[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/10)トーソーは10月26日(金)にヒューリックホール浅草橋で「with Curtains 2018」と題した発表会を開催
記事一覧 (09/09)夢テクノロジーは新たに19年9月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定
記事一覧 (09/09)ベステラの第2四半期は大型の工事進行基準対象工事の施工が順調に推移
記事一覧 (09/08)リコーリースは千葉県食肉公社と、ABLの手法を用いて肉用牛肥育事業者に対して子牛調達費用のファイナンスを提供
記事一覧 (09/08)パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツ福岡支店は福岡市立老司中学校の職場体験学習に協力
記事一覧 (09/08)トレジャー・ファクトリーの8月の月次売上概況(単体)の全店売上高は7.3%増と好調
記事一覧 (09/07)ヨコレイは株主優待制度の一部変更を発表
記事一覧 (09/06)プレミアグループは6日、タイ自社整備工場第3号店をオープン
記事一覧 (09/06)【IR企業情報】ソレイジア・ファーマ:最終試験を準備中の「SP−04」開発完了までの資金を調達
記事一覧 (08/31)パイプドHDは「スパイラル」と不正ログイン対策ツール「CapyパズルCAPTCHA」の連携ソリューションの提供を開始
記事一覧 (08/30)JFEシステムズはシバタが「DataDelivery(R」)を導入したことを発表
記事一覧 (08/30)日本エンタープライズは中古端末買取サービスを9月1日よりスタート
記事一覧 (08/30)パイプドHDのグループ会社は国内初となるマイナンバーカードとブロックチェーンを用いたネット投票システムの実証実験に成功
記事一覧 (08/28)ソレイジア・ファーマが「SP−04」の最終試験から承認申請までの開発資金を調達
記事一覧 (08/28)ミロク情報サービスは事業主、税理士・公認会計士約600名を対象にIT化推進に関する実態調査を実施
記事一覧 (08/28)ストリームはKDDIが運営するショッピングモールサイト「Wowma!」に「ECカレント」を新規出店
記事一覧 (08/28)パシフィックネットの提供する「この企業に注目!相場の福の神」コーナーに上場企業200社以上が出演
記事一覧 (08/27)OBARA GROUPは自社株買いを発表
記事一覧 (08/26)デジタルハーツHDはバルテスとの業務提携契約の締結を発表
記事一覧 (08/26)インテージHDの子会社、アスクレップは、協和企画の発行済株式の全部を取得し、子会社化することを決議
2018年09月10日

トーソーは10月26日(金)にヒューリックホール浅草橋で「with Curtains 2018」と題した発表会を開催

■インテリアテキスタイルの合同発表会

 トーソー<5956>(東2)は、10月26日(金)にヒューリックホール浅草橋で「with Curtains 2018」と題した発表会を開催する。

 今年で12回目を迎える「with Curtains」は、カーテンレールメーカーの同社だからこそ実現できるインテリアテキスタイルの合同発表会で、日本を代表するインテリアテキスタイルメーカー8社のマーケティング・商品開発担当者より、自社製品の開発背景やセールスポイント、そしてコーディネート例の提案などを直接聞いて・見ることができるイベントである。

 また、毎年好評を博している事例展示は、日本テキスタイルデザイン協会(TDA)プロデュースによる各社一押し製品の事例展示や、各社の製品をテーマ毎にミックスした展示となっている。

 申込み対象者は、インテリアコーディネーターで、募集人員は400名、募集期間は9月10日から10月19日まで。
 申し込みは、http://www.toso.co.jp

to1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:28 | IR企業情報
2018年09月09日

夢テクノロジーは新たに19年9月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定

■現在の体制では将来の需要に対して十分に対応できず継続して成長することが困難であると判断

 夢テクノロジー<2458>(JQS)は7日、最近の外部環境及び業績動向を踏まえ、新たに19年9月期を初年度とする3カ年の中期経営計画を策定した。

 同社は、夢真ホールディングス<2362>の連結子会社で、製造・IT業界向けエンジニア派遣事業を展開している。

 同社は、今後のエンジニア需要の拡大を見込み、18年9月期は、採用計画1200人とし、女性や外国人といった独自の採用ターゲットを開拓し、おおむね達成の見通しとなっている。一方で、大量採用に伴った稼働数を増加させるための営業力強化及び研修体制の強化が、当初の計画通り進んでいなかった。これまでの今期の実績を見ると、現在の体制では将来の需要に対して十分に対応できず継続して成長することが困難であると判断している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:56 | IR企業情報

