[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/12)アドアーズの3月のアミューズメント施設売上高速報値は、前年同月比1.6%増と16年3月期で一番の伸び率となる
記事一覧 (04/12)マルマエ:半導体環境好転、3月受注残高7.9%増(前月比)
記事一覧 (04/12)パイプドHDのグループ会社、ウェアハートが平井堅のライブツアーの「デジタルコンテンツ・アクセスカード」サービス基盤を構築
記事一覧 (04/12)東京ガスは関西電力とLNGの調達および発電所運営で提携
記事一覧 (04/11)新日本建物:相次ぎ資産運用型事業で新規用地を取得
記事一覧 (04/11)CRI・ミドルウェアのサウンド技術がバンダイナムコエンターテインメントのVRプロジェクトに採用される
記事一覧 (04/11)アドアーズは50周年記念イベントの第1弾として「JACKPOT CLUB CARD」企画を開始
記事一覧 (04/08)ワイヤレスゲートは「東急プラザ銀座」全フロアでG Free (銀座フリーWi−Fi)を展開
記事一覧 (04/08)綿半ホールディングスの3月全店売上高は前年同月比18.8%増と期初から連続プラス
記事一覧 (04/08)SFPダイニングは2月期の純利益予想を55.7%上方修正し9億1800万円の見込み
記事一覧 (04/06)クリーク・アンド・リバー社の子会社エコノミックインデックスは「EIセンチメント」クラウド版の提供を開始
記事一覧 (04/06)パイプドHDは「I LOVE 下北沢」が下北沢東会と実施した合同調査結果を「政治山」で発表
記事一覧 (04/06)クリーク・アンド・リバー社は米国カリフォルニア州に100%出資の現地法人を設立
記事一覧 (04/06)東京ガスの電力契約申込件数は24万件
記事一覧 (04/05)JPホールディングスは運営している各保育園のホームページでそれぞれの保育園の「いま」を発信
記事一覧 (04/05)パイプドHDは「スパイラルビジネスコネクターズフォーラム2016−REVIVE−」を5月20日に開催
記事一覧 (04/05)日立マクセルが京都・大山崎に京都本社を設置し、2本社制に
記事一覧 (04/05)日本エンタープライズはエキサイトと業務提携し、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」の共同運営を4月4日より開始
記事一覧 (04/04)綿半ホールディングスは「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープン
記事一覧 (04/04)はとバスツアー企画のルートにアドアーズの店舗が登場
2016年04月12日

アドアーズの3月のアミューズメント施設売上高速報値は、前年同月比1.6%増と16年3月期で一番の伸び率となる

■人気ビデオゲームのバージョンアップがゲーム既存店の売上を牽引

 12日の引け後に発表された、アドアーズ<4712>(JQS)の3月のアミューズメント施設売上高速報値は、前年同月比1.6%増と16年3月期で一番の伸び率であった。

 アミューズメント施設売上高速報値は、対前年同月を上回った月は、9月の0.5%増と3月の2回のみ。他の月は全て前年同月を下回る結果となった。

 3月は、メダルゲームジャンルにおいて、お得なメダルパックの販売を実施した他、人気ビデオゲームのバージョンアップがゲーム既存店の売上を牽引した。また、コラボ企画として、3月26日よりTVアニメ『おそ松さん』とのスペシャルコラボをカラオケアドアーズ秋葉原店、カラオケアドアーズ新大久保店の2店舗同時に開催したことが好調の要因といえる。

 4月からは、設立50周年企画として、新しい記念イベントを順次実施することから、売上の回復が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:36 | IR企業情報

マルマエ:半導体環境好転、3月受注残高7.9%増(前月比)

■半導体・FPD両分野〜曲折在るも年末にかけ拡大見込む

 半導体・FPD製造装置用の真空部品など、精密切削加工のマルマエ<6264>(東マ)は、出荷検収が順調に進む中、3月末受注残高は、半導体が前月比29.0%増加の117百万円と好調に推移し、全体の受注残高が306百万円と前月残高比7.9%増加した。

 分野別の受注面では、この数カ月足踏み状態で推移した半導体分野が、環境好転し、対前年同月比では35.8%の減少ながら、対前月比では29.0%増加し117百万円であった。

 FPD分野では出荷検収が順調に進み、対前月比11.4%減となったが、対前年同月比較では倍増の176百万円であった。その他分野は特別な動きもなく、残高は12百万円に止まった。

■受注拡大へ〜受注品種拡大、大小真空パーツ:生産と試作開発を強化!

