[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/30)ピックルスコーポレーションは9月1日より「ご飯がススム 松前キムチ」をリニューアル発売
記事一覧 (08/30)日本エンタープライズの子会社が運営する「いなせり」はサービスエリアを現在の1都7県から本州および四国へ拡大
記事一覧 (08/29)ケンコーマヨネーズは「サラダのプロがつくった 明太子スパゲティサラダ」を9月1日(金)より発売
記事一覧 (08/28)パイプドHDグループのパイプドビッツは自治体向けに「ふるさと納税特化型CRMソリューション」の提供開始
記事一覧 (08/27)ファンデリーは栄養価を調整したケーキを9月1日より発売開始
記事一覧 (08/24)クリーク・アンド・リバー社は博士留学生などを日本企業に紹介する就職支援サービス「CRIP」を開始
記事一覧 (08/24)ピックルスコーポレーション9月1日に「しあわせ野菜DELI」、ミックスピクルス、玉ねぎマリネ、キャロットラペの3品を発売
記事一覧 (08/22)ピックルスコーポレーションは食欲の秋を迎え9月より「ご飯がススム キムチ」をリニューアル発売
記事一覧 (08/18)三栄建築設計は東京都文京区白山に分譲住宅を建設
記事一覧 (08/15)ピックルスコーポレーションは「ご飯がススムキムチ味のたれ」「ご飯がススムゆず風味のたれ」を8月21日に発売
記事一覧 (08/10)キーコーヒー:秋冬新商品、9/1より新発売!
記事一覧 (08/07)PALTEKはスカイロボットが発表したヘッドマウントディスプレイ「Boson/スカイスカウターIR」の開発を支援
記事一覧 (08/02)ピックルスコーポレーションはニチフリ食品と「ご飯がススムキムチ味ふりかけ」を共同開発
記事一覧 (08/02)PALTEKの子会社エクスプローラが最新映像圧縮技術に対応した4K映像伝送システムを開発・販売
記事一覧 (08/02)【8月の株主優待】サイゼリヤ、壱番屋、トランザクション、ケーヨーなど
記事一覧 (08/01)キーコーヒー:「横浜1920創業ブレンド」直営ショップで販売
記事一覧 (07/31)ケンコーマヨネーズは日本の食文化を五感で体感出来るゾーン「自遊庵」に協賛し、同社の商品を提供
記事一覧 (07/31)JPホールディングスはオンライン講座「gacco」を活用し、8月1日(火)より研修を開始
記事一覧 (07/27)トーソーは木製装飾カーテンレール「ノルディ25」を8月21 日(月)より全国で発売
記事一覧 (07/20)うかいは本日、「エキュート品川」に洋菓子店「アトリエうかい」をオープン
2017年08月30日

ピックルスコーポレーションは9月1日より「ご飯がススム 松前キムチ」をリニューアル発売

■大根、人参、ごぼう、蓮根の4種類の根菜を使用

 ピックルスコーポレーション<2925>(東2)は、9月1日より「ご飯がススム 松前キムチ」をリニューアル発売する。

 今回の商品は、大根、人参、ごぼう、蓮根の4種類の根菜を使用している。更に、昆布といかのうま味に加え、たまり醤油を使用したことで、より深みのある味付けとなっている。

 また、容量については、昨年の規格から15%増量している。

 秋冬の野菜を使用していることから、9月から2月の期間限定商品となっている。9月1日より、順次、全国で販売。

matsma1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | 新製品&新技術NOW

日本エンタープライズの子会社が運営する「いなせり」はサービスエリアを現在の1都7県から本州および四国へ拡大

■築地の鮮魚を仕入れたい全国の飲食事業者の要望に対応

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、いなせりは、東京魚市場卸協同組合(以下、東卸組合) による鮮魚の電子商取引(EC) サービス『いなせり』の対応エリアを、9月5日より、現在の1都7県から本州および四国(一部離島を除く)へ拡大する。

