[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/06)CRI・ミドルウェアの「CRIWARE(R)」が「萌王EX」と「アズールレーン」に採用される
記事一覧 (12/05)ヨコレイ:トラック予約受付システム試験導入開始
記事一覧 (12/05)アイビーシーはブロックチェーンを利用したIoTデバイス向けセキュリティサービスの実証実験を開始
記事一覧 (12/04)キーコーヒー:Xmasスイーツとコーヒーのマリアージュ
記事一覧 (11/30)KeyHolderのグループ企業、アドアーズは男性声優レーベル『Kiramune』とのコラボ企画を「AnimePlaza池袋店」で開催
記事一覧 (11/29)寿スピリッツ:「東京ミルクチーズ工場」新業態店オープン!
記事一覧 (11/29)アイリッジは「東急線アプリ」の機能拡充のため「Amazon Alexa」対応のスキルを開発支援
記事一覧 (11/27)キーコーヒー:新・休息スポット誕生〜サブカルチャーの聖地・秋葉原に
記事一覧 (11/27)アイリッジは電子地域通貨「さるぼぼコイン」を12月4日から地元住民・観光客向けに提供開始
記事一覧 (11/24)ファンデリ―はシャープと共同で情報配信サービス「ポイント家電」を運営
記事一覧 (11/22)ファンデリ―は「お芋のモンブラン」を12月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売
記事一覧 (11/22)フライトホールディングス:慈恵医大学等3社で共同研究・開発
記事一覧 (11/21)パイプドHDの子会社、パイプドビッツは「ふるさと納税支援ソリューション」を国分寺へ提供開始
記事一覧 (11/20)ファンデリ―は「ミールタイムたぬきそば」を12月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売
記事一覧 (11/20)三栄建築設計は「キッチンを中心に家族が集う」をテーマにした分譲住宅を販売中
記事一覧 (11/17)日本エンタープライズの子会社、交通情報サービスはスマートフォン向けサービス『ATIS交通情報』に、新たに「Myマップ登録機能」などを搭載
記事一覧 (11/16)キーコーヒー:コーヒー生産地の品質向上にも期待
記事一覧 (11/15)日本エンタープライズはヴァリックと共同で人気コミックや写真集を読み放題で楽しめる新サービス『快活CLUB×BOOKSMART』を11月15日より開始
記事一覧 (11/15)ファンデリ―は医師・管理栄養士監修のWEB版家庭医学書(医療情報サイト)「メディカルネットブック」を開設
記事一覧 (11/15)CRI・ミドルウェアがパイオニアなどと提携し「音響補正ソリューション」
2017年12月06日

CRI・ミドルウェアの「CRIWARE(R)」が「萌王EX」と「アズールレーン」に採用される

■タイトルの魅力を向上する豊かなサウンド演出をサポート

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)が提供するゲーム開発⽤ミドルウェア「CRIWARE(R)」が、「萌王EX」と「アズールレーン」に採用された。

cri1.jpg

 同社は、これらのタイトルにサウンドミドルウェアを提供し、声優のボイスやBGM、効果音など、タイトルの魅力を向上する豊かなサウンド演出をサポートした。

 近年中国ゲーム市場は急成長を遂げ、2016年にはアメリカを抜き世界最大のゲーム市場となった。中国発のゲームが、日本をはじめ世界のゲーム市場に展開されてきている。

 同社は、中国市場で、ゲームのクオリティの向上や開発効率化をサポートしている。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:24 | 新製品&新技術NOW
2017年12月05日

ヨコレイ:トラック予約受付システム試験導入開始

■トラック待機問題解消へ大きな一歩

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)は、このたびトラック予約受付システムを開発し、業界の懸案であったトラック待機時間短縮という課題に大きな改善の一歩を踏み出す。
 同社では、幸手物流センター(埼玉県幸手市本年6月竣工)ならびに来春2月竣工予定の京浜島物流センター(仮称)に本システムを導入し、12月から協力運送会社とともに試験導入を開始する計画であり、その後も、同社既設の物流センター、協力運送会社にて順次導入を検討している。
 なお、このシステムは、既存の自社システムとの連携や機能拡充などを容易に行えるように自社専用システムとし、自社の現場ノウハウをもとに日本ユニシス<8056>(東証1)に発注し開発した。

 同社では、今後もトラック待機問題解消に向けた更なる取り組みに注力する方針を明らかにしている。

 現在の貨物入出庫準備作業は、荷主の依頼書に基づき倉庫内で事前準備を行い、トラックが倉庫に到着し受付を行なうことで事前準備した貨物と照合し、到着した順番に作業を行なう〜流れとなっており、トラック待機時間短縮が課題となっている。