ベステラの第2四半期は大型の工事進行基準対象工事の施工が順調に推移

■ヒロ・エンジニアリングを子会社化したことで、今期から連結決算となる

 ベステラ<1433>(東1)は7日、第2四半期連結業績を発表した。大型の工事進行基準対象工事の施工が順調に推移した結果、売上高21億10百万円、営業利益1億39百万円、経常利益1億39百万円、純利益90百万円となった。なお、18年3月若手技術者育成教育支援サービスや人材サービスを展開するヒロ・エンジニアリングを子会社化したことで、今期から連結決算となっている。

 プラント解体分野は、企業の業績改善による投資意欲上昇、国際競争力強化のための企業の再編や生産拠点・生産体制の見直しなどのリストラクチャリングの増加によって、設備の更新・改廃が促進され、解体工事案件が増加している。

 同社は、製鉄・電力・ガス・石油・石油化学業界(製鉄所・発電所・石油精製・石油化学設備など)向けを主力とするプラント解体工事、および特定化学物質・アスベスト・ダイオキシン・土壌汚染などの環境関連対策工事を展開している。16年10月には東京都から解体工事業の許可を受けた。

 最近のトピックスとしては、18年7月に日本国内の原子力発電設備解体事業に関して、日立プラントコンストラクションと業務提携したことが挙げられる。

■第一カッター興業との業務提携基本契約を締結

 また、今回の第2四半期決算と同時に、第一カッター興業<1716>(東1)との業務提携基本契約を締結することを発表している。両社はお互いの工法を組み合わせることにより、安全かつ最適で効率的な解体技術の提供を進めると共に、その特化した技術を組み合わせることにより、今後、増加が予想されるプラント解体ビジネスにおいて競争力を強化し、両社の事業拡大を目指すとしている。

 第2四半期連結業績はほぼ計画通りで推移していることから、通期連結業績予想は当初予想を据え置いている。

 ちなみに、今期19年1月期連結業績予想は、売上高51億円(前期比13.4%増)、営業利益4億22百万円(同9.3%増)、経常利益4億06百万円(同8.6%増)、純利益2億86百万円(同8.3%増)を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:58 | IR企業情報
2018年09月08日

リコーリースは千葉県食肉公社と、ABLの手法を用いて肉用牛肥育事業者に対して子牛調達費用のファイナンスを提供

■在庫や商品、設備などこれまで担保として活用することが困難であった資産価値に着目

 リコーリース<8566>(東1)は、千葉県食肉公社と、ABLの手法を用いて肉用牛肥育事業者に対して子牛調達費用のファイナンスを提供することを目的とした業務提携契約を締結。

 ABL(Asset Based Lending)とは、事業者が保有する資産のうち、在庫や商品、設備などこれまで担保として活用することが困難であった資産価値に着目し、その資産を担保としてファイ ナンスをする仕組み。

千葉県食肉公社は、食肉用の牛豚の、屠畜業務に加え、集荷・販売、一般消費者に向けたギフト販売など、総合的に食肉に関わる一連の業務体制を整備し、幅広く肥育事業者に対する支援も行うなど、 千葉県において基幹的な役割を担っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:21 | IR企業情報

パイプドHDのグループ企業、パイプドビッツ福岡支店は福岡市立老司中学校の職場体験学習に協力

■老司中学校の中学2年生5名を受け入れ、IT企業の体験プログラムを提供

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツ福岡支店は、福岡市立老司中学校が開催している職場体験学習の体験先企業として協力し、9月4日、5日の2日間にわたり、老司中学校の中学2年生5名を受け入れ、IT企業の現場を実際に見て、業務を体験してもらう体験プログラムを提供した。

