[IR企業情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/18)ラクーン クラウド受発注ツール「COREC」のサービスを開始
記事一覧 (03/18)クリーク・アンド・リバー社 日本を代表する作家の世界戦略を後押しするサービスを開始
記事一覧 (03/17)エストラスト 下関第一生命ビルディングを取得することを決議
記事一覧 (03/14)日本エンタープライズ オンプレミス型の見積徴収システム「Profair−SP」を追加販売
記事一覧 (03/14)空港施設 シンガポールに現地法人を設立
記事一覧 (03/14)アルデプロ 第2四半期業績の大幅上方修正を発表
記事一覧 (03/14)ディップ 14年2月期業績予想の上方修正を発表
記事一覧 (03/13)丸善CHIホールディングス:14年1月期連結業績予想の修正を発表
記事一覧 (03/12)リンテック カーボンナノチューブのシート化技術確立に本格着手
記事一覧 (03/12)JFEシステムズ SAPジャパンより「パートナー・RDS・アワード」を受賞
記事一覧 (03/11)セーラー万年筆:産業用ロボット海外生産体制を再編・強化!
記事一覧 (03/11)キーコーヒー:松坂屋・上野店に直営ショップをオープン!
記事一覧 (03/11)日本アジアG:三浦市に太陽光発電(約0.4MW)完成、世田谷区に貸与
記事一覧 (03/11)パイプドビッツ クラウド型会計ソフトの、新バージョン14.3.0の提供開始
記事一覧 (03/11)省電舎の子会社が食品リサイクル事業のゲネシスと基本合意契約を締結
記事一覧 (03/10)クレスコの子会社が『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2014』を受賞
記事一覧 (03/10)キリン堂 大人用オムツ宅配サービスの新システムを導入
記事一覧 (03/10)マルマエ:7.29%上昇、光学分野の受注好調を評価
記事一覧 (03/10)ケンコーマヨネーズ 東京労働局長より「子育てサポート企業」として認定
記事一覧 (03/10)ホットリンク 3月6日(木)より2ちゃんねるデータの取得トラブルが発生していると発表
2014年03月18日

ラクーン クラウド受発注ツール「COREC」のサービスを開始

■オープン記念キャンペーンとして、ビジネスプランを今年の8月末まで無料提供

 ラクーン<3031>(東マ)は、クラウド受発注ツール「COREC(コレック)」のサービスを本日(17日)より開始した。

 CORECは業種を問わずすべてのBtoBにおける受発注を、Web上で一元管理できるクラウド受発注ツール。取引先ごとに異なる受発注でも、CORECを通すことで一つにまとまり、受発注処理にかかるコスト削減と効率化を実現する。

 基本機能は初期費用・月額費用ともに無料で利用可能。より効率的に受発注を行うための機能を、ビジネスプランとして有料で提供する。なお、オープン記念キャンペーンとしてサプライヤー・バイヤー共に、ビジネスプランを今年の8月末まで無料で提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:48 | IR企業情報

クリーク・アンド・リバー社 日本を代表する作家の世界戦略を後押しするサービスを開始

■第1弾は小説家 宮部みゆき氏、小説「模倣犯」を英訳し、英語圏で電子書籍として配信

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は、3月より、日本を代表する作家の世界戦略を後押しするサービスを開始した。第1弾は小説家 宮部みゆき氏。小説「模倣犯」を初めて英訳し、今秋アメリカやイギリスをはじめとした英語圏で電子書籍として配信される。

 日本の書籍は、世界レベルにありながら言語や地理的な障壁、商習慣の違いから、世界のベストセラーは数作品ほどである。同社は2010年に上海現地法人を設立。東野圭吾氏の「真夏の方程式」(文藝春秋刊/上海訳文出版社刊)をはじめ、中国、韓国、台湾などで1,000冊を超える出版に携わっている。その実績と、各国でのマーケティングから日本の優良な作品は世界のベストセラーになると確信し、アメリカやヨーロッパなど出版大国の企業との業務提携と、リサーチを進めてきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:45 | IR企業情報
2014年03月17日

