スマートフォン解析
[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/13)インフォコム 子会社のアムタスはコミック関連事業を中国全土で展開しているULAB、乙女アプリ配信を展開しているコヨンプリートと業務提携
記事一覧 (02/12)インフォコムの子会社が運営する電子配信書籍サービスの売上高が1月時点で100億円達成、昨年度を2か月上回る早さ
記事一覧 (02/10)マルマエ:今8月期、2Q利益6割超、通期も約4割と大幅増額
記事一覧 (02/09)日本アジアグループ:島田市(静岡)公募の太陽光発電所が竣工
記事一覧 (02/06)電算システムはChromebooks for Work(TM)の本格販売を開始
記事一覧 (02/06)ラクーンは新規開業小売店を支援、スーパーデリバリーの掛売り決済の上限額を70万円に増額付与
記事一覧 (02/05)カーリットホールディングスは自己株式の取得結果及び取得終了を発表
記事一覧 (02/05)パイプドビッツはクラウド型会計ソフト「ネットde会計(R)」「ネットde青色申告(R)」の新バージョン15.2.0を提供開始
記事一覧 (02/05)JSPの株式を三菱瓦斯化学が公開買い付けすることを発表
記事一覧 (02/04)クリーク・アンド・リバー社 “Newsstand”で、電子版『大前研一通信』の定期購読サービスを開始
記事一覧 (02/04)寿スピリッツ:通期予想、前期実績(過去最高)下回る見込み
記事一覧 (02/03)カーリットホールディングスは自己株式取得状況を発表
記事一覧 (02/02)Jトラストグループ・日本保証が西京銀行と目的ローンの保証で提携
記事一覧 (02/02)シチズンは2014年度「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を表彰
記事一覧 (02/02)東京ガスは都市ガス運営子会社3社を吸収合併
記事一覧 (01/30)日本エンタープライズ 廣戸聡一氏の『4スタンス理論バイブル』出版を記念して、「トークショー&サイン会」を開催
記事一覧 (01/30)ミロク情報サービス 「東京ヴェルディ」、「日テレ・ベレーザ」と2015シーズンのメインパートナーシップ契約を継続
記事一覧 (01/30)アドアーズ 【JOY CAN(ジョイカン)】”を販売する専用自動販売機を期間限定でアドアーズサンシャイン店の店頭に設置
記事一覧 (01/30)シグマクシス ビジネスブレイン太田昭和の連結子会社であるGSXとの合弁契約の締結を決議
記事一覧 (01/30)インフォコム 第2四半期(7月〜9月)に続き第3四半期(10月〜12月)も過去最高の収益、第1四半期の不振から立ち直る
2015年02月13日

インフォコム 子会社のアムタスはコミック関連事業を中国全土で展開しているULAB、乙女アプリ配信を展開しているコヨンプリートと業務提携

 インフォコム<4348>(JQS)の子会社で、ネットビジネス事業を展開しているアムタスは、コミック関連事業を中国全土で展開しているULAB(ユーラボ)、乙女アプリ配信を展開しているコヨンプリートと業務提携した。

 ULABは中国政府のコンテンツ文化振興政策などもあり中国国内で関心が高まっているアニメ/コミックに関連する事業を中国全土で展開している企業。2012年にはデジタル創作支援サービスを中国の漫画家やグラフィッククリエイターに向けて提供することを主な目的とした合弁会社を設立している。また中国動漫市場においては、海賊版問題の撲滅を目指して、中国モバイルメーカーやパブリッシャーが日本の出版社から正規ライセンスを購入する動きが活発化している。

 ULABとアムタスは今後、中国でスマートフォン向け電子コミック配信サービスを開始する予定。アムタスは売上高日本トップクラスの電子コミック配信サービス「めちゃコミック」で培った運営ノウハウ、資産を活用し、ULABのサービス運営を支援していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | IR企業情報
2015年02月12日

インフォコムの子会社が運営する電子配信書籍サービスの売上高が1月時点で100億円達成、昨年度を2か月上回る早さ

■docomo、au、softbankのスマートフォン公式キャリアサービス電子書籍カテゴリーで現在1位を独占

 インフォコム<4348>(JQS)の子会社アムタスが運営している電子書籍配信サービス「めちゃコミック」と「ekubostore(エクボストア)」が、15年3月期の売上高が1月時点で100億円に達した。

