[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/06)日本エンタープライズの子会社、会津ラボは12月3日に公道での実証試験開始セレモニーを開催
記事一覧 (12/06)ソレイジア・ファーマは開発品SP―03の中国での進捗状況についてコメント
記事一覧 (12/04)ファンデリ―は食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作
記事一覧 (12/03)ケイアイスター不動産はホノルルで不動産業を展開するLive Love Hawaii Realty LLCと基本契約書を締結
記事一覧 (11/30)ファンデリ―は『ポイント家電』に、プラズマクラスター洗濯乾燥機<ES−W111>が新たに加わることを発表
記事一覧 (11/29)フェローテックHDは「太陽電池」撤退後の営業利益率15%想定し今期予想比5割増加
記事一覧 (11/28)ASIAN STARは同社100%子会社の設立手続きが完了したと発表
記事一覧 (11/28)建設技術研究所の社員が中央区のコミュニティFM「中央エフエム」の番組「Hello! RadioCity」に出演
記事一覧 (11/28)JFEシステムズ、女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を取得
記事一覧 (11/28)CRI・ミドルウェアの「LiveAct PRO」が集英社のウェブサイト「WEB UOMO」に採用
記事一覧 (11/27)【ハウスドゥ】入居率向上など支援する「賃貸保証サービス」を12月開始
記事一覧 (11/27)共和コーポレーションは子会社2社の吸収合併を発表
記事一覧 (11/27)日本エンタープライズの子会社、会津ラボは公道での自動運転の実証実験を開始
記事一覧 (11/26)セルシードが再生医療受託サービスを開始
記事一覧 (11/26)パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第五弾を会員限定で公開
記事一覧 (11/26)クリナップはホームページ内のWEBコンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」をリニューアル
記事一覧 (11/25)BEENOSは22日、自社株買いを発表
記事一覧 (11/25)スターティアホールディングスの子会社スターティアラボのAR技術が、日本経済新聞社が提供するスマートフォンアプリ「日経AR」に採用
記事一覧 (11/25)レカムは事業再建に成功し、18年9月期は急成長を達成
記事一覧 (11/24)建設技術研究所は11月最終週を「CTIみんなでテレワーク・ウィーク」とする
2018年12月06日

日本エンタープライズの子会社、会津ラボは12月3日に公道での実証試験開始セレモニーを開催

■浪江駅から浪江町役場を結ぶ約1kmの公道での自動走行

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、会津ラボは、福島トヨペットと協業し、福島県の「平成30年度地域復興実用化開発等促進事業」における「自動運転に係る情報基盤の構築及びまちなか巡回車両の実用化に向けた実証試験」に取り組んでいるが、12月3日に公道での実証試験開始セレモニーを開催した。

m1.jpg

 実証試験は、平成31年度までに自動運転車両を用いた公共交通サービスの実現と関連する情報基盤の構築を目的としている。具体的には、浪江町駅周辺において、自動運転による巡回交通サービスを実現するため、自動運転車両で使用される各種センサ類のデータや3次元マップ等を地域情報基盤として共通利用できるシステム開発を行ってきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | IR企業情報

ソレイジア・ファーマは開発品SP―03の中国での進捗状況についてコメント

■中国では当局による審査の最終段階、韓国では承認申請準備中の状況

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は5日、開発品SP―03の中国での進捗状況についてコメントを発表した。

 開発品SP‐03(episil(R) oral liquid、対象:がん等の化学療法や放射線療法に伴う口内炎)の同社権利地域において、日本では18年5月に既に販売が開始されており、中国では当局による審査の最終段階、韓国では承認申請準備中の状況にある。中国では、2016年5月に医療機器製造販売承認申請を行い、その後の当局による審査過程において、中国での臨床試験データ等の追加資料を既に提出済み。中国で実施したがん患者を対象とした比較臨床試験では、SP‐03使用群において比較対照に比べて有意に口腔内疼痛スコアが軽減することが確認されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:05 | IR企業情報
2018年12月04日

ファンデリ―は食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作

■12月5日(水)より 全国の「串カツ田中」の店舗に展開

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、串カツ田中が店舗に設置する食育の媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作し、12月5日(水)より、 全国の「串カツ田中」の店舗に展開する。

 同社は串カツ田中の串カツメニューに着目し、子供向けに串カツの選び方をアドバイスする食育媒体「串カツでわかるたべもののはたらき」を制作した。

f1.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:13 | IR企業情報
2018年12月03日

ケイアイスター不動産はホノルルで不動産業を展開するLive Love Hawaii Realty LLCと基本契約書を締結

■ハワイ州における不動産取引の仲介、リフォーム及びその後の管理までをLLHRに業務委託

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は、アメリカハワイ州ホノルルで不動産業を展開するLive Love Hawaii Realty LLC(以下、「LLHR」)と基本契約書を締結した。