 「いなせり」は、築地場内に店を構える500超の仲卸業者が所属する東卸組合が、組合として初めて取り組む鮮魚・水産物のECサービス。仲卸業者は翌日の入荷情報を基に『いなせり』へ出品し、飲食事業者は「いなせり」を介して午前2時までに食材の仕入れを行う。商品は市場内のいなせり集荷センターに集められた後、午前中に発送され、注文当日もしくは翌日に飲食事業者の各店舗へ配達される。つまり、わざわざ魚市場に足を運ぶこともなく、好みの鮮魚を電子商取引サービス「いなせり」で仕入れることが出来る。

 ところが、平成28年12月の「いなせり」サービス開始以来、関東エリアの飲食事業者に限定してサービスを提供してきたが、築地の鮮魚を仕入れたい全国の飲食事業者の要望が多いことから、築地市場から本州および四国への直送を開始することになった。

 築地市場の豊洲移転問題が長引いているが、鮮魚の電子商取引は、場所を選ばないことから、サービス開始以来着実に取引量を拡大している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:47 | 新製品&新技術NOW
2017年08月29日

ケンコーマヨネーズは「サラダのプロがつくった 明太子スパゲティサラダ」を9月1日(金)より発売

■濃厚な旨味が特長の北海道明太子を使用し、辛味の少ないまろやかな味わい

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、小型形態のロングライフサラダ『サラダのプロがつくった』サラダシリーズの新商品として「サラダのプロがつくった 明太子スパゲティサラダ」を9月1日(金)より発売する。

spa1.jpg

 単身世帯や女性の社会進出の増加などを背景に、手軽で日持ちのする小型サラダの市場は拡大傾向にある。本シリーズは、外食やパン業界など食のプロが利用している味を一般の家庭でも手軽に味わえるように展開している。

 「サラダのプロがつくった 明太子スパゲティサラダ」は、本シリーズで初めてスパゲティを使用し、居酒屋やコンビニ、スーパーの総菜などで人気のある食材「明太子」と合わせた。

 濃厚な旨味が特長の北海道明太子を使用し、子供でも食べやすいよう辛味の少ないまろやかな味わいに仕上げたサラダ。キャベツやコーンなどを添えると、淡いピンク色が映える華やかな一品となる。また、サーモンやえびなどの魚介類と合わせると、豪華なシーフードサラダにもなる。

 同社のロングライフサラダは、今年の10月で発売から40周年を迎える。ロングライフサラダとは、1977年に同社が業界で初めて開発した、未開封の状態で冷蔵15日から60日保存可能な調理済み加工食品である。以来約40年間、ロングライフサラダのパイオニアとして蓄積してきた開発力、豊富な品揃えで、幅広く利用されていて、業界トップシェアを堅持している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:34 | 新製品&新技術NOW
2017年08月28日

パイプドHDグループのパイプドビッツは自治体向けに「ふるさと納税特化型CRMソリューション」の提供開始

■ふるさと納税に係る自治体の業務効率化や、納税者のリピーター育成を支援

 パイプドHD<3919>(東1)のグループ企業、パイプドビッツは、8月25日に、ふるさと納税を行う自治体向けに「ふるさと納税特化型CRMソリューション」を提供開始した。

 このソリューションにより、ふるさと納税に係る自治体の業務効率化や、納税者のリピーター育成を支援することになる。

 ふるさと納税制度が導入されてから10年目を数える今でも、ふるさと納税に関するニュースは頻繁に流れている。総務省の調べによると、2016年度の寄附総額は前年度比1.7倍の約2844億円となり、成長の一途を辿っている。しかし、全体の約3分の1を占める自治体の成長率は前年度を下回っており、制度を上手く活用できていないのが現状である。ふるさと納税を成功させるためには、多くの返礼品を集めることはもちろん、一度寄附した顧客を離さずリピーターに育てながら、返礼品や自治体のファン化を図り、地域全体の盛り上げに繋げることが重要となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:03 | 新製品&新技術NOW
2017年08月27日