 06年よりサービスを開始した「めちゃコミック」は、最新の人気コミックから定番コミックまで様々な出版社やレーベルから取り揃えた数多くの作品数を誇るスマートフォン・ガラケー向けの電子コミックサービス。「めちゃコミック」は、専用のブックリーダー端末や、アプリインストールは不要であり、「検索して」「タップして」「すぐ読める」の3ステップで手軽に楽しめる点や、1話30円から購入できる点等から多くのユーザーに人気がある。docomo、au、softbankのスマートフォン公式キャリアサービス電子書籍カテゴリーで現在1位(15年2月1日時点)を独占している。

 今期15年3月期は、テレビCMを開始したことで、「めちゃコミック」の認知度が高まり、初めて来訪したユーザーが作品を気軽に読める「無料キャンペーン」や、利用ユーザーにポイントを還元することでよりサービスを楽しめる「めちゃコミックメンバーズクラブ」等のサービス向上に努めたことで、昨年度を2か月上回る早さで売上高100億円を達成した。

 「めちゃコミック」および「ekubostore(エクボストア)」は、引き続き顧客ニーズに応える為、配信コンテンツのラインアップ、サービス内容の充実を図る方針。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:20 | IR企業情報
2015年02月10日

マルマエ:今8月期、2Q利益6割超、通期も約4割と大幅増額

■収益体質確立・財務体質の改善進む〜受注・納品増など順調推移

 事業再生計画を1年半前倒しして終了したマルマエ<6264>(東マ)は、生産性向上による利益体質の強化など、最近の業績の動向等を踏まえ、14年10月14日に開示した15年8月期第2四半期(14年9月〜15年3月)並びに同通期業績予想をそれぞれ大幅に上方修正した。

 第2四半期業績予想は、売上高1,010百万円(前回予想比29.5%増)、営業利益160百万円(同60.0%増)、経常利益160百万円(同77.8%増)、純利益170百万円(同70.0%増)。

 通期業績予想は、売上高1,950百万円(前回予想比21.9%増)、営業利益300百万円(同36.4%増)、経常利益285百万円(同42.5%増)、純利益295百万円(同40.5%増)。

 同社は修正理由は「売上高につきましては、主にその他分野において当初想定以上の受注が得られる見込みとなったほか、FPD分野と半導体分野においても受注が好調に推移していることから修正しました。」と話している(同社取締役藤山敏久氏)。

■利益体質強化効果、通期予想で利益積み増し余地も

 同社は受注状況を月次で開示しているが、昨今の状況は半導体分野が受注・出荷検収ともに好調に推移し昨年8月以降毎月末残高を増加、さらに新規受注した他分野は大型案件の出荷が始まっているがリピート受注が継続し、10月以降1億円台の残高を記録、12月度は189百万円(前月比4.9%増)で前年同月に比べ55.2%の増加となった。また、低調に推移していたFPD分野も、引き合いが好転し本格的受注拡大も近かいと見られ、再生計画推進過程で取り組んだ利益体質強化の効果は今後に発揮されるところから、通期業績については再度の上方修正の余地がありそうだ。

>>マルマエのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:53 | IR企業情報
2015年02月09日

日本アジアグループ:島田市(静岡)公募の太陽光発電所が竣工

■島田浄化センター水処理棟屋根を活用、出力規模199kW

 グリーン・コミュニティの実現を目指し国内外でメガソーラー発電所の開発に注力する日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下の国際航業は、このたび静岡県島田市(市長:染谷絹代氏)で「島田ルーフトップソーラーウェイ」太陽光発電所を完成し竣工式を行った。

 国際航業は、静岡県島田市が公募を行った「島田浄化センター(屋根貸し)による太陽光発電事業の設置事業者募集」に応募し、事業遂行(経営の安定性、資金調達計画、事業収支見込)、事業計画(施工スケジュール、施工方法の安全性、賃料)、地域活性化策(地域の産業振興波及効果、環境学習)などの審査基準を満たして認められ、2014年10月から建設を行っていた。

