株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年04月03日

いすゞが新中期経営計画を策定、2027年度以降の自動運転レベル4のトラック・バス事業の開始を目指す

■2030年度に売上高6兆円へ

 いすゞ自動車<7202>(東証プライム)は4月3日、2030年に商用モビリティソリューションカンパニーへの変革を目指す中期経営計画「ISUZU Transformation(IX)」を策定したと発表。この計画は、自動運転ソリューション、コネクテッドサービス、カーボンニュートラルソリューションの3領域を柱に、新事業への挑戦として、2030年度に売上高6兆円、営業利益率10%以上を目標としている。

isu1.jpg

 また、ISUZU IDを基軸に、全従業員が価値観を共有し、社会課題の解決に取り組む経営理念体系を策定し、2030年までに総額1兆円規模のイノベーション投資を行うことを表明。さらに、中期経営計画2024の成果を踏まえ、新たなビジネスモデルへの変革を目指し、グローバル市場でのプレゼンス拡大を図るとしえいる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:21 | 話題株

ジェネレーションパス、新規事業「Unique Stores Platform」を開始

■自社ECサイト群で新たな価値を創造

 ジェネレーションパス<3195>(東証グロース)は、ECで蓄積したマーケティングデータを活用し、アジア圏を跨ぐアジアンバリューチェーン構築を目指している。その第2弾として、ECモールで培ったノウハウを活用した独自ECサイト群を構築する「Unique Stores Platform (USP)事業」を開始すると4月3日に発表した。

 USP事業では、顧客ニーズに特化した独自ECサイトを順次立ち上げ、精緻な会員マーケティングによる顧客属性に応じたサービス提供を行う。当該事業ではまず3サイトの立ち上げを予定しており、構築に関しては同社の完全子会社で、主としてECサポート事業を手掛ける株式会社カンナートでの取り扱いを予定している。

 同事業は2024年4月4日以降順次開始される。立上費用は既存事業のノウハウと人員を活用するため軽微と見込まれる。同事業による業績への影響は軽微ですが、1年以内に10サイト程度まで拡大し、企業価値向上を目指していくとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:44 | IR企業情報

フライトソリューションズ、シリーズ累計20万台突破、マルチ決済装置の新モデル「Incredist Premium III」誕生

■国内製造により世界規模のサプライチェーンリスクを低減

 フライトソリューションズ<3753>(東証スタンダード)は4月3日、マルチ決済装置の新モデル「Incredist Premium III(インクレディスト・プレミアム・スリー)」の開発と国内製造を発表した。自社開発の製品ラインナップであるIncredistシリーズは、これまでに累計出荷台数20万台を突破した人気製品で、Incredist Premium IIIは同シリーズの最新モデルに位置付けられ、既に国内製造によるテスト量産が開始されている。

furaito1.jpg

 Incredist Premium IIIは、2015年初代Incredist Premiumから受け継いだコンパクトでありながら高機能なデザインを維持しつつ、最新の国際セキュリティ基準PCI PTS(Payment Card Industry PIN Transaction Security)(*1)v6に対応し、日本市場向けに最適化している。その特徴として、マイナンバーカード読取への対応、及び日本の電子マネーで用いられるタッチ面周囲の多色LEDや決済時のサウンド機能等を備えている。同社はこれらの機能を活かし、引き続き国内の大手小売店様を中心に販売を展開していく予定。

 また、最新モデルの開発において、世界情勢の変化に柔軟に対応しながら、国内での高品質な製造と安定した供給を目指す取り組みを実施している。その一環として、新型コロナウイルス感染症の世界的流行、気候変動、紛争、及び昨今の円安など、ハードウェア製造を取り巻く様々な課題に対処するため、大手電子部品商社である加賀電子<8154>(東証プライム)との提携を行い、同社の各地海外支社を通じ、日本国内で調達困難な部品の確保に取り組んでいる。さらに、製造は従来の海外工場に代わり、大手通信機器メーカである岩崎通信機<6704>(東証プライム)の協力の下、同社の100%子会社である岩通マニュファクチャリング(本社:福島県須賀川市)が担当することとなり、長年の製造経験を活かし本格量産に向け準備を進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:25 | プレスリリース

Jトラストの自社株買いハイピッチでスタート、3月27日の開始から同月末までの3営業日で9万3800株を取得、かなり積極的との見方

■上限400万株、11月30日まで約8カ月間、月50万株の買付ペースを上回る

 Jトラスト<8508>(東証スタンダード)は4月3日の夕方、2024年3月27日から同年11月30日までの予定で実施している自社株買い(自己株式の取得、上限400万株、20億円)について、開始から3月31日まで3営業日の取得株数が9万3800株になったと発表した。