 LLHRはハワイ州で、コンドミニアムのバケーションレンタルを購入からリフォーム・インテリアコーディネーション、その後の賃貸管理までトータルでサポートしている。

 同社は、事業規模拡大へ向けた足掛かりになることを期待し、LLHRとの業務提携の締結を決定した。

 ハワイ州における不動産取引の仲介、リフォーム及びその後の管理までをLLHRに業務委託し、顧客への新たなサービス拡充を行う。LLHRは不動産仲介・管理業務をトータルで行っており、事業規模は小さいながらも安定したサービスに定評があり、ハワイ州内外より高い支持を受けている。

 今回の業務提携で、人気の高いハワイ州で、投資用だけでなく、セカンドハウス需要に対してもトータルでのサポートが可能となることから、新たな販売チャネルの拡充を実現することとなった。

 同社では、今回の業務提携は中長期的には業績向上に大いに貢献するものと見ているが、今期連結業績に与える影響は軽微としている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:31 | IR企業情報
2018年11月30日

ファンデリ―は『ポイント家電』に、プラズマクラスター洗濯乾燥機<ES−W111>が新たに加わることを発表

■広告を1回視聴するごとに、『PKポイント』が1ポイント付与

 ファンデリ―<3137>(東マ)は29日、シャープと共同で運営する情報配信サービス『ポイント家電』に、プラズマクラスター洗濯乾燥機<ES−W111>が新たに加わることを発表した。

 同社は、シャープが製造・販売するウォーターオーブン「ヘルシオ」、プラズマクラスター冷蔵庫、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」の無線LAN機能を搭載した機種、合計11機種を通じ、ユーザーに有益な、食や健康に関する情報を音声や画像を用いて配信するサービス『ポイント家電』を、シャープと共同で運営している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | IR企業情報
2018年11月29日

フェローテックHDは「太陽電池」撤退後の営業利益率15%想定し今期予想比5割増加

【フェア・ディスクロージャーの観点から機関投資家・メディア向け説明会の質疑応答の要旨を発表】

 フェローテックホールディングス(フェローテックHD)<6890>(JQS)は11月28日、同社の「ディスクロージャーの方針」に基づき、「フェア・ディスクロージャー」の観点から、27日に開催した機関投資家・メディア向け2019年3月期・第2四半期決算説明会の質疑応答の要旨を発表した(丁寧語・敬語略)。中国元円レートは11月27日時点の1元=16.34円を使用。これを受け、29日の株価は1116円(36円高)となっている。

◆撤退後、税引利益は今期予想の2倍に迫る100億円前後を想定

【質問】(会社側からの、2020年3月期中に太陽電池事業撤退方針の説明に対し)、太陽電池事業の撤退にはどのような損失が想定されるのか?
【回答】太陽電池事業から撤退する場合は、(1)非稼働設備をどのように処理するか?、(2)採算の悪化している継続事業に対し、減損会計の適用をどのように行うか?がポイントになる。太陽電池事業に関する設備簿価としては約3.7〜3.8億中国元(約60〜62億円)、このうち会計処理が必要となる可能性が有る金額は最大で約1.5−2億中国元(約24〜32億円)と想定しているが、今後の市場の見極め、処理金額の見積もりに関し、適正な会計処理方法を検討する予定だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | IR企業情報
2018年11月28日

ASIAN STARは同社100%子会社の設立手続きが完了したと発表

■名称は、ASIAN STAR INVESTMENT

 ASIAN STAR<8946>(JQS)は28日、10月5日付「子会社設立に関するお知らせ」にて公表した、同社100%子会社の設立手続きが完了したと発表した。

 子会社の名称は、ASIAN STAR INVESTMENT。所在地は神奈川県横浜市西区高島2−6−32。資本金は1000万円となっている。

 今期連結業績への影響は軽微としている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:46 | IR企業情報

建設技術研究所の社員が中央区のコミュニティFM「中央エフエム」の番組「Hello! RadioCity」に出演

■日本橋「街道観光展2018」のイベント紹介のため

 建設技術研究所<9621>(東1)の社員が中央区のコミュニティFM「中央エフエム」の番組「Hello! RadioCity」に出演する。

ken1.jpg

 東京メトロ・三越前駅のコンコース(半蔵門線の駅と銀座線の駅の間)にて、日本橋「街道観光展2018」が開催されている。このイベントの紹介のため、中央区のコミュニティFM「中央エフエム」の番組「Hello! RadioCity」に、(公社)土木学会と同社から、合計3名が出演する。

