[決算発表記事情報]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/15)【注目の決算発表】JBRは3Qの高利益進捗業績を買い評価して連日の高値
記事一覧 (08/15)【注目の決算発表】エムアップは1Q業績が順調進捗も利益確定売り増勢で続急落
記事一覧 (08/15)【注目の決算発表】エアウォーターは1Q利益続落も順調な利益進捗率を手掛かりに続伸
記事一覧 (08/15)【注目の決算発表】アミューズは1Q好決算で内需割安株買いが拡大し続伸
記事一覧 (08/15)【注目の決算発表】グリーは連続最高純益更新予想も市場コンセンサスを下回り急反落
記事一覧 (08/15)【注目の決算発表】リブセンス今度は通期業績を上方修正、最高純益を伸ばし7連騰
記事一覧 (08/14)【注目の決算発表】レーザーテックは安値水準から続急伸、業績続伸で連続増配
記事一覧 (08/14)【注目の決算発表】構造計画研究所は純益V字回復に連続増配がオンしてストップ高買い気配
記事一覧 (08/14)【注目の決算発表】UTホールディングスは安値から4連騰、自己株式取得を好感し1Q続落業績をカバー
記事一覧 (08/14)【注目の決算発表】学研ホールディングスは3Q業績増益転換に期末増配がオンして高値更新
記事一覧 (08/14)【注目の決算発表】高砂香料は1Q経常減益転換も高利益進捗率を評価して反発
記事一覧 (08/14)【注目の決算発表】ソニーフィナンシャルはもみ合い、1Q減益転換業績発表も親子上場解消思惑が続く
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】メディアス前6月期:期末配当予想を3円増額、40円配当に修正
記事一覧 (08/13)シード ワンデーピュアシリーズが約55%伸びる
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】日本橋梁は2Q業績上方修正で材料株思惑を再燃させ急反発
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】朝日インテックは2期ぶり最高純益更新予想に自己株式取得が加わり続伸
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】セイコーホールディングスは2Q純益再上方修正で低位値ごろ割安株買いが拡大し急続伸
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】遠藤照明は2Q業績上方修正で割安株買いが再燃し高値更新
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】松田産業:第1Q低調でも通期は増収増益、指標割安、資源再人気も
記事一覧 (08/13)【注目の決算発表】物語コーポは連続最高純益・増配予想も利益確定売りに押され反落
2012年08月15日

【注目の決算発表】JBRは3Qの高利益進捗業績を買い評価して連日の高値

注目の決算発表銘柄 ジャパンベストレスキューシステム(JBR)<2453>(東1)は15日、2500円高の8万5100円まで上げて急反発し、連日の年初来高値更新となっている。

 前日14日大引け後に今9月期第3四半期(3Q)決算を発表、売り上げ、純利益は前年同期に比べダウンしたものの、期初予想の9月通期業績に対して100%以上の高利益進捗率を示したことを評価して買い再燃となっている。

 3Q業績は、前年同期比0.2%減収、4%経常増益、27%純益減益と増減マチマチとなったが、利益の絶対額は通期予想値をすでに3100〜700万円を上回った。

 コールセンター事業は、競合企業のWeb広告攻勢などで入電件数が低下し伸び悩んだが、会員事業は、提携企業の拡大により引き続き順調に成長、バイク関連子会社売却による売り上げ減をカバーして高利益進捗につながった。

 9月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、2億3700万円(前期比44%減)と減益転換を見込んでいる。

 株価は、今年7月13日に新規上場された同業他社のアクトコール<6064>(東マ)の上場人気にツレ高して年初来高値まで買い進まれ、8万円台固めを続けてきた。投資採算的に割安感は小さいが、内需業態を評価して高値抜けから、次の上値ターゲットとして昨年6月高値8万9800円を目指そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:27 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】エムアップは1Q業績が順調進捗も利益確定売り増勢で続急落

注目の決算発表銘柄 エムアップ<3661>(東マ)は15日、64円安の1086円と続急落している。前日14日大引け後に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算が、四半期業績が初作成となるため前年同期比較はなく、期初予想の3月通期業績に対して順調な利益進捗率を示したが、8月9日につけた株式分割権利落ち後高値1267円を前にしているだけに利益確定売りが増勢となっている。