■【貨物入出庫の流れ】と【システム導入後のフロー】

yoko11.jpg
【新トラック予約受付システムのフロー】

yoko12.jpg

 今回導入するシステムでは、トラック待機問題の軽減・解消を目指し、PC、スマートデバイス(スマホ)を活用するなど、次の機能を搭載している。
 1)入出庫ならびにトラック到着時間の事前予約(図上部の流れ参照)
 このシステムでは、運送会社が入出庫ならびにトラックの到着予定時間の予約をPC、スマホで事前に行うことができる。
 倉庫側では登録された到着時間情報に従って、貨物準備作業を予め行えるので、長時間待機の解消につなげる。
 2)SMS(ショートメール)によるバースへのトラック接車誘導(図下部の流れ参照)
 このシステムで事前予約を行い、接車待ちのドライバーへはSMSを使った接車連絡が可能となる。また、SMSを使うことでバース割付や車輌接車の連絡/誘導の効率化に繋げる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:04 | 新製品&新技術NOW

アイビーシーはブロックチェーンを利用したIoTデバイス向けセキュリティサービスの実証実験を開始

■IoT市場の急激な拡大が見込まれる

 アイビーシー<3920>(東1)は、ブロックチェーン技術を利用した電子認証システムとデバイスプロビジョニングシステムで構成されるIoTデバイス向けセキュリティサービス(「kusabi(楔)」)の実証実験を開始した。

de1.jpg
【kusabi(楔)の概要】

 kusabiは、ブロックチェーン技術による電子証明システムと独自のデバイスプロビジョニングシステム技術により、ソフトウェアだけでIoTセキュリティを実現する画期的なサービスである。しかし、IoTデバイスは性能的な制約により、従来のPC型セキュリティ対策を適用することが非常に難しくなっている。さらに、今後はIoT市場の急激な拡大が見込まれており、IoTデバイスに対するセキュリティ対策は喫緊の課題と言われている。

 kusabiモデルでは、日本IBMのコンサルティング・サービスを通じて、IoTデバイス向けセキュリティの課題を解決することで、ハードウェア依存モデルからの脱却を目指すとしている。そして、革新的なソフトウェア技術を所有するビジネスプレーヤーによるエコシステムを形成することで、3つの不要(専用チップが不要、認証局が不要、マルウェア対策が不要)の実現を推進する。

 同社では、kusabiモデルと、エコシステムの形成と拡大を、IoTデバイス向けセキュリティ対策の最適解と位置づけており、同実証実験により将来的なサービス化を目指す。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:13 | 新製品&新技術NOW
2017年12月04日

キーコーヒー:Xmasスイーツとコーヒーのマリアージュ

■クリスマスブレンド〜全国の直営ショップにて12月25日まで期間限定発売!

 キーコーヒー<2594>(東1)は、全国のキーコーヒー直営ショップで、クリスマススイーツと相性ぴったりな期間限定コーヒー「クリスマスブレンド」を発売している。販売期間は12月25日まで。

cc11.jpg

■「クリスマスギフト」「プレゼント」に最適!

 「クリスマスブレンド」は深いコクと芳醇な香り、豊かな酸味が特徴で、クリスマススイーツの定番「ブッシュ・ド・ノエル」など、クリーム系スイーツや、フルーツ・ナッツ系のスイーツなどと相性が良いコーヒーと言われている。
クリスマス専用包材で提供しており、クリスマスギフトや、プレゼントとしても最適な期間限定商品となっている。

cc12.jpg

【商品概要】
●商品名:クリスマスブレンド(豆・粉)
●特徴:芳醇な香りと豊かな酸味、深いコクがマッチした奥深い味わい。
●販売価格:702円(税込)/100g
●販売期間:2017年12月25日まで
●販売店舗:全国のキーコーヒー直営ショップ(※一部取り扱いのない店舗あり)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:48 | 新製品&新技術NOW
2017年11月30日