エストラスト 下関第一生命ビルディングを取得することを決議

■ポートフォリオの充実を図り、事業収益の向上、経営基盤強化につながると判断

 エストラスト<3280>(東マ)は、3月17日開催の取締役会で、下関第一生命ビルディングを取得することを決議した。

 この物件は、JR下関駅から関門海峡沿いのウォーターフロント開発事業地(あるかぽーと)を結ぶ国道9号線の中間に所在し、周辺は、金融機関等のオフィスビルが多く建ち並ぶ、県内最大のオフィス街であることから、希少性が高く、高い競争力を長期的に維持することが可能。

 同社はかねてより、優良賃貸物件を十分な収益性が見込めることを前提に、財務面にも配慮しながら個別案件ベースで厳選して取得を検討してきたが、この物件を取得することで、ポートフォリオの充実を図り、事業収益を向上させ、経営基盤の強化につながると判断し取得することにした。

エストラスト:下関第一生命ビルディングを取得することを決議

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:20 | IR企業情報
2014年03月14日

日本エンタープライズ オンプレミス型の見積徴収システム「Profair−SP」を追加販売

■情報セキュリティ面の観点から自社運用方式の要望が強いことに対応

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、現在、リバースオークション&見積徴収システム「Profair」をASPサービスとして展開しているが、今月より、オンプレミス(自社運用)型の見積徴収システム「Profair−SP(ソフトフェアパッケージ)」を、新たなサービスとして追加販売する。

 経営環境が大きく変化する現代では、多くの企業や教育機関等(以下、バイヤー)は、少しでも物品の調達コストを抑え、業務の効率化を図り、その価値を高めていくことが課題となっている。

 このような状況のもと、効率的な物品調達の方法として、インターネット上で一定時間内に複数のサプライヤーが繰り返し最安値を競う購買調達システムである「リバースオークション」が注目されており、導入するバイヤーが増えている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:07 | IR企業情報

空港施設 シンガポールに現地法人を設立

■海外における航空関連施設の建設、取得及び賃貸事業を行うことが目的

 空港施設<8864>(東1)は、シンガポールに現地法人を設立した。

 主事業である不動産賃貸事業の拡大を目的に、空港機能施設の建設・運営に関する知識・技術等を活用し、海外で航空関連施設の建設、取得及び賃貸事業を行うことが目的。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:36 | IR企業情報

アルデプロ 第2四半期業績の大幅上方修正を発表

■期首の見通しを上回る価格の販売用不動産を売却

 アルデプロ<8925>(東マ)は13日、今期14年7月期第2四半期業績の上方修正を発表した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:17 | IR企業情報

ディップ 14年2月期業績予想の上方修正を発表

■景況感の回復による顧客の求人需要の高まる

 ディップ<2379>(東1)は13日、14年2月期通期業績予想の上方修正を発表した。

 売上高は前回予想を2億50百万円上回る130億50百万円(前年同期比42.7%増)、営業利益は4億12百万円上回る178億14百万円(同591.1%増)、経常利益は4億17百万円上回る17億2百万円(同630.4%増)、純利益は2億83百万円上回る9億40百万円(同1440.9%増)と大幅な上方修正により大幅増収増益を見込む。一株当たり利益は前回予想の59円39銭から85円6銭となる見込み。

 アルバイト求人情報サイト「バイトルドットコム」のサイト機能強化、積極的プロモーション活動を実施したことに加え、景況感の回復による顧客の求人需要の高まりを受け、業績は堅調に推移した。また、第4四半期に翌期以降の成長への布石として、新たなイメージキャラクターを起用したTVCMを制作・放映したことで、売上高が前回予想を上回る見込みとなった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 04:11 | IR企業情報
2014年03月13日

丸善CHIホールディングス:14年1月期連結業績予想の修正を発表

■売上は当初予想を下回るが、利益面では上方修正

 丸善CHIホールディングス<3159>(東1)は12日、14年1月期連結業績予想の修正を発表した。

 売上高については、当初予想を70億円下回る1630億円(前年同期比5.4%減)、営業利益は2億20百万円上回る14億70百万円(同25.4%増)、経常利益は3億10百万円上回る15億10百万円(同33.6%増)、純利益は4億60百万円上回る9億円(同116.0%増)と減収ながら大幅増益を見込む。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:15 | IR企業情報
2014年03月12日