 1Q業績は、売り上げが7億8700万円、経常利益が1億4100万円、純利益が9000万円となり、3月通期業績対比の利益進捗率は、28〜30%と目安の25%をクリアした。

 有料会員の増加と収益基盤の拡大に向け、新規アーティストの獲得とファンクラブサイトの開設に注力、昨年10月に開始した携帯電話・PCコンテンツ配信事業で、ファンクラブサイトを展開するアーティストを中心としたCD、DVD、ブルーレイなどの音楽映像商品の直販事業とのシナジー効果を発揮したことなどが寄与した。

 3月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、3億円(前期比14%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。

 株価は、公開価格1130円でIPOされ、1987円で初値をつけ、上場来高値3050円まで高人気化、株式分割(1対2)の権利を落として883円まで下げ、同安値からストップ高を交えて400円幅の底上げをした。目先売り一巡後に内需業態を評価してPER11倍台の割安修正を試そう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:12 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】エアウォーターは1Q利益続落も順調な利益進捗率を手掛かりに続伸

注目の決算発表銘柄 エア・ウォーター<4088>(東1)は15日、17円高の935円まで上げて続伸している。前日14日大引け後に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算が、増収・連続減益と伸び悩んで着地したが、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対し順調に利益進捗したことを手掛かりに下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。

 1Q業績は、前年同期比5%増収、0.2%経常減益、26%純益減益となったが、2Q累計業績対比の利益進捗率は、55〜52%と目安の50%はクリアした。

 産業ガス関連事業では、鉄鋼オンサイト、自動車・建機向けが堅調に推移する一方、エレクトロニクス関連事業では一部の半導体や太陽電池向けのガス供給、機器工事売り上げが減少するなど増減マチマチとなったが、医療・エネルギーなど多様な事業群が業績を積み上げる「全天候経営」の成果を発揮して、落ち込みは軽微にとどめ順調な利益進捗率を示した。

 2Q累計・3月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は、180億円(前期比4%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。

 株価は、1000円台の小動きから全般相場の地合い悪化で年初来安値869円まで調整、下値を切り上げてきた。売り方の買い戻しも交えPER10倍台、PBR1倍ソコソコの下げ過ぎ訂正にトライしよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】アミューズは1Q好決算で内需割安株買いが拡大し続伸

注目の決算発表銘柄 アミューズ<4301>(東1)は15日、21円高の1120円まで上げて続伸している。前日14日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算を発表、大幅増収増益となり、今年7月30日に上方修正した第2四半期(2Q)累計業績に対して高利益進捗率を示したことを手掛かりに内需割安株買いが増勢となっている。

 1Q業績は、前年同期比9%増収、41%経常増益、49%純益増益と続伸し、2Q累計業績対比の利益進捗率は、79〜77%と目安の50%を大きく上回った。

 三宅裕司などの所属アーティストが、出演や演出を手掛ける舞台公演を多数実施し、映像DVD販売でも福山雅治などの大型作品の販売が増加、舞台公演の稼働率が向上したことなどが要因となった。

 2Q累計・3月通期業績は、7月30日の上方修正値に変更はなく、通期純利益は、19億円(前期比1%減)と前期の過去最高からの小幅減益を見込んでいる。

 株価は、1000円台固めから7月の業績上方修正で1118円まで上ぶれほぼ往って来いとなっていた。PER5倍台、PBR0.7倍の割安修正で年初来高値1180円抜けに動こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】グリーは連続最高純益更新予想も市場コンセンサスを下回り急反落

注目の決算発表銘柄 グりー<3632>(東1)は15日、寄り付きの売り気配から100円安の1357円まで売られ4営業日ぶりに急反落している。前日14日大引け後に6月期決算を発表、前期業績は、今年2月に上方修正したレンジ予想の下限値で着地し、今期は、同じくレンジ予想で純利益を連続最高更新と予想したが、経常利益が、市場コンセンサスを下回ることが響き利益確定売りが先行している。