ファンデリーは栄養価を調整したケーキを9月1日より発売開始

■エネルギー、たんぱく質を抑えているため、食事療法が必要な人でも安心して食べることが出来る

 ファンデリー<3137>(東マ)は、栄養価を調整した「ブルーベリーレアチーズケーキ(2個入り)」と「チョコレートムースケーキ(2個入り)」を9月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売する。

 ヘルシー食スイーツの「ブルーベリーレアチーズケーキ」は、色鮮やかで風味豊かな“ブルーベリームース”と、口当たりなめらかな“レアチーズ”、ほろ苦い“ブラックココアスポンジ”の3層となっている。エネルギーを抑えるため、レアチーズ層にヨーグルトを使用しているほか、サラヤ株式会社のカロリー0の自然派甘味料「ラカントホワイト」を使用。
 エネルギーを抑えていることなら、糖尿病や脂質異常症などで食事療法を必要な人でも安心して食べることが出来る。

 たんぱく質調整食スイーツの「チョコレートムースケーキ」は、濃厚な“チョコレートムース”と、くちどけの良い“バニラムース”、ふわふわ食感の“チョコスポンジ”の3層でできている。チョコレートに使用しているココアの一部をチョコレートペーストに置き換えることで、たんぱく質を抑えている。
 たんぱく質を抑えているため、腎臓病や糖尿病性腎症の方でも安心して食べることが出来る。

 同社は、生活習慣病向けに健康食の宅配事業を展開している。健康食の需要は旺盛なこともあり、同社の業績は、年々拡大中である。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:50 | 新製品&新技術NOW
2017年08月24日

クリーク・アンド・リバー社は博士留学生などを日本企業に紹介する就職支援サービス「CRIP」を開始

■海外の優秀な人材を紹介するノウハウを基に、独自のサービスを企画開発

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、国内外の大学や研究機関に留学している博士留学生などに、同社独自の教育や研修を行い日本企業に紹介する就職支援サービス「CRIP(クリップ)」を開始した。

 現在日本では様々な業種で人手不足が叫ばれており、特にビッグデータやIoT、人工知能(AI)を活用する、先端IT分野では、2020年には4万8,000人が不足するといわれる等、優秀な人材の確保が各企業で急務となっている。

 そのような状況の中で、同社プロフェッサー(研究者)事業部は、これまでに積み上げてきた海外の優秀な人材を紹介するノウハウを基に、独自のサービスを企画開発した。

 このサービスは、同社で留学生の研究や博士号の内容を見極め、言葉や慣習などの問題で日本企業に就職できなかった優秀な博士留学生を、日本企業で活躍できる人材へと研修を行い就業先を紹介する。

 既に17年5月から本格的にサービスを開始し、わずか3カ月間で大手メーカーやシステム企業等に、人口知能や機械工学系の欧州や中東、アジア系等の博士人材を複数紹介し、就職へと結びつけている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:36 | 新製品&新技術NOW

ピックルスコーポレーション9月1日に「しあわせ野菜DELI」、ミックスピクルス、玉ねぎマリネ、キャロットラペの3品を発売

■パッケージにはフランスの絵本キャラクター「リサとガスパール」を採用

 ピックルスコーポレーション<2925>(東2)は、9月1日に「しあわせ野菜DELI」、ミックスピクルス、玉ねぎマリネ、キャロットラペの3品を発売する。

 「野菜」を通して「しあわせ」を届けたい、をコンセプトにしたシリーズ商品。多様な料理に展開しやすいよう甘酸っぱいシンプルな味付けの洋漬物。液切りをして料理・お惣菜などと合わせるだけで手軽に野菜と彩りをプラスすることができる。パッケージにはフランスの絵本キャラクター「リサとガスパール」を採用することで、つい手に取ってみたくなるような可愛らしいデザインとなっている。

ppp1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:31 | 新製品&新技術NOW
2017年08月22日