放送は、11/29(木)12〜13時(再放送同日18〜19時予定 ※ただし場合により変更あり)のうち約14分間出演の予定。

 中央エフエムは東京都中央区のコミュニティFMであり、ラジオでの配信エリアは限定されているが、スマホのアプリ「ListenRadio」があれば、エリア関係なくどこでも聴くことができる。

【日本橋「街道観光展2018」の概要】
◆日程
2018年11月27日(火)〜12月16日(日)
◆会場
東京都中央区日本橋室町1−3
東京メトロ三越前駅コンコース
◆テーマ
〜古きよき日本へようこそ〜
明治150 年記念
イザベラ・バード来日140年記念
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:29 | IR企業情報

JFEシステムズ、女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定を取得

■2016年より、従業員の約4分の1を占める女性社員の活躍推進を目指し、ダイバーシティ専門組織を設置

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、女性活躍推進法に基づく「女性の活躍推進」への取り組みが優良な企業として厚生労働大臣が認定する「えるぼし(2段階目)」を、2018年11月20日付で取得した。

 「えるぼし」は、2016年4月1日に施行された女性活躍推進法に基づき、行動計画の策定・届出を行い、一定の基準を満たした企業が認定を受けるもの。認定基準は、採用、継続就業、労働時間等の働き方、管理職比率、多様なキャリアコースの5項目で、基準を満たした評価項目の数に応じて、3段階で認定される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:12 | IR企業情報

CRI・ミドルウェアの「LiveAct PRO」が集英社のウェブサイト「WEB UOMO」に採用

■「LiveAct PRO」は動画の自動再生が可能

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)のWeb動画ソリューション「LiveACT PRO(ライブアクトプロ)」が、集英社が発行する男性向けファッション雑誌「UOMO(ウオモ)」のウェブサイト「WEB UOMO」に採用された

 集英社が月刊発行しているファッション情報誌「UOMO」のウェブサイト「WEB UOMO」は、全コンテンツが動画になり、40代男性向けのウェブサイトとしてアップデートされた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:46 | IR企業情報
2018年11月27日

【ハウスドゥ】入居率向上など支援する「賃貸保証サービス」を12月開始

◆連帯保証人に代わり家賃を立替え、外国人労働者の拡大などに対応

 ハウスドゥ<3457>(東1)は11月27日、連帯保証人に代わり、家賃の滞納などがあった際に家賃を立替払いする「賃貸保証サービス」を、2018年12月1日(土)から提供開始すると発表した。

 2020年に施行が予定されている改正民法では、これまで連帯保証人を前提とした賃貸借契約において連帯保証人の保証極度額の契約書記載が規定され、連帯保証人を依頼する際の警戒心が高くなることから、保証会社の利用を前提とした契約の比重が高くなることが見込まれている。

 また、外国人労働者の受け入れ拡大とともに、従来から連帯保証人の依頼先が見つかりにくい外国人労働者や留学生の入居に対する課題や、高齢者に対する賃貸借契約など、賃貸保証サービスの利用需要は拡大することが見込まれる。

 今回新たに開始する賃貸保証サービスは、賃料などを家主さんに立替払いを行うサービスで、連帯保証人に代わってハウスドゥが賃貸保証を行うことで、連帯保証人不要で賃貸借契約を進めることができる。家主さんにとっては、家賃滞納リスクを軽減でき、同時に、独自の審査基準による入居者の属性把握が可能になり、収益物件の評価向上につながる。

 ハウスドゥ!グループの店舗数は現在、全国565店舗(直営店17・フランチャイズ548、うちオープン準備中105店舖)。「ハウスドゥ!」ブランドに続いて18年1月に開始した「RENT Do!(レントドゥ!)」は不動産賃貸フランチャイズ展開などを行い、18年9月末までにフランチャイズ加盟店が16店舗に拡大した。

 今回の新サービスにより、「レントドゥ!」加盟店の管理物件獲得を支援するとともに、加盟店へのサービス展開を進めていくとした。
                                                             (HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:16 | IR企業情報

共和コーポレーションは子会社2社の吸収合併を発表

■同社グループの経営判断の迅速化等が目的

 共和コーポレーション<6570>(東2)は26日、同社の完全子会社であるYAZアミューズメント、シティエンタテイメントの2社を吸収合併することを発表した。なお、今回の合併は、同社の完全子会社を対象とする簡易吸収合併となる。

 今回の合併は、同社グループの経営判断の迅速化、営業力の強化、管理部門の効率化、経営効率の向上、経営資源の有効活用を進め、更なる事業の拡大、収益性の向上を目的としたものである。