 前期業績は、2.4倍増収、2.6倍経常増益、2.6倍純益増益と高変化した。日本市場で、自社提供のソーシャルゲーム数やGREE Platform上で提供されるデベロッパー提供ゲーム数が大幅に増加したことに加え、TVーCM放送やスマートフォン向けプロモーションなどの実施でユーザー数が拡大、収益基盤を確立・強化したことが要因となった。

 今期業績も、世界各国の通信事業者との連携や多様なプロモーション手法で広告宣伝活動を積極展開し、ソーシャルゲームの新規投入やコンテンツの利用拡大を進めて有料課金収入の拡大・安定化を図り続伸するが、費用面では、トラフィック増加に伴うサーバー賃借料や有料課金収入増に伴う手数料、人件費、外注加工費の増加などから、経常利益は740億円〜840億円(前期比9%減〜2%増)、純利益は、460億円〜520億円(同4%減〜3%増)と予想、レンジ予想上限では純利益は、連続の過去最高更新となる。ただ経常利益は、レンジ上限予想でも市場コンセンサスに約25億円未達となる。

 株価は、「コンプリートガチャ」の景表法違反懸念から高値波乱となり、この中止発表で年初来安値1050円まで突っ込み、内需関連株人気の再燃で500円幅の底上げをした。PERは6倍台と割安だが、綱引きしつつ下値を再確認しよう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】リブセンス今度は通期業績を上方修正、最高純益を伸ばし7連騰

注目の決算発表銘柄 リブセンス<6054>(東マ)は15日、110円高の2958円まで上げて7営業日続伸している。前日14日大引け後に今年7月に再上方修正した今12月通期第2四半期(2Q)累計決算の開示とともに、今度は12月通期業績の上方修正を発表、連続して過去最高純利益を伸ばすことを評価して内需株買いが増勢となっている。

 12月通期業績は、期初予想より売り上げを5億4600万円、経常利益を3億9300万円、純利益を2億700万円それぞれ引き上げ、純利益は、6億500万円(前期比2.2倍)と前期の過去最高を連続して大幅更新する。

 昨年12月の株式公開で社会的な認知度と信頼性が向上して、求人メディア事業を中心に情報掲載希望企業からの問い合わせ・申し込みが増加しており、情報掲載企業には成功報酬制を取り、求職者などには祝い金を贈呈するビジネスモデルが浸透したことが要因となった。

 株価は、昨年12月に公開価格990円で新規上場して1800円で初値をつけ、上場来高値5110円まで人気化、株式分割(1対2)の権利を落として2411円まで売られ、400円幅の底上げをしたとこであった。投資採算的に割高だが、なお内需株人気を高め上値追いが続こう。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:54 | 決算発表記事情報
2012年08月14日

【注目の決算発表】レーザーテックは安値水準から続急伸、業績続伸で連続増配

注目の決算発表銘柄 レーザーテック<6920>(東2)は14日、前場180円高の1280円と続急伸し、7月26日につけた東証2部上場以来の安値1044円に並ぶ安値水準から底上げをした。後場も1300円台央で売り買いが交錯、東証第2部の値上がり率ランキングの上位にランクインしている。

 前日13日大引け後に6月期決算を発表、前期は、期初予想を上ぶれて着地し、今期も続伸を予想、前期配当を再増配したのに続き、今期もさらに増配を予定したことを評価し割安修正買い、好配当利回り買いが増勢となっている。

 前期業績は、前々期比3%減収、29%経常増益、18%純益増益と続伸した。主要販売先の半導体業界で、スマートフォンやタブレット型端末などに搭載されるロジックデバイス市場が堅調に推移し、ファンドリを中心に活発な設備投資が行なわれ、同社の半導体関連装置が36.9%増と伸びて、FPD関連装置の67.1%減をカバー、原価率の改善も加わり上ぶれ着地につながった。

 今期業績は、半導体分野に注力して利益拡大を図り続伸、純利益は、20億5000万円(前期比14%増)と予想している。

 配当は、前期配当を今年6月に会社設立50周年記念配当5円を上乗せして48円としたが、さらに普通配当5円上積みして年間53円(前期実績41円)に大幅増配し、今期は55円に連続増配する。