ピックルスコーポレーションは食欲の秋を迎え9月より「ご飯がススム キムチ」をリニューアル発売

■キレのある辛さと魚介の旨味がきいた本格的な味わいが特長

 ピックルスコーポレーション<2925>(東2)は、食欲の秋を迎え9月より「ご飯がススム キムチ」をリニューアル発売する。

 同社の「ご飯がススム キムチ」は好評であることから、同社のナショナルブランドまで成長し、事業拡大のけん引役となったヒット商品である。

 今回、食欲の秋を迎え、9月より「ご飯がススム キムチ」のリニューアル発売を発表した。従来の商品に比べ、キレのある辛さと魚介の旨味がきいた本格的な味わいが特長となっている。商品名は、「ご飯がススム 本格キムチ」。

 国産の鮭エキスと複数の魚介エキスを贅沢に使用し、後引くコクもプラスすることで、ご飯に合うキムチとなっている。9月より、順次全国で発売する。

go1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:33 | 新製品&新技術NOW
2017年08月18日

三栄建築設計は東京都文京区白山に分譲住宅を建設

■7000万円後半から8000万円中頃の価格を実現

 「Design Your Life」をグループメッセージに掲げる、メルディアグループ株式会社三栄建築設計<3228>(東1)は、東京都文京区の由緒ある土地を3分割し、3棟の分譲住宅を建設した。

sanei1.jpg

 同社は、「同じ家はつくらない」というポリシーのもと、高い技術力と施工力を駆使して、都市部、特に23区において、他社が敬遠するような狭小の14坪〜18坪ほどの土地に約30坪(約100平米)の木造3階建てをつくり、販売してきた実績がある。

 今回の分譲住宅では、今まで培ってきた設計力・施工力により、それぞれが約18坪〜23坪(約58平米〜76平米)の敷地面積の中で約30坪(約100平米)の建物面積を確保し、7000万円後半から8000万円中頃の価格を実現しつつ、3棟共に1台分の駐車スペースを確保した。

 3棟それぞれがオリジナリティある洗練されたデザイン(写真)の邸宅になっており、また、同エリアの新築マンション約30坪(約100平米)の平均価格が現在約1億2000万円前後と高騰しているため、割安感もある。なお、1棟は販売済みとしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 新製品&新技術NOW
2017年08月15日

ピックルスコーポレーションは「ご飯がススムキムチ味のたれ」「ご飯がススムゆず風味のたれ」を8月21日に発売

 ピックルスコーポレーション<2925>(東2)は、「ご飯がススムキムチ味のたれ」「ご飯がススムゆず風味のたれ」を8月21日に発売。

 野菜にかけて、和えて、短時間で野菜のおかずを簡単に作れることが特徴といえる。お好みの野菜に和えるだけで、漬物のようにしっかりとした味わいとなる。ご飯のおかずはもちろん、お酒のおつまみなども手軽に作れる。

 「ご飯がススムキムチ味のたれ」は、野菜だけでなく、鶏肉に絡めて揚げるだけで、簡単にから揚げを作ることが出来る。

 「ご飯がススムゆず風味のたれ」も、野菜だけでなく、魚介類と相性が良く、刺身にかけるだけで、カルパッチョが作れる。

 簡単におかずが作れることから、忙しい主婦にとっては重宝される新商品といえる。

p1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:00 | 新製品&新技術NOW
2017年08月10日

キーコーヒー:秋冬新商品、9/1より新発売!

