スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/06)東京ガスの電力契約申込件数は24万件
記事一覧 (04/05)JPホールディングスは運営している各保育園のホームページでそれぞれの保育園の「いま」を発信
記事一覧 (04/05)パイプドHDは「スパイラルビジネスコネクターズフォーラム2016−REVIVE−」を5月20日に開催
記事一覧 (04/05)日立マクセルが京都・大山崎に京都本社を設置し、2本社制に
記事一覧 (04/05)日本エンタープライズはエキサイトと業務提携し、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」の共同運営を4月4日より開始
記事一覧 (04/04)綿半ホールディングスは「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープン
記事一覧 (04/04)はとバスツアー企画のルートにアドアーズの店舗が登場
記事一覧 (04/04)ワークマンの3月の売上高は、前年同月比1.5%増と堅調
記事一覧 (04/01)アドアーズは50周年プロジェクトを立ち上げる
記事一覧 (04/01)日本アジアグループ:JAG国際エナジー、小売電気事業者に事前登録
記事一覧 (04/01)ジャパンインベストメントアドバイザーはCAIJを完全子会社化することを決議
記事一覧 (03/31)ミロク情報サービスは中小企業の経営・業務改善を支援するBtoBクラウドプラットフォーム『bizsky』を構築
記事一覧 (03/31)CRI・ミドルウェアはSteam向け新ライセンスプランを提供開始
記事一覧 (03/30)メタウォーターは琵琶湖流域下水道「湖西浄化センター」汚泥燃料化施設の完成を発表
記事一覧 (03/30)アドアーズは世界名作劇場シリーズの『あらいぐまラスカル』との初ファンシーコラボ企画を開催
記事一覧 (03/30)ソネット・メディア・ネットワークスは『Logicadダイナミッククリエイティブ』 で人材サービス向けに広告配信を開始
記事一覧 (03/30)CRI・ミドルウェアは2016年のロードマップを発表
記事一覧 (03/30)ピックルスコーポレーションは4月1日に新製品「トマトキムチ」を発売
記事一覧 (03/29)ビューティガレージはフィードと業務提携し、歯科医院向け市場へ進出
記事一覧 (03/29)インテージHDはAGSとの業務提携に関する基本合意を締結
2016年04月06日

東京ガスの電力契約申込件数は24万件

■インターネットや電話などでの申込みも増加

 東京ガス<9531>(東1)は5日、電力契約の申込件数が約24万2000件に達したと発表した。

 同社では1月4日から購入先変更の先行受付を始め、4月1日から電力小売を開始した。前回公表(3月14日)の契約数は11万8000件だったが、都市ガスとのセット契約が好評のようで、同社グループの販売拠点「ライフバル」による営業活動のほか、インターネットや電話などでの申し込みも増加しており、4月4日時点で、契約数は約24万2000件となり、20万件を突破した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | IR企業情報
2016年04月05日

JPホールディングスは運営している各保育園のホームページでそれぞれの保育園の「いま」を発信

■季節イベントはもちろんのこと、給食やお遊びなどといった日常的な情報も

 JPホールディングス<2749>(東1)は、運営している各保育園のホームページを4月に全面リニューアルし、カラー写真や文章でそれぞれの保育園の「いま」を発信していく。

 例えば、運動会、遠足、節分、七夕、ハロウィン、芋ほりなど各園で行われている季節イベントはもちろんのこと、給食やお遊びなどといった日常的な情報も発信していく。当社としては、出来る限り、各園の「いま」にこだわり、日々の動きをリアルタイムで知ってもらうように努める方針。

 また、当社グループの基幹企業である日本保育サービスが主体となって、JPホールディングスグループ全体で「子育て支援活動」に取組んでいる。その一環として、子育てでよく使われるアイテムの一つであるタオルハンカチを作った。絵柄は日本保育サービスの保育園長が描いたもの。

 当社としては、この様に身近なところから「子育て支援活動」を始めていく。

jp11.jpg
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | IR企業情報

パイプドHDは「スパイラルビジネスコネクターズフォーラム2016−REVIVE−」を5月20日に開催

■特設ページを公開し申込受付を開始

 パイプドHD<3919>(東1)は、5月20日(金)16時より、東京都千代田区のTKPガーデンシティ永田町にて「スパイラルビジネスコネクターズフォーラム(以下「SBCF」)2016−REVIVE−」を開催する。本日4月5日に、SBCF2016の特設ページを公開し申込受付を開始した。