 株価は、今年3月の東証2部上場人気でつけた上場来高値1753円から全般相場の地合い悪化で同安値まで大きく調整した。PERは7倍台、PBRは0.9倍、配当利回りは4.2%の割安となり、大きく底上げしよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:29 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】構造計画研究所は純益V字回復に連続増配がオンしてストップ高買い気配

注目の決算発表銘柄 構造計画研究所<4748>(JQS)は14日の前場、買い気配のまま推移し、100円高の770円買い気配とストップ高、変わらずを挟み5営業日続伸した。前日13日大引け後に6月期決算を発表、前期は、今年4月の修正値を上ぶれて着地し、今期純利益のV字回復と連続増配を予想したことを評価して内需割安株買いが増勢となった。

 前期業績は、売り上げが4月の予想値を下ぶれたが、利益は上ぶれ、前々期比1%減収、2.8倍経常増益、65%純益減益と増減マチマチで着地した。売り上げはやや減収となったが、経常利益は、サービスの品質確保の徹底や外注費の削減などで採算性を向上させて上ぶれ、純利益は、投資有価証券評価損2億3800万円、和解金2000万円、補修工事負担金7000万円などの特別損失を計上して大幅減益転換した。

 今期業績は、品質管理のいっそうの向上やエンジニアリングコンサルティングビジネスの拡大から増収・連続経常増益を見込み、純利益は、特別損失一巡で3億6000万円(前期比7.8倍)とV字回復する。

 配当は、前期に業績の上ぶれ着地で14円(前々期実績10円)と復元増配幅を拡大したが、今期はさらに20円に連続増配する。

 株価は、自己株式取得をテコに年初来高値827円まで買い進まれ、4月の前期純益の下方修正や全般市場の地合い悪化が重なって同安値567円まで調整、3分の1戻し水準までリバウンドしたところである。PER12倍台、配当利回り2.5%の割安修正で一段の戻りを試そう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】UTホールディングスは安値から4連騰、自己株式取得を好感し1Q続落業績をカバー

注目の決算発表銘柄 UTホールディングス<2146>(JQS)は14日、4550円高の4万7700円と変わらずを挟んで4営業日続伸し、8月8日につけた年初来安値4万1600円から底上げしている。前日13日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算と自己株式取得とを発表、1Q業績は続落したが、自己株式取得を好感してカバー、下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。

 自己株式取得は、資本効率の向上と株式需給の改善を通じて株主への利益還元を図るとともに、効率的な資本政策の遂行を可能とすることを目的としており、取得株式数の上限を2万株(発行済み株式総数の9.41%)、取得総額を8億円、取得期間を8月20日から来年7月31日までとして、立会外買付取引や市場買い付けで実施する。

 一方、1Q業績は、前年同期比25%増収、23%経常減益、4%純益増益となった。メーカーの請負ニーズが増加するなか、半導体分野から他分野への積極的な営業活動を展開、取引先顧客工場数は、今年3月末の237工場から6月末に361工場に拡大、派遣先工場や請負先工場で勤務する技術社員も、6082人から7003人に増加、売り上げが2ケタ続伸したが、経常利益は、立ち上げ費用などが負担となり続落した。

 第2四半期累計・3月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は、14億6000万円(前期比65%増)と5期ぶりの過去最高更新を見込んでいる。自己株式取得をテコに、なおPER6倍台の超割安修正に挑戦しよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:34 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】学研ホールディングスは3Q業績増益転換に期末増配がオンして高値更新

注目の決算発表銘柄 学研ホールディングス<9470>(東1)は14日、50円高のストップ高224円と5営業日続伸し、4月25日につけた年初来高値213円を更新している。寄り付き段階の東証第1部値上がり率ランキングのトップに躍り出ている。

 前日13日大引け後に今9月期第3四半期(3Q)決算を発表、大きく増益転換して今年4月に上方修正した9月通期業績をオーバー、さらに期末配当を増配することも手掛かりに、値ごろ割安株買いが増勢となっている。前日に業績上方修正で大幅高した日本橋梁<5912>(東1)を連想、材料株人気を高めている。