■アラビカ豆100%新ブランド、ドリップオン発売20周年の新商品、そしてGテイストシリーズに新ラインアップも

 キーコーヒー<2594>(東1)は、2017年秋冬新商品として、1)選りすぐりのアラビカコーヒー豆を100%使用した新ブランド〜「PREMIUM STAGE(プレミアムステージ)」、2)ドリップ オン発売20周年を記念した新たな味わい〜「ドリップ オン ロイヤルテイスト」、3)グランドテイストシリズに新たなラインアップ〜「インスタントコーヒーグランドテイスト ダーク」を9月1日(金)から新発売する。

■個性豊かな4つの味わい「プレミアム ステージ」

k1.jpg

 レギュラーコヒ市場は、鮮度重視の志向が高まっていることや世帯人員の減少などを背景に、同社調べによると中容量帯(200g以下のレギュラーコーヒー)の購入頻度が高まっており、その市場規模は3年連続で伸長を続けているという。
 新ブランド〜「PREMIUM STAGE(プレミアムステージ)」は、"いつまでも飲み続けていたい味わい"をテーマに、同社のノウハウを結集させたプレミアムブレンドに仕上げている。

<商品概要>
・シリーズ名:「PREMIUM STAGE(プレミアムステージ)
・商品名:「スペシャルブレンド〜酸味と苦みのバランスがよく、すっきりした口当たりが楽しめる。
「モカブレンド〜気品ある酸味を活かしつつ、個性豊かなモカの甘い香りが楽しめる。
「キリマンジェロブレンド〜タンザニア産コーヒーの特徴を引き出した、コク深い味わいが楽しめる。
「ロイヤルビター」〜深煎りながら、豊かなアロマ、柔らかな苦みとコクが楽しめる。

■ドリップ オン累計18億杯超!発売20周年記念〜新たな味わい〜「ドリップ オン ロイヤルテイスト」

 「ドリップオン」は、コーヒカップにのせて湯を注ぐだけで本格レギュラーコーヒーの味を楽しめるドリップ式の簡易抽出コーヒ―である。
 1997年に発売して以来、累計18億杯を超えて提供するなど、多くのファンから愛飲されている。

 このたび発売20周年を記念して、新たな味わいと香りの「ドリップ オン ロイヤルテイスト」が加わった。
 顧客からの要望に応え、やや深煎りの心地よい苦みが楽しめる味わいに仕上げ、より満足感が得られるシリーズへとラインアップを強化している。

<商品概要>
・商品名:「ドリップ オン ロイヤルテイスト」
・特徴:酸味を抑えた、心地よい苦みと深いコクのある芳醇な味わい
・規格:8g×10袋
・賞味期間・18ヵ月

■グランドテイストシリズに新たなラインアップ〜「インスタントコーヒーグランドテイスト ダーク」

 「グランドテイスト」は、香り高いコーヒを気軽に楽しめるブランドとして、2014年に立ちあがり、現在レギュラーコヒー、簡易抽出コーヒ、インスタトとさまざなカテゴリーで展開している。

co12.jpg

<商品概要>
商品名:インスタントコーヒー グランドテイスト ダーク
特徴:飲みたいときにいつでも飲める、深みのある苦みが特徴のコク深い味わい
規格:180g
賞味期間:36ヵ月
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:06 | 新製品&新技術NOW
2017年08月07日

PALTEKはスカイロボットが発表したヘッドマウントディスプレイ「Boson/スカイスカウターIR」の開発を支援

■赤外線カメラに関するソフトウェア開発で商品開発をサポート

 PALTEK<7587>(東2)は、産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)が発表した世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラBosonを搭載したヘッドマウントディスプレイ「Boson/スカイスカウターIR」の開発を支援した。PALTEKは、「スカイスカウターIR」のソフトウェア全般を開発し、赤外線サーモグラフィカメラBosonの特徴を活かした製品の商用化をサポートした。

ir1.jpg

 スカイロボットは、既に赤外線カメラ世界最大手企業であるFLIR Systems社のドローン搭載用赤外線サーモグラフィカメラとFull HD可視光カメラを搭載したプロ用空撮ドローンを開発・販売している。
 
 このたびスカイロボットが開発した「スカイスカウターIR」は、赤外線映像を確認できるため、夜間など視界不良の環境下における人命救助や消防作業、点検作業、警備監視作業、野生動物観察などに活用できる。
 