KeyHolderのグループ企業、アドアーズは男性声優レーベル『Kiramune』とのコラボ企画を「AnimePlaza池袋店」で開催

■期間は2017年12月15日から2月18日までの約2カ月間

 KeyHolder<4712>(JQS)のグループ企業、アドアーズが運営する「AnimePlaza池袋店」で、男性声優レーベル『Kiramune』によるKiramune Music Festival 2018開催記念としてのコラボ企画を開催する。期間は、2017年12月15日(金)から2月18日(日)までの約2カ月間。

a1.jpg

 「Kiramunecafe」は、2014年11月開催の第1弾をかわきりに、昨年開催の第2弾と好評であったことから、第3弾の開催が決定した。今回のcafeは、「天使」と「悪魔」というコンセプトで、コラボメニューや店内装飾実施の他、公式描き下しデザインのミニキャラを使用。限定グッズやノベルティを多数用意した。更に、抽選でミニキャラパネルが当たるプレゼントキャンペーンの実施、カフェやグッズの会計1,000円(税込)毎にアーティスト写真を使用したオリジナルコースターをプレゼントするなど、様々なサービスの提供を予定している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 新製品&新技術NOW
2017年11月29日

寿スピリッツ:「東京ミルクチーズ工場」新業態店オープン!

■「東京ミルクチーズ工場 Cow Cow Kitchen」〜EQUiA 北千住に(12/14)

 寿スピリッツ<2222>(東1)のグループ会社であるシュクレイは、東武スカイツリーライン北千住駅構内の「EQUiA北千住」に「東京ミルクチーズ工場」の新業態店「東京ミルクチーズ工場 Cow Cow Kitchen」を12月14日(木)グランドオープンする。

■コンセプト〜工房のできたて″を楽しめるキッチン!

 新業態「東京ミルクチーズ工場Cow Cow Kitchen」は、“工房一体型”の新しいスタイルを採用し、東京ミルクチーズ工場の横にあり、工房のできたてを楽しめる「キッチン」がコンセプトになっている。
 店内のオーブンで焼き上げるサックサクのパイに、北海道産ミルクたっぷりのクリームをぎゅっと詰め込んだ″「ミルクパイ」は、Cow Cow Kitchenでしか味わえないお菓子職人自慢の逸品で、「ひとくち食べたそばから溢れ出してしまいそうな、こだわりのミルククリームはCow Cow Kitchenの菓子職人が、顧客の〜美味しい!という一言のためだけに何度も試作を繰り返してたどり着いた。

co11.jpg

co12.jpg

◆店舗情報
店舗名:東京ミルクチーズ工場 Cow Cow Kitchen EQUiA北千住店
住所:東京都足立区千住旭町42−1(東武スカイツリーライン 北千住駅構内)
営業時間:10:00〜21:00

◆ブランド情報
厳選したミルク、良質のチーズ、菓子職人たちが、日本中、そして世界中から集めてきた材料で、“これまでにない自分たちにしか作れないお菓子を作りたい…”と願い、新しい材料の組み合わせをまいにち考え、「驚きとおいしいお菓子を提供する創造性あふれる工場」をコンセプトにしている。

co13.jpg

■斬新なお菓子を次々に生み出していく東京ミルクチーズ工場
新しいけど、懐かしい…意外だけど、おいしい!
 東京ミルクチーズ工場では、「新しいけど 懐かしい…、意外だけど おいしい!、一口食べると'わくわく''ドキドキ'するような斬新なお菓子を次々に生み出していく東京ミルクチーズ工場。お近くにお店を見つけたときにはぜひ立ち寄って、お気に入りのお菓子を見つけてみてください」と話している。

◆人気のクッキー商品
●ソルト&カマンベールクッキー:
 北海道産牛乳を使用した生地にフランス産ゲランドの塩を練り込み、カマンベールチーズのチョコプレートをサンドしたクッキー。
10枚入756円(税込)、20枚入1,512円(税込)
co15.jpg

●蜂蜜&ゴルゴンゾーラクッキー:
 スペイン産ローズマリー蜂蜜を練り込んだ生地で、濃厚なゴルゴンゾーラのチョコレートをサンドした。
10枚入918円(税込)、20枚入1,836円(税込)
co16.jpg

●ポルチーニ&ゴーダクッキー:
 “キノコの王様”とも称される香りのよいポルチーニ茸と、深みのあるゴーダチーズをフランス産ゲランド海塩で味を引き立てた絶妙なバランスのクッキー。
10枚入918円(税込)
co14.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:51 | 新製品&新技術NOW

アイリッジは「東急線アプリ」の機能拡充のため「Amazon Alexa」対応のスキルを開発支援

■話しかけるだけで、東急線各線の運行情報をリアルタイムに確認

 アイリッジ<3917>(東マ)は、東京急行電鉄<9005>が提供する「東急線アプリ」の機能拡充のため、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」とその対応機器である「Amazon Echo」の国内提供開始に合わせ、Alexaに対応する同社のスキルを開発支援した。