 今後の見通しについて「半導体分野は、エンドユーザーの微細化投資に伴う拡大傾向が強まるとみている。また、FPD分野は携帯端末向け中小型パネル製造装置は一旦減少しながらも、国内外での有機EL向けが、それぞれ年末にかけて拡大し始める見通しだ。テレビ向けの第10世代大型パネル製造装置も設備投資計画が具体化している」と語り、同社対応として「受注品種拡大や大型真空パーツの生産体制、半導体分野など小型真空パーツの試作開発の強化」など、受注拡大策を語る(同社取締役管理部長藤山敏久氏)。

分野別 過去一年間の四半期売上高と月次受注残高の推移
gu11.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:33 | IR企業情報

パイプドHDのグループ会社、ウェアハートが平井堅のライブツアーの「デジタルコンテンツ・アクセスカード」サービス基盤を構築

■公式ツアーグッズとしてアーティスト初となるデジタルサービス

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ会社のウェアハートが、平井堅のデビュー20周年イヤーの締めくくりとなる「Ken Hirai 20th Anniversary Special !! Live Tour 2016」の「デジタルコンテンツ・アクセスカード」サービス基盤を構築した。

hirai1.jpg
Ken Hirai 20th Anniversary Special !! Live Tour 2016

 ライブツアーは、明日4月13日、14日に、大阪城ホールで公演予定である。ツアー開催予定は、福岡、大阪、北海道、愛知、東京の全国5都市で、8公演が予定されていて、約8万人の動員が見込まれる。公式ツアーグッズとしては、アーティスト初となるデジタルサービス。

▼プレスリリース詳細
http://wearheart.co.jp/2016/04/12/kh20thanniversary/
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:59 | IR企業情報

東京ガスは関西電力とLNGの調達および発電所運営で提携

■LNG火力の運転・保守にかかる人材育成のノウハウを共有

 東京ガス<9531>(東1)は11日、関西電力と液化天然ガス(LNG)の調達および発電所の運営について提携すると発表した。

 両社は、LNGの調達などで培ってきた信頼関係のもと、燃料調達、発電所運営・保守、電源開発および海外事業への共同参画などの分野で、両社の強みを活かした提携に向けて、検討を進めている。

 その中で、このほどこれら一連の取り組みとして「LNG調達での弾力性向上」および「発電所運営の技術提携」を進めていくことで合意した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:21 | IR企業情報
2016年04月11日

新日本建物:相次ぎ資産運用型事業で新規用地を取得

■立地特性活用し開発〜賃貸需要取り込み狙う

 新日本建物<8893>(JQS)はこのたび、資産運用型のマンション開発を目的とする新たな事業用地として、三軒茶屋(世田谷区)、石川町(横浜市)の2案件について新規用地を取得し、それぞれ「三軒茶屋プロジェクト(仮称)」「石川町プロジェクト(仮称)」として開発する。

 同社は、事業再生計画を昨年5月14日に計画より2年繰り上げて完済、その後、前期にはマンション用地(9件)、アパート用地(2件)、戸建て用地(2件)、合わせ13件(※)を取得するなど、積極的な営業展開をしている。

 特に前期後半からは、交通施設・日常生活条件に恵まれた案件を取得し、資産運用型マンション等の開発案件に集中しているが、今回もその路線を引き継いでいる。(※プレスリリース情報で集計)

 今回取得した新規用地は、甲乙つけ難い好立地条件が揃った2件である。

 「三軒茶屋プロジェクト(仮称)」が、東急田園都市線「三軒茶屋」駅から徒歩6分、駅前には商業施設や文化・公共施設が整備される一方で、住みたい街"ランク上位の人気エリアである。