リンテック カーボンナノチューブのシート化技術確立に本格着手

■次世代炭素材料で、EVの蓄電装置などの高容量化・小型化を実現

 リンテック<7966>(東1)とテキサス大学ダラス校(米国テキサス州)は、カーボンナノチューブ(筒状炭素分子:CNT)を、素材としての特性を損なうことなく薄いシート状に加工する新規技術の開発を進めてきた。そしてこのたび、リンテックは2016年度中の実用化に向け、米国に新たな研究開発拠点を設立し、量産技術の確立に本格着手する。

 CNTは、炭素(カーボン)でできた直径がナノ(10億分の1)ートルレベルの筒(チューブ)状の素材。軽量ながら曲げや引っ張りに非常に強く、電気をよく通すといった特性を持っていり。現在、さまざまな活用方法が研究機関や企業などで検討されており、建造物の材料としてはもちろん、蓄電装置の電極や配線の新材料などとしても注目を集めている。

 極小のパウダー状になっているCNTは、シート状や繊維状に加工することでこうした用途に応用される。リンテックはこれまで、CNTの分野の研究で世界をリードするテキサス大学ダラス校とともに、その新規シート化技術の確立に向けた研究を重ねてきた。そしてこのたび、米国テキサス州に新たな研究開発拠点「Nano−Science & Technology Center (NSTC)」を設立。量産技術の確立に本格着手する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | IR企業情報

JFEシステムズ SAPジャパンより「パートナー・RDS・アワード」を受賞

■RDS販売数ナンバーワンを達成したことが評価

 JFEシステムズ<4832>(東2)は、3月5日(水)、SAPジャパンより、『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2014』における「パートナー・RDS・アワード」を受賞した。

 『SAP AWARD OF EXCELLENCE』は、SAPジャパンのビジネスへの貢献度や顧客満足度などにおいて、高い評価を獲得したパートナー企業を表彰するもの。

 RDSは、SAP Rapid Deployment solutionsの略称であり、SAP社が提案する短期導入ソリューションの総称で、全世界で約200種類が展開されている。今回の受賞理由は、同社が2013年におけるパートナーによるRDS販売数ナンバーワンを達成したことが評価されたものである。
なお、同社は4年連続でのSAP AWARDの受賞となる。

JFEシステムズ SAPジャパンより「パートナー・RDS・アワード」を受賞
SAPジャパン株式会社 代表取締役社長 安斎 富太郎氏(左)、
当社 取締役専務執行役員 堀田(右)

>>JFEシステムズのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:10 | IR企業情報
2014年03月11日

セーラー万年筆:産業用ロボット海外生産体制を再編・強化!

■水処理装置「アクアセーラー」など、戦略商品の幅を積極的に拡大

 セーラー万年筆<7992>(東1)の事業内容は、文具事業(前14年3月期売上高の約75%)、ロボット機器事業(同約25%)のに部門に大別されるが、近年、ロボット事業がアジア地域での需要増を取り込み売上シェアを伸ばしていることから、産業ロボット事業の伸張力を強化する目的でロボットの海外生産販売体制を再編した。

■内外で拡販を目指しコスト競争力を強化

 同社の産業用ロボットの主要製品は、射出成形用取出ロボットだが、コスト競争力を強化、拡販を推進するために、これまで国内工場で生産してきた、最も需要の多い汎用価格帯の取出ロボット「RZ−Aシリーズ」の生産を明緻精密股〓有限公司(台湾・明緻精密)に移管し1月から出荷を開始している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:42 | IR企業情報

キーコーヒー:松坂屋・上野店に直営ショップをオープン!

■直営ショップ初!『高鮮度の数量限定焙煎』や世界の名品をラインナップ

 『コーヒーという情熱』のキーコーヒー<2594>(東1)は、全国で70店目となる「キーコーヒー直営ショップ 松坂屋 上野店」を3月12日(水曜日)にオープンする。また、この店では、直営ショップで初となる『数量限定焙煎』コーヒーを毎週金曜日に発売する。

キーコーヒー:松坂屋・上野店に直営ショップをオープン!

