[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/07)パイプドHDのグループ企業、VOTE FORはNEC、UCSと協力し、マイナンバーカードによる顔認証とブロックチェーン技術を用いたネット投票システムを開発
記事一覧 (09/06)トーソーは創立70周年を記念し、特設サイトを開設
記事一覧 (09/06)JPホールディングスは8月6日にレゴ(R)を使ったチームビルディング研修を実施
記事一覧 (09/05)アイビーシーが自己株式の取得を発表
記事一覧 (09/05)アイリッジがNOIDを使ってネスレ日本「時短レシピ」の開発を支援
記事一覧 (09/04)ベステラはリバーHD社と資本業務提携契約を締結
記事一覧 (09/04)ミロク情報サービスとNTTファイナンスが協業
記事一覧 (09/04)トーソーは10月11日にインテリアテキスタイルの合同発表会「with Curtains 2019」を初めて大阪で開催
記事一覧 (09/04)クリーク・アンド・リバー社の子会社、クレイテックワークスはインタラクティブブレインズの事業を譲受
記事一覧 (09/04)JPホールディングスのグループ企業である日本保育サービスは「みんなで保育環境先進プロジェクト」に参加
記事一覧 (09/03)トランザスの子会社がシンガポールのOTTO社とパートナーシップ契約を締結
記事一覧 (09/01)フェローテックHDは安徽省銅陵市に半導体シリコンウェーハの再生サービス事業参入のための新会社を設立
記事一覧 (08/30)パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツは「LINE Account Connect」部門において、「Technology Partner」に認定される
記事一覧 (08/30)ピックルスコーポレーションは「OH!!!発酵・健康・食の魔法」の建設予定地で起工式を実施
記事一覧 (08/23)綿半グループの綿半ソリューションズは中部国際空港第3駐車場工事を竣工
記事一覧 (08/22)アイリッジがiOSDC Japan 2019にゴールドスポンサーとして協賛
記事一覧 (08/22)AMBITIONとRPAテクノロジーズとの合弁会社、Re−Tech RaaSはダンゴネットと業務提携
記事一覧 (08/21)加賀電子の連結子会社、加賀ソルネットは『PINT GLASSES』シリーズの新製品を8月下旬より発売
記事一覧 (08/21)ソラストは7月施設系サービスの入居者数が70.8%増と好調推移
記事一覧 (08/20)Jトラストと連結子会社、日本保証は東京スター銀行と「ハワイ不動産担保ローン」に対する補償提携を開始
2019年09月07日

パイプドHDのグループ企業、VOTE FORはNEC、UCSと協力し、マイナンバーカードによる顔認証とブロックチェーン技術を用いたネット投票システムを開発

◇つくば市が開催した「令和元年度つくば Society 5.0 社会実装トライアル支援事業」を選出するコンテストの最終審査などで採用

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、VOTE FORは、NEC、ユニバーサルコムピューターシステム(以下「UCS」)と協力し、マイナンバーカードによる顔認証とブロックチェーン技術を用いたネット投票システムを開発した。

 当システムは、2019年8月28日につくば市が開催した「令和元年度つくば Society 5.0 社会実装トライアル支援事業」を選出するコンテストの最終審査で採用され、また、8月23日より受け付けた期日前投票と合わせて6日間に渡り使用された。なお、期日前投票初日となる8月23日に開催した記者会見では、つくば市役所にて本システムの概要説明並びに五十嵐市長によるマイナンバーカードと顔認証を用いた投票デモを実施した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:33 | IR企業情報
2019年09月06日

トーソーは創立70周年を記念し、特設サイトを開設

■創業以来の軌跡や想いを紹介

窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東2)は、創立70周年を記念し、特設サイトを開設した。

 同社は、2019年9月1日で、創立70周年を迎えた。カーテンレールメーカーとして始まり、現在では総合インテリア企業として、「皆様の暮らしをより魅力的なものにしたい」との想いを胸に、さまざまな提案を行ってきた。今回開設した特設サイトでは、これまでの感謝を込めて、創業以来の軌跡や想いを紹介している。