▼SBCF2016−REVIVE−特設ページ
http://www.pi-pe.co.jp/sbcf/2016/

 SBCFは、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」の新機能や情報資産活用の紹介にとどまらず、ビジネスコネクター同士の交流など、ビジネスの発展に繋がる機会を「スパイラル(R)」の利用者や、パートナー制度であるSDP(スパイラル・デベロッパーズ・プログラム)会員などに提供するイベント。今回、約1年半ぶり9回目の開催となる。

■SBCF2016の開催概要

 「SBCF2016−REVIVE−」は、ユーザー向けイベントから参加対象を拡充し、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」に関心があるが、まだ利用していない人も対象としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:49 | IR企業情報

日立マクセルが京都・大山崎に京都本社を設置し、2本社制に

■同社のマザー工場および先端技術開発の中心

 リチウムイオン電池大手の日立マクセル<6810>(東1)は4日、4月1日付けで京都府乙訓郡大山崎町の京都事業所に「京都本社」を設置し、東京本社との2本社制に移行したことを発表した。

 同社は京都を事業拠点のひとつとして、「混合・分散技術」「薄膜塗布技術」などのアナログ技術を研鑽・進化させて、磁気テープからリチウムイオン電池へと事業領域をひろげてきており、現在では同社のマザー工場および先端技術開発の中心として位置づけている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:36 | IR企業情報

日本エンタープライズはエキサイトと業務提携し、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」の共同運営を4月4日より開始

■両社の強みを活かして相乗効果を発揮

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、エキサイトと業務提携し、女性向けヘルスケアアプリ「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite』の共同運営を、4月4日より開始した。

 「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」 (iOS/Android)は、生理サイクルの記録/予測、妊娠しやすい/しにくい期間の予測、体組成計とのデバイス連携による体重記録、目標体重の設定など毎日の健康管理とダイエットをサポートする、女性向け無料ヘルスケアアプリ。このアプリは、当社が「App Store」および「Google Play」で配信し、累計DL数330万超の人気を得ている『女性のリズム手帳』をさらにパワーアップして、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」として運営するもの。

 両社は、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」のサービス企画、広告宣伝、販売促進などのマーケティングを共同で行い、両社の強みを活かして相乗効果を発揮するため特に、エキサイトはナンバーワン女性ポータルサイト「Woman.excite」(運営:エキサイト)の広告運用実績を活かしてアプリの広告モデル強化を、当社はモバイルコンテンツの運営実績を活かしてアプリ開発ならびにカスタマーサポートを担当する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | IR企業情報
2016年04月04日

綿半ホールディングスは「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープン

■主に少年用のサッカーグラウンドとしての利用を想定

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループが運営する「綿半スーパーセンター塩尻店」の隣接地に、大型サッカー施設「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープンすると発表した。

11.jpg

 4月1日には同施設の完成を記念して「完成記念式典」が行われた他、施設を運営するJFC及び松本山雅FC主催のオープニングイベントや記念大会などが開催された。

 同施設では、一般向けにグラウンドを時間貸しする他、松本山雅FCのサッカースクールの練習場や各種イベントの会場として使用する予定である。また、松本市及び塩尻市サッカー協会による小学生リーグの試合会場としても使用の予定であり、主に少年用のサッカーグラウンドとしての利用を想定している。

12.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:16 | IR企業情報

はとバスツアー企画のルートにアドアーズの店舗が登場

■はとバス社が6月より新たに提供するツアー企画で「アドアーズアクアライン店」を訪問

 アドアーズ<4712>(JQS)は4日、はとバスのバスツアー企画のルートに当社の店舗が組み込まれたことを発表した。

 はとバス社が6月より新たに提供する、「はとバスで行く!掴んでGET!手づかみシーフードと圧巻!青・白・ピンクの花名所(日帰り)」のツアー企画内で「アドアーズアクアライン店」を訪問する。

