[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/24)ワイヤレスゲートは自動車学校にWi−Fiインフラを提供
記事一覧 (06/23)アドアーズは7月4日から8月31日まで『ツキウタ。』とのコラボイベントと限定グッズ販売を開催
記事一覧 (06/22)ジェイテックはベンチャー総研グループと事業譲渡契約を締結
記事一覧 (06/19)パイプドビッツは「政治山調査レビュー会」を2015年6月26日(金)に開催
記事一覧 (06/19)日本エンタープライズはIDCフロンティアと業務提携
記事一覧 (06/19)IBJのお見合い件数、交際成立数が過去最高値を更新
記事一覧 (06/18)CRI・ミドルウェアはフランスで開催される、医療ICT分野の国際ワークショップに参加
記事一覧 (06/17)アドアーズはAnime Plaza 池袋店で、コラボイベントを開催
記事一覧 (06/16)JFEシステムズは、クラウド事業でセールスフォース・ドットコムと販売パートナー契約締結を発表
記事一覧 (06/16)マルマエ:受注残高、12月に次ぎ2番目と高水準〜5月(月次概算)
記事一覧 (06/16)ケンコーマヨネーズは持分法適用関連会社の持株の全株式を譲渡
記事一覧 (06/15)きちりは三井物産など3社の合弁でイタリア食材事業を展開
記事一覧 (06/15)アスラポート・ダイニングはジャパン・フード&リカー・アライアンスとの資本業務提携を発表
記事一覧 (06/15)スターティアラボのAR アプリ「COCOAR」が江崎グリコのキャラクター活用店頭コラボレーションに採用
記事一覧 (06/12)VOYAGEは「logly lift」を運営するログリーなど2社を持分法適用関連会社化
記事一覧 (06/11)IBJは6月12日から貸借銘柄に
記事一覧 (06/11)IBJはクリス・ハートの47都道府県ツアーにメインスポンサーとして協賛
記事一覧 (06/11)大幸薬品:「二酸化塩素ガスによる環境感染対策」発表
記事一覧 (06/11)フランスベッドは6月中旬より、車いす用クッション「楽+座クッション」を発売
記事一覧 (06/11)パイプドビッツ総合研究所が教育プログラム「政策創造塾」を開講
2015年06月24日

ワイヤレスゲートは自動車学校にWi−Fiインフラを提供

■高知県内の自動車学校に

 ワイヤレスゲート<9419>(東マ)は24日、高知県にある安芸自動車学校と高知県自動車学校の自動車教習生向けに「Wi−Fiインフラ」を提供すると発表した。7月から運用を開始する。

 同社は、複数の無線通信インフラ(Wi−Fi、WiMAX2+、LTEなど)を統合する総合MVNOとしてワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供しており、無線通信分野においてノウハウを有している。

 この度、ワイヤレスゲートが両校に対して、Wi−Fiインフラを構築することで合意し、自動車教習生の利便性を高めるサービスの提供を行う。

 先ずは、待合スペースのWi−Fi化を実施し、将来的には教習生が滞在する宿舎、食堂、通学用バスなどの場所に拡大を目指す。加えて、同社の有料Wi−Fiサービスのトライヤル利用を既存のワイヤレスゲートWi−Fiサービスへの加入契機に繋げることも検討していく。

 また、教習生の属性を活かし、場所の活性化を通じて、広告モデルの提供などでコストから収益を産むビジネスモデルの構築を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:33 | IR企業情報
2015年06月23日

アドアーズは7月4日から8月31日まで『ツキウタ。』とのコラボイベントと限定グッズ販売を開催

■本イベントでしか手に入らないレアグッズを用意

 アドアーズ<4712>(JQS)は23日、アニメプラザ秋葉原店で、コラボ企画第3弾として、大人気CDコンテンツ『ツキウタ。』とのコラボイベントと限定グッズ販売を7月4日(土)から8月31日(月)まで開催することを発表した。

 今回のコラボイベントでは、店内を彩る壁面やノベルティ、グッズなどを新規のデフォルメイラストでデザインしており、メニュー注文で限定ノベルティのプレゼントや、オリジナルメニューの提供、作品キャラクターによるカフェフロアジャック、限定グッズの販売など、本イベントでしか手に入らないレアグッズを用意している。