 PALTEKは、日本においてFLIR社の提供する赤外線カメラモジュールに関する技術サポートやソフトウェア開発などを行っている唯一の会社である。FLIR社の技術パートナーとしてその技術、ノウハウを積み上げてきており、今回その経験を活かして、「スカイスカウターIR」用のアプリケーションソフトや専用ビューアなどのソフトウェア全般の開発を行った。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | 新製品&新技術NOW
2017年08月02日

ピックルスコーポレーションはニチフリ食品と「ご飯がススムキムチ味ふりかけ」を共同開発

■ニチフリ食品から年8月3日より発売

 ピックルスコーポレーション<2925>(東2)は、ニチフリ食品と「ご飯がススムキムチ味ふりかけ」を共同開発し、ニチフリ食品から年8月3日より発売される。

kimu1.jpg

 ニチフリ食品とのコラボレーション商品で、商品の製造・販売に関しては、ニチフリ食品が担当する。

 今回発売される「ご飯がススムキムチ味ふりかけ」は、「ご飯がススムキムチ」の味わいを再現したこってり味のふりかけで、味付かつお削り節や焼き海苔、キムチ味のチップ等を使用しており、ふりかけならではのサクサク食感と味を堪能できる。

 8月3日より、全国発売となる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07 | 新製品&新技術NOW

PALTEKの子会社エクスプローラが最新映像圧縮技術に対応した4K映像伝送システムを開発・販売

■最新映像圧縮技術のH.265/HEVCに対応

 PALTEK<7587>(東2)は、同社グループの完全子会社エクスプローラが、最新映像圧縮技術のH.265/HEVCに対応した4K映像伝送システムを開発し、販売すると発表した。今回販売する映像伝送システムは、現在、普及拡大している4K映像に対応したシステムであり、2017年8月から注文を受け付け、10月に出荷を開始する。

 今回、エクスプローラが開発したH.265/HEVC 4K映像伝送システムは、H.265/HEVC リアルタイムエンコーダ・デコーダシステムであり、専用ハードウエアによって実現している。産業機器で必要とされるMain 4:2:2 10プロファイルと4K60Pに対応しつつ、従来のフォーマットである2K(フルHD)画像にも対応している。

 そして、今後の4K映像の普及に伴い求められる映像伝送インターフェースの高速化とIP伝送ネットワークでの伝送量圧縮といった、顧客のニーズに応えすることが可能となる。また、現在広く普及している2K(フルHD)映像にも対応しているため、従来システムにおいても経済性や効率性を追求しつつ多くの分野での活用が期待される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 新製品&新技術NOW

【8月の株主優待】サイゼリヤ、壱番屋、トランザクション、ケーヨーなど

【8月の株主優待】(5)

サイゼリヤ<7581>(東1)
優待品=イタリア食材
売買単位=100株
直近株価=3210円

ポプラ<7601>(東1)
優待品=買物券
売買単位=100株
直近株価=622円

進和<7607>(東1)
優待品=お米券
売買単位=100株
直近株価=2197円

壱番屋<7630>(東1)
優待品=食事券
売買単位=100株
直近株価=3930円

マニー<7730>(東1)
優待品=クオカード
売買単位=100株
直近株価=2623円

トランザクション<7818>(東1)
優待品=自社製品
売買単位=100株
直近株価=1144円
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:03 | 新製品&新技術NOW
2017年08月01日

キーコーヒー:「横浜1920創業ブレンド」直営ショップで販売

■創業時の味わい復刻再現!(期間限定:8/1〜31)

 キーコーヒー<2594>(東1)は、1920年の同社創業当時の味わいを復刻再現した『横浜1920創業ブレンド』を、全国に63店舗を展開する同社直営ショップで、本日8月1日(火)から31日(木)までの期間限定で販売開始した。

co11.jpg
商品イメージ

co12.jpg
キーコーヒー直営ショップ イメージ

■創業時のブレンドを楽しみ「一杯のコーヒーから生まれる大切な人との喜びや絆を拡げたい」

 「横浜1920創業ブレンド」は、当時の横浜で多くのファンに愛飲された「味わい」を再現したブレンドコーヒー。
 創業地・横浜のファンはもちろん、全国のコーヒーファンに、およそ1世紀前のクラシカルな味わいを提供しようという同社からの提案だ。