 また、「石川町プロジェクト(仮称)」は、JR根岸線「石川町」駅から徒歩4分と駅近であり、古くから中華街への入り口として知名度が高い、選り抜きの用地である。

■開発の狙い〜賃貸需要を取り込むマンションの開発を進める

 同社は、用地取得した事業目的を「賃貸需要を取り込むマンションの開発を進める」と話し、それぞれの立地特性や活用目的を次のように説明する。

【三軒茶屋プロジェクト】

 「駅前に大型商業施設、文化・公共施設が集る一方で、エコー仲見世商店街、すずらん通りなど親しみやすい街並みを残しており、渋谷の先鋭性と世田谷の風情溢れるカルチャーが融合された土地柄だ。さらに、主要駅へはビックターミナル「渋谷」駅を中心に多彩な路線網が広がっており、その立地特性を活かしたい。」

●物件概要:・所在地:世田谷区太子堂二丁目、・土地面積:294.55u、・総戸数:16戸、・構造;鉄筋コンクリート造地上4階建、・住居間取り:1R〜1LDK

【石川町プロジェクト】

 「山手や横浜中華街、元町通商店街の玄関口として賑わい、ショッピングやカルチャー、グルメと多様な彩りに加え、多方面へとつながる国際色豊かなターミナル「横浜」駅へのアクセスにも優れていることから、レジャーやビジネス拠点としての賃貸需要を取り込みたい。」

●物件概要:・所在地:神奈川県横浜市中区松影町一丁目、・土地面積:329.89u、総戸数:69戸、・構造;鉄筋コンクリート造地上11階建、・住居間取り:1R
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:05 | IR企業情報

CRI・ミドルウェアのサウンド技術がバンダイナムコエンターテインメントのVRプロジェクトに採用される

■CRIWAREのサウンド技術でVRの臨場感を強力にサポート

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、同社のサウンド技術がバンダイナムコエンターテインメントのVRプロジェクトに採用されたことを発表したことで、株価はストップ高となった。

 CRIWAREのサウンド技術でVRの臨場感を強力にサポートすることになった。
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000cp53.html

バンダイナムコエンターテインメントが3月28日に始動を発表した、“VR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト”「Project i Can」にCRIWAREが採用された。対象タイトルは「VR鉄道運転室『トレインマイスター』」で、CRIWAREのサウンドミドルウェアが採用されている。

 仮想現実では、「現実にある音をいかにリアルに再現するか」が非常に重要だが、電車のスピードによって再生間隔や音量が変化する音を作り出すのは大変なことである。CRIWAREは、欲しい音をデザインできるサウンドツールでVRならではの臨場感の追究をサポートしている。

 「Project i Can」のVRコンテンツは、4月15日(金)から東京・台場にオープンする「VR ZONE Project i Can」で公開される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | IR企業情報

アドアーズは50周年記念イベントの第1弾として「JACKPOT CLUB CARD」企画を開始

■2016年4月9日(土)〜 2017年3月31 日(金)までの期間

 アドアーズ<4712>(JQS)は、50周年記念イベントの第1弾として、2016年4月9日(土)〜 2017年3月31 日(金)までの期間、「JACKPOT CLUB CARD」企画を開始した。

 この企画は、当社のルーツであるメダルゲームジャンルの“シングルメダル”ゲームにおいて、10万枚以上というJACKPOT(大当たり)を出した客だけに「JACKPOT CLUB CARD(黒)」を贈呈する、長期間にわたる特別企画。

アドアーズ50周年企画第1弾
http://www.adores.co.jp/dl/160408_adores_50th_jackpot_club.pdf?s.57071809ca0acb2499c9

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | IR企業情報
2016年04月08日

ワイヤレスゲートは「東急プラザ銀座」全フロアでG Free (銀座フリーWi−Fi)を展開

■大規模商業施設でのG Freeの展開は初となる

 ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲート<9419>(東1)は、電通<4324>、OOHメディア・ソリューション(東京都渋谷区)、シーエスイー(愛知県あま市)の3社と共同で展開しているG Free (銀座フリーWi−Fi)を、3月31日にグランドオープンした東急プラザ銀座の全館へと拡大した。

 4社は、東京都中央区の補助のもとに一般社団法人銀座通連合会と全銀座会が推進する「無線LAN環境構築支援プロジェクト」に参画している。すでに12年9月に「銀座通り」、13年11月に「晴海通り」、15年11月には「並木通り」と、それぞれの通り会(商店街)や商業施設との連携を図りながらG Freeを実現させてきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:18 | IR企業情報