詳しくはホームページを
http://www.adores.co.jp/release/pdf/20150623_tsukiuta.pdf

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:21 | IR企業情報
2015年06月22日

ジェイテックはベンチャー総研グループと事業譲渡契約を締結

■7月1日付で事業開始予定

 ジェイテック<2479>(JQS)は19日、ベンチャー総研グループのヒューマンリソース事業及びポスティング事業の一部の譲受に関して合意し、事業譲渡契約を締結したことを発表した。

 同社は、事業譲渡契約締結により、6月30日付で、ヒューマンリソース事業及びポスティング事業の一部の必要な資産を譲受し、7月1日付で事業開始する予定。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | IR企業情報
2015年06月19日

パイプドビッツは「政治山調査レビュー会」を2015年6月26日(金)に開催

■今後の政局や有権者の動向などについて参加者とともにディスカッション

 パイプドビッツ<3831>(東1)が運営する、政治・選挙情報サイト「政治山(せいじやま)」は、議員、候補予定者を対象に、最新の政治山調査結果を関連ニュースとともに解説する「政治山調査レビュー会 〜内閣支持と安保法制に関する調査を読み解く〜」を2015年6月26日(金)に開催する。

 今回は、2015年6月に4,275名から回答を得た「安倍政権の進める政策・法案に関する意識調査−内閣支持と安保法制」を題材に解説したのち、調査結果から読み取ったものをどのように政治活動に生かすことができるのか、今後の政局や有権者の動向などについて参加者とともにディスカッションする。

 少人数制での開催ですので、お早めにお申し込みください。

政治山調査レビュー会 案内ページ
https://www.facebook.com/events/819991128097258/

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:31 | IR企業情報

日本エンタープライズはIDCフロンティアと業務提携

■日本エンタープライズの『プレミアクラウド』に、IDCフロンティアがインフラ基盤を提供

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、IDCフロンティア(以下、IDCF)と業務提携し、日本エンタープライズの『プレミアクラウド』に、IDCFがインフラ基盤を提供して、6月18日よりサービスを開始した。

 日本エンタープライズが提供する、クラウド型統合運用監視サービス『プレミアクラウド』は、「高可用なクラウドインフラ」、「24時間365日のシステム監視」、「障害切り分け〜障害復旧」、「障害に対するアドバイス」、「ファイアウォール等のネットワーク設定」を基本パッケージとし、月額固定料金で、申込みから最短2日で利用開始可能なサービスである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:37 | IR企業情報

IBJのお見合い件数、交際成立数が過去最高値を更新

 IBJ<6071>(東2)はこのほど、「日本結婚相談所連盟」でのお見合い件数が2015年5月時点で月間20,000件を、また、婚活サイト「ブライダルネット」の月間の交際成立数が15,000名をそれぞれ突破したことを発表した。

■「日本結婚相談所連盟」のお見合い件数が月間20,000件を突破

 日本結婚相談所連盟は、2006年の事業開始以来、IBJが開発した「お見合いセッティングシステム」を全国の結婚相談所に提供し、成婚までのサポート業務フローやお見合いルールを統一するなどのインフラ提供に努め、結婚相談所をつなぐ独自のネットワーク基盤を展開してきた。

 同社では、昨年、スマホ利用を意識して「お見合いセッティングシステム」の大幅リニューアルを行い、それにより操作の円滑化・利便化が進み、加盟相談所数、会員登録数は順調に増加。比例してお見合い件数が20,000件を突破するに至った。これは、昨年12月比で約21%増加しており、今後も成長が期待できる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:10 | IR企業情報
2015年06月18日

CRI・ミドルウェアはフランスで開催される、医療ICT分野の国際ワークショップに参加

■一生の始まりである胎児データの記録と扱いについてプレゼンテーションを行う

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は本日(18日)、7月1日(水)〜3日(金)にフランスで開催される、医療ICT分野の国際ワークショップ「eHealth Summer UNIVERSITY 2015」に参加することを発表した。

11.jpg
(公式ホームページから)

 同社は、音声・映像技術とモバイルデバイスのノウハウを活用した医療ICT(情報通信技術)ソリューションについて、プレゼンテーションおよび参加企業各社との技術交流を行う。

 「eHealth Summer UNIVERSITY」は、毎年フランスで開催される、医療ICT分野の国際ワークショップ(体験型講座)。ICT、在宅、リハビリ等をテーマに、8ヵ国約600人の先進的な取り組みを行っている企業や研究者が集まり(2014 年実績)、ワークショップやディスカッションを行う。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:09 | IR企業情報
2015年06月17日