 同社では、「この機会に、ハンドドリップやサイフォンで当時への想いを馳せながら、『横浜1920創業ブレンド』を楽しんでもらい、一杯のコーヒーから生まれる大切な人との喜びや絆を拡げたい」と話している。

■コーヒー文化を育てた横浜
co13.jpg
1936年当時の木村コーヒー店(現:キーコーヒー)横浜本店

 コーヒーの香りが西洋文化そのものであった大正時代、多くの粋人たちはカフェに集い、そこから生まれる新しい文化を形成してきた。1920年8月24日に「コーヒー文化を開く鍵になる」との熱い想いから、異国情緒溢れる横浜の地でキーコーヒーは創業した。

【商品概要】
商品名:・横浜1920創業ブレンド(豆・粉)
特徴:1920年より輸入されていたブラジルをベースに、当時の味わいを再現。甘い香り、やわらかな苦み、口当りの良さが特徴のブレンドコーヒー。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:03 | 新製品&新技術NOW
2017年07月31日

ケンコーマヨネーズは日本の食文化を五感で体感出来るゾーン「自遊庵」に協賛し、同社の商品を提供

■8月初旬から8月下旬まで「葡萄」、8月下旬から9月初旬までは「ミラクルテイスト」がテーマ

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、2016年3月に三越日本橋本店にオープンした、日本の食文化を五感で体感出来るゾーン「自遊庵」(じゆうあん)に協賛し、同社の商品を提供している。

 今回、「自遊庵」では、8月初旬から8月下旬まで「葡萄」、8月下旬から9月初旬までは「ミラクルテイスト」をテーマにしたメニューを 提供する。

 「葡萄まるごと 美御膳」は、葡萄の実はもちろん、皮や葉まで葡萄をまるごと愉しめるプレート。メインの「サングリア風 鶏肉と7種野菜と果実の照焼き」は鶏肉やごろごろとした焼き野菜、葡萄を照焼きソースと一緒に炒め合わせた。照焼きに使用する葡萄は、8月2日(水)〜8月8日(火)は青葡萄、8月9日(水)〜8 月21日(月)は赤葡萄と期間によって異なる。「葡萄葉寿司と稲荷寿司」の酢飯は、赤ワインやレーズン、干ししいたけや生姜などを加えて炊き上げた赤ワインご飯に、寿司酢と葡萄の葉を加えて仕上げた。稲荷揚げの皮と葡萄の葉で包んだ2種の味わいが楽しめる。

 「手まり寿司〜レーズン味噌だれ添え〜」は、味噌をベースに、レーズン、赤ワイン、バルサミコ酢を加えた特製だれで楽しむ手まり寿司。甘味と酸味のバランスの良いたれがネタと相性抜群。

 8月23日(水)〜9月5日(火)テーマ 「ミラクルテイスト」のメニューの「夏を乗り切る!アジアンプレート」は、様々な"酸"を取り入れたアジアンテイストのプレート。メインの「鶏肉の塩ヨーグルト焼き・黒酢の豚角煮・豆あじの南蛮漬け」は酸の効果で肉を柔らかくし、豆あじは白ワインビネガーをベースにした南蛮液で漬けこんだ。ご飯の「海鮮グリーンサラダライス」はビネガーを使ったご飯と野菜を合わせている。

 「手まり寿司〜2種のおろし林檎ソース添え〜」は、すりおろした林檎に調味料を加えて作った特製だれは、火を加えることで味が変化する。加熱と非加熱の2種類の酢の感じ方を食べ比べることが出来る。

