[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/09)フライト:ソーシャル事業を本格始動!iPhone版有料SOICHA登場
記事一覧 (02/08)ゼリア新薬:米国HemCon社との提携第一弾、止血・創傷処置材を発売開始
記事一覧 (01/30)トーソー 「インテリアウインドウ」を2月1日より発売
記事一覧 (01/27)ワコールは着圧設計を施した『レッグカバー』を発売!
記事一覧 (01/27)ホンダはファッションスクーター「ジョルノ」を発売
記事一覧 (01/27)男性用機能下着『CROSS WALKER』が売上200万枚を突破!
記事一覧 (01/21)ベルーナ 卓上サイズのさくらの盆栽「桜庭園」の販売を1月21日より開始
記事一覧 (01/21)ホンダ:ロードスポーツモデル「VT750S」のカラーリングを変更し発売
記事一覧 (01/20)日産「ムラーノ」マイナーチェンジ!地デジチューナー内蔵でiPod接続も
記事一覧 (01/20)ワコールは「CW−X」生誕20周年記念限定モデル発売
記事一覧 (01/20)スズキは新感覚軽乗用車の新型「MRワゴン」を発売!
記事一覧 (01/16)業界初!カシオはサブパネルにカラー液晶を搭載した「エクスワード」発売
記事一覧 (01/16)世界初!ソニーはプロジェクター機能搭載ビデオカメラを発売
記事一覧 (01/12)ワコールは『朝の谷間、ながもち、リボンブラ。』発売
記事一覧 (01/11)スズキのワゴンRが7年連続軽ナンバー1/国内累計販売台数350万台達成
記事一覧 (12/24)ソフィアホールディングス 関連子会社の眞人堂は、電子書籍「IT批評 vol.1」の販売を開始
記事一覧 (12/22)フライト片山社長、iPhone用クレジットカード決済など中計を語る
記事一覧 (12/18)ベルーナ 「ワイン福袋」をカタログおよびインターネットで販売中
記事一覧 (12/16)ホンダは電動二輪車「EV−neo」のリース販売を開始
記事一覧 (12/13)トーソーは業界初の防炎木製ブラインド「ベネウッド防炎」を12月から販売
2011年02月09日

フライト:ソーシャル事業を本格始動!iPhone版有料SOICHA登場

■Twitterの「SOICHAシリーズ」iPhone海外版を販売開始

フライトシステムコンサルティングホームページ フライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)は、同社が昨年よりiPhone向けに提供しているTwitterクライアント「TweetMe」の世界進出版として「SOICHA(ソイチャ) iPhone」を発売開始した。「SOICHA iPhone」は国外のTwitterユーザーを対象とし、各国のAppStoreで購入(価格$4.99)が出来る。

 SOICHAは、「Social」+「Chain/Channel」を組みあせて作った造語で、単にTwitterへの投稿ができるだけではなく、「調べる、整理する、連携する」をキーワードにTwitterだけでない様々なソーシャルネットワークとクラウドサービスを結びつけるソーシャルビューワーという意味が込められている。

 同社では昨年より提供してるiPhone版Twitterクライアント「TweetMe for iPhone」およびソフトバンク携帯電話に搭載されている「TweetMe for S!アプリ」で培ってきた技術、ノウハウを軸に、このSOICHA iPhoneで世界への進出とともに、同社Twitetrクライアントで初の有料販売モデルの確立を図る意向だ。

 同社では1月31日にAIR版としてPC用SOICHA(無料、3月中を目途に有料課金予定)をリリースしており、今後はAndroid版、iPad版など様々なプラットフォーム用に精力的にSOICHAシリーズをリリースしていく予定だ。同社は、実績、ノウハウ、技術力が備わってきたことで、来期以降の収益事業として成長を期待している。

フライト:ソーシャル事業を本格始動!iPhone版有料SOICHA登場

>>フライトシステムコンサルティングのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:02 | 新製品&新技術NOW
2011年02月08日