アドアーズはAnime Plaza 池袋店で、コラボイベントを開催

■第3弾目となる今回はCafeとコラボレーションが実現

 アドアーズ<4712>(JQS)は、Anime Plaza 池袋店で、TV アニメ「Free!-Eternal Summer-」とのコラボイベントを7月4日(土)から9月30日(水)まで開催する。

 今回コラボする「Free!-Eternal Summer-」は、おおじこうじ氏著「ハイ☆スピード!」原案、株式会社京都アニメーション制作による、水泳と青春と絆の物語を描いた人気TVアニメ作品。

 同タイトルでは2014年7月、11月に、カラオケアドアーズ秋葉原店でコラボイベントを実施しており、大好評であったことから、今回の開催となった。第3弾目となる今回はCafeとコラボレーションが実現。
 この企画の為だけに新たに描き下ろしされた多数のイラストによる、作品キャラクターによるフロアジャック、限定のノベルティグッズやオリジナルグッズの販売 、当店オリジナルコラボドリンク&コラボフード、80インチの大型モニターでの映像放映など、楽しめる空間となっている。

アドアーズのホームページ
http://www.adores.co.jp/

ad1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | IR企業情報
2015年06月16日

JFEシステムズは、クラウド事業でセールスフォース・ドットコムと販売パートナー契約締結を発表

■顧客の営業戦略の強化や取引先との情報共有によるサプライチェーン管理の強化を推進

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、クラウド事業でセールスフォース・ドットコムと販売パートナー契約締結を発表した。

 JFEシステムズは、セールスフォース・ドットコムの「Force.com」を利用して、JFEスチール向けに「販売情報共有システム」を構築した。

 JFEスチールには「需要ニーズの迅速な把握と対応」、「全社一体となった顧客対応力の強化・迅速化」、「マーケット情報の全社共有化」による顧客機軸での業務改革というニーズがあり、そのニーズを踏まえて社内SNSやモバイルからのアクセス機能などを「販売情報共有システム」に取り入れた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | IR企業情報

マルマエ:受注残高、12月に次ぎ2番目と高水準〜5月(月次概算)

■FPD、年間最高受注残記録を更新、残高増加に大きく貢献

 精密部品加工、マルマエ<6264>(東マ)の15年5月末受注残高は、FPD分野が伸び、全体は前年同月比で倍増、前月比15.7%増加し、過去12か月間で2番目となる368百万円を維持した。

 特に、年初1月から増加傾向で推移しているFPDが191百万円(前月比44.9%増)と前月記録を更新し前年同月比では3倍強の水準となり、158百万円と前月水準を維持した半導体分野を逆転したのが注目される。

■中小型から大型パネルへ幅広い設備投資拡大〜受注本格化を期待

 今後の受注見通しについて同社は「半導体分野では既得意先からの受注品種の拡大と消耗品需要の増加傾向が続き、中期的に受注拡大が続く見通しであり、FPD分野は中小型から大型パネル向けまで設備投資が拡大し、年内は好調が続くだろう。また、その他分野はスマートフォンを含む各種携帯端末の売れ行きや新機種の有無に左右されるものの、リピート受注を確保できる見通しに変わりはない。さらに社内生産力の増強、生産性改善による生産力アップで出荷拡大を目指す。」と話している。(同社取締役藤山敏久氏)

分野別 過去一年間の四半期売上高と月次受注残高の推移
111.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | IR企業情報

ケンコーマヨネーズは持分法適用関連会社の持株の全株式を譲渡

■食の品質に関するコンプライアンス上の問題が発生し、合弁継続は難しいと判断

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は15日、持分法適用関連会社である頂可(香港)控股股份有限公司の持株の全株式(発行済株式数の50%)を頂全(開曼島)控股有限公司に譲渡することを決議した。

 同社は、平成22年4月に味全食品工業股份有限公司と合弁で、中国市場へのマヨネーズ・ドレッシング・ソース事業及びサラダ事業の展開を行うため頂可(香港)控股股份有限公司を設立した。
 しかし、平成26年10月に合弁相手先の関連会社による食の品質に関するコンプライアンス上の問題が発生し、合弁継続は難しいと判断した。そのため同社持分を頂全(開曼島)控股有限公司に譲渡し、合弁事業を解消することを決定した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:19 | IR企業情報
2015年06月15日