■『挽きたて、いれたてのおいしさお届け』

 量り売りコーナーでは、『数量限定焙煎』コーヒーのほか、「トアルコ トラジャ」をはじめとする世界各地のコーヒー豆を34種類取り揃え、知識と経験豊富なスタッフが好みに合わせた最適コーヒーを提案する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:13 | IR企業情報

日本アジアG:三浦市に太陽光発電(約0.4MW)完成、世田谷区に貸与

■災害時、三浦市の一時避難所・非常電源などに活用も

 グリーン・コミュニティの実現を目指し、国内外でソーラー発電所の開発に注力する日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下の国際ランド&ディベロップメント(国際L&D)は、世田谷区所有の三浦市内(神奈川県)の土地に建設を進めていた「世田谷区みうら太陽光発電所」を竣工し、3月1日から発電を開始した。

 この事業では、国際L&Dが世田谷区立三浦健康学園跡地に出力0.4MW(一般家庭の約130世帯に相当)の発電施設を設置し、その施設を世田谷区に賃貸して発電所の維持管理を行う。また、世田谷区は施設を使って発電した電気を、固定価格買取制度の利用によって電気事業者に販売する。

 三浦市は、本施設に関して世田谷区と災害時設備等利用協定を結び、災害時の一時避難場所としての使用、非常電源として利用に役立てる。

 この案件は、国際L&Dと空間情報コンサルの国際航業が共同で提案していたものであり、国際航業は発電所を利用した地域貢献や、世田谷区民に向けた情報発信を行う。

開所式の模様(背景は、設置された発電パネル)
開所式の模様(背景は、設置された発電パネル)

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:51 | IR企業情報

パイプドビッツ クラウド型会計ソフトの、新バージョン14.3.0の提供開始

■勘定科目選択型の消費税率一括変換機能を搭載

 パイプドビッツ<3831>(東マ)は、4月1日に、中小規模事業者や個人事業主向けのクラウド型会計ソフト「ネットde会計(R)」「ネットde青色申告(R)」の、新しい消費税率に対応した新バージョン14.3.0の提供を開始した。

 4月1日に施行される消費税率8%への引き上げに伴い、取引入力時の消費税率8%での入力や集計、旧税率5%を適用する経過措置などに対応する。現金ベースの取引が多い中小企業や個人事業主の実情に即した使いやすさを目的に、取引年月日を基準に新消費税率を一律適用するのではなく、勘定科目を基準にして新消費税率8%に対応していることが特長で、勘定科目選択型の消費税率一括変換機能を搭載する。

▼ニュースURL
http://www.pi-pe.co.jp/news/press/2014/20140310_01.html

>>パイプドビッツのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:41 | IR企業情報

省電舎の子会社が食品リサイクル事業のゲネシスと基本合意契約を締結

■飼料化とメタン発酵設備で飼料化事業の課題解決策として提案

 省電舎<1711>(東マ)は、同社の100%子会社であるドライ・イーはバイオガスプラント事業において食品リサイクル事業を展開するゲネシス(静岡県)と基本合意契約を締結したと発表。

 同社グループは電源を保有する事を目的としたバイオガスプラントを活用したIPP事業を推進しており、この度、産業廃棄物を活用したバイオガス発電の事業モデル(BOSスキーム:Biogas On Site Scheme)を構築した。

 近年、食品リサイクル法による食品残渣のリサイクル化が強化される中、生産工場等から排出される食品残渣の飼料化、堆肥化、メタン発酵による食品リサイクルの需要は拡大傾向にある。一方で飼料化にはその配合や品質の確保は言うまでもなく、狂牛病や鳥インフルエンザ等の外的要因により、その供給量の維持や二次廃棄の増加に課題を抱えており、飼料化事業拡大における新たな事業モデルを構築するニーズが増大していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 05:01 | IR企業情報
2014年03月10日