 3Q業績は、前年同期比1%増収、22%経常増益、6.4倍純益増益と大きく伸び、利益は、9カ月分で9月通期業績の1年分をすでに1億3400万円〜7億2700円上回った。

 出版事業で美容・健康関連のムックの販売部数が好調に推移し、高齢者福祉・子育て支援事業でもサービス付き高齢者向け住宅が新規開業して売り上げが続伸、利益は、出版事業の増収寄与に教室・塾事業での構造改革効果が上乗せとなって急回復、純利益は、前期計上の特別損失が減少して大幅続伸した。

 期末配当は、3Q好決算を勘案して前期実績・期初予想の4円から5円に増配する。

 株価は、子会社の固定資産売却をテコに年初来高値213円まで買い進まれ、業績上方修正では材料出尽くし感を強め全般相場の波乱も響いて141円まで調整、3分の1戻し水準でもみ合ってきた。低位値ごろも株価材料にPER12倍台の割安修正が続こう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:12 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】高砂香料は1Q経常減益転換も高利益進捗率を評価して反発

注目の決算発表銘柄 高砂香料工業<4914>(東1)は14日、14円高の403円と反発している。前日13日大引け後に発表した今3月期第1四半期(1Q)決算で、経常利益が減益転換して着地したが、期初予想の第2四半期(2Q)累計業績に対し高利益進捗したことを評価して割安株買いが再燃している。

 1Q業績は、前年同期比3%増収、4%経常減益、4%純益増益となり、2Q累計業績対比の利益進捗率も、67〜77%と目安の50%をオーバーした。原料価格が高騰し、世界トップグループの香料会社によるシェア争いが続く厳しい環境下、中国や東南アジアほかの成長市場が順調に推移、世界24カ国・地域での堅牢なグローバル連結経営を推進したことが要因となった。

 2Q累計・3月通期業績は期初予想に変更はなく、通期純利益は、31億円(前期比74%増)とV字回復を見込んでいる。

 株価は、前期業績の一転した上方修正・減益転換率縮小で年初来高値430円をつけ、欧州金融危機懸念・世界同時株安の波及で351円と年初来安値にタッチする調整を経て、半値戻し水準を固めてきた。PER12倍台、PBR0.7倍の下げ過ぎ訂正を試そう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:52 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】ソニーフィナンシャルはもみ合い、1Q減益転換業績発表も親子上場解消思惑が続く

注目の決算発表銘柄 ソニーフィナンシャルホールディングス<8729>(東1)は14日、10円高の1310円と4営業日続伸して始まり、15円安と反落するなど前日終値を挟みもみ合っている。

 前日13日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算を発表、8月2日の決算速報通りに減益転換したが、織り込み済みとして、むしろ親会社のソニー<6758>(東1)が、親子上場解消のためにソネットエンタテインメント<3789>(東1)を株式公開買い付け(TOB)した思惑が続き下げ過ぎ訂正買いが交錯している。

 1Q業績は、前年同期比8%増収、20%経常減益、11%純益減益と伸び悩み、期初予想の3月通期業績対比の利益進捗率も、22〜25%と目安の25%に一部未達となった。売り上げは、生命保険の保有契約の堅調推移により保険料収入が増加し続伸したが、資産運用収益が、金融市場環境の悪化に伴い、特別勘定の資産運用損益が悪化、変額保険の最低保証の責任準備金の繰入額が増加したことなどが響き減益転換した。

 3月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は、370億円(前期比12%増)と増益転換を見込んでいる。

 株価は、今期業績の増益転換を予想したが、市場コンセンサスを下回るとして年初来安値1077円まで売られ、下げ過ぎ訂正で1353円までリバウンド、1Q決算速報で1200円台を割ったが、ソニーのTOB思惑の波及で1300円まで上値を伸ばした。売り方の買い戻しも加わり、PER15倍台の割安放置が意識されよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:20 | 決算発表記事情報
2012年08月13日

【注目の決算発表】メディアス前6月期:期末配当予想を3円増額、40円配当に修正

■戦略的営業展開・購買業務共通化など実施、大幅増収・増益を実現

注目の決算発表銘柄 メディアスホールディングス<3154>(JQS)は、前12年6月期連結業績が計画を上回る利益計上となったことを踏まえ、期末配当金を前回予想の37円から3円増配し、1株あたり40円に増額修正すると発表した。