 同サービスは、対応するデバイス「Amazon Echo」などに「アレクサ、東急線アプリをスタートして」と話しかけるだけで、東急線各線の運行情報をリアルタイムに確認できるもので、国内で初めてAlexaに対応するスキルの一つである。

 AlexaはAmazon Echoを支える頭脳であり、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっている。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立つ。
 
 Echoは、音声による操作で、常にハンズフリーで利用でき、いつでも反応する。人が部屋のさまざまなところから声をかけ、各種の情報や音楽の再生、ニュース、天気などの情報を求めると、Alexaがすぐに対応してくれる。

 同サービスの提供は、11月13日(月)から順次、開始している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 新製品&新技術NOW
2017年11月27日

キーコーヒー:新・休息スポット誕生〜サブカルチャーの聖地・秋葉原に

k11.jpg

■『Akihabara KEY’S CAFE』が11月28日(火)オープン!

 キーコーヒー<2594>(東1)が提案するパッケージカフェ「KEY’S CAFE」が、JR、東京メトロ秋葉原駅そばに、11月28日(火)オープンする。

k12.jpg

 「Akihabara KEY’S CAFE」は、本格的なネルドリップ抽出の「氷温熟成R珈琲」をはじめ、パスタやカレー、スフレパンケーキなどのフード、デザートなど、豊富なメニューを取り揃え提供する。

 秋葉原エリアは、5路線が乗り入れる交通至便を誇る土地柄であり、新開店する「Akihabara KEY’S CAFE」は、ジャパニーズサブカルチャーや電気の街・JR秋葉原駅昭和通り口近くの好立地にオープンし、Free Wi−Fiと電源を備えたカフェの誕生であり、買い物の合間の寛ぎの場として、また、空いた時間にPC業務をするノマドワーカーにもオススメの休息スポットとして注目されそうだ。

 キーコーヒーは、「創業より97年間で培ってきた技術とノウハウを活かし、カフェの開業を支援するパッケージカフェ「KEY’S CAFE」の提案を通じて、地域を元気にするコーヒーをお届けします。」と話している。

【店舗概要】
店名:Akihabara KEY’S CAFE(キーズカフェ秋葉原店)
住所:東京都千代田区神田佐久間町1−19
営業時間:7:00〜22:00
店休日:無休
●席数:28席※全席禁煙
●主なメニュー:
氷温熟成R珈琲320円(Rサイズ)、アップルシナモンショコラ480円【期間限定】、パスタ各種620円〜、スフレパンケーキ各種400円〜 *すべて税込
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:40 | 新製品&新技術NOW

アイリッジは電子地域通貨「さるぼぼコイン」を12月4日から地元住民・観光客向けに提供開始

■金融業界初、電子地域通貨加盟店約100店舗から商用化スタート

 アイリッジ<3017>(東マ)と飛驒信用組合(岐阜県高山市)は、かねてから取り組んでいたスマートフォンアプリを活用した電子地域通貨「さるぼぼコイン」の開発を完了し、12月4日(月)から地元住民および観光客向けに提供を開始。金融業界初となる。利用可能店舗は約100の加盟店からスタートし、今後、加盟店を拡大していく。

ai1.jpg

 「さるぼぼコイン」は岐阜県の飛騨・高山地域で利用可能な地域通貨で、スマートフォンアプリ上で利用できる電子通貨である。二次元コードの読み取り方式で手軽に決済でき、取引履歴がスマートフォンアプリ上で管理できるほか、セキュリティに配慮し、指紋認証や暗証番号の設定が行える。加盟店側は二次元コードの設置のみで導入可能となるため、初期導入費用がかからず、簡単に即座に導入できる。更に、現金の管理、取り扱いの手間が省けるため、一人で店舗を運営する際には衛生面やオペレーションの観点から便利な通貨である。

 加盟店は売上金として入金されたコインを預金口座へ換金入金できるのはもちろんのこと、他加盟店への支払いなどで利用することも可能である。また、アプリ内には店舗情報を掲載するほか、GPSを活用して店舗までの道案内を行うなど、ユーザーにとって使いやすいデザインとなっている。同時に、店舗の広告配信を行うなど、 実店舗への誘導、来店促進のための機能も実装している。

 域内でのユーザーの利用促進、コインの流通を促すことで、地域経済の活性化を図るほか、訪日外国人観光客向けの決済手段の簡素化も同時に実現することを目指す。なお、同通貨には、アイリッ ジの電子地域通貨プラットフォーム「Money Easy」を採用している。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 新製品&新技術NOW
2017年11月24日