70周年記念サイト https://www.toso.co.jp/70th/

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:54 | IR企業情報

JPホールディングスは8月6日にレゴ(R)を使ったチームビルディング研修を実施

■保育士や学童支援員・栄養士など21名が受講

 子育て支援のJPホールディングス<2749>(東1)は、8月6日にレゴ(R)を使ったチームビルディング研修「LEGO SERIOUS PLAY」を実施した。

jp11.jpg

 同社グループで「LEGO SERIOUS PLAY」を実施するのは2回目で、今回「受講したのは、保育士や学童支援員・栄養士など、同社グループの従業員の採用を担当する人財戦略本部人材開発課のスタッフ21名であった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:52 | IR企業情報
2019年09月05日

アイビーシーが自己株式の取得を発表

 アイビーシー<3920>(東1)は5日、自社株買いを発表した。

 自己株式取得(自社株買い)は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を行うために実施するもので、買付株式数の上限を10万株(発行済み株式総数の1.79%)、取得総額を100百万円、取得期間を2019年9月6日〜同年10月31日までとして市場買付をする。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:08 | IR企業情報

アイリッジがNOIDを使ってネスレ日本「時短レシピ」の開発を支援

■レンジ料理など10分以内で簡単に作れるレシピを案内

111.jpg

 アイリッジ<3917>(東マ)は、同社が提供するAlexaスキル開発運用クラウド「NOID(ノイド)」を活用し、ネスレ日本の公式Alexaスキル「時短レシピ」を開発支援した。サービスの提供開始は9月2日(月)から。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:05 | IR企業情報
2019年09月04日

ベステラはリバーHD社と資本業務提携契約を締結

■両社の持つ独自の工事、リサイクル等の技術を相互提供する体制を整える

 ベステラ<1433>(東1)は3日、リバーHD社と資本業務提携契約を締結し、INCJ(本社:東京都千代田区)の保有するリバーHD社株式を引き受けることを決議した。

 リバーHD社は110年超の歴史を持つ、日本を代表するマテリアルリサイクラ―で日本発のマテリアルリサイクル(静脈)メジャーを目指し、中小規模事業者の多い業界において積極的に統合・連携を推進し、業界再編を推進すると共に、いわゆる製造業等の製品を生み出す動脈産業と連携したリサイクルの推進や日本全国で幅広い品目をワンストップで処理することで、環境認識の高い事業を展開している。また、その高いリサイクル技術を活かし海外への展開を積極的に進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | IR企業情報

ミロク情報サービスとNTTファイナンスが協業

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(「MJS」)<9928>(東1)とNTTグループの金融中核会社であるNTTファイナンスは、双方の取引先である中堅・中小企業の生産性向上のため、協業することとなった。

mi1.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | IR企業情報

トーソーは10月11日にインテリアテキスタイルの合同発表会「with Curtains 2019」を初めて大阪で開催

■既にテキスタイルメーカー9社の参加が決定

窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東2)は、10月11日(金)、インテリアテキスタイルの合同発表会「with Curtains 2019」を初めて、大阪で開催する。

111.jpg
昨年開催の様子

 「with Curtains」は、日本を代表するインテリアテキスタイルメーカーのマーケティング・商品開発担当者が、自社製品の開発背景やセールスポイント、コーディネート提案などについて1社につき20分間のプレゼンテーションを行うもので、13回目を迎える今回は、既にテキスタイルメーカー9社の参加が決定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:04 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社の子会社、クレイテックワークスはインタラクティブブレインズの事業を譲受

■ゲームや映画等のコンテンツ制作において、高品質な3DCGは不可欠

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)の子会社、クレイテックワークスは2日、インタラクティブブレインズ(本社:東京都渋谷区)の3DCGアバター事業、VR事業、コンテンツ等の開発事業を譲受した。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | IR企業情報

JPホールディングスのグループ企業である日本保育サービスは「みんなで保育環境先進プロジェクト」に参加

■8月25日に開催された「保育・子育てオープンイノベーション勉強会」の会場を提供

子育て支援最大手のJPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業である日本保育サービスは、家庭まち創り産学官共創ラボが主催する「みんなで保育環境先進プロジェクト」に参加し、8月25日に開催された「保育・子育てオープンイノベーション勉強会」の会場を提供した。

jp1.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:29 | IR企業情報
2019年09月03日