 この職場体験学習は、老司中学校が企業の現場を見学することで、学生自身の将来設計に活かすことを目的に開催している行事。初日には、座学によるIT業界や同社事業についての講義のほか、実際に情報資産プラットフォーム「スパイラル」を使ってレポート投稿システムを構築するワークショップを行った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:42 | IR企業情報

トレジャー・ファクトリーの8月の月次売上概況(単体)の全店売上高は7.3%増と好調

■7月に続き猛暑の影響で生活家電の動きが活況

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)の8月の月次売上概況(単体)は、既存店売上高は前期に比較して休日が1日少なかったことで1.0%減となったが、全店売上高は7.3%増と好調であった。

 8月は、7月に続き猛暑の影響で生活家電の動きが活況であった。一方、服飾雑貨が前年を下回った。

 8月の出店、退店は共になかった。その結果、8月末の総店舗数は119店舗(前期末比6店舗増)となっている。

 7月11日に発表された第1四半期は、売上高43億54百万円(前年同期比8.6%増)、営業利益3億06百万円(同28.4%増)、経常利益3億15百万円(同24.0%増)、純利益1億95百万円(同12.5%増)と増収2ケタ増益で順調といえる。

 ちなみに、今期19年2月期連結業績予想は、売上高177億99百万円(前期比8.3%増)、営業利益8億18百万円(同31.6%増)、経常利益8億41百万円(同25.7%増)、純利益5億54百万円(同60.2%増)と2期連続の減益から立ち直り、大幅増益を見込む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | IR企業情報
2018年09月07日

ヨコレイは株主優待制度の一部変更を発表

■1000株以上3000株未満保有の株主にノルウェー産トラウトサーモンを提供

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は6日、株主優待制度の一部変更を発表した。

 同社グループの取扱商品をより多く知ってもらうため、1000株以上3000株未満保有の株主に、株主優待品として、ノルウェー産トラウトサーモンを提供する。トラウトサーモンは、鮮やかな身の色と豊富な脂が特徴で、欧米ではスモークサーモンやステーキ用として重宝されている。提供するトラウトサーモンは、孵化から成育、一次加工までを同社グループで行っている。

 なおトラウトサーモンを生産したホフセス・アクア社は同国トラウト養殖事業初となるASC認証を取得しており、環境にも配慮した事業運営を行っている。

y1.jpg
当社グループのホフセス・アクア社で水揚げされた
トラウトサーモン
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:55 | IR企業情報
2018年09月06日

プレミアグループは6日、タイ自社整備工場第3号店をオープン

■タイにおけるワランティ事業展開の準備を着実に推進

 プレミアグループ<7199>(東2)のグループ会社で、タイでワランティ事業(中古車メインの自動車保証)を準備・推進するEastern Premium Services Co., Ltd.(以下EPS)は6日、自社整備工場第3号店をオープンした。

 EPSは2016年11月に設立。以後、2017年9月に第1号店、2018年6月に第2号店を設け、今回第3号店をオープンするに至った。

■バンコク主要地域を網羅する工場ネットワークを形成

 2018年内には第4号店をオープンする見込みで、4拠点で首都バンコクの主要地域を網羅した自社整備工場ネットワークを形成したいとの考えだ。

 ワランティには実際に自動車を修理・整備する工場が必須であり、タイでの同事業展開に向けた準備に取り組む。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | IR企業情報

【IR企業情報】ソレイジア・ファーマ:最終試験を準備中の「SP−04」開発完了までの資金を調達

■第三者割当増資の発行価格など決定し手取概算額上限額は37億5190万円に

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は5日の夕方、8月28日に決議し開示した資金調達(第三者割当増資など)の発行価格・売出価格が決定したと発表。手取概算額の合計上限額は37億5189万3000円になるとした。