 高い人気を誇る千葉・房総方面のルートで、観光地として知られる東京アクアラインの海上パーキングエリア「海ほたる」での休息タイムは必ず含まれる。海ほたるでの休息の一環として、当社の「アドアーズアクアライン店」が組み込まれることになった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | IR企業情報

ワークマンの3月の売上高は、前年同月比1.5%増と堅調

■新規出店2店舗となり、3月末の総店舗数は766店舗(前期末比17店舗増)

 ワークマン<7564>(JQS)の3月の売上高は、前年同月比1.5%増と堅調であった。既存店売上高は、同0.7%増となった。

 3月は、平年より降水量が少なかったことから、長靴等が伸び悩んだが、気温の上昇に伴い、肌着やメッシュ靴下などのインナー類の売上が伸びた。

 出店に関しては、沖縄に初出店となる南風原店を出店した。また、大阪に旭城北公園前店を開店したことで、新規出店2店舗となり、3月末の総店舗数は766店舗(前期末比17店舗増)となった。
 なお、茂原バイパス店(千葉県)、立山バイパス店(千葉県)の2店舗をスクラップ&ビルドした。

 16年3月期の決算発表は、4月28日を予定している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:43 | IR企業情報
2016年04月01日

アドアーズは50周年プロジェクトを立ち上げる

■多数の記念イベントや施策を順次実施

 アドアーズ<4712>(JQS)は1日、今期で50周年を迎えることを記念して50周年プロジェクトを立ち上げることを発表した。

501.jpg

 当社の主力事業である「総合エンターテインメント事業」では、次の50年も盛り上げるべく、50周年記念ロゴマークの作成のほか、【Smiles for the Future】をキャッチフレーズに定め、これからの1年間、50周年を祝うため、多数の記念イベントや施策を順次実施する。

 各イベント内容については、順次リリースするほか、当社のホームページおよび各アドアーズ店頭でも告知する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:00 | IR企業情報

日本アジアグループ:JAG国際エナジー、小売電気事業者に事前登録

 グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東1)傘下のJAG国際エナジーは、本年4月1日以降の電力全面自由化にむけて、小売電気事業者の登録申請を行っていたが、3月14日付で同業者に事前登録された。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:13 | IR企業情報

ジャパンインベストメントアドバイザーはCAIJを完全子会社化することを決議

■主力事業であるオペレーティング・リース事業の販売力を強化

 ジャパンインベストメントアドバイザー<7172>(東マ)は31日、CAIJが発行する株式の80%を保有する米国のCAIから全株式を取得し、当社保有分20%と合わせCAIJを完全子会社化することを決議したことを発表した。

 CAIJは、米国CAIの展開するコンテナリース事業と新たな分野のリース事業も視野に入れ、日本の投資家のニーズに適合するオペレーティング・リース事業を始めとする金融投資商品の提案をしている。CAIJが日本の投資家へ提案するオペレーティング・リース事業商品は、これまで米国CAIがグローバル展開するコンテナ・リーシング・ビジネスを中心とした案件を提供してきたが、今後は、当社が組成するオペレーティング・リース事業商品(航空機、船舶、コンテナ)等も取り扱うことが可能となり、CAIJの事業領域の拡大、同社の顧客ニーズにマッチングしたより幅広い金融商品を提供する。

 今回の株式の取得は、当社の主力事業であるオペレーティング・リース事業の販売力の強化につながり、当社グループの企業価値向上に大いに寄与するものと思われる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:37 | IR企業情報
2016年03月31日

ミロク情報サービスは中小企業の経営・業務改善を支援するBtoBクラウドプラットフォーム『bizsky』を構築

■FinTech分野の融資仲介サービスを「bizsky」上で提供する予定

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、中小企業の経営・業務改善を支援するBtoBクラウドプラットフォーム「bizsky」を構築し、5月上旬より、同プラットフォーム上で稼働する最初のクラウドサービス『楽たす振込』の提供を開始する。

 『楽たす振込』は、受領した請求書に対する振込・支払業務を当社が代行することにより、中小企業の業務効率化およびコスト削減を支援するクラウドサービス。

 当社は、2017年3月までに中小企業における資金調達機会の改善・拡大を支援するFinTech分野の融資仲介サービスを「bizsky」上で提供する予定。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:40 | IR企業情報