クレスコの子会社が『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2014』を受賞

■SAPビジネスへの貢献度等で極めて高く評価される

 クレスコ<4674>(東1)の100%子会社で、SAPアプリケーションのコンサルティングおよび開発を手掛けるクレスコ・イー・ソリューションは、2014年3月5日、SAP ジャパンが同社の優秀パートナー企業を表彰する賞『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2014』の「SAP 戦略ソリューション部門』において、「SAP(R) CRMオン・モバイル・ソリューション・アワード」を受賞した。

 SAP AWARD OF EXCELLENCEは、SAPビジネスへの貢献度、顧客満足度、先進的な取り組み、人材育成などにおいて、極めて高く評価されたパートナー企業に授与される賞である。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:09 | IR企業情報

キリン堂 大人用オムツ宅配サービスの新システムを導入

■3月10日(月)よりキリン堂グループでサービス開始

 キリン堂<2660>(東1)は、大人用オムツの宅配サービスの新システムを導入し、本日(10日)よりキリン堂グループ(キリン堂、サーバ、Jドラッグ/但し、一部の調剤店舗除く)でサービスを開始する。

 従来よりキリン堂グループでは、店頭で大人用オムツの無料宅配サービスの受注を行っていたが、指定日配送ができないなど、利用者に不便をかけていたが、今回、新システムを導入したことにより、店頭での受注から商品配達までの日数が短縮するほか、指定日配送が可能になるなど、より便利なサービス内容となった。

 また、キリン堂が運営する「キリン堂通販SHOP(http://www.kirindo-shop.com/)」でも介護用品を取り扱っているが、今回のサービスはパソコンが出来なくても店頭で気軽に利用できる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | IR企業情報

マルマエ:7.29%上昇、光学分野の受注好調を評価

 マルマエ<6264>(東マ)の2月末の受注残高は、半導体分野が受注、出荷検収ともに好調を維持し72百万円(前月比8%増)と前年に比べほぼ倍増し、昨年から受注を開始した光学分野が出荷検収を開始ながら高水準の残高を維持している。一方、FPD分野は出荷検収が順調に進み残高水準は低下気味であるが、同社では3月に入り足元の受注が改善傾向にあるといっている。(藤山敏久取締役)

 今後の状況について、半導体分野が受注品種、数量とも増加傾向が続いており、受注高並びに売上高は増加を維持する見込みであり、その他分野の光学案件の出荷検収が進むとともに一定の受注が継続するので受注残高は維持するだろう。

 市場環境が改善傾向にあることを背景に、協力企業との取引拡大を積極的に推進するとともに、生産能力の拡大を進め、受注増を図る方針だ。

マルマエ:7.29%上昇、光学分野の受注好調を評価

>>マルマエのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:27 | IR企業情報

ケンコーマヨネーズ 東京労働局長より「子育てサポート企業」として認定

■次世代認定マーク(愛称:くるみんマーク)を取得

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は本日(10日)、東京労働局長より「子育てサポート企業」として認定され、次世代認定マーク(愛称:くるみんマーク)を取得した。

ケンコーマヨネーズ 東京労働局長より「子育てサポート企業」として認定

 同社では、仕事と家庭の両立支援の充実を図るとともに、従業員全員が更に働きやすくなるような職場環境づくりを進めることを目的とした行動計画を策定し、制度や環境の整備を推進してきた。くるみんマークの取得は、それらの取り組みが評価され、認定されたもの。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:56 | IR企業情報

ホットリンク 3月6日(木)より2ちゃんねるデータの取得トラブルが発生していると発表

■独占利用許諾契約を締結している会社がデータの供給を先方事情により停止

 ホットリンク<3680>(東マ)は本日(10日)、3月6日(木)より2ちゃんねるデータの取得トラブルが発生していると発表した。

 同社グループは、ブログ・Twitter・2ちゃんねる・掲示板等のソーシャル・ビッグデータを取得し、分析することにより、自社製品・サービスのトレンド及び消費者ニーズの調査・分析、あるいは企業の風評や情報漏えいを効率的に発見するための機能やデータ及びサービス提供を行っているが、今般ソーシャル・ビッグデータの内、2ちゃんねるデータについて3月6日(木)より取得トラブルが発生しており、現在も復旧の目処が立っていない。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:47 | IR企業情報