綿半ホールディングスの3月全店売上高は前年同月比18.8%増と期初から連続プラス

■トレーニングやバーベキュー用品などのレジャー部門が好調

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は8日、3月の月次データを発表した。

 スーパーセンター事業の月次売上状況(前年同月比、速報値)を見ると、16年3月は全店が118.8%、既存店が95.1%だった。既存店売上は、新生活用品の動き出しが遅く、インテリア収納や家電などが低迷したが、トレーニングやバーベキュー用品などのレジャー部門が好調に推移した。

 15年4月〜16年3月累計は全店が110.1%、既存店が100.6%となり、既存店も前年比プラスで推移している。

 全店では、5月にオープンした「綿半スーパーセンター豊科店」、11月にオープンした「綿半スーパーセンター塩尻店」が寄与したことのほかに、「キシショッピングセンター」が加わったことにより伸長している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:05 | IR企業情報

SFPダイニングは2月期の純利益予想を55.7%上方修正し9億1800万円の見込み

■年間配当予想は3円増額し9円に

 SFPダイニング<3198>(東2)は7日、16年2月期非連結通期業績予想(15年10月〜16年2月の5ヶ月間の変則決算)の上方修正を発表した。

 今期通期の売上高は、4店舗出店の鳥良商店が好調に推移したこともあり、鳥良事業部門が計画を上回る見通しのほか、きづなすしも、また、磯丸事業部門でも計画を上回ることが寄与し、前回予想を2億9600万円上回る140億7600万円(前回予想比2.1%増)となる見通しである。営業利益はアルバイトを中心に人件費の効率的なコントロールに努め、また売上増効果で店舗家賃などの固定費が低下したことで、同2億1400万円上回る14億6400万円(同17.2%増)、経常利益は同2億2400万円上回る15億6400万円(同16.8%増)を見込んでいる。純利益は当初見込みの特別損失が予想を下回る見通しとなったことから、同3億2800万円上回る9億1800万円(同55.7%増)と上方修正により増収増益を見込む。

 なお、業績好調に伴い、年間配当予想は3円増額し9円になる見通しとした。

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | IR企業情報
2016年04月06日

クリーク・アンド・リバー社の子会社エコノミックインデックスは「EIセンチメント」クラウド版の提供を開始

■業績や販売データなどの変動要因を、人工知能を用いてリアルタイムで分析・検証できるソフトウェア・ツール

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東2)のグループ企業で、データ情報分析サービスを行うエコノミックインデックスは、業績や販売データなどの変動要因を、人工知能を用いてテレビやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上のデータからリアルタイムで分析・検証できるソフトウェア・ツール「EIセンチメント」クラウド版の提供を開始した。

 この提供開始に合わせて当社では、Webやスマートフォンを用いた販促などのデジタルマーケティング、テレビ番組や広告・宣伝制作分野へ活用提案を進める。コンバージョンレート(Webサイトの訪問者が購入や登録を行った率)の改善や販売・宣伝・広報戦略の見直しなど、クライアント企業のKPI(Key Performance Indicator :主要業績評価指標)に即した戦略の立案が可能となる。

 「EIセンチメント」は、SNSやテレビなどの各種メディアにおいて、企業の広報宣伝活動や報道などによって話題となっている言葉=“空気”が自社の売上高や販売数などのKPIに与える影響度を俯瞰的に可視化・検証するデータ分析サービス。このサービスを使うと、日々企業が注目しているKPIを入力すると、業績の変動と相関関係にあると推測されるキーワードが導き出され、クライアント企業が想定していなかったことを発見できる。

 2015年春よりEI社では、企業からの依頼に応じてデータサイエンティストが、世間にあふれるビッグデータから、埋もれている“空気”を発掘してビジネス視点や分析結果を報告するサービスを行ってきた。しかし、レポートには高い評価を得ながらも、データサイエンティストがチューニングを繰り返すプロセスは時間がかかり、分析作業に数ヵ月かかることもあった。

 今回提供を開始したクラウド版は、アルゴリズム(プログラムの処理手順)を自動化させ、業績数値と分析対象となるキーワードも汎用的なリストから適時取捨選択できるようにしたことで、データサイエンティストの力を借りなくても、人工知能によって企業の誰もが手軽に使用できるソフトウェア・ツールとなっている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | IR企業情報