 調達した資金は、最終試験を準備中の「SP−04」(適応:がん化学療法に伴う末梢神経障害)の試験費用を含めて開発完了・承認申請に至るまでに必要な開発資金に充当する。

 公募による新株式発行(一般募集)の発行価格は1株につき237.0円(払込期日は2018年9月12日)。株式の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)の売出価格は1株につき237.0円(受渡期日は18年9月13日)。第三者割当による新株式発行(本第三者割当増資)の払込金額は1株につき222.3円(払込期日は18年10月11日)。

 「SP−04」は、日本、韓国、台湾、および香港と国際共同で第3相臨床試験:最終試験を準備中。日本、韓国、台湾及び香港においては2020年まで、中国においては2022年まで行われる計画で進行している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:02 | IR企業情報
2018年08月31日

パイプドHDは「スパイラル」と不正ログイン対策ツール「CapyパズルCAPTCHA」の連携ソリューションの提供を開始

■ログインにかかるユーザーの負担を軽減し、ボットによる不正な登録やログインを防止

 パイプドHD<3919>(東1)の子会社であるパイプドビッツは、Capy株式会社と提携し、8月30日より情報資産プラットフォーム「スパイラル」と不正ログイン対策ツール「CapyパズルCAPTCHA」の連携ソリューションの提供を開始した。

 このソリューションにより、Webフォームでの登録や会員サイトへのログインにかかるユーザーの負担を軽減し、ボットによる不正な登録やログインを防止できる。

■手軽にネットショッピングやネット予約ができる時代を迎えているが、不正アクセスによる被害は絶えない

 世界のWebサイト数は10億を超え、インターネット上でクレジットカード情報や個人情報を入力すれば、手軽にネットショッピングやネット予約ができる時代を迎えている。しかし、これらの脆弱性を狙った不正アクセスによる被害は絶えず、そこで盗み出された情報は、ボットを使った機械的な不正登録や不正ログインを通じて悪用され、二次被害へと拡大する。そのため、被害を最小限に抑えるためにも、ボットによるリスト型攻撃への対策が求められている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:00 | IR企業情報
2018年08月30日

JFEシステムズはシバタが「DataDelivery(R」)を導入したことを発表

■データの長期保存と高速かつ柔軟なデータ検索を実現

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、シバタ(本社:東京都中央区)が、「DataDelivery(R」)を導入したことを発表した。

 「DataDelivery(R)」 は、データの長期保存と高速かつ柔軟なデータ検索を実現しているため、電子帳簿保存法の「帳簿」、「書類」、「スキャナ保存」、「電子取引」のすべての区分に対応している。

■シバタは各事業所で作成している会計書類を電子化し、負荷削減を図る

 シバタは、取引先8,000社以上に発行している納品書・請求書・発注書などの会計書類の控えを、各事業所から本社に控え書類を配送し、本社で保管している。ところが、これら紙保管にかかる印刷・配送・保管の業務負荷やコストが大きいことから、各事業所で作成している会計書類を電子化し、負荷削減を図ることとした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:21 | IR企業情報

日本エンタープライズは中古端末買取サービスを9月1日よりスタート

■キッティング業務を請け負う際の中古端末の処分に関する相談に対応

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、中古端末(スマートフォン、携帯電話、PC、タブレットなど)買取サービスを9月1日よりスタートする。

 従来、キッティング業務を請け負う際に、中古端末の処分に関する相談や、処分する際の情報漏洩に関わるセキュリティに対する不安の声が多かった。そこで今回、安心して中古端末を処分できるよう、買い取りサービスを行うこととなった。

 サービスの開始にあたり、大手携帯電話販売会社や、IT関連企業との直接購買の契約を着々と進め、今後さらに拡大させていく計画。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:02 | IR企業情報

パイプドHDのグループ会社は国内初となるマイナンバーカードとブロックチェーンを用いたネット投票システムの実証実験に成功

■今回の実証実験では実証フィールドをつくば市が提供

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ会社のVOTE FORとパイプドビッツは、国内初となるマイナンバーカードとブロックチェーンを用いたネット投票システムをつくば市に提供し、実証実験に成功した。

