心に展開

 トーソー<5956>(東2)は、10月3日(月)よりロールスクリーン、バーチカルブラインドの新シリーズを全国で発売する。

 今回の新シリーズは、人気のニュアンスカラーを中心に展開する新定番「ルノプレーン」をはじめ、上質な素材感のシリーズ、遮光などの機能性にこだわったシリーズなどをラインナップしている。さらに、光を自在に調節できる調光ロールスクリーン「ビジック」には、国内初のプリント柄が加わった。

全ての画像はこちらよりダウンロード可能http://www.toso.co.jp/koho/2016/nr_2016_09_01.zip
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:22 | IR企業情報

ワイヤレスゲートが「第5回企業価値向上表彰」の表彰候補会社に選定

■一次選考で東証の全上場会社約3500社の中から50社が選抜

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は26日、同社が「第5回企業価値向上表彰」の表彰候補会社に選定されたと発表した。

 「企業価値向上表彰」は、高い企業価値の向上を実現している全上場会社のうち、自社の資本コストを認識して経営に取組むなど、投資者の視点を強く意識して企業価値の向上を目指す経営を実践している上場会社が表彰される制度である。

 この度、同表彰の一次選考で東証の全上場会社約3500社の中から50社が選抜され、同社を含む二次選考の対象となった上場会社が「企業価値向上経営に取り組んでいる会社」として認定された。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:56 | IR企業情報
2016年09月26日

ワイヤレスゲートは「銀座プレイス」でG Freeを展開

■大規模商業施設での展開は3月の東急プラザ銀座に続き2店舗目

 ワイヤレスゲート<9419>(東1)は26日、電通<4324>、OOHメディア・ソリューション(東京都渋谷区)、MI(東京都港区)の3社と共同で展開しているG Free(銀座フリーWi−Fi)を、9月24日にグランドオープンした銀座プレイスビル内の3フロアーに展開したと発表した。

 G Freeの設置は、2012年に開催されたIMF・世界銀行年次総会の東京開催を契機に、銀座の沿道で「いつでも・どこでも・だれでも・無料で」簡単に利用できるWi−Fiの整備を目指して始まった。

 4社は、東京都中央区の補助のもと、既に2012年9月に「銀座通り」、2013年11月に「晴海通り」、2015年11月に「西並木通り」でG Freeを実現させ、今回、銀座の中心地、「銀座プレイス」にG Freeが拡大した。大規模商業施設でのG Freeの展開は3月の東急プラザ銀座に続き2店舗目となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:35 | IR企業情報
2016年09月22日

ソラストの8月は訪問介護・デイサービスともに前年同月比プラスで推移

■訪問介護者数は2016年4月から連続してプラスに

 ソラスト<6197>(東1)は21日、8月の月次動向(2016年8月介護サービス利用状況速報値)を発表し、訪問介護では前年同月比109.3%の5,130人で2016年4月から連続のプラスとなった。デイサービスでは同101.9%と2ヶ月連続のプラスで3,857人となり、順調に推移している。

 入居率推移では、グループホームが97.5%、有料老人ホームが95.78%、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が93.8%だった。グループホーム、サ高住ともに前年同月を上回り、高水準の入居率で推移している。事業所数は、合計222ヶ所だった。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:02 | IR企業情報