ファンデリ―はシャープと共同で情報配信サービス「ポイント家電」を運営

■「ヘルシオ」に続き、プラズマクラスター冷蔵庫、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」を新たに追加

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、シャープと共同で情報配信サービス「ポイント家電」を運営している。今回、「ヘルシオ」に続き、プラズマクラスター冷蔵庫、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」を新たに追加した。

 ポイント家電では、ユーザーに有益な食や健康に関する情報を音声や画像を用い配信する。ポイント家電の利用者は、このサービスを通じて、健康志向の商品を製造・販売している食品メーカー等の広告を1回視聴するごとに、各種景品に交換可能なポイントである「PKポイント」が1本付与される。

 これまでは、「ポイント家電」の対象は、「ヘルシオ」だけであったが、今回、プラズマクラスター冷蔵庫、水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」が加わることになる。

 このように、同社は、健康な食生活に役立つ情報提供を通じ、生活習慣病患者や健康志向者へ楽しい食生活を提供できるように努めている。

11.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:06 | 新製品&新技術NOW
2017年11月22日

ファンデリ―は「お芋のモンブラン」を12月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売

■「スローカロリーシュガー」を使用したたんぱく質調整食スイーツ

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、三井製糖のゆっくり消化・吸収されてからだにやさしい「スローカロリーシュガー」を使用したたんぱく質調整食スイーツ「お芋のモンブラン(さつま芋クリーム・紫芋クリーム)」を12月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売する。

fande1.jpg

 「お芋のモンブラン(さつま芋クリーム・紫芋クリーム)(2個入り)」は、腎臓病や糖尿病性腎症の患者でも安心して味わえる、たんぱく質を調整したスイーツ。クリームは栗の代わりにそれぞれさつま芋・紫芋を使用。ビスケット生地には小麦粉を使用せずに米粉でんぷんを使用したことで、たんぱく質を抑えている。通常のモンブランと比較して、たんぱく質を約70%カットした。

 「さつま芋クリーム」はスイートポテトのようなまろやかな味わい、「紫芋クリーム」はやさしい甘味と、上品な色合いが特徴。芋クリームの濃厚さ、甘さ控えめのホイップクリームとサクサク食感のビスケット生地の絶妙なバランス。
 また、芋クリームとビスケット生地には「スローカロリーシュガー」を使用。「スローカロリーシュガー」はゆっくり消化・吸収される植物由来の糖質パラチノース(R)を配合した、からだにやさしい砂糖。素材が活きる上品な甘みがあり、2つの芋クリームそれぞれの風味の違いを味わえる。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:39 | 新製品&新技術NOW

フライトホールディングス:慈恵医大学等3社で共同研究・開発

■医療機関でPepper(ロボット)使い、医療ITC化推進めざす

 電子決済ソリューションを主力とするフライトホールディングス<3753>(東2)傘下のフライトシステムコンサルティングは、このたび東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座(慈恵会医大同講座)および株式会社ジェナ(ジェナ)とAIと連携するロボット「Pepper」を医療で活用するための共同研究を開始すると発表した。

11.jpg
左から:フライト片山社長、慈恵会医大高尾准教授、ジェナ手塚社長

 この共同研究では、慈恵会医大同講座で、「Pepper」を使った病院利用者とのコミュニケーションシステムを共同開発するための研究を行うもので、フライトとジェナとが共同開発した「Pepper」を管理運用するCMS「Scenaria」(シナリア*1)を使い、医療従事者、および患者関係者の情報コミュニケーションの情報収集・評価・改善の手法開発を行う。

12.jpg
Pepperによる血圧測定イメージ
(顔認識でリラックス度を判定。測定器は)Pepperと自動連動)

■Pepperによる3つの研究課題に取り組む

 具体的な共同研究の当面の課題として、1)健診センターでのコンシェルジュ、2)緊張を緩和する血圧測定、3)自然な対話の中から認知機能検査の3テーマを取り上げ共同研究に取り組む。

1.検診センターにおけるコンシェルジュでは、日本医療の注目の高まりと共に訪日外国人の検診センター利用の需要が高まっている事情を背景に、多言語(日中英)による案内の実施。
 Pepperによる患者の予約の確認や受付を行い、当日の診察の流れや行き先案内を行うもので、特に、Pepperの顔認識技術を活用し、患者に応じた案内を行う。
2.緊張を緩和する血圧測定では、白衣高血圧の患者等、外来で来院した患者向けに、緊張をほぐしながらPepperが血圧測定を実施する。
 Pepperを通じて感情認識を実施するもので、患者の緊張度を判定し、リラックスした最適なタイミングで血圧測定を行うことを目指す。
 血圧計測器とPepperは連動して測定を実施する。
3.自然な対話の中から認知機能を行う検査では、患者とPepperとの自然な対話を通して、認知症の疑いを発見する仕組み。
 すでに国内で多くの実績のある認知機能検査エンジンと連携することで、医師偏在地域における遠隔医療での活用が期待される。