 買付上限株数400万株は、自己株式を除く発行済株式総数の2.91%に当たる。買付期間は8か月と数日のため、単純計算で上限株数を8か月で割ると、1か月あたりの買付株数は50万株のペースになる。このペースとの比較でかなり積極的な買付との見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | IR企業情報

【株式市場】日経平均は387円安となり大幅反落、ただ後場はイスラエルとイランの緊張を織り込む様子

◆日経平均は3万9451円85銭(387円06銭安)、TOPIXは2706.51ポイント(7.94ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は17億9795万株

 4月3日(水)後場の東京株式市場は、イスラエルとの緊張が高まったイランの出方が注目された一方、イラン原油は日本の原油輸入量の15%に過ぎないとされ、産業への影響は限定的と楽観視する様子もあり、前場活況高で高値更新のINPEX<1605>(東証プライム)は一進一退に転換。13時に業績計画など発表した伊藤忠商事<8001>(東証プライム)が急激に上げ、他の商社株も持ち直すなど追随がみられ買い意欲回復の様子。三菱UFJ・FG<8306>(東証プライム)は一段ジリ高。日経平均は前引けから40円ほど持ち直して369円安で始まり、13時頃からは下げ幅200円前後で底堅い相場となったが、ファーストリテ<9983>(東証プライム)の1500円安などが影響してなかなか戻せず、大引けは387円安と大きく反落した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:52 | 今日のマーケット

ステラファーマが後場急伸、再発乳がんを対象としたホウ素中性子捕捉療法の臨床研究に期待強まる

■新しい乳がん治療の選択肢の基礎確立に加え胸部領域のBNCT分野にも大きく貢献

 ステラファーマ<4888>(東証グロース)は4月3日の午後、「再発乳がんを対象としたホウ素中性子捕捉療法の臨床研究に関する論文掲載のお知らせ」を発表し、注目が集中。株価は14時過ぎに一時16%高の311円(43円高)まで上げて急伸し、約1週間ぶりに300円台を回復した。

 発表によると、同社がBNCT(Boron Neutron Capture Therapy:ホウ素中性子捕捉療法)用ホウ素医薬品「ステボロニン」の提供を行っている社会福祉法人仁生社江戸川病院(東京都江戸川区)で実施された再発乳がんを対象とした研究者主導の特定臨床研究(以下、本研究)に関する論文が「Cureus」(注:症例報告を共有するプラットフォーム)の電子版に掲載された。論文題目は「The Effects of Boron Neutron Capture Therapy on the Lungs in Recurrent Breast Cancer Treatment」。本研究は、新しい乳がん治療の選択肢の基礎を確立するだけでなく、胸部領域のBNCT分野にも大きく貢献すると評価されているとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:56 | 材料でみる株価

NANO MRNAが急伸、「裸のmRNA」からなる安全な新型コロナワクチン開発に成功とし注目集まる

■ナノ医療イノベーションセンター中心に複数の大学などと共同で開発

 NANO MRNA<4571>(東証グロース)は4月3日、急伸相場となり、午前10時過ぎにストップ高の229円(50円高、28%高)に達し、後場はそのまま買い気配を続けている。同日午前、「mRNAワクチンに関する論⽂公開のお知らせ」を発表しており、注目されている。感染症を対象としたmRNAワクチンに関する共同研究論⽂が、国際的医学誌「Molecular Therapy」オンライン版(2024年4⽉3⽇付)に掲載されたとした。

 発表によると、論文は「裸のmRNA」からなる安全な新型コロナウイルスワクチンの開発に成功したとするもので、「ナノ粒子製剤化していない「裸のmRNA」が全身性の副作用を伴わず強力な免疫を誘導できることを世界で初めて実証」したという。本発表は、公益財団法⼈・川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンターの内⽥ラボ(ラボ⻑:内⽥智⼠、主幹研究員/東京医科⻭科⼤学難治疾患研究所教授)のグループを中⼼に、東京都医学総合研究所、東京医科⻭科⼤学、杏林⼤学、NANO MRNA株式会社らと進めた共同研究になるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 材料でみる株価