 以上のメニューの中で、同社の「惣菜亭(R)冷凍厚焼き卵(だし味)」、「しっとりちらし錦糸卵」、「冷凍7種のグレインズミックス」、「地中海香るオリーブオイルドレッシング」が使用されている。

ken1.jpg
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:12 | 新製品&新技術NOW

JPホールディングスはオンライン講座「gacco」を活用し、8月1日(火)より研修を開始

■保育士の質の向上と負担軽減につなげる

 JPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業である日本保育サービスは、運営する179か所の保育園全園で働く保育士の研修に、ドコモgaccoが提供しているオンライン講座「gacco」を活用し、8月1日(火)より研修を開始する。

 今までは、新人の保育士が着任するたびに、園内の主任クラスの保育士が直接研修を行ってきたが、研修時間の確保や、教える内容の質の統一が課題になっていた。今回、「gacco」を活用したオンラインによる保育スタッフ研修を行うことによって、全ての保育士に対して、確実に同じ内容を共有することで、保育士の質の向上と負担軽減につながる。

 オンライン研修では、パソコン、スマートフォン、タブレット等を使い「いつでも」「どこでも」自分のペースで学ぶことができる。また、研修の講義動画は、通常1本あたり10分以内で制作されているため、集中して学ぶことができると同時に、実際の動きを見ながら学ぶことで記憶への定着率が高まり、特に緊急時における適切な対応や、事故防止にもつながる。

 同社では、今後、保育園だけでなく、学童クラブや給食事業、海外での保育施設運営といった場面での活用も視野に入れ、導入を進める方針。

jp1.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:05 | 新製品&新技術NOW
2017年07月27日

トーソーは木製装飾カーテンレール「ノルディ25」を8月21 日(月)より全国で発売

■代表的な木材4種に着目し、家具とコーディネートしやすいカラーラインナップ

 トーソー<5956>(東2)は、家具とのコーディネートを考えた木製装飾カーテンレール「ノルディ25」を、8月21 日(月)より全国で発売する。

toso1.jpg

 「ノルディ25」は、家具に使われる木材の色から考えられたカーテンレールで、代表的な木材4種に着目し、家具とコーディネートしやすいカラーラインナップとなっている。シンプルで 時代を感じさせないフォルムと、天然木ならではの美しい木目を生かした、ナチュラルでタイムレスなデザインの木製装飾カーテンレール。

 「ウッディ28」に代表される、これまでの同社の木製装飾カーテンレールは、カントリー調の空間などに長年コーディネートされてきたが、近時のライフスタイルに象徴される、シンプル、ナチュラルなインテリアにはなかなか合わせにくいのが実状であった。

 今回発売する「ノルディ25」は、日本のインテリアテイストの中心である、「木」そのものの質感と、時代を感じさせないシンプルでタイムレスなデザインにこだわり、本物志向のユーザーに幅広く利用できるように開発された木製カーテンレールである。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 新製品&新技術NOW
2017年07月20日

うかいは本日、「エキュート品川」に洋菓子店「アトリエうかい」をオープン

■都内初となる常設店

 うかい<7621>(JQS)は、本日(7月20日)にJR 東日本ステーションリテイリングが運営するJR 東日本 品川駅構内のエキナカ商業施設「エキュート品川」に、洋菓子店「アトリエうかい」をオープンする。

 「アトリエうかい」は、2015年「エキュート品川」で出店した期間限定店が好評だったことから、都内初となる常設店のオープンを決定した。帰省や出張先への手土産に最適な「フールセック(クッキー詰め合わせ)」、新幹線の移動中やオフィスでのブレイクタイムなどで気軽に食べることができる「ヴィエノワズリー」や「ドゥミセック(半生菓子)」、食事後のデザートに旬の素材を使った「生菓子」などを揃えている。

ukai1.jpg

 同社は、高級和食レストラン、洋食レストランを多店舗経営している。業績は好調であり、今期は4店舗の出店を計画している。そのうちのひとつが、今回「エキュート品川」に出店する洋菓子店「アトリエうかい」である。

 好業績であることから、株価は毎日、年初来の高値を更新する勢い。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:31 | 新製品&新技術NOW