 本発電所は、島田浄化センター水処理棟(島田市南1丁目地内)の屋根を有効活用した、出力199kW(一般家庭の約50世帯、CO2削減量117t(杉8,200本分)に相当する規模の太陽光発電所で、発電した電力は全量を中部電力に売電する。

日本アジアグループ:島田市(静岡)公募の太陽光発電所が竣工
このたび竣工した「島田ルーフトップソーラーウェイ」太陽光発電所

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:59 | IR企業情報
2015年02月06日

電算システムはChromebooks for Work(TM)の本格販売を開始

■3月19日(木)にGoogle東京オフィスで無料のChromebooks for Workセミナーを開催

 電算システム<3630>(東1)は、Google(TM)が提供するChromebooks for Work(TM)の本格販売を開始し、Chromebooks for Workを企業内で利用するための法人企業向け独自サービスを開始した。

 Chromebooks for Workは、GoogleのノートパソコンChromebooksと、集中管理ツール「Chrome Management Console(以下Chrome管理コンソール)」で構成される。ChromebookはChromeOS(TM)が搭載されたパソコンで、シンプル・スピード・セキュリティをコンセプトにした全く新しいPC。Chrome管理コンソールは、Webベースの管理ツールで、ユーザ、デバイス、アプリケーションを統合管理し、企業のセキュリティポリシーを適用することが出来る。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:42 | IR企業情報

ラクーンは新規開業小売店を支援、スーパーデリバリーの掛売り決済の上限額を70万円に増額付与

 ラクーン<3031>(東マ)が運営するファッション・雑貨の小売店向け仕入れサイト「スーパーデリバリー」は、2月より小売店に対する開業支援サービス(開業時の仕入れサポート)の一環として、新規開業小売店の掛売り決済の初回与信限度額を従来の30万円から70万円へ増額する。

 スーパーデリバリーでは、仕入環境向上のために複数の決済方法を導入しており、現在、クレジットカード、信販、掛売り決済、代金引換便による決済を利用することができる。中でも掛売り決済は、BtoB取引における商習慣として定着し、小売店にとって親和性、利便性の高い決済方法であることから、同社としても積極的に導入を推進してきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:47 | IR企業情報
2015年02月05日

カーリットホールディングスは自己株式の取得結果及び取得終了を発表

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は5日、自己株式の取得結果及び取得終了を発表した。

 同社は、この2月2日〜2月4日に7万6800株を取得。これにより、さる14年12月24日に決議した取得上限40万株(取得期間は15年1月7日から15年4月30日まで)の自己株取得(自社株買い)について、株数、金額ともほぼ上限に近い38万2500株及び2億5995万円を取得して終了した。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55 | IR企業情報

パイプドビッツはクラウド型会計ソフト「ネットde会計(R)」「ネットde青色申告(R)」の新バージョン15.2.0を提供開始

■個人事業主向けe−Tax連携データ作成機能を平成26年分の電子申告に対応

 パイプドビッツ<3831>(東1)は、本日、2月5日に、中小規模事業者や個人事業主向けのクラウド型会計ソフト「ネットde会計(R)」「ネットde青色申告(R)」の、個人事業主向けe−Tax連携データ作成機能を平成26年分の電子申告に対応させた新バージョン15.2.0を提供開始した。

 「ネットde会計(R)」や「ネットde青色申告(R)」を利用している個人事業主は、日々の売上や経費を入力しておけば、青色申告決算書のほか、所得税申告書B、消費税申告書、電子申告用データなどが自動作成されるため、申告書に転記する手入力の手間を省いて人的ミスを最小化できる。
 さらに「e−Tax連携データ作成機能」により、e−Taxにそのまま取り込める形式の電子申告データをわずか1クリックで入手できるため、受付時間内に税務署に出向くことなく、2月16日から3月16日までの確定申告期間中いつでもe−Taxからスムーズに電子申告することができる。

 更に、「ネットde会計(R)」「ネットde青色申告(R)」は、クラウド型で提供しているため、利用者は、アップデート版の追加購入やインストール等の作業をすることなく、いつでも最新版を利用できる。