ゼリア新薬:米国HemCon社との提携第一弾、止血・創傷処置材を発売開始

■医薬品周辺領域での新規事業展開に大きな期待

ゼリア新薬工業ホームページ ゼリア新薬工業<4559>(東1)は、米国 HemCon Medical Technologies Inc.(所在地:オレゴン州ポートランド、社長:Nick Hart氏)との間で昨年4月に結んだ、国内での止血・創傷処置材(一般医療機器)の包括的・独占的開発販売契約に基づく第一弾として、「ヘムコン バンデージ」、「ヘムコン ガーダケア」、「ヘムコン カイトガーゼ」の3品目を、同社の子会社、ゼリア商事株式会社(本社:中央区、代表取締役社長:株橋春樹氏)を通じて発売を開始した。

 同社は、「ヘムコン バンデージ」、「ヘムコン ガーダケア」、「ヘムコン カイトガーゼ」および近日上市予定の「ヘムコン パッチ」の4品目を一般医療機器として厚生労働省へ製造販売の届出を提出、さらに今後、ヘムコンシリーズとして数品目を追加する予定。 

 ゼリア商事は、使用ニーズに応じた代理店を選定し、独自の販売ルートの確立に取り組み、ヘムコンシリーズ市場の構築を目指す。

 HemCon社の製品は、甲殻類の殻から得られる天然物であるキトサンを素材としものであり、出血面(部位)に適応すると、プラス電荷のキトサンに、マイナス電荷の赤血球・血小板が引き寄せられて凝固する性質を利用して開発されており、医療機関だけでなく、様々なルートを通じての販売が可能な商品であることから、中長期的視点から見て同社グループにとって医薬品事業周辺領域における新規事業として、今後の展開が期待される。(写真=ヘムコン4製品)

ゼリア新薬:米国HemCon社との提携第一弾、止血・創傷処置材を発売開始

>>ゼリア新薬工業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:28 | 新製品&新技術NOW
2011年01月30日

トーソー 「インテリアウインドウ」を2月1日より発売

■省エネに貢献し、かつ住宅エコポイントの対象製品

トーソーHP 窓辺の総合インテリアメーカーであるトーソー<5956>(東2)は、省エネに貢献し、かつ住宅エコポイント対象製品である内窓「インテリアウインドウ」を2月1日より発売。
 内窓とは、既存窓(今ある窓)の内側に新たに取付ける樹脂製の窓。アルミサッシと単板ガラスで構成された既存窓の機能面での弱点を補う製品として、全国的に需要が高まっている。
 同社は設立以来、カーテンレール、ブラインド類の総合ウインドウトリートメント企業として各種製品を世に送り出し、太陽熱を効果的に遮断する「遮熱ブラインド」(2002年発売開始)や、同様の機能をもったロールスクリーンなど、各種省エネ製品の開発にも取り組んでいた。そして従来の室内向け製品の枠に留まらず、幅広く窓周りの省エネ提案を行いたいとの考えから、2009年より複層ガラスとオーニング(日除け・雨除け)を発売し、さらに今回「内窓」の取り扱いを開始することとなった。
 従来、ガラス・サッシ等の窓製品とウインドウトリートメント製品は別々の業界で各メーカーが製品提案を行ってきたが、同社が両方の製品をラインナップすることで、窓製品とウインドウトリートメント製品の効果的な組み合わせを行なうことで、より省エネ効果を高める提案が可能。また、生活者およびインテリア・内装系販売店に対してワンストップで、ワンランク上の窓辺リフォームの提案が行えるようになるなどのメリットも期待できる。
 内窓「インテリアウインドウ」の特徴は、 断熱効果、遮熱効果、結露抑制効果、防音効果、防犯効果、簡単施工と多様な要求に対応した製品。

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 新製品&新技術NOW
2011年01月27日

ワコールは着圧設計を施した『レッグカバー』を発売!