 前6月期業績は、診療報酬改定による販売価格の下落、医療機関からの値下げ要求、病院経営コンサル業者の参入など利益率が低下する厳しい環境であったが、医療機関の経営改善につながるより良いサービスの提供として、販売戦略では、下期より首都圏地域の営業シェアの拡大に取組んだ。

 具体的施策としては、主要子会社「協和医科器械」の都内での医療機器販売事業を、同子会社「栗原医療器械店」に集約、より戦略的な営業展開を進めた。

 また、購買戦略・財務戦略面でも、一部の主要仕入先からの購買業務を共通化し、グループ内の支払業務・資金管理を共有化し、業務効率改善、仕入条件を向上させた。その結果、2ケタ増収の効果に加え、業務改善施策などが功を奏し大幅増益となった。

 売上高132,833百万円(前年比10.3%増)、営業利益828百万円(同88.2%増)、経常利益1,117百万円(同49.6%増)、当期純利益447百万円(同82.4%増)。

■今期通期業績、最終益50%超など増収増益を目指す

 今期13年6月期通期業績予想については、売上高1,360億円(前期比2.4%増)、営業利益10億円(同20.7%増)、経常利益13億円(同16.3%増)、当期純利益678百万円(同51.5%増)。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:41 | 決算発表記事情報

シード ワンデーピュアシリーズが約55%伸びる

■第1四半期連結業績は大幅増収増益

 シード<7743>(JQS)は13日、今期13年3月期第1四半期連結業績を発表した。
 売上高33億62百万円(前年同期比18.7%増)、営業利益1億7百万円(同121.9%増)、経常利益1億8百万円(同234.0%増)、純利益89百万円(同97.1%増)と大幅増収増益となった。
 売上の牽引役となっているのが使い捨てのコンタクトレンズ、セグメント別の業績を見ると、コンタクトレンズ・ケア用品はワンデーピュアシリーズが約55%伸びたこともあり、売上高29億18百万円(同29.1%増)、営業利益2億24百万円(同87.8%増)と大幅増収増益となった。その結果、眼鏡、その他の減収減益をカバーして大幅増収増益。
 第2四半期業績予想に対する進捗率は、売上高49.5%、営業利益214.0%、経常利益540.0%、純利益890.0%となっていることから、利益面での大幅上方修正が予想される。
 売上の牽引役が、使い捨てコンタクトレンズであることから、シェア拡大と共に継続的な売上拡大が予想される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:21 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】日本橋梁は2Q業績上方修正で材料株思惑を再燃させ急反発

注目の決算発表銘柄 日本橋梁<5912>(東1)は13日、前場59円高の327円と4営業日ぶりに急反発し、5月18日につけた年初来安値235円から底上げを鮮明化、後場も、320円台で売り買いが交錯し、東証1部値上がり率ランキングのトップと高人気が続いている。

 前週末10日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算の開示に合わせて、第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、材料株思惑が再燃させ下げ過ぎ訂正買いが再燃している。

 2Q累計業績は、期初予想より売り上げを6億円引き下げたが、経常利益を4億3000万円、純利益を3億4000万円それぞれ引き上げた。今期から連結決算を開示しているため前年同期との比較はないが、純利益は、4億9000万円となり、3月通期予想対比の利益進捗率は、85%と目安の50%を上回る。売り上げは、期初予想を下回るが、利益は、1Qに完工した工事の利益で予想を上回る改善があり、他の工事も順調に推移して原価率の改善が進んだことが上方修正要因となった。

 3月通期業績は期初予想に変更はなく、純利益は5億7000万円(前期は143億3400万円の黒字)と大幅減益を見込んでいる。

 株価は、年初来高値1150円から、オリエンタル白石の連結子会社化で負ののれん発生益を計上して前期業績を上方修正したことで材料出尽くし感を強めて同安値235円まで大きく調整、安値圏では高速道路の損傷箇所補修思惑などで乱高下した。投資採算的に割高で信用買い残も高水準にあるが、材料株思惑を再燃し逆行高展開も想定される。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:52 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】朝日インテックは2期ぶり最高純益更新予想に自己株式取得が加わり続伸