カプコンが急反発、『ドラゴンズドグマ2』が全世界250万本突破、シリーズ累計1000万本大台乗せ

■12年ぶりの最新作が牽引役、シリーズファンだけでなく新規ユーザーも獲得

 カプコン<9697>(東証プライム)は4月3日、135.5円高(4.96%高)の2865円(9時54分)まで上げて急反発している。同社は4月2日、シリーズ最新作となる『ドラゴンズドグマ 2』が、全世界250万本を販売したと発表。「ドラゴンズドグマ」シリーズは、剣や魔法が登場する王道ファンタジーの世界で自由な冒険が楽しめる、オープンワールドアクションゲーム。2012年に第1作を発売して以降、自ら行動する従者「ポーン」達と共に冒険するゲーム体験がグローバルで好評を博し、シリーズ累計販売本数1,000万本を突破している。

cap1.jpg

 12年ぶりの最新作となる『ドラゴンズドグマ 2』は、緻密に構成された実在感のあるファンタジー世界が楽しめるほか、AI制御のキャラクター「ポーン」と共に、1人プレイでありながら最大4人でのマルチプレイの楽しみが味わえる、自由度の高いオープンワールドアクションゲーム。

 発売前からプレイヤーの分身となるキャラクターのクリエイトが楽しめる無料アプリケーションの配信に加え、グローバルでのプロモーション施策として、世界各国の著名人や日本を代表するスポーツ選手とコラボした「公式ポーン」をゲーム内で配信するなど、従来のシリーズファンのみならず、初めてプレイするユーザーも魅了する施策を実施している。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:29 | 株式投資ニュース

日本航空が一段と強含む、ANAとグランドハンドリング業務資格の相互承認を4月開始、業務効率化などで前進

■教育訓練時間の大幅短縮、資格者の早期養成、繁忙緩和などに寄与

 日本航空<9201>(東証プライム)は4月3日の後場、一段と強含む相場となり、13時を過ぎては2902.0円(28.0円高)まで上げて出直り幅を広げている。2日、「ANAとJALがグランドハンドリング業務における作業資格の相互承認を開始」、「『JAL Pay』がクレジットカードチャージに対応」と発表しており、ANAホールディングス<9202>(東証プライム)とともに業務の効率化や集客拡大に期待が強まっている。

 グランドハンドリング(地上支援)業務におけるANAとJALの相互承認は、発表によると、業務における基礎的な資格を中心とした7資格について、ANAまたはJALどちらかの資格を取得した後に、他方の資格取得をする際、差異部分の知識確認・座学教育のみで資格を付与する仕組み。これにより、両社の委託先事業者が同一であるランプハンドリング作業(飛行機の地上移動や、貨物・手荷物を搭降載・搬送する業務等)における教育訓練の時間が大幅に短縮できるとともに、ANAとJAL両社の作業に従事できる資格者の早期養成を図ることができ、グランドハンドリング事業者にとって、業務の効率化と繁忙緩和に繋げることができるようになる。4月1日から、両社の委託先事業者が同一である国内10空港でこの仕組みの運用を開始した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:23 | 材料でみる株価

インフォマート、北海道を中心に全国で観光施設を経営する加森観光が「BtoBプラットフォーム 受発注」を採用

■加森観光グループ全体で受発注業務のデジタル化・標準化を目指す

 デジタルの力であらゆる業務を効率化するインフォマート<2492>(東証プライム)は4月3日、同社が提供する「BtoBプラットフォーム 受発注」が、加森観光株式会社(本社:北海道札幌市)に採用されたと発表。

info1.jpg

 北海道のルスツリゾートを中心に全国で観光施設を経営する加森観光では、一部、電話やFAX等、アナログな手法で受発注業務が行われていた。また、業務手順も人によって異なっていたため、受発注業務を標準化する必要性を感じていた。

 受発注システムの導入を検討する中で、「BtoBプラットフォーム 受発注」が業界に浸透していることや、インボイス制度・電子帳簿保存法等の法令対応を加速度的に進められる点にメリットを感じ、同社の「BtoBプラットフォーム 受発注」を採用した。

【加森観光 担当者のコメント】

 日本全体における旅行・観光需要は高く、今後さらなる増加が見込まれる。今回の「BtoBプラットフォーム 受発注」の採用をきっかけに、デジタル化による業務効率化、ペーパーレス化だけでなく、月次決算の早期化、そして施設ごとに単独で行っている契約や仕入れの単品管理等における業務の標準化を、加森観光グループ全体で取り組んでいきたいと考えている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:15 | プレスリリース

DOWAホールディングスが出直り強める、貴金属・非鉄相場の上昇を好感

■「資源循環」「都市鉱山会社」、国内金価格は5日続けて最高値と伝えられる

 DOWAホールディングス<5714>(東証プライム)は4月3日の前場、5421円(148円高)まで上げて約1週間ぶりに5400円台を回復し、もみ合い相場の中で再び出直りを強めた。「資源循環」と「優れた素材・技術の提供」を掲げ、高効率な金属回収技術で多数の金属をリサイクルする「都市鉱山会社」のイメージがあり、イスラエルとイランの緊張を受けて金相場が連日最高値を更新し、銅などの非鉄金属も大きく上げたため業績への寄与に期待が強まった。