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:36 | IR企業情報

JSPの株式を三菱瓦斯化学が公開買い付けすることを発表

 JSP<7942>(東1)は4日引け後、同社の株式を三菱瓦斯化学が公開買い付けをすることと、そのことに対して、同社は賛同することを発表した。

 公開買い付けは、同社の上場廃止を意図したものではなく、公開買付け後も同社株式の上場が維持される方針。また、三菱瓦斯化学と資本業務提携に関する基本合意書を締結することを決議している。

 公開買付けの価格は、普通株式1株につき、2,686 円。

>>JSPのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | IR企業情報
2015年02月04日

クリーク・アンド・リバー社 “Newsstand”で、電子版『大前研一通信』の定期購読サービスを開始

 コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、Apple社の電子媒体配信システム“Newsstand”で、電子版『大前研一通信』の定期購読サービスを開始した。

 Apple社の電子媒体配信システム“Newsstand”はiOS5以上を搭載したiPhoneやiPadなどで新聞・雑誌の定期購読ができるシステム。その第一弾として、グローバルな視点から政治、経済、ビジネスなどにおいての様々な問題に切り込む経営コンサルタント、大前研一の月刊情報誌『大前研一通信』の配信をスタートした。大前氏は雑誌、書籍、CS放送、YouTube、SNSなど、あらゆるメディアから、日々更新されていく最新の情報を発信、多くの読者に影響を与え続けている。そして現在、日本でも緊迫した対応を迫られているイスラム国の問題にもいち早く反応し、その脅威について言及した。

クリーク・アンド・リバー社 “Newsstand”で、電子版『大前研一通信』の定期購読サービスを開始
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:09 | IR企業情報

寿スピリッツ:通期予想、前期実績(過去最高)下回る見込み

■第3四半期、微増収減益の厳しい環境下、首都圏多ブランド展開シュクレイ増収・営業益倍増で健闘!

 寿スピリッツ<2222>(東1)は、第3四半期累計(4月〜12月)業績を踏まえ、15年3月期通期業績見込みを下方修正、最高業績更新には届かない見込みとなった。

 売上高22,800百万円(前回予想比3.0%減)、営業利益1,940百万円(同22.4%減)、経常利益1,960百万円(同21.6%減)、当期純利益1,150百万円(同21.8%減)

 第3四半期累計(4月〜12月)業績は、売上高17,165百万円(前年同期比0.2%増)、営業利益1,578百万円(同15.2%減)、経常利益1,599百万円(同14.8%減)、四半期純利益942百万円(同8.0%減)微増収減益となった。

 当累計期間実績は、売り上げ面では前期の出雲・伊勢の遷宮特需の反動減、物価上昇などによる消費マインド低迷、夏場の天候不順など厳しい市場環境下、先に開示した概算通りの微増に止まり利益が減少した。

 各セグメントが厳しい環境下伸び悩みとなる中、首都圏で多ブランド展開しているシュクレイが同期比18.3%増収、営業利益倍増し130百万円、九十九島グループ11.5%、ケイケイシイ2.4%それぞれ増収と健闘した。

>>寿スピリッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:56 | IR企業情報
2015年02月03日

カーリットホールディングスは自己株式取得状況を発表

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は3日、自己株式取得の途中経過を発表した。

 14年12月24日に決議した取得上限40万株(取得期間は1月7日〜4月30日)までの自己株取得(自社株買い)について、開始から1月30日までの取得合計株数が30万5700株に達したとした。
 
 取得合計株数は上限株数の76.4%になり、着実に市場買付けが進んでいる。自社株買いは株式価値の向上による株主還元策のひとつであり、積極姿勢が強い株価材料になる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:06 | IR企業情報
2015年02月02日

Jトラストグループ・日本保証が西京銀行と目的ローンの保証で提携

■独自の与信ノウハウ・西京のブランド力融合、資金ニーズに迅速対応

 金融事業中心に不動産やアミューズメント事業などを展開するホールディングカンパニーJトラスト<8508>(東2)の100%子会社である日本保証は、西京銀行(山口県周南市)と提携し、国内外の投資用不動産の購入資金に対応するために同行が取り扱う「目的ローン」商品に対する保証業務の取り扱いを、15年2月2日から開始した。