*1 Scenaria(シナリア)とは:管理画面からPepperアプリの作成はもちろん、様々な拠点に存在するPepperを管理することが出来るクラウドサービス。Scenariaを用いると、管理画面から設定した様々なアプリを自動的に実行することが可能。また、AI連携、タイムスケジュール等、Pepperをより一層活用するための機能が搭載されている。なおScenariaは、フライトとジェナの共同開発製品。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:49 | 新製品&新技術NOW
2017年11月21日

パイプドHDの子会社、パイプドビッツは「ふるさと納税支援ソリューション」を国分寺へ提供開始

■ふるさと納税に係る自治体の業務効率化や納税者のリピーター育成を支援するサービス

 パイプドHD<3919>(東1)の子会社、パイプドビッツは、スパイラルを基盤に開発した「ふるさと納税支援ソリューション」を国分寺へ提供開始したことを本日(11月21日)発表した。

 パイプドビッツはふるさと納税に係る自治体の業務効率化や納税者のリピーター育成を支援するサービスとして、今年の8月にリリースした「ふるさと納税支援ソリューション」を国分寺市に提供し、地域の特性を活かした返礼品の開発や寄付者への寄付金の利用報告により国分寺市のファンの育成に貢献する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | 新製品&新技術NOW
2017年11月20日

ファンデリ―は「ミールタイムたぬきそば」を12月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売

■腎臓病、高血圧など食事療法を必要とする患者でも安心して味わえる麺類

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、テーブルマークと共同開発した「ミールタイムたぬきそば」を12月1日(金)より、健康食宅配サービス『ミールタイム』で発売する。

 「ミールタイムたぬきそば」はたんぱく質や塩分などを調整しているため、腎臓病、高血圧など食事療法を必要とする患者でも安心して味わえる麺類となっている。1食当たりのたんぱく質は9.2g、塩分は1.8gで作られている。

 さば節、ムロ節、利尻産昆布でダシを取り、かつお節で風味を付けた香り高いつゆに、しいたけの旨みを加えることで、塩分をカットしながらも味わい深いつゆに仕上がっている。また、麺に使用しているそば粉には石臼挽きした国産そば粉を使用し、そばの風味を追求するとともに、そば粉と小麦粉の配合を調整することで、たんぱく質を抑えた。さらに、食感を楽しんで頂ける揚げ玉と、山菜・わかめ・ねぎを加えている。

【特設サイト詳細】
公開日時:2017年11月20日(月)11時
URL:http://www.mealtime.jp/genen
ta.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 新製品&新技術NOW

三栄建築設計は「キッチンを中心に家族が集う」をテーマにした分譲住宅を販売中

■設計者は2017年グッドデザイン賞を受賞した分譲住宅を担当

 メルディアグループ 三栄建築設計<3228>(東1)が神奈川県川崎市に、「キッチンを中心に家族が集う」をテーマにした2棟の分譲住宅を完成させ、販売をスタートした。それぞれのキッチンを中心に個性を持たせた分譲住宅である。

 C号棟(写真)のテーマは「アイランドキッチン 家族がキッチンに集まる」で、家事をする人が中心になるように、リビングルームと繋がる空間の中央にフルフラットキッチンを設置。両サイドに通路をつくることで子供も家事手伝いがしやすくなっている。

11.jpg

 D号棟(写真)のテーマは「キッチン上吹抜けがもたらす 家族の繋がり」で、ダイニングに隣接したキッチンにすることで、配膳・片付けなどの家事動線をスムーズにするだけでなく、キッチンにいながらもダイニングにいる家族とのコミュニケーションが取れるようにしている。

12.jpg

 また、両プラン共通でつくられているリビングから続くウッドデッキは、リビング空間を平面的に広げ、奥行き感ある空間作りになっている。

 この物件の設計者は、2017年グッドデザイン賞を受賞した分譲住宅を担当しており、プロジェクトチーム全体を牽引し、個性的な2棟の分譲住宅を完成させた。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:02 | 新製品&新技術NOW
2017年11月17日