 ワコールホールディングス<3591>(東1)のワコールでは、女性の身体を足元からトータルにサポートするボディスタイリングウェアブランド「STYLE COVER(スタイルカバー)」から、着圧設計を施した『レッグカバー』を2011年2月初旬から発売すると発表。

 ワコール人間科学研究所開発の、ふくらはぎの着圧を最も強くした部位別バランス着圧設計で、歩行などの運動をすることで適度な刺激を与え、脚をすっきり美しくサポートする。また、ひざ下から足首までの丈なので、パンツとコーディネイトして着用しても、ふともも部分がかさばらず、裾をロールアップするなどの半端丈なパンツスタイルの裾から見せてはくなどのスタイリッシュな着こなしが可能なデザイン。

 無地と綿混ボーダーのレギンスタイプと、無地のトレンカタイプ(つま先とかかと部分がないスパッツ)の3品番で展開。全国の百貨店婦人服飾雑貨売場や、プラザ・東急ハンズなどの雑貨店、ワコールウェブストアなどで2011年2月初旬から順次販売し、3万枚の売上を目指す(2011年2月〜7月)。(写真=モデル着用『レッグカバー』:「STYLE COVER」MDN・002、カラー=ブラック)

ワコールは着圧設計を施した『レッグカバー』を発売!
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:55 | 新製品&新技術NOW

ホンダはファッションスクーター「ジョルノ」を発売

 ホンダ<7267>(東1)は、ファッションスクーター「ジョルノ」を1月28日(金)に発売すると発表。ジョルノは、ファッションに敏感な若者層を中心に、幅広い嗜好に応えるモデルとして開発された。外観は、『丸くてかわいい』スタイルを採用。やや大きめのヘッドライトとクリアレンズのウインカーでかわいらしさを際立たせるとともに、各所に採用したメッキパーツで高級感を演出した。また、ボディカラーは7色のカラーバリエーションを用意している。

 エンジンは、空冷・4ストローク・OHC単気筒50ccエンジンを搭載。73km/L(30km/h定地走行テスト値)の低燃費を実現し、動力性能と環境性能を高次元で両立した。また、ホンダ独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を装備することで、安定した制動力を得ることを可能にしている。販売計画台数(国内・年間)は1万5000台。メーカー希望小売価格は15万9600円(消費税抜き本体価格:15万2000円)。(写真=ジョルノ:アズキブラウンメタリック)

ファッションスクーター「ジョルノ」

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:55 | 新製品&新技術NOW

男性用機能下着『CROSS WALKER』が売上200万枚を突破!

■はいて歩くことで、体脂肪の減少が期待できる

 ワコールホールディングス<3591>(東1)のワコールが、2008年3月から販売している「はいて歩くことで、体脂肪の減少が期待できる」男性用機能下着『CROSS WALKER(クロスウォーカー)』が2011年1月24日(月)に売上200万枚を突破したと発表。

 『クロスウォーカー』は百貨店ブランド「DAMS(ダムス)」とチェーンストアブランド「BROS(ブロス)」の両ブランドから2008年3月から発売し、2008年4月からの特定健診・保健指導の改正や、ウォーキング人口の増加など、健康に対する意識の高まりを背景に「はいて歩くことで、体脂肪の減少が期待できる」という、これまでにない付加価値が話題を呼び初年度20万枚の売上目標を、わずか3ヶ月で達成した。

 その後も、2009年夏シーズンには“メッシュ”タイプ、冬には吸湿発熱繊維エクスを使用したタイプや、熱が逃げやすい腰部分にフリースを施した“集中保温”タイプなど、男性用下着(ボトム)にシーズン性を取り入れた提案を続け、これまで順調に売上を伸ばしている。また、2010年9月にはオフタイムのウォーキングやゴルフなどの長時間歩行する際に着用する足首丈の“スパッツタイプ”を発売し、新規顧客獲得を図っている。(写真の商品=「BROS」:GX−6001(コン))

CROSS WALKER(クロスウォーカー)

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:40 | 新製品&新技術NOW
2011年01月21日