きちりは三井物産など3社の合弁でイタリア食材事業を展開

■イタリア食材の小売・外食・卸売事業への本格参入を狙う

 きちり<3082>(東1)は15日、三井物産<8031>(東1)とEATALY社(イタリアトリノ)との合弁会社イータリー・アジア・パシフィック(東京・渋谷)を通じて日本およびアジア太平洋地域でイタリア食材の小売、外食、輸入卸売事業を開始することを発表した。

 合弁会社のイータリー・アジア・パシフィックは、資本金4億円で、三井物産が63.5%、きちりが34.0%、EATALY社が2.5%出資して2015年3月6日に設立した。事業開始日は6月15日。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:46 | IR企業情報

アスラポート・ダイニングはジャパン・フード&リカー・アライアンスとの資本業務提携を発表

■マーチャンダイジング機能の充実が期待

 アスラポート・ダイニング<3069>(JQS)はこの度、ジャパン・フード&リカー・アライアンス<2538>(東2)との資本業務提携を発表した。業務提携開始日は2015年6月29日の予定。

 アスラポート・ダイニングは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に全国で428店舗を展開しており、13年度より「食のバリューチェーンを構築する」という目標を掲げて外食から生産事業へ の進出を果たし、多層的な付加価値を生み出すビジネスモデルの構築に取り組んでいる。

 JFLAは、食品類・酒類事 業及び輸入食品類・酒類販売事業等を営んでいる。今回の資本業務提携により、アスラポート・ダイニングの外食事業では、JFLAが持つ酒類、飲料、 醤油、味噌等調味料、また、同社傘下の輸入商社がもつ輸入食材の仕入れや、プライベート・ブランド (PB)商品の開発などにより、同社マーチャンダイジング機能の充実が期待できる。一方、JFLAにとっては販路の拡大につながることが見込まれる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:19 | IR企業情報

スターティアラボのAR アプリ「COCOAR」が江崎グリコのキャラクター活用店頭コラボレーションに採用

■任意の画像を「マーカー」として設定できること等が評価を受ける

 スターティア<3393>(東1)は12日、江崎グリコが6月16日(火)より実施する「クイズRPG 黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」 とのキャラクター活用店頭コラボレーションに、子会社のスターティアラボが提供するAR アプリ「COCOAR(ココアル)」が採用されたと発表した。

 「COCOAR」は太成二葉産業(大阪府大阪市)を窓口とし、江崎グリコの対象商品購入者に配布されるコレクションカードに採用された。カードの表面を「COCOAR」でスキャンするとカードの紹介ムービーが流れる。主な採用理由として、任意の画像を「マーカー」として設定でき、指定した動画や音楽、電子ブック等、様々なコンテンツを表示できることや、大手印刷会社など700社以上もの採用実績が評価を受けた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:08 | IR企業情報
2015年06月12日

VOYAGEは「logly lift」を運営するログリーなど2社を持分法適用関連会社化

■もう1社は、「乗りものニュース」を運営するメディア・ヴァーグ

 VOYAGE GROUP<3688>(東マ)は11日、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」を運営するログリー(東京都渋谷区)と交通にまつわるコンテンツメディア「乗りものニュース」を運営するメディア・ヴァーグ(東京都目黒区)の第三者割当増資を引き受け、それぞれをVOYAGEの持分法適用関連会社にすることを発表した。

 ログリーは、自然言語処理や機械学習といったデータ解析技術に強みを有したテクノロジー企業として、ネイティブ広告プラットフォームの「logly lift」や、DSPの「loglyDSP」等を提供している。

 同社を持分法適用関連会社化することにより、これまでのSSP領域に加え、ネイティブ広告やDSPといった領域への事業の拡大にも取り組んでいく。取得価格は3億円、引受予定日は6月30日、引受後の議決権所有割合は16.79%。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:03 | IR企業情報
2015年06月11日

IBJは6月12日から貸借銘柄に

 IBJ<6071>(東2)は11日、6月12日から貸借銘柄になることを発表した。

 同社は、東証2部の制度信用銘柄に選定されているが、今回新に貸借銘柄に選定された。貸借銘柄に選定されたことで、同社株式の流動性、需給関係の向上とともに、売買の活性化と公正な価格形成が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:42 | IR企業情報