注目の決算発表銘柄 朝日インテック<7747>(東2)は13日、前場24円高の2184円と続伸し、4月17日につけた年初来高値2240円を視界に捉えた。前週末10日大引け後に6月期決算の開示とともに、今期業績のV字回復・2期ぶりの過去最高純益更新、増配、さらに自己株式取得と好材料を発表、割安株買いが増勢となっている。

 前期業績は、今年2月に下方修正した予想値を利益が1億4900万円〜2億9400万円上ぶれ、前々期比7%減収、39%経常減益、55%純益減益と落ち込み幅を縮めて着地した。売り上げは、メディカル事業の欧州市場の取引や、デバイス事業のアジア地域の産業機器部材の取引増加で上ぶれ、利益も、タイ洪水被害の災害保険金17億600万円の特別利益と災害損失21億9700万円の特別損失が綱引きして上ぶれた。ただ業績自体は、洪水の影響や為替差損の増加などで減収減益転換した。配当も、20円(前々期実績34.1円)に減配する。

 今期業績は、洪水の影響が一巡して成長戦略を推進することから増収増益転換を予想、純利益は、24億9100万円(前期比2.5倍)とV字回復して2011年6月期の過去最高(21億6100万円)を更新する。配当も40.5円に大幅増配する。

 一方、自己株式取得は、今年2月、5月に続く3回目で、取得株式数の上限を28万株(発行済み株式総数の1.8%)、取得総額を6億3000万円、取得期間を8月20日から8月31日までとして立会外買付取引で実施する。

 株価は、今年2月の前期業績の下方修正と自己株式取得が綱引きして年初来高値まで買われ、2100円台攻防を続けてきた。PER13倍台の割安修正で高値奪回にトライしよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:37 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】セイコーホールディングスは2Q純益再上方修正で低位値ごろ割安株買いが拡大し急続伸

注目の決算発表銘柄 セイコーホールディングス<8050>(東1)は13日、33円高の244円と急続伸している。前週末10日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算の開示と同時に、今年6月1日に上方修正した第2四半期(2Q)累計純利益の再上方修正を発表、黒字転換幅を拡大することを評価し、低位値ごろの割安株買いが増勢となっている。

 2Q累計業績は、期初予想より売り上げを70億円引き下げたが、経常利益を20億円引き上げ、25億円(前年同期比4.1倍)とV字回復する。純利益は、6月の増額値よりさらに10億円引き上げ、20億円(前年同期は23億9500万円の赤字)と黒字転換幅を拡大する。

 電子デバイス関連の受注回復が遅れ、売り上げは下方修正となったが、利益は、前期実施の事業構造改革の成果で上ぶれ、純利益は、6月のタイの洪水被害の受取保険金の特別利益計上による増額修正に続く再上方修正となった。

 なお3月通期業績は、売り上げを期初予想より100億円下方修正したが、利益は変更せず、純利益は、60億円(前期は110億1400万円の赤字)と黒字転換を見込んでいる。

 株価は、6月の純利益上方修正を手掛かりに年初来高値268円まで3割高してほぼ往って来いとなっている。PER7倍台の割安修正に再発進しよう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:20 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】遠藤照明は2Q業績上方修正で割安株買いが再燃し高値更新

注目の決算発表銘柄 遠藤照明<6932>(大2)は13日、225円高の2870円と急反発し、5月28日につけた年初来高値2720円を更新している。前週末10日大引け後に今3月期第1四半期(1Q)決算の開示とともに、第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、割安株買いが再燃している。

 2Q累計業績は、期初予想より売り上げを41億円、経常利益を18億円、純利益を9億円それぞれ引き上げ、純利益は、24億円(前年同期は6400万円の黒字)と高変化する。

 全国的に電力需給が逼迫するとの懸念が強まり、夏場をメドとしたLED照明への取り替え需要が旺盛で売り上げ、利益が上ぶれ、1Q業績が大幅続伸、期初予想の2Q累計業績に対して高進捗して着地しており、2Q累計業績を上方修正した。