ベルーナ 卓上サイズのさくらの盆栽「桜庭園」の販売を1月21日より開始

■職人が5年以上の歳月をかけて丹念に育てた植栽を植え込んだもの

ベルーナ 総合通信販売のベルーナ<9997>(東1)は、卓上サイズのさくらの盆栽「桜庭園」の販売を1月21日より開始する。
 今回新発売となる「桜庭園」は、職人が5年以上の歳月をかけて丹念に育てた植栽を植え込んだもの。高さ30〜35cmほどの小ぶり鉢植えの桜。器には三重県の伝統工芸品にも指定されている萬古焼(ばんこやき)の陶器鉢を使用している。
 最近では安価で手軽なミニ盆栽や、山草花の盆栽などが幅広い年齢に人気となっていることから、「桜庭園」も蕾から満開になり、花びらが舞い落ちるまで手元で楽しめるため、人気化するものと期待している。
 同社では、「桜庭園」を皮切りに、「春植えガーデンコレクション」として春から夏にかけて楽しめる花々をチラシやインターネットで販売していく方針。

桜庭園

>>ベルーナのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:26 | 新製品&新技術NOW

ホンダ:ロードスポーツモデル「VT750S」のカラーリングを変更し発売

 ホンダ<7267>(東1)は、水冷・4ストローク・V型2気筒750ccエンジンを搭載したロードスポーツモデル「VT750S」のカラーリングを変更し、1月26日(水)から発売すると発表。

 新たに採用した車体色のパールヘロンブルーは、ホンダ伝統のトリコロールとすることで、スポーティーさを強調。フューエルタンクは、ホワイトを基調にレッドとブルーのラインを配し軽快なスタイリングを演出している。VT750Sは、新色のパールヘロンブルー、継続色のヘビーグレーメタリックの2色展開としています。

 VT750Sは、「カジュアル・ロードスター」を開発のコンセプトに2010年3月に発売。以降、スリムでコンパクトな車体サイズと、Vツインエンジンなどにより、40代から50代に支持されている。(写真=VT750S:パールヘロンブルー)

ロードスポーツモデル「VT750S」

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:58 | 新製品&新技術NOW
2011年01月20日

日産「ムラーノ」マイナーチェンジ!地デジチューナー内蔵でiPod接続も

 日産自動車<7201>(東1)は、「ムラーノ」をマイナーチェンジし、2月3日から全国一斉に発売すると発表した。

 今回のマイナーチェンジでは、よりシャープさを強調したフロントグリルや、ワイド感を強めたフロントバンパー、ボディサイドのキャラクターラインを強調するリヤコンビランプ、スポーティ感を高めた新デザインの金属調塗装アルミホイール等を採用することで、先進性と高品質感をさらに際立たせたエクステリアとした。
 インテリアには、ホワイト基調の表示でドライバーの視認性を向上させる先進的デザインのコンビメーターを採用した。また、本革シートやドアトリムのデザインを変更し、センタークラスターの色味を統一感を高めたコーディネートとして、プレミアム感を向上させた。
 さらに、地デジチューナーを内蔵しiPod等とのUSB接続を可能とするなどエンターテインメント機能を充実させたHDD方式の「カーウイングス ナビゲーションシステム」を採用することで、さらに居心地のよい室内空間を実現している。(写真=ムラーノ350XV FOUR<オプション装着車>)

ムラーノ350XV FOUR<オプション装着車>

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:36 | 新製品&新技術NOW

ワコールは「CW−X」生誕20周年記念限定モデル発売

■『ワコールウェブストア』などで先行予約受付開始

 ワコールホールディングス<3591>(東1)のワコールから好評発売中の機能性コンディショニングウェアブランド「CW−X(シー・ダブリュー・エックス)」は、今年でブランド生誕20周年を迎えることを記念し、スポーツタイツの20周年記念限定モデル第一弾を2000枚限定で2月下旬から「CW−X」直営店『コンディショニングストア青山、半蔵門』の両店と全国の百貨店スポーツ売場と、スポーツ専門店、スポーツチェーン店で発売する。また、発売に先駆け本日、1月20日から、『ワコールウェブストア』などで先行予約の受付を開始した。(写真=左:HZO・529カラー:パープル〈メンズ〉、右:HZY・129カラー:ピンク〈レディス〉)

スポーツタイツ

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:46 | 新製品&新技術NOW

スズキは新感覚軽乗用車の新型「MRワゴン」を発売!