IBJはクリス・ハートの47都道府県ツアーにメインスポンサーとして協賛

■クリス・ハートも婚活会員に向けた限定特典に協力

 IBJ<6071>(東2)は、15年7月11日から開催される歌手のクリス・ハートによる全国ツアー「47都道府県Tour2015−2016〜続く道〜presented by IBJ」(約10万名動員予定)のメイン公式スポンサー契約を締結した。

 同社では、7月1日に特設サイトを設立する他、IBJでパートナーを見つけた人を対象にした特別優先招待枠を設けるなどし、ツアーを応援していく。また、クリス・ハートも婚活会員に向けた限定特典に協力するなどし、IBJを応援する。

 クリス・ハートは、2009年に来日し、2013年にCDデビュー。今回、クリス・ハートの歌声を直接全国のファンへ届けることがIBJの「ご縁のある皆様を幸せにする」という経営理念にも通じると考え、全国ツアーのメインスポンサーとして協賛した。

ibj1.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:39 | IR企業情報

大幸薬品:「二酸化塩素ガスによる環境感染対策」発表

■柴田社長、10年に亘る研究成果〜日本化学療法学会総会で

111.jpg 大幸薬品<4574>(東1)の柴田高社長は、「第63回日本化学療法学会総会(6月4日〜6日開催)のランチョンミーティング(6日)で、同社が研究を開始してから10年に亘る二酸化塩素に関する研究成果として「二酸化塩素ガスによる環境感染対策」を発表した。

 同社は、これまでも二酸化塩素ガスに関する研究成果を公表し、特許取得に合わせて製品開発し提供している。二酸化塩素ガスの安全性を調査し開発した除菌・消臭製品「クレベリン」は、代表的商品であり、同ガスの安全性についての理解を大きく覆すものとして注目されている。

 今回の発表は、同社の二酸化塩素の研究結果から、同学会に参加した医療関係者に向け、同社が独自の低温度の二酸化塩素ガスを一定濃度で放出する最新技術を使うことで可能となる、「医療施設での衛生管理」に主眼を置いた内容であった。

 これまで同社が培ってきた基礎研究、有効性・安全性、疫学調査のサマリーをはじめ、インフルエンザウィルス不活性化のメカニズム解明、コロナウィルスに対する研究、蚊の忌避剤としての特許、二酸化塩素ガス検知装置の開発、西アフリカ諸国への製品提供などの最新情報も併せて報告した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:46 | IR企業情報

フランスベッドは6月中旬より、車いす用クッション「楽+座クッション」を発売

■極細中空繊維の三次元スプリング構造体「ブレスエアーエクストラ」を採用

 フランスベッドHD<7840>(東1)のグループ会社のフランスベッドは、車いす用クッション「楽+座クッション」を6月中旬より発売する。

 「楽+座クッション」は極細中空繊維の三次元スプリング構造体「ブレスエアーエクストラ」を採用した車いす用クッション。マットレスにも使用されている「ブレスエアーエクストラ」は、大きな空気層が湿気を逃すと共に、優れた体圧分散性と適度な弾力性が特徴の新素材で、快適で安定した座位を保持する。また、ソフトとハードのリバーシブルタイプで、好みの硬さが選べる。

 販売価格は税込みで、19440円。レンタル価格は、介護保険利用者負担額94円、月額レンタル料940円。販売先は、全国の介護ショップ等を予定している。

bed1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | IR企業情報

パイプドビッツ総合研究所が教育プログラム「政策創造塾」を開講

■地域の政策立案・実施に関わる自治体やNPOなどの担当者が対象

 パイプドビッツ<3831>(東1)内のパイプドビッツ総合研究所は、地域の政策立案・実施に関わる自治体やNPOなどの担当者向けの、政策立案に関する専門的知識やノウハウを習得する教育プログラム「政策創造塾」を開講する。

 地域行政は昨今、低成長経済、高齢化、少子化の中で、税収減による財政枯渇もあり、財政構造が変化しており、自治体担当者は、住民のニーズを汲み取ることに加えて、費用対効果を考慮した政策立案手法が求められている。また、政府は、各地域の特徴を活かした自律的で持続的な社会を創ることを目的に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を2014年末に閣議決定し、地方自らが地域の実態に即した「地方版総合戦略」を策定し、具体的な事業を実施することを求めるとともに、「ICT等の利活用による地域の活性化」を明記し、地域が直面する課題解決に向けてICTの利活用の重要さも示している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:42 | IR企業情報