CRI・ミドルウェアはSteam向け新ライセンスプランを提供開始

■世界最大級のPC用ゲームダウンロード販売プラットフォームを強力にサポート

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、PC用ゲームダウンロード販売プラットフォーム「Steam」で販売されるゲーム向けに、CRIWEAREの新ライセンスプランを提供開始する。

 米国Valve Corporationが運営するSteamは、全世界で1億人を超えるユーザーを抱える、世界最大級のPC用ゲームダウンロード販売プラットフォーム。取り扱うゲームは大手メーカーのタイトルからインディーズゲームまで、6,000タイトル以上(16年3月現在)と非常に多くのゲームを取り扱っていることが特徴であるが、割引セールを頻繁に行うことも特徴といえる。

 当社は、この様に販売価格が変動しやすいSteamで販売されるゲームでもCRIWEAREを導入しやすいライセンスプランを提供することで、PC用ゲームのクオリティ向上や開発効率化、マルチプラットフォーム展開を強力にサポートする。

 株式市場は、このニュースの発表を好感したのか、当社の株価は今年の最高値2,480円をつけた後、前場は前日比182円高の2,341円で引けている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:19 | IR企業情報
2016年03月30日

メタウォーターは琵琶湖流域下水道「湖西浄化センター」汚泥燃料化施設の完成を発表

■一般家庭約3,800世帯分の温室効果ガス削減に貢献

 メタウォーター<9551>(東1)は、滋賀県琵琶湖流域下水道 「湖西浄化センター汚泥燃料化事業」を受託し、13年5月から汚泥燃料化施設の建設を進めてきたが、このほど施設が完成したことを発表した。

 同事業は、湖西浄化センターに加え、大津市水再生センターで発生する下水汚泥を炭化物として資源化するもので、施設の設計・建設および運転・維持管理をメタウォーターがDBO方式で受託。燃料化事業として滋賀県では初となる。

meta1.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:42 | IR企業情報

アドアーズは世界名作劇場シリーズの『あらいぐまラスカル』との初ファンシーコラボ企画を開催

■アニメプラザ秋葉原店とアニメプラザ町田店の2店舗で4月8日より

 アドアーズ<4712>(JQS)は、アニメプラザ秋葉原店とアニメプラザ町田店の2店舗において、世界名作劇場シリーズの『あらいぐまラスカル』との初ファンシーコラボ企画を4月8日(金)から5月8日(日)まで開催する。

 当社では、女性向けのアニメやマンガを中心としたコンテンツとのコラボカフェを展開しているが、現行のコラボカフェに加え、さらに多くのアニメプラザファンを創出するために、新たなコンテンツによるファン層の獲得へ向けた取り組みを開始した。その第1弾として、絶大な人気のある「ラスカル」とのコラボ企画を、アニメプラザ秋葉原店とアニメプラザ町田店の2店舗で同時開催する。

開催内容
■「ラスカル」によるカフェフロアジャック
■オリジナルドリンク、フード&デザートの提供
■ドリンク1杯の注文につき、スマホ用オリジナルステッカーを1枚プレゼント(全6種)
■フード&デザートを注文でオリジナルクリアファイルを1枚プレゼント(全6種)
■オリジナルグッズとして、「ラスカルクッキー(全1種)」を販売
■数量限定で『ラスカルショッピングバッグ(紙製)』をプレゼント
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:05 | IR企業情報

ソネット・メディア・ネットワークスは『Logicadダイナミッククリエイティブ』 で人材サービス向けに広告配信を開始

■自社開発した人工知能「VALIS−Engine」を搭載

 ソネット・メディア・ネットワークス<6185>(東マ)は、この度『Logicadダイナミッククリエイティブ』において、人材サービス向けに最適化された広告配信の提供を開始した。