 ちなみに、各社の店舗数は、共和コーポレーション36店舗、YAZアミューズメント12店舗、シティエンタテイメント4店舗となっている。

 効力発生日を19年1月1日とすることから、今期3月期通期決算は非連結決算となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:27 | IR企業情報

日本エンタープライズの子会社、会津ラボは公道での自動運転の実証実験を開始

■12月3日に公道での実証実験開始セレモニーを開催

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、会津ラボでは福島県平成30年度地域復興実用化開発等促進事業において「自動運転に係る情報基盤の構築及びまちなか巡回車両の実用化に向けた実証実験」を行ってきた。

 いよいよ、この実験の一環として公道で実証実験を行うこととなり、実証実験車のお披露目と、公道での実証実験開始セレモニーを開催する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:05 | IR企業情報
2018年11月26日

セルシードが再生医療受託サービスを開始

■第1号案件を東京女子医科大学から受注

 セルシード<7776>(JQG)は26日に、今期から事業開始予定としていた、再生医療受託サービスに関する第1号案件を東京女子医科大学から受注したと発表した。

  今回の受託は、 日本医療研究開発機構(AMED)から東京女子医科大学先端生命医学研究所が採択された再生医療実用化研究事業「同種歯根膜由来間葉系幹細胞シートによる歯周組織の再建」における同種歯根膜由来間葉系幹細胞シートの製造関連業務。 なお、東京女子医科大学は同件に関連して、今年8月に医師主導治験に係る治験届を独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出しており、今回同社が受託製造する細胞シートを用いて医師主導治験を実施するとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:40 | IR企業情報

パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第五弾を会員限定で公開

■経済産業省は「社会人基礎力」を約10年ぶりに見直す

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業のパイプドビッツ内のパイプド総研が事務局を務める「働き方改革研究センター」は、全国2.4万人規模を対象にインターネットで実施した「働き方改革研究センター調査2018」の分析結果レポートの第五弾を、11月22日に会員限定で公開した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:13 | IR企業情報

クリナップはホームページ内のWEBコンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」をリニューアル

■キッチンやバスルームの年末の大掃除に役立つ情報が満載

 クリナップ<7955>(東1)はホームページ内のWEBコンテンツ「ぴかぴか大掃除計画」をリニューアルし、11月22日に公開した。キッチンやバスルームの年末の大掃除に役立つ情報が満載となっている。

 「ぴかぴか大掃除計画」は、キッチンとバスルームの掃除をわかりやすい写真とともに解説している。特別な道具や洗剤を使わず、身近なものでキレイにできるコツを満載していることから、好評なコンテンツといえる。今回、キッチン編のワークトップに「セラミック素材のお手入れ方法」を追加し、リニューアル公開した。その他、油汚れで大変な換気扇・コンロ周り、シンクや食器洗い乾燥機などの掃除方法を紹介している。バスルーム編は、白い水アカがついた水栓まわりやミラー、頑固なカビ落としに悩む床・天井・壁などの掃除方法を紹介している。また、Webページと連動したテキスト本「ぴかぴか読本―キッチン編―」も、セラミックの手入れ方法を追加してリニューアルしている。サイト公開を記念し、電子メールでの応募先着100名に「ぴかぴか読本―キッチン編―」をプレゼントする。

■ぴかぴか大掃除計画:http://cleanup.jp/osouji/


k1.jpg
「ぴかぴか大掃除計画」トップページ

k2.jpg
お掃除のコツが満載の「ぴかぴか読本」

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:37 | IR企業情報
2018年11月25日

BEENOSは22日、自社株買いを発表

■取得期間は11月26日から19年2月25日までの3か月間

 BEENOS<3328>(東1)は22日、自社株買いを発表した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:48 | IR企業情報

スターティアホールディングスの子会社スターティアラボのAR技術が、日本経済新聞社が提供するスマートフォンアプリ「日経AR」に採用

 スターティアホールディングス<3393>(東1)は20日、子会社スターティアラボのAR技術が、日本経済新聞社が提供するスマートフォンアプリ「日経AR」に採用されたことを発表した。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | IR企業情報

レカムは事業再建に成功し、18年9月期は急成長を達成

■今期19年9月期も大幅増収増益を見込む

 レカム<3323>(JQS)は事業再建に成功し、18年9月期は急成長を達成した。今期19年9月期も大幅増収増益を見込んでいる。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:37 | IR企業情報
2018年11月24日

建設技術研究所は11月最終週を「CTIみんなでテレワーク・ウィーク」とする


■実施期間は11月26日(月)から11月30日(金)

 建設技術研究所<9621>(東1)は、11月最終週を「CTIみんなでテレワーク・ウィーク」としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | IR企業情報