トランザスの子会社がシンガポールのOTTO社とパートナーシップ契約を締結

■最初のプロジェクトとしてシンガポールのフォルクスワーゲン社に

 トランザス<6696>(東マ)の完全子会社TRANZAS Asia Pacific(シンガポール「TAP」)が、8月28日にシンガポールのOTTO Solution(シンガポール 「OTTO」)とパートナーシップ契約を締結した。

oto1.jpg

 OTTO社は、照明、オートメーション設備、スマートソリューションを東南アジア5カ国に幅広く展開するソリューションプロバイダーであり、過去より2000を超えるプロジェクトをハンドルしている。同パートナーシップ契約は、OTTO社の展開する照明ソリューションにトランザスのIoTソリューションを組み入れ、両社の結合型ソリューションであるSmart IoT industry 4.0ソリューションを東南アジアに展開する事を目的としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:56 | IR企業情報
2019年09月01日

フェローテックHDは安徽省銅陵市に半導体シリコンウェーハの再生サービス事業参入のための新会社を設立

◇中国での専用ウェーハ(モニターウェーハ)の再生サービスの需要高まる

 フェローテックHD<6890>(JQS)は30日、安徽省銅陵市に半導体シリ コンウェーハの再生サービス事業参入のための新会社を設立することを発表した。

 中国におけるIoT、5G、EVの急速な普及、米中貿易摩擦に伴う半導体国産化の流れの加速等により、同国での半導体メーカーの設備投資は今後も増加して行くことが想定される中で、同社は浙江省杭州市で200mm、300mmの中・大口径半導体ウェーハ事業(200mm/月産35万枚、300mm/月産3万枚(パイロットライン))の 2021年度からの量産化に向けて、現在鋭意準備を進めているが、他方で中国の半導体メーカーは、量産開始前の製造ラインの安定化に大量に使用される専用ウェーハ(モニターウェーハ)の再生サービスの需要も高まっている。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | IR企業情報
2019年08月30日

パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツは「LINE Account Connect」部門において、「Technology Partner」に認定される

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツは、LINEが提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz−Solutions Partner Program」について同社が8月27日に発表したことを受け、「LINE Account Connect」部門において、「Technology Partner」に認定された。

 「LINE Biz−Solutions Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、「LINE Account Connect」、「LINE Ads Platform」、「LINE Sales Promotion」の各プロダクトにおいて、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラム。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | IR企業情報

ピックルスコーポレーションは「OH!!!発酵・健康・食の魔法」の建設予定地で起工式を実施

◇新規事業として計画している小売及び外食事業を行う

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)の連結子会社、株式会社OH(本社:埼玉県飯能市)は、8月23日に、埼玉県飯能市にある「OH!!!発酵・健康・食の魔法」の建設予定地で起工式を実施した。

p1.jpg
起工式の様子

 同社の新規事業として計画している小売及び外食事業を行う「OH!!!発酵・健康・食の魔法」の施設は、「発酵食品」のテーマパークとして、日本の伝統食品「漬物」をはじめとする「発酵」を五感で感じ「OH!!!」という感動と発見を体験するだけでなく、同社グループの今後の柱として注力するBtoC事業の情報発信としての役割も担う。

 同施設内にはピーネカフェ棟やショッピング棟など4棟の設置を予定している。各棟において独自の乳酸菌「Pne−12」を活用した製品や、グループこだわりの漬物などを販売・使用することとしており、さらに、地元野菜の販売・使用などにより地域活性化にも貢献する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | IR企業情報
2019年08月23日

綿半グループの綿半ソリューションズは中部国際空港第3駐車場工事を竣工

■駐車台数は1,291台

 綿半ホールディングス<3199>(東1)の子会社綿半ソリューションズは、セントレア(中部国際空港)に整備される立体駐車場(第3駐車場(P3))の建設工事を東急建設名古屋支店から受注し竣工した。

t1.jpg

 同工事には綿半ソリューションズが国土交通大臣より認定を受けている4層5段(4階建て)2棟の立体駐車場が採用されており、延床面積30,183u、駐車台数は1,291台(契約者用含む)にのぼる。同立体駐車場は7月20日に一般供用を開始している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:45 | IR企業情報
2019年08月22日

アイリッジがiOSDC Japan 2019にゴールドスポンサーとして協賛

■iOSエンジニアコミュニティの活性化を支援

 アイリッジ<3917>(東マ)は、9月5日(木)〜9月7日(土)に開催されるiOS関連技術者のためのカンファレンス・iOSDC Japan 2019にゴールドスポンサーとして協賛すると発表した。

sdc1.jpg

 同社では、優良顧客育成に特化した顧客データ分析プラットフォーム(CDP)「FANSHIP」のSDK提供およびマーケティング効果の高いO2Oアプリの受託開発においてiOSでの開発を行っており、iOSDC Japanには2018年から協賛している。「FANSHIP」は、顧客を優良顧客へと育成し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォームである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:36 | IR企業情報