パイプドHDは「I LOVE 下北沢」が下北沢東会と実施した合同調査結果を「政治山」で発表

■下北沢の魅力度を向上させるための調査結果

 パイプドHD<3919>(東1)は、パイプドビッツが運営する地域密着型Webサイト「I LOVE 下北沢」が下北沢東会(あずま通り商店街)と実施した合同調査結果を「政治山」で発表した。

 経済産業省の「平成27年度地域商業自立促進事業」採択の『外国人来街者に向けた街の魅力発信事業及び「おもてなし」提供等事業』で実施した「下北沢の魅力度を向上させるための調査事業 〜外国人リピーターが何度も訪れたくなる街、下北沢を目指して〜」についての調査結果。

 パイプドビッツが運営する政治・選挙情報サイト「政治山」で、結果サマリー記事と最終報告書を6日(本日)公開した。

▼プレスリリース詳細
http://www.pi-pe.co.jp/news/press/2016/20160406_01.html

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:04 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社は米国カリフォルニア州に100%出資の現地法人を設立

■マーケティングと既存ビジネスの現地展開を支援

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東2)は4日、米国カリフォルニア州に100%出資の現地法人設立を発表した。

 新会社の商号は、CREEK & RIVER Global, Inc.。事業内容は、当社子会社C&Rリーガル・エージェンシー社の新サービス「JURISTERRA(ジュリステラ)」の米国におけるサービス基盤の拡充と、米国におけるエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業に関するマーケティングおよび現地展開支援。

 「JURISTERRA」とは、世界中の弁護士を繋ぎ、弁護士が個人単位でエントリーできる、ビジネス法務領域に特化したSNSプラットフォームのこと。弁護士同士で知識やノウハウをシェアできる仕組みと、クライアントとのコミュニケーションを図れる機能が搭載されている。

 米国に現地法人を設立したことで、いよいよ当社の米国での事業活動が活発化するものと期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:41 | IR企業情報

東京ガスの電力契約申込件数は24万件

■インターネットや電話などでの申込みも増加

 東京ガス<9531>(東1)は5日、電力契約の申込件数が約24万2000件に達したと発表した。

 同社では1月4日から購入先変更の先行受付を始め、4月1日から電力小売を開始した。前回公表(3月14日)の契約数は11万8000件だったが、都市ガスとのセット契約が好評のようで、同社グループの販売拠点「ライフバル」による営業活動のほか、インターネットや電話などでの申し込みも増加しており、4月4日時点で、契約数は約24万2000件となり、20万件を突破した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09 | IR企業情報
2016年04月05日

JPホールディングスは運営している各保育園のホームページでそれぞれの保育園の「いま」を発信

■季節イベントはもちろんのこと、給食やお遊びなどといった日常的な情報も

 JPホールディングス<2749>(東1)は、運営している各保育園のホームページを4月に全面リニューアルし、カラー写真や文章でそれぞれの保育園の「いま」を発信していく。

 例えば、運動会、遠足、節分、七夕、ハロウィン、芋ほりなど各園で行われている季節イベントはもちろんのこと、給食やお遊びなどといった日常的な情報も発信していく。当社としては、出来る限り、各園の「いま」にこだわり、日々の動きをリアルタイムで知ってもらうように努める方針。

 また、当社グループの基幹企業である日本保育サービスが主体となって、JPホールディングスグループ全体で「子育て支援活動」に取組んでいる。その一環として、子育てでよく使われるアイテムの一つであるタオルハンカチを作った。絵柄は日本保育サービスの保育園長が描いたもの。

 当社としては、この様に身近なところから「子育て支援活動」を始めていく。

jp11.jpg
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | IR企業情報

パイプドHDは「スパイラルビジネスコネクターズフォーラム2016−REVIVE−」を5月20日に開催

■特設ページを公開し申込受付を開始

 パイプドHD<3919>(東1)は、5月20日(金)16時より、東京都千代田区のTKPガーデンシティ永田町にて「スパイラルビジネスコネクターズフォーラム(以下「SBCF」)2016−REVIVE−」を開催する。本日4月5日に、SBCF2016の特設ページを公開し申込受付を開始した。