日本エンタープライズの子会社、交通情報サービスはスマートフォン向けサービス『ATIS交通情報』に、新たに「Myマップ登録機能」などを搭載

■目的地までの渋滞・規制情報や交通ライブ映像等を登録できる「お気に入り一覧」に加え、新たに「My マップ登録機能」を搭載

 日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社、交通情報サービス(ATIS)は、スマートフォン向けサービス『ATIS交通情報』に、新たに「Myマップ登録機能」などを搭載し、UIの使い勝手を向上して、11月16日(木)にリニューアルした。

n1.jpg

 『ATIS交通情報』は、全国の高速・一般道路の渋滞情報、規制情報など、目的地までのルート上の最新交通情報を提供するサービス。マップ上にIC区間毎の所要時間を表示したり、交通ライブ映像で実際の車の流れを確認できたりなど、渋滞時の迂回ポイントや回避ルート等詳しい情報と機能を搭載し、多くのドライバーが利用している。

 今般のリニューアルでは、職場までの通勤ルートや帰省先、旅先など、目的地までの渋滞・規制情報や交通ライブ映像等を登録できる「お気に入り一覧」に加え、新たに「My マップ登録機能」を搭載した。利用者は、「My マップ」に登録した使用頻度の最も高いエリアの交通情報を、全ての画面からワンタッチ操作で表示できるようになる。また、メニュー構成やデザインを刷新し、リアルタイム性が求められる交通情報の閲覧に最適なユーザーインターフェイスを実現した。直感的な操作で、必要なときに必要な情報に瞬時にアクセスできる。

 同社は、今後も利用者の利便性を第一に、情報や機能の充実を図り、より役立つサービスを積極的に提供していく方針。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:08 | 新製品&新技術NOW
2017年11月16日

キーコーヒー:コーヒー生産地の品質向上にも期待

■新加工技術「KEY Post−Harvest Processing」を開発

 キーコーヒー<2594>(東1)は、収穫後のコーヒーチェリーを氷温熟成すると、内部のコーヒー生豆の成分量が増加し、更にそれを焙煎した結果、香味成分や風味も向上する効果があることを確認し、この効果を活かした新加工技術「KEY Post−Harvest Processing(KEY ポスト−ハーベスト プロセッシング)」を開発した。
 世界的にコーヒーの消費が拡大する一方で、地球温暖化による気候変動は、コーヒー生産への悪影響と品質の低下に悪影響を及ぼすのではないかと危惧されている。

 同社では、新加工技術である「KEY Post−Harvest Processing」は「コーヒー生産地の栽培環境に影響を受けることなく、収穫後の加工によってコーヒーの品質向上を実現する可能性を秘めており、これからも研究を続ける」と話している。

k11.jpg
コーヒーチェリー画像/内部構造

■研究経緯・結果

 収穫したコーヒーチェリーは、そのまま放置すると短時間で腐敗するため外果皮と果肉を除去する「精選」作業を行なう。
 同社は、精選前のチェリー状態での氷温熟成効果に着目し、約3年にわたり開発研究所を中心にインドネシア・スラウェシ島 トラジャ地方の直営農場で研究を続けてきた。
 その結果、コーヒーチェリーを一定の条件下で氷温熟成した生豆に、香味のもととなる「ショ糖」、「有機酸」、「遊離アミノ酸」に、明らかな成分量の増加が認められ、さらに、それを焙煎したコーヒーでも香気、風味上昇を実証することに成功した。
 同社は、このコーヒーの新加工技術について「KEY Post−Harvest Processing」と名づけ発表した。
 同社は、この技術を通じて、コーヒー生産者の経済的向上と、顧客にはコーヒーの持つ魅力を提供し続け、同社の企業使命を果たしたい」と話している。

【コーヒーチェリーの変化画像】
真っ赤なチェリーは、熟成後黒色に変化する
k12.jpg

【コーヒー生豆成分の分析結果グラフ】
 (通常処理と氷温熟成の比較)
 氷温熟成したコーヒー生豆は、香味のもととなる、「ショ糖量」、「有機酸量」、「遊離アミノ酸量」において、通常処理に比べ増加が認められた
k13.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:05 | 新製品&新技術NOW
2017年11月15日

日本エンタープライズはヴァリックと共同で人気コミックや写真集を読み放題で楽しめる新サービス『快活CLUB×BOOKSMART』を11月15日より開始

■これまで「快活CLUB」では読むことのできなかったジャンルの取り扱いを開始

 日本エンタープライズ<4928>(東1)は、ヴァリックと共同で、複合カフェ「快活CLUB」での、総合電子書籍サービス「BOOKSMART」の人気コミックや写真集を読み放題で楽しめる新サービス『快活CLUB×BOOKSMART』を、11月15日より開始した。