 今回の実証実験では、実証フィールドをつくば市が提供し、VOTE FORが投票プランニングを行い、パイプドビッツがネット投票システムを開発した。

 VOTE FORは、一般社団法人ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構(TOPIC)、パイプドビッツと協力し、国内初となるマイナンバーカードとブロックチェーン技術を用いたネット投票システムを開発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:45 | IR企業情報
2018年08月28日

ソレイジア・ファーマが「SP−04」の最終試験から承認申請までの開発資金を調達

■公募新株発行などで手取概算43.4億円、申請前最終試験のため長期安定的な財源を確保

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は28日の取引終了後、公募による新株式発行(一般募集)と第三者割当による新株式発行などを発表し、開発中の「SP−04」(適応:がん化学療法に伴う末梢神経障害、日本、韓国、台湾、および香港で第3相国際共同臨床試験:最終試験:を準備中)の承認申請に至るまでに必要な開発資金と権利導入元へのマイルストン費用の支払いに充当すると発表した。

 これらの新株式発行の発行価格等決定日は、2018年9月5日から18年9月10日までの間のいずれかの日。払込期日は18年9月12日から18年9月18日までの間のいずれかの日。これらによる手取概算額の合計(上限)は43億4113万6000円。

 発表によると、今般の調達の対象となる資金使途は、「SP−04」の日本等での開発を完了せしめるまでの投資になる。この投資は、日本、韓国、台湾及び香港においては2020年まで、中国においては2022年まで行われる計画で進行しており、申請前最終試験(ピボタル試験)等という特質上、長期安定的な財源をもとに開発を進めることが重要になる。

 すでに、みずほ銀行、および三井住友銀行から、本日現在、合計51億円の融資枠(当座貸越契約及びコミットメントライン契約)を確保しているが、これらは、融資可能性を担保するために設定したものであり、本日現在、未だ一切活用していない。このたびの「SP−04」にかかわる資金需要に対しては、銀行借入等の資金に比して、新株式発行等によるエクイティ性資金の調達が適切であると判断した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | IR企業情報

ミロク情報サービスは事業主、税理士・公認会計士約600名を対象にIT化推進に関する実態調査を実施

■IT導入に関する提案について関心が高いテーマは「コスト削減」「経営課題改善」で一致

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は、事業主、税理士・公認会計士約600名を対象に、ITの活用状況や導入課題などIT化推進に関する実態調査を実施し、その結果を「会計事務所白書2018年特別編」(https://www.accnt.jp/report/2018sp/)として税理士・公認会計士事務所探しをサポートする検索サイト「会計事務所検索エンジン」(https://www.accnt.jp/)に公開した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | IR企業情報

ストリームはKDDIが運営するショッピングモールサイト「Wowma!」に「ECカレント」を新規出店

■取扱う商品は、掃除機、冷蔵庫、パソコンなど約70,000点の予定

 ストリーム<3071>(東2)は、KDDIコマースフォワードとKDDIが共同運営する総合通販サイト「Wowma!(ワウマ)」内に、同社が運営するインターネット通販サイト「ECカレント」を、グランドオープンした。

 「Wowma!」で「ECカレント」が取扱う商品は、掃除機、冷蔵庫などの生活家電をはじめ、パソコン、プリンター、オーディオ、カメラなど約70,000点の予定である。

 また、「Wowma!」に同社が運営するインターネット通販サイト「イーベスト」、「特価COM」も同時にオープンした。「イーベストCD・DVD館」については、今秋に出店予定としている。

 なお、同社では、グランドオープンを記念してセールを開催。詳細は下記各サイトを参照。
「ECカレント」URL:https://wowma.jp/user/16273185
「イーベスト」 URL:https://wowma.jp/user/1433803
「特価COM」 URL:https://wowma.jp/user/16273104
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | IR企業情報