▼SBCF2016−REVIVE−特設ページ
http://www.pi-pe.co.jp/sbcf/2016/

 SBCFは、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」の新機能や情報資産活用の紹介にとどまらず、ビジネスコネクター同士の交流など、ビジネスの発展に繋がる機会を「スパイラル(R)」の利用者や、パートナー制度であるSDP(スパイラル・デベロッパーズ・プログラム)会員などに提供するイベント。今回、約1年半ぶり9回目の開催となる。

■SBCF2016の開催概要

 「SBCF2016−REVIVE−」は、ユーザー向けイベントから参加対象を拡充し、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」に関心があるが、まだ利用していない人も対象としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:49 | IR企業情報

日立マクセルが京都・大山崎に京都本社を設置し、2本社制に

■同社のマザー工場および先端技術開発の中心

 リチウムイオン電池大手の日立マクセル<6810>(東1)は4日、4月1日付けで京都府乙訓郡大山崎町の京都事業所に「京都本社」を設置し、東京本社との2本社制に移行したことを発表した。

 同社は京都を事業拠点のひとつとして、「混合・分散技術」「薄膜塗布技術」などのアナログ技術を研鑽・進化させて、磁気テープからリチウムイオン電池へと事業領域をひろげてきており、現在では同社のマザー工場および先端技術開発の中心として位置づけている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:36 | IR企業情報

日本エンタープライズはエキサイトと業務提携し、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」の共同運営を4月4日より開始

■両社の強みを活かして相乗効果を発揮

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、エキサイトと業務提携し、女性向けヘルスケアアプリ「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite』の共同運営を、4月4日より開始した。

 「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」 (iOS/Android)は、生理サイクルの記録/予測、妊娠しやすい/しにくい期間の予測、体組成計とのデバイス連携による体重記録、目標体重の設定など毎日の健康管理とダイエットをサポートする、女性向け無料ヘルスケアアプリ。このアプリは、当社が「App Store」および「Google Play」で配信し、累計DL数330万超の人気を得ている『女性のリズム手帳』をさらにパワーアップして、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」として運営するもの。

 両社は、「女性のリズム手帳 Powered By Woman.excite」のサービス企画、広告宣伝、販売促進などのマーケティングを共同で行い、両社の強みを活かして相乗効果を発揮するため特に、エキサイトはナンバーワン女性ポータルサイト「Woman.excite」(運営:エキサイト)の広告運用実績を活かしてアプリの広告モデル強化を、当社はモバイルコンテンツの運営実績を活かしてアプリ開発ならびにカスタマーサポートを担当する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | IR企業情報
2016年04月04日

綿半ホールディングスは「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープン

■主に少年用のサッカーグラウンドとしての利用を想定

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループが運営する「綿半スーパーセンター塩尻店」の隣接地に、大型サッカー施設「綿半フットボールパークFUTSAL POINT 塩尻」を4月9日にグランドオープンすると発表した。

11.jpg

 4月1日には同施設の完成を記念して「完成記念式典」が行われた他、施設を運営するJFC及び松本山雅FC主催のオープニングイベントや記念大会などが開催された。

 同施設では、一般向けにグラウンドを時間貸しする他、松本山雅FCのサッカースクールの練習場や各種イベントの会場として使用する予定である。また、松本市及び塩尻市サッカー協会による小学生リーグの試合会場としても使用の予定であり、主に少年用のサッカーグラウンドとしての利用を想定している。

12.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 21:16 | IR企業情報

はとバスツアー企画のルートにアドアーズの店舗が登場

■はとバス社が6月より新たに提供するツアー企画で「アドアーズアクアライン店」を訪問

 アドアーズ<4712>(JQS)は4日、はとバスのバスツアー企画のルートに当社の店舗が組み込まれたことを発表した。

 はとバス社が6月より新たに提供する、「はとバスで行く!掴んでGET!手づかみシーフードと圧巻!青・白・ピンクの花名所(日帰り)」のツアー企画内で「アドアーズアクアライン店」を訪問する。

 高い人気を誇る千葉・房総方面のルートで、観光地として知られる東京アクアラインの海上パーキングエリア「海ほたる」での休息タイムは必ず含まれる。海ほたるでの休息の一環として、当社の「アドアーズアクアライン店」が組み込まれることになった。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:07 | IR企業情報