AMBITIONとRPAテクノロジーズとの合弁会社、Re−Tech RaaSはダンゴネットと業務提携

◇人とロボットを組み合わせたRPAビジネスソリューションを、ダンゴネットの「賃貸名人」を導入する全国の不動産管理会社へ提供

 AMBITION<3300>(東マ)とRPAテクノロジーズとの合弁会社、Re−Tech RaaS (本社:東京都渋谷区)は、ダンゴネット(本社:東京都国分寺市)との業務提携を発表した。

zen1.jpg

 労働集約型である不動産業界において、業務効率の改善を推進していくことは、業界全体における大きな課題である。ダンゴネット社はあらゆる賃貸管理業務を効率化するシステム「賃貸名人」を不動産管理会社5,000社へ導入しており、不動産管理会社が利用する賃貸管理システムの上位3社のうちの1社である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:50 | IR企業情報
2019年08月21日

加賀電子の連結子会社、加賀ソルネットは『PINT GLASSES』シリーズの新製品を8月下旬より発売

■さまざまな老眼の人にクリアな視界と広い視野を提供する新製品

 加賀電子<8154>(東1)の連結子会社で、パソコン・モバイル製品・周辺機器、写真用品などを販売している、加賀ソルネット(本社:東京都中央区)は、『PINT GLASSES(ピントグラス)』シリーズの新製品「軽度レンズ(老眼度数:+1.75D〜0.0)」を8月下旬より販売する。

 『PINT GLASSES』は、小松貿易 (本社:大阪府大阪市)が長年の研究開発により完成させた、独自設計の累進多焦点レンズを搭載するシニアグラス(老眼鏡)。レンズの中心からやや下部、主に手元を見る時の視点の位置に【+1.75D(軽度用の場合)】のレンズを配置し、外側に向かい同心円状に度数が滑らかに減少していく累進設計とすることで、自然な焦点(ピント)移動を可能にした、さまざまな老眼の人にクリアな視界と広い視野を提供する新製品。モノを大きく見せるルーペ(拡大鏡)と違い、シニアグラスは見たいモノにピントを合わせる。従って、ピントグラスは自然な見え方で使用できる。また、ブルーライトカットやハードコーティングといった安心機能も搭載している。加賀ソルネットは、『ピントグラス』の国内販売総代理店として、全国の家電量販店、インターネットショップなどを通してこの製品を販売している。

ka11.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | IR企業情報

ソラストは7月施設系サービスの入居者数が70.8%増と好調推移

■入居率推移は95.7%と高水準を継続

 ソラスト<6197>(東1)は21日、7月の月次動向(2019年7月介護サービス利用状況速報値)を発表し、介護サービス利用状況は、在宅系サービスの訪問介護が前年同月比1.8%増の7,274人、デイサービスが6月末比2.2ポイントプラスで前年同月比46.0%増の11,392人だった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | IR企業情報
2019年08月20日

Jトラストと連結子会社、日本保証は東京スター銀行と「ハワイ不動産担保ローン」に対する補償提携を開始

 Jトラスト<8508>(東2)と連結子会社である日本保証は、東京スター銀行との間で2010年7月29日に締結している「不動産担保ローンに関する保証業務提携契約書」について、今回、新たに取扱商品の追加の覚書きを締結し、「ハワイ不動産担保ローン」に対する補償提携を開始する。

 米国ハワイ州の不動産を担保に、東京スター銀行から事業性資金融資(購入、借換資金含む)を受ける日本国内の個人事業者、法人(資産管理会社含む)に対して日本保証が保証を行う。

 ハワイ不動産担保ローンは、ハワイ州オアフ島のハワイ・カイからエワ・ビーチまでの南岸エリアに所在する不動産の所有者、ならびに、同エリアに所在する不動産を所有したい人を対象とした商品で、法人および賃貸不動産を所有の個人事業主が利用できるローン商品。

 ハワイ不動産担保ローンの特長は、年2.8%の固定金利で金利リスクの心配はない。契約はすべて国内で日本語による手続きとなる。また、ハワイ州オアフ島南岸エリアに所在する不動産の購入資金だけでなく、現地金融機関からの借換資金等、幅広い用途に利用できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | IR企業情報