 昨今、東南アジアを中心とした海外の投資用不動産(コンドミニアム)への投資需要が高まっていることや、国内だけでなく海外の投資用不動産の購入資金にも対応できるローン商品を扱っているのは、一部金融機関に限られていることに注目し、今回の業務提携に至ったものである。

 今回の提携についてJトラストグループでは、「両社の特性を活かし、お客様への金融サービスの向上を図り、併せて、多様な資金ニーズに積極的にお応えしていく所存です。日本保証がこれまでノンバンク事業で培ってきた独自の与信審査ノウハウと西京銀行のブランド力を融合させることで、お客様の幅広い資金ニーズに迅速にご対応させていただくことを目指し、積極展開を推進してまいります。」と述べた。(同社広報・IR部)

>>JトラストのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:31 | IR企業情報

シチズンは2014年度「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を表彰

 シチズンホールディングス<7762>(東1)は社会に感動を与えた市民を表彰する「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の2014年度受賞者を発表、29日に東京都内で表彰式があった。

シチズンは2014年度「シチズン・オブ・ザ・イヤー」の受賞者を表彰

 今年は賞創設25周年で「シチズン特別賞」も設けられた。受賞者は岡山市の不動産会社社長、阪井ひとみさん(55)、新潟県村上市のライフセーバー、本間錦一さん(87)、NGO「家」代表、原田燎太郎さん(36)の3人で、「シチズン特別賞」には愛媛県砥部町の元自衛官、高山良二さん(67)を選出した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:13 | IR企業情報

東京ガスは都市ガス運営子会社3社を吸収合併

■16年5月、効果・効率的な事業運営を図る

 東京ガス <9531>(東1)は30日、16年5月1日付で同社やグループが全額出資する都市ガス運営子会社の千葉ガス(千葉県佐倉市)と筑波学園ガス(茨城県つくば市)、を吸収合併するとともに、美浦ガス(茨城県美浦村)の都市ガス事業に関わる資産、負債および事業に関する権利義務を吸収分割により東京ガスが承継すると発表した。

 今回の吸収合併では、同社と供給区域が隣接している千葉ガス、筑波学園ガス、美浦ガスの3社については、同社のもとで総合エネルギー事業を推進することで、顧客サービスの向上や、同社の資本力・営業力・技術・ノウハウを活用したより効果的・効率的な事業展開を目指すとしている。尚、契約締結日は15年10月1日を予定する。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | IR企業情報
2015年01月30日

日本エンタープライズ 廣戸聡一氏の『4スタンス理論バイブル』出版を記念して、「トークショー&サイン会」を開催

■1月31日(土)に渋谷大盛堂書店において

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、廣戸聡一氏の『4スタンス理論バイブル』出版を記念して出版元の実業之日本社と共同で、「トークショー&サイン会」を渋谷大盛堂書店(東京都渋谷区)で1月31日(土)に開催する。

日本エンタープライズ 廣戸聡一氏の『4スタンス理論バイブル』出版を記念して、「トークショー&サイン

 「4スタンス理論」は、人の身体の動かし方(身体特性)は4つのタイプに分かれており、立つ、座る、歩くといった行為でも、タイプによって身体の形、動かす各部位の順序が異なっているという理論で、昨今メディアにも取り上げられて注目を集めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:56 | IR企業情報

ミロク情報サービス 「東京ヴェルディ」、「日テレ・ベレーザ」と2015シーズンのメインパートナーシップ契約を継続

■クラブ全体の支援を行うことで、スポーツ界の発展に貢献

 ミロク情報サービス(以下:MJS)<9928>(東1)は、Jリーグ「東京ヴェルディ」、女子チーム「日テレ・ベレーザ」と2015シーズンもメインパートナーシップ(スポンサー)契約を継続する。
 今後も「東京ヴェルディ」、「日テレ・ベレーザ」の選手は、“MJS”のロゴが入ったユニフォームを着用してプレーし、また、共にさまざまな社会貢献活動を引き続き展開していく予定。