 スズキ<7269>(東1)は、広い室内空間と個性あふれるデザインを採り入れた新感覚の軽乗用車、新型「MRワゴン」を1月20日から発売すると発表。

 新型「MRワゴン」は、これから新しくクルマを持とうとしている若年ユーザーを想定し、外観には個性的なスタイリングと広いキャビンを生むロングルーフ・ロングキャビンデザインを採用。シンプルかつモダンな内装には、タッチパネルオーディオなど、若者がよりクルマを身近に感じられる新感覚のデザインを採り入れた。また、低燃費を実現する、新開発R06A型エンジンを搭載。副変速機構付CVTを採用し、車体の軽量化も実現することで25.5km/L(燃料消費率10・15モード走行:国土交通省審査値)(自然吸気・2WD車)の低燃費を達成した。年間販売目標台数3万6000台としている。

新型「MRワゴン」

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:48 | 新製品&新技術NOW
2011年01月16日

業界初!カシオはサブパネルにカラー液晶を搭載した「エクスワード」発売

■ツインカラー液晶で表現力と操作性が増した電子辞書

 カシオ計算機<6952>(東1)は、メーカーシェアNo.1の電子辞書「エクスワード」シリーズの主要ラインアップを一新し、業界で初めてサブパネルにカラー液晶を搭載することで、より表現力や操作性を向上させた新製品15機種を、1月21日より順次発売する。

 「エクスワード」新モデル15機種は、メインパネルに加えてサブパネルもカラー化したツインカラー液晶を採用。サブパネルがカラー化したことにより、覚えたい言葉を裏と表の一組で保存する「暗記カード」で、色を使い分けて内容の整理ができるようになっただけでなく、メインパネルで表示した写真やイラストの解説をサブパネルで確認できるなど、より快適な操作性を実現した。

■キーワードから内蔵コンテンツの収録画像を検索する新機能を搭載

 また、新画像検索機能「電子図鑑」を搭載しており、植物や物の名前がわからないときでも、手がかりとなるキーワードを入力することで条件に該当する内蔵コンテンツの収録画像を検索し、解説を表示できる。コンテンツごとの画像一覧からの検索も可能。

 デザインは、凹凸の少ないスマートなデザインを採用。手に馴染みやすく、「持つ歓び」を感じさせるスタイルに仕上げています。上質感溢れる光沢仕上げタイプに加え、新たに独特の手触りと味わいがあるテクスチャー(布調)仕上げタイプが用意されている。(写真=テクスチャー仕上げタイプ(XD−B8500BU))

■メインパネルとサブパネルにカラー液晶を搭載したツインカラー液晶

 白地の画面に文字をはっきりと表示するBlanviewR液晶を採用。ツインカラー表示で約130時間の電池寿命。さらに、「カラー付箋」「カラーノート」「カラーマーカー」の機能で、覚えておきたい項目のチェックや、単語カードと同じ感覚で使える「暗記カード」の作成など、カラーならではの学習機能も充実している。

業界初!カシオはサブパネルにカラー液晶を搭載した「エクスワード」発売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:25 | 新製品&新技術NOW

世界初!ソニーはプロジェクター機能搭載ビデオカメラを発売

■画質、音質、撮影後の楽しみが進化した“ハンディカム”5機種発売

 ソニー<6758>(東1)は、画質と音質、さらに撮影後の映像を楽しむ機能が進化したAVCHDデジタルハイビジョン“ハンディカム”5機種を発売する。

AVCHDデジタルハイビジョン“ハンディカム”

 今回発売する機種は、新開発したワイドサイズ(16:9型)で総画素数665万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”、高音質5.1ch サラウンドサウンドマイクロホン、同社の高音質音響機器に採用しているフルデジタルアンプ「S−Master」や音響特性をデジタル処理により最適化した高音質ステレオスピーカーを搭載する機種などを含む『HDR−CX700V』『HDR−CX560V』、撮影した映像をその場で投影できるプロジェクター機能を本体に搭載した『HDR−PJ40V』『HDR−PJ20』と「撮る」・「観る」楽しむための高い基本性能を搭載した『HDR−CX180』。全機種ともに記録メディアには、内蔵フラッシュメモリーを採用。