 「快活CLUB」とは、ヴァリックが運営する、店舗数業界ナンバーワンのコミック&インターネットカフェ。アジア屈指のリゾートアイランド「バリ島」の高級ホテルをコンセプトに、落ち着いたバリニーズ・モダンの空間を演出しており、会員は、日常から離れた" 癒しの空間" の中で、コミック、マッサージシート、ゲーム、カラオケ、食事などを愉しむことが出来る。

 「BOOKSMART」は、日本エンタープライズが運営する総合電子書籍サービスで、話題のコミックや小説を中心に、写真集、ビジネス書、実用書、雑誌など80万冊以上を取り揃えている。「読み放題」、「レンタル」、「一冊ごとの購入」、「月額ポイント/チケット制」のプランがあり、利用者は、スマホまたはPCで閲覧できる。

 今般提供開始する『快活CLUB×BOOKSMART』は、「快活CLUB」の会員が、店舗のパソコンを使って、「BOOKSMART」の人気コミックや写真集を読み放題できるサービス。これまで「快活CLUB」では読むことのできなかったジャンルの取り扱いを開始することで、新規顧客獲得と認知向上の相乗効果を期待している。

 全国361店舗でサービスを開始し、今後は、取扱店舗や対象書籍を順次拡充していく方針。

kai1.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:01 | 新製品&新技術NOW

ファンデリ―は医師・管理栄養士監修のWEB版家庭医学書(医療情報サイト)「メディカルネットブック」を開設

■「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」「痛風」「腎臓病」のそれぞれ分野で著名な医師・管理栄養士が監修

 ファンデリ―<3137>(東マ)は、医師・管理栄養士監修のWEB版家庭医学書(医療情報サイト)「メディカルネットブック」https://m-netbook.jp/)を開設する。

 身近な疾病である「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」「痛風」「腎臓病」をテーマに、それぞれ分野で著名な医師・管理栄養士が監修し、書店で販売されている家庭医学書に勝るとも劣らない信頼できる情報を発信する。

 同社では、個人の費用負担が無く、健康管理が行いやすい社会環境の創出を目的として、無料で利用できるWEB版家庭医学書「メディカルネットブック」を開設する。

 当サイトは、「糖尿病」「脂質異常症」「高血圧」「痛風」「腎臓病」の5疾病の治療ガイドをそれぞれ著名な医師の監修のもと、信頼性の高い医療情報を掲載する。疾病毎に10章立てになっており、疾病患者だけでなく、予防のため、これから食事療法を始める人などが、疾病に関する知識を身につけることができる。また、容易に調理ができる、管理栄養士監修のレシピ動画も掲載する。

 開設後は、上記5つ以外の疾病まで対応領域を拡大し、「生活習慣病の情報ならメディカルネットブック」となる信頼性のある医療情報サイトを目指す。

11.jpg

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:47 | 新製品&新技術NOW

CRI・ミドルウェアがパイオニアなどと提携し「音響補正ソリューション」

■CRIのサウンドミドルウェアを組み込み音をクリアに再生

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は15日、パイオニア<6773>(東1)、スウェーデンのDirac Researchと共同リリースを発表し、3社の業務提携により「筐体の音のこもり」を解決するリアルタイム音響補正ソリューションを実現しゲーム、アミューズメント、車載などへ展開するとした。

 発表によると、昨今、オーディオ機器、ゲーム、家電などのさまざまな筐体が小型化や薄型化したことで、音がこもりやすくなっていることがサウンド再生の課題となっている。そこで、CRI、パイオニア、Diracの3社は提携し、それぞれのサウンド技術を活かすことによって高品質な音響補正ソリューションを実現した。様々な形の筐体スピーカーに応じてリアルタイムに音響補正し、こもりがちな音をクリアに再生する。

 3社は、ゲームやアミューズメント機器で実績のあるCRIのサウンドミドルウェアにDiracの音響・音場補正技術を搭載し、パイオニアの音響チューニング技術を併せることで、筐体スピーカーのこもりがちな音をクリアに再生する、高品質な音響補正ソリューションを実現した。CRIのサウンドミドルウェアを実機に組み込むことで、あらかじめ音源データを加工しておくことなく、リアルタイムで音響補正を行うことが可能になるという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:16 | 新製品&新技術NOW