パシフィックネットの提供する「この企業に注目!相場の福の神」コーナーに上場企業200社以上が出演

■ラジオNIKKEI第1で毎週火曜日・金曜日に生放送

 パシフィックネット<3021>(東2)は、ラジオNIKKEI第1の投資家向け番組「マーケットプレイス」内コーナーで、「この企業に注目!相場の福の神」を提供している。このコーナーで、同社が番組を提供してからの出演企業数が200社を超えてきた。

 「この企業に注目!相場の福の神」は、ラジオNIKKEI第1で毎週火曜日・金曜日に生放送されている投資家向け番組内コーナーで、毎回一社の上場企業経営トップが出演する。パーソナリティの藤本誠之氏の軽妙なトークを交え、出演企業の最新動向や経営者としての考え方などが語られる。株式市場が開かれている時間帯に生放送される貴重な投資家向けコンテンツとして好評である。

 同社は15年11月から同番組コーナーの金曜日放送分の提供を開始し、17年5月からは火曜日放送分の提供も行っている。この8月24日放送回で、同社が提供を開始して以降の同コーナー出演企業が201社となった。

 同社では、今後も同コーナーの提供を継続し、投資家への情報提供を進めるともに上場企業経営トップとのパイプ作りを積極的に行うとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:44 | IR企業情報
2018年08月27日

OBARA GROUPは自社株買いを発表

■取得期間は8月28日から9月20日の約1か月間

 OBARA GROUP<6877>(東1)は27日、自社株買いを発表した。

 取得する株式総数は22万株(上限)、取得価額の総額は14億円(上限)とする。取得期間は、8月28日から9月20日の約1か月間。

 同社は自動車向け溶接機器関連事業と平面研磨装置関連事業を展開している。

 今期18年9月期連結業績予想は、売上高495億円(前期比6.4%増)、営業利益96億円(同6.5%増)、経常利益98億円(同0.9%減)、純利益80億円(同26.5%増)を見込んでいる。最終利益が大幅増益となるのは、移転補償金を含む特別利益18億29百万円の影響による。

 ちなみに、最終利益80億円は過去最高となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:31 | IR企業情報
2018年08月26日

デジタルハーツHDはバルテスとの業務提携契約の締結を発表

■人材の早期育成と、両社のリソース・技術的な相互補完を目指す

 デジタルハーツHD<3676>(東1)は24日、バルテスとの業務提携契約の締結を発表した。締結することで、人材の早期育成と、両社のリソース・技術的な相互補完を目指す。

 同社は、テストエンジニアの育成を通じた付加価値の高いテストサービスの安定供給、両社の共同プロジェクト等による大型案件の受注を目指して、バルテスとの間で具体的な提携内容の協議を進めてきた。その過程において、業務提携契約締結に先駆けて、同社の子会社であるデジタルハーツのゲームやアミューズメント機器のテスト人材(以下、テスター)をエンタープライズ系システムのテストエンジニアへと育成する取り組みを試験的に開始し、バルテスが、10名を超えるテスターに対して、約2か月にわたる研修を実施したほか、共同受注の獲得に向けた情報共有体制の整備等、提携に向けた準備を行ってきた。こうした準備の過程で、テストエンジニアの早期育成、両社のリソース・技術的な相互補完による共同プロジェクト受注の可能性が確認できたため、それぞれが持つ強みを融合することでさらなる市場を開拓するため、今回の業務提携契約の締結に至った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:28 | IR企業情報

インテージHDの子会社、アスクレップは、協和企画の発行済株式の全部を取得し、子会社化することを決議

■アスクレップは、インテージグループのヘルスケア領域を担う中核会社の一つ

 インテージHD<4326>(東1)の子会社、アスクレップは、協和企画の発行済株式の全部を取得し、子会社化することを決議した。

 アスクレップは、インテージグループのヘルスケア領域を担う中核会社の一つで、Medical Intelligence Providerとして医療に関する情報・データをコアバリューとしたCRO事業(医薬品開発支援/製造販売後調査支援/安全性業務支援/システムソリューション)を中心に事業を展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:41 | IR企業情報