 『Logicadダイナミッククリエイティブ』は、サイトに訪問歴のあるユーザーに対し、閲覧履歴をもとにした興味関心が高い複数の広告クリエイティブを自動的に生成する。自動生成するためのレコメンドエンジンには、自社開発した人工知能「VALIS−Engine」を搭載しており、これにより全ユーザーの商品ページへの閲覧履歴から高精度な分析が可能で、関連性の高い商品広告が掲載できる。さらにDSP(広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム)『Logicad』が提携する広告ネットワークへ、リターゲティング広告を用いた配信を行うことで、クリックやコンバージョンを促進する。リターゲティング広告は、訪問歴のあるユーザーに限定し、再訪を促す広告を配信する手法のことである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:02 | IR企業情報

CRI・ミドルウェアは2016年のロードマップを発表

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は29日、2016年のロードマップを発表した。

 ロードマップのポイントとなるのは、VR向け機能の強化、スマートフォンゲーム演出向け新技術、スマートフォン向け開発環境の強化の3点。

 VR向けの強化に関しては、臨場感や没入感を深めるために欠かせない、音声再生・動画再生機能を強化する。高品質な立体音響・全天球動画により、リアルな酔わないVRを実現し、さまざまなコンテンツの開発を可能にする。なお、6月にPlay Station(R)VR対応SDK(ソフトウェアを開発するために必要な技術文書やツールなど一式)をリリースする。

 スマートフォンゲーム演出向けの新技術については、楽曲解析ミドルウェアBEATWIZ(R)をスマートフォンアプリへの組込みに対応する。様々な楽曲をアプリ内で瞬時に解析できるようになり、好きな楽曲を用いた音楽ゲームや、自動で音楽と連動するCG・映像の演出が可能となる。
 さらに、スマートフォンが持つ特有の機能とゲーム演出を連動させる、新しい技術をリリースする予定。

 スマートフォン向け開発環境の強化においては、サウンドミドルウェアCRIADX2(以下、ADX2)のツールを、Macに対応する。従来のADX2ツールはWindows用であったが、特にスマートフォンゲーム開発で広く使われているMacに対応することで、利用しやすくなる。音声圧縮や音声プレビューから順次対応し、9月にはMac上で高度な演出が可能な環境を提供する。また、「Android音声再生遅延推測機能」がADX2の機能をフリーで試せるCRIADX2LEでも使えるようになる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:22 | IR企業情報

ピックルスコーポレーションは4月1日に新製品「トマトキムチ」を発売

■リコピン含有量1.5 倍の“カゴメ高リコピントマト”を使用

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は、4月1日に新製品「トマトキムチ」を発売する。

 「トマトキムチ」は、リコピン含有量1.5 倍の“カゴメ高リコピントマト”を使用している。トマトを4つにカットし、酸味とキムチのうま味・辛みのバランスが味わえるのが特徴である。4月から7月までの期間限定商品。

toma11.jpg


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:36 | IR企業情報
2016年03月29日

ビューティガレージはフィードと業務提携し、歯科医院向け市場へ進出

■お互いの商品の融通に加え、歯科医院向け商品を企画・開発

 ビューティガレージ<3180>(東マ)は29日、フィード(神奈川県横浜市)との業務提携を発表した。業務提携開始日は16年3月29日からである。

 同社は、日本最大級のプロ向け美容商材ネット通販サイト「BEAUTY GARAGE Online Shop」を主軸として、約80万点を超える美容商材の通販や、サロン経営をサポートする周辺サービスを展開、現在の登録会員は27万サロン以上に達している。また、同社で自主開発したオリジナルブランドは物販事業売上高の約6割超を占めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:01 | IR企業情報

インテージHDはAGSとの業務提携に関する基本合意を締結

■連結子会社であるインテージテクノスフィアと合弁会社を設立することについて決議

 インテージHD<4326>(東1)は、28日開催の取締役会において、AGSとの業務提携に関する基本合意を締結するとともに、当社連結子会社であるインテージテクノスフィアと合弁会社を設立することについて決議した。

 AGSはITコンサルからシステム構築、業務処理に至るまでITに関する一連の業務を自社グループ内で完結できる埼玉県内最大手の総合IT企業として事業展開を行っている。

 AGSの高いIT技術力、コンピュータ運用能力や高機能の自社データセンターと、当社の グループ会社が持つ市場調査力、分析力や幅広い顧客層における業務実績など、両社間に重複する業務が少なく、経営戦略上の相乗効果や相互補完が期待できることから、今回の業務提携に至った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:39 | IR企業情報