 『HDR−PJ40V』『HDR−PJ20』は、液晶パネルに小型のプロジェクター機能を搭載。撮影した映像を内蔵のプロジェクター機能で壁などに手軽に投影することが可能。暗い室内などでは、投影距離3mで約60V型までの画面サイズに投影できる。加えて、本体に搭載するクリアフェーズと「S−Master」対応の高音質ステレオスピーカーによる高音質な音声再現も楽しめる。「ハイライト再生」でショートムービーを作成し、気軽に臨場感溢れる映像を楽しむことができる。

世界初!ソニーはプロジェクター機能搭載ビデオカメラを発売

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:53 | 新製品&新技術NOW
2011年01月12日

ワコールは『朝の谷間、ながもち、リボンブラ。』発売

■1月21日から順次発売

 ワコールホールディングス<3591>(東1)のワコールは、2010年1月から発売して好評の、朝ブラジャーを着用したときの状態『寄せて上げてつくった胸の谷間』を長時間キープするブラジャー『朝の谷間、ながもち、リボンブラ。』の新製品を2011年1月21日から順次発売すると発表した。

 この商品は、キープリボン構造(特許出願中)が、バストの動きに追随し、ブラジャー着用時の腕の動きや体のひねりによるカップの浮きや胸のズレを軽減し、胸の谷間を長時間キープするという新しい価値を提供する。

 全国の百貨店、下着専門店、チェーンストア(量販店)、ワコールウェブストアで発売し、今シーズンは30万枚の売上を目指していく。(2011年1月〜6月)

朝の谷間、ながもち、リボンブラ。

■参加型TVCMご当地バージョン撮影会開催

 また、昨春TVCMで放映しYou Tube(2010年You Tubeで最も視聴された動画ランキング8位)でも話題になった「うわさのリボンブラ体操」を、今シーズンは『リボンブラ歌劇団』による新CM「うわさのリボンブラ」として3月中旬に放映予定。

 さらに今回は、一般の方からTVCM出演者を募集し、「うわさのリボンブラ体操」を踊ってCMに出演してもらう、参加型TVCMご当地バージョンの撮影会を全国6都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)で開催し、『リボンブラ歌劇団』による新CMと併せて放映する予定(ご当地バージョンは撮影会実施都市のみ放映)。

You Tube:WacoalOfficial=http://www.youtube.com/user/WacoalOfficial
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:44 | 新製品&新技術NOW
2011年01月11日

スズキのワゴンRが7年連続軽ナンバー1/国内累計販売台数350万台達成

 スズキ<7269>(東1)は、軽乗用車「ワゴンR」が国内軽自動車車名別新車新規届出台数において2004年から2010年まで7年連続でNo.1となり、また、2010年12月に国内累計販売台数350万台を達成(社団法人・全国軽自動車協会連合会資料よりスズキ調べ)したと発表した。

 「ワゴンR」は1993年9月に発売し、以来、広く快適な居住空間、乗り降りしやすいシート、使い勝手の良いラゲッジスペースなどの特長で好評を得て、新しいジャンルのワゴンタイプの軽乗用車という市場を開拓した。

 国内累計販売台数350万台の達成を記念し、特別仕様車「ワゴンR リミテッド」、特別仕様車「ワゴンRスティングレー リミテッド」を発売している。

ワゴンR

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:12 | 新製品&新技術NOW
2010年12月24日

ソフィアホールディングス 関連子会社の眞人堂は、電子書籍「IT批評 vol.1」の販売を開始

■多角的な視点で考察・分析を行い、テーマの本質に迫った書籍として好評

 ソフィアホールディングス<6942>(JQS)の関連子会社である眞人堂は、同社の電子書籍販売サイト「V−LABEL」で電子書籍「IT批評 vol.1 (ハイパーリンク版)」の販売を開始した。

 2010年12月6日に発売した「IT批評 vol.1」書籍版は、「プラットフォーム戦略」「クラウドコンピューティング」についてコンサルタント、ジャーナリスト、研究者からの寄稿により多角的な視点で考察・分析を行い、テーマの本質に迫った書籍として好評である。
 電子書籍(ハイパーリンク版)では、本文中の用語・固有名詞をクリックすることで、その用語等に関連する情報が掲載されたウェブサイトへジャンプすることができる。書籍を読み進めながら、周辺知識を深めることができる電子書籍ならではの機能である。