 MJSは、2008シーズンより「東京ヴェルディ」のスポンサー契約を締結し共に活動してきた。2011シーズンからは、なでしこジャパンを多数輩出している「日テレ・ベレーザ」ともスポンサー契約を締結している。今回もメインパートナーシップ契約を継続することで、クラブ全体の支援をするとともにスポーツ界の発展に貢献することも目的の一つとしている。

 契約期間は、2015年4月1日から2016年3月31日まで。主なパートナーシップ契約の内容は、「東京ヴェルディ」、「日テレ・ベレーザ」のオフィシャルユニフォームの背中(背番号上)へのMJSロゴマークを掲出すること。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:27 | IR企業情報

アドアーズ 【JOY CAN(ジョイカン)】”を販売する専用自動販売機を期間限定でアドアーズサンシャイン店の店頭に設置

■2014年8月の第1弾から全5回の設置すべてにおいて大変好評

 アドアーズ<4712>(JQS)は、2月21日(土)より、NEO GATEの協力で、6度目となる“オリジナルグッズ付きキャラクター缶【JOY CAN(ジョイカン)】”を販売する専用自動販売機を期間限定でアドアーズサンシャイン店の店頭に設置する。

 2014年8月の第1弾から全5回の設置すべてにおいて大変好評であった、JOY CAN専用のラッピング自動販売機設置企画。今回はその第6弾として、大人気放送中のアニメ「デュラララ!!×2」の専用自動販売機をアドアーズサンシャイン店の店頭に設置する。なお、同店は作品中にも登場しており、まさにアニメと現実世界が一体となった企画である。

アドアーズ 【JOY CAN(ジョイカン)】”を販売する専用自動販売機を期間限定でアドアーズサンシャイン店の店頭に設置

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:43 | IR企業情報

シグマクシス ビジネスブレイン太田昭和の連結子会社であるGSXとの合弁契約の締結を決議

■両社の能力と経験を組み合わせ、多様化・高度化するネット犯罪から企業を守る包括的なサービスを提供

 シグマクシス<6088>(東マ)は、1月29日付取締役会決議により、ビジネスブレイン太田昭和(以下「BBS」)との間で、同社連結子会社であるグローバルセキュリティエキスパート(以下「GSX」)に関して、株式取得及び情報セキュリティ分野における包括サービスを提供することを目的とする合弁契約を締結することを決定した。

 当社は設立以来、大手企業に対し、情報セキュリティおよび不正取引監視などに関するコンサルティングサービスを提供してる。特に、セキュリティ方針の策定・要件定義に加え、ネット取引における行動分析を通じて不正を検知し、実害の発生を未然に防ぐ「ふるまい検知」という領域を強みとして、昨今のネット犯罪の多様化・高度化に対応したサービス提供を行っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | IR企業情報

インフォコム 第2四半期(7月〜9月)に続き第3四半期(10月〜12月)も過去最高の収益、第1四半期の不振から立ち直る

■通期連結業績予想は当初予想通りの最高益更新を見込む

 インフォコム<4348>(JQS)の今期第3四半期連結累計業績は、増収ながらも2ケタの減益であるが、第1四半期の消費増税の影響による業績不振の影響から立ち直り、第2四半期(7月〜9月)に続き第3四半期(10月〜12月)も過去最高の収益であった。

 今期15年3月期第3四半期連結累計業績は、売上高281億08百万円(前年同期比5.0%増)、営業利益9億89百万円(同21.2%減)、経常利益10億28百万円(同18.4%減)、純利益3億76百万円(同35.9%減)と増収減益。

 セグメント別の売上高、営業利益は、ITサービス169億23百万円(同0.1%減)、営業利益2億58百万円(同61.1%減)、ネットビジネス111億85百万円(同13.8%増)、7億30百万円(同24.8%増)であった。

 通期業績予想に対する進捗率は、売上高65.4%、営業利益24.7%、経常利益25.7%、純利益16.3%と低い進捗率であるが、同社の場合企業や病院等向けの製品・サービスの納期が年度末の3月に集中する傾向があるため、計画通りといえる。

 通期連結業績予想は、当初予想通りの売上高430億円(前期比9.9%増)、営業利益40億円(同8.8%増)、経常利益40億円(同8.5%増)、純利益23億円(同12.6%増)と増収増益で過去最高益更新を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:32 | IR企業情報