 3月通期業績は、夏場以降のLED照明の見通しが不透明として期初予想を据え置いたが、それでも純利益は、36億円(前期比64%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。

 株価は、好業績に節電関連人気を高めて年初来高値をつけたが、6月5日払い込みで実施した新株式発行(発行価格2484円)を嫌って2048円まで急落、下落幅を約9割リカバリーしてきていた。PER11倍台の割安修正で上値を伸ばそう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:49 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】松田産業:第1Q低調でも通期は増収増益、指標割安、資源再人気も

注目の決算発表銘柄 松田産業<7456>(東1)の2013年3月期・第1四半期(4〜6月=第1Q)は、前年同期比減収減益。主力、「貴金属関連事業」の減少が響いた。しかし、通期は期初見通し通りで、予想1株利益160.7円、配当は年24円を継続の予定。

 第1四半期は、売上は前年同期比10.2%減の417億8300万円、営業利益52.4%減の10億3800万円だった。セグメント(部門別)の状況は次の通り。

 【貴金属関連事業】売上は前年同期比14.3%減の305億7900万円、同事業の営業利益は52.4%減の8億5700万円。タイ洪水の被害からの立ち直りに加え、主力顧客である半導体・電子部品業界の生産持ち直しの傾向がみられるものの、貴金属か製品や電子材料等の販売及び貴金属原材料回収は前年を下回って推移。貴金属価格も「金」を除き軟調。

 同事業の環境部門も震災により一時的な排出量の増加となった前年同期に比べ取扱量が減少、写真感材回収の銀価格も下落した。

 【食品関連事業】売上は前年同期比3.7%増の112億1900万円、度事業の営業利益は52.6%減の1億8000万円。食品関連業界は消費者の低価格志向の強まる厳しい事業環境が継続。すり身など水産品は販売数量が増加した。卵、畜肉などの畜産品は単価が下落し販売数量も伸び悩んだ。野菜などの農産品も単価、販売数量とも前年同期を下回った。

 【通期見通し】今3月期通期は期初予想を据え置いた。売上は前期比3.9%増の1950億円、営業利益2.4%増の70億円、純益5.1%増の44億2000万円、1株利益160.7円(前期150.8円)の見通し。

 【株価見通し】株価は年初来高値が1410円(3月10日)、安値1080円(6月4日)、直近値1105円(8月10日)。配当利回り2.17%、予想PER6.8倍。最近、原油価格が上昇に転じるなど資源関連銘柄に見直しの動きが台頭。指標割安で底値圏の水準は仕込み場だろう。

>>松田産業のMedia−IR企業情報
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 決算発表記事情報

【注目の決算発表】物語コーポは連続最高純益・増配予想も利益確定売りに押され反落

注目の決算発表銘柄 物語コーポレーション<3097>(東1)は13日、13円安の1450円と変わらずを含めて6営業日ぶりに反落している。前週末10日大引け後に6月期決算を発表、前期、今期と連続過去最高純利益の更新と連続増配を予想したが、5月11日につけた年初来高値1506円を前に利益確定売りが先行している。

 前期業績は、期初予想を上ぶれ前々期比15%増収、28%経常増益、54%純益増益と続伸した。焼肉店を7店舗、ラーメン店を6店舗新規出店するなどチェーン全体の店舗数が243店舗に拡大、既存店舗の品質・サービス向上に新メニュー開発、販売促進活動の改善、さらにラーメン部門の麺の内製化開始などが加わり連続の過去最高業績につながった。

 今期も、直営店で焼肉店を13店舗、ラーメン店を5店舗、お好み焼き店を2店舗など22店舗の新規出店を予定、フランチャイズ店でも18店舗の新規出店を計画、食材の仕入れ価格や電気料金などの上昇を吸収して続伸、純利益は、9億100万円(前期比11%増)と連続の過去最高更新を予想している。

 配当は、24円(前期実績22円)へ連続増配を予定している。

 株価は、前期第3四半期の好決算をテコに年初来高値をつけ1400円台での高値もみ合いを続けてきた。目先売り一巡後にPER7倍台の割安修正に進もう。
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 決算発表記事情報