IT批評 vol.1

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | 新製品&新技術NOW
2010年12月22日

フライト片山社長、iPhone用クレジットカード決済など中計を語る

フライトシステムコンサルティングホームページ フライトシステムコンサルティング<3753>(東マ)の出来高が久々に急増し、株価にも動意がうかがえる。先に3カ年計画を決め、収益重視を鮮明にするとともに、事業展開の軸足を、自らサービスを発信・提供するサービス業へと舵を切った、同社片山圭一朗社長が、12月20日ラジオNIKKEI IR番組に出演、次のように語った。

■人気を呼んでいるiPhoneアプリなどについて

 米アップル社との関係は長く、当社が放送局向けシステムの開発に取組んだ時点に遡る。その際、アップル社のQuickTime技術を取り入れのだが、iPhoneが発売されたことで、その技術を活かせる領域が広がり、技術面でもアドバンテージがあったことから、iPhoneアプリの開発、iPhoneを活用したサービスの提供へとつながった。

■日本初、iPhoneでのクレジット決済「ペイメント・マイスター」は、厳しいセキュリティが決め手

 9月30日の発売以来、業界で注目されているのがiPhoneを活用したクレジットカード決済ソリューション「ペイメント・マイスター」。発売と同時にAIGエジソン生命様の採用が決定し、同決済ソリューションを三菱UFJニコス様と共同開発、営業面ではソフトバンクテレコム様と協業している。
 iPhoneはじめスマートフォンでのクレジットカード決済ができるのは、このペイメント・マイスターが日本での第一号だ。現在、多くの企業から問い合わせが殺到しているが、「厳しいセキュリティをクリアし、手軽に高セキュリティな決済が出来る」ところが注目されているポイントだ。

■事業展開、『攻め型、サービス事業へ軸足シフト』

 このたび、今後3ケ年の中期経営計画を発表した。収益確保に重点を置き、事業展開の軸足を、従来の「待ち受け型請負事業」のコンサルティング事業から、自らサービスを発信・提供する「攻め型のサービス事業」へ大きく転換する。そのコア事業こそ、このクレジットカードソリューションを中心とした「電子決済ソリューション」であり、世界初のサービス連携を果たしたTwitterソフト「TweetMe」によるソーシャルストリームソリューションだ。

■下半期は黒字化、来期以降中計路線キャッチアップ

 第2四半期の経営環境は、リーマンショック後の不況を通じ、待ち受け型のコンサルティング事業の縮小が加速される、逆風が続いた。その中で、iPhoneを活用したサービス事業への取組みを進めたが、『変化へ一歩の遅れ』が第2四半期業績の立ち遅れという結果を生んだ。しかし、足元の状況から判断すると、下期に限ってみれば黒字化を達成できる見込みであり、新事業を中心にすえた来期以降は、確実に中期経営計画路線をキャッチアップする。

■社名に相応しく「注目の技術ベンチャー」へ飛躍

 社名の「フライト」には「飛躍」という意味が込められており、世界初のサービスを実装したTwitterアプリ、日本初の高セキュリティを採用したクレジットサービス等、来年からも大いに飛躍が期待できる注目の技術ベンチャーをめざします。

>>フライトシステムコンサルティングのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:31 | 新製品&新技術NOW
2010年12月18日

ベルーナ 「ワイン福袋」をカタログおよびインターネットで販売中

■昨年より2 種類増となる全16種類の福袋を用意

ベルーナ カタログ販売のベルーナ<9997>(東1)が展開しているワイン専門通販「My Wine CLUB」では、11月4日より「ワイン福袋」をカタログおよびインターネットで販売している。冬は、クリスマス・正月とイベントが続き、家族や友人が集まりやすいことなどから、マイワインクラブではこの時期に毎年恒例で福袋を販売。今年は、昨年より2種類増となる全16種類の福袋を用意した。しかし、発売から約1ヶ月で既に9種類の商品が完売となっており、全14種類中4種類が完売だった昨年同時期を上回る勢いで注文が集中している。
 ペットボトルワインや紙パックワインなど低価格で気軽に飲めるタイプのワインが広がったことにより、ワインを身近に感じる人が増えている。マイワインクラブでは、毎年福袋を販売しているが、昨年は「日本産ワイン」「高級ブルゴーニュワイン」などコンセプトを設けた福袋が好評であった。そこで今年はコンセプト福袋の種類を増やし、更に1 万円未満の低価格帯を多くして、気軽にワインを楽しみたいというニーズに応えるラインアップを用意。
 中でも、「スパークリングワイン6本福袋(5,980円)」は昨年の同様商品に比べて約3倍の販売数量に達し、クリスマスなどにぴったりなことから今年の人気No.1 商品。その他にも、「ドイツフランケンボトル6本福袋(5,480 円)」「ブルゴーニュ高級赤3本福袋(7,980 円)」などが早々に完売となっており、昨年同様にコンセプト福袋の売れ行きが良い。

ベルーナ

>>ベルーナのIR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | 新製品&新技術NOW
2010年12月16日

ホンダは電動二輪車「EV−neo」のリース販売を開始

 ホンダ<7267>(東1)は、電動二輪車「EV−neo(イーブイ・ネオ)」のリース販売を12月24日(金)に開始すると発表した。「EV−neo」は、重量物の運搬や配達業務などのビジネス用途向けに開発し、「クリーン」「静か」と「力強さ」を両立させた原付一種(第一種原動機付自転車)の電動二輪車。

 「EV−neo」は、走行時にCO2を一切排出しない「クリーン」で「静か」な電動ならではの優れた環境性能に加え、低回転からトルクのあるモーターの特性を活かし、荷物積載時でも力強い発進性能と登坂性能を実現した。インサイトの技術などを応用した自社製のモーターとリチウムイオン電池を採用し、約30分でフル充電(気温25度C環境下)が可能な新開発の専用急速充電器と組み合わせた本格電動二輪車。

 車体は、荷物を積みやすい広くフラットなリアデッキや、乗り降りしやすいフラットなフロアなど、配達などの業務における使い勝手を考慮した。「EV−neo」をベースに、新聞などの配達に便利な大型リアキャリアと、フロントバスケットの装着に便利なブラケットを標準装備してさらに積載性を高めた「EV−neo PRO」も同時に販売する。

ホンダは電動二輪車「EV−neo」のリース販売を開始

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:25 | 新製品&新技術NOW
2010年12月13日

トーソーは業界初の防炎木製ブラインド「ベネウッド防炎」を12月から販売

■天然木を使用したスラットに防炎処理を施す新技術を採用

トーソーHP 窓辺の総合インテリアメーカーであるトーソー<5956>(東2)は、天然木を使用した業界初の防炎木製ブラインド「ベネウッド防炎」、インテリアトレンドに合わせたカーテンアクセサリー(タッセル)、調光スクリーン「ビジック」の新色スクリーン を12月より全国で発売する。
 窓周り製品での人気が高く、住宅・非住宅問わず幅広く使用されている木製ブラインドは、従来消防法における防炎対象物品ではないが、高層建築物等へ使用する際には防炎性能について確認されるケースが多い。
 そこで、同社では、安心して使いたいというニーズに応え、天然木(桐材)を使用したスラット(はね)に防炎処理を施す新技術を採用し、日本防炎協会より防炎製品の認定を受けた「ベネウッド防炎」を発売。木製なのに燃えにくいため、高層階の住宅や宿泊施設、商業施設など防炎性が求められる場所でも安心して使用することができる。
 また、12月20日より、カーテンを束ねるタッセルについては、カーテントレンドに合わせたデザインを新発売。モダンテイストからナチュラルテイストまでバリエーション豊かなアイテムがラインナップに加わる。
 更に、2007年の発売開始以後、好評を博している調光スクリーン「ビジック」の売れ筋生地であるゼブラシリーズに、要望の多かった新色および遮光性の高い新スクリーンを追加し、12月6日より販売している。

トーソー 業界初の防炎木製ブラインド「ベネウッド防炎」を12月より販

>>トーソーのMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:09 | 新製品&新技術NOW