 金相場については、「日本時間3日早朝の取引で、ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である6月物は一時1トロイオンス2301.9ドルと心理的な節目の2300ドルを上回り、再び最高値を更新した」(日経電子版より)と伝えられた。国内相場も、「地金大手の田中貴金属工業が3日発表した金の店頭小売価格は、前日から168円高い1グラム1万2298円だった。同社が公表している価格の指標としては5日続けて最高値を更新した」(同)と伝えられた。(HC)

■株式投資情報(総合版):記事アクセスランキング
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | 材料でみる株価

【株式市場】前場の日経平均は410円安、イスラエルとイランの緊張を受け朝方は600円安、資源株や電力株などは高い

◆日経平均は3万9428円58銭(410円33銭安)、TOPIXは2701.18ポイント(13.27ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は8億5367万株、

 4月3日(水)前場の東京株式市場は、イスラエルとイランの緊張が高まり原油相場や貴金属、穀物相場が大きく上げたことなど受け、インフレ対策の金融引き締めへの警戒感が強まり、朝寄りから日経平均連動型の売りが目立つとされて全般は大きく下押す相場となった。中で、INPEX<1605>(東証プライム)出光興産<5019>(東証プライム)は高値を更新し、非鉄金属株も値上がり。電力株は料金値上げへの追い風とされ軒並み高。北海道電力<9509>(東証プライム)は国産半導体による千歳地域の活性化も期待され大幅高。日経平均は335円安で始まり、ほどなく621円87銭安(3万9217円04銭)まで下押したが、半導体株や自動車株などに底堅い銘柄がみられ、前引けにかけては下げ幅を400円台に縮め持ち直した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:16 | 今日のマーケット

シナネンHDグループのシナネンモビリティPLUSはシェアサイクル「ダイチャリ」を、千葉大学医学部附属病院へ初導入

■地域の健康増進に関する貢献活動に寄与

 シナネンホールディングス<8132>(東証プライム)のグループ会社で、移動を楽しく、快適にするシェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUSは、4月1日(月)より、「千葉大学医学部附属病院」に、シェアサイクル「ダイチャリ」のステーションを設置し、運営を開始した。

IMG_9835.png

 シナネンモビリティPLUSは、一都三県及び大阪府を中心にシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を利用したシェアサイクル「ダイチャリ」を運営。自転車の貸し出し・返却拠点であるステーションを3,400か所超、自転車を12,000台超運営・展開する日本最大級のシェアサイクル事業者である。2017年のサービス開始以来、様々な事業者との提携を通じてシェアサイクルサービスを提供し、これまでに累計2,700万回以上の利用実績がある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:36 | プレスリリース

テリロジーホールディングス、連結子会社が中央コンピューターサービスとRPAツール「EzAvater」の販売代理店契約を締結

■北海道の実証実験で成果、教員不足解消にも貢献

 テリロジーホールディング<5133>(東証スタンダード)は4月2日、同社の連結子会社でICTソリューションサービス事業を展開するテリロジーサービスウェア(本社︓東京都千代⽥区)が、中央コンピューターサービス(本社︓北海道標津郡中標津町)と販売代理店契約を締結し、同社の⽣涯学習事業部が販売を開始すると発表。

t1.jpg

 中央コンピューターサービスは、学校DXの取り組みとして北海道内6⼩中学校・⾼等学校を対象に「EzAvater」を利⽤した業務⾃動化の実証実験を実施した。テリロジーサービスウェアは業務⾃動化による負荷軽減を通じて、学校の働き⽅改⾰の促進を⾏いたいという想いから、実証実験において「EzAvater」のライセンスを無償提供した。

 近年、学校における教員の⻑時間労働の常態化、教員不⾜が深刻な問題になっている。今回の実証実験の取り組みのさらなる拡⼤を⽬的に販売代理店契約締結に⾄った。

 テリロジーサービスウェアが提供するRPAのテクノロジーと中央コンピューターサービスの教育機関への提案ノウハウによって、学校における働き⽅改⾰、⼈材不⾜の課題解決に貢献していく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:30 | プレスリリース

北海道電力が一段高、原油高、業績予想の増額、原発巡る動き、国産半導体の千歳進出など材料視

■原油高はコスト高要因だが電気料金の値上げにつながる点で好材料の見方

 北海道電力<9509>(東証プライム)は4月3日、一段高となり、午前10時40分を回っては10%高の928.6円(81.8円高)まで上げてこの銘柄としては大幅高となり、2017年以来の900円台に進んでいる。イスラエルとイランの緊張激化を受けた原油相場の急伸などが買い材料視されているほか、このところは3月下旬に発表した業績予想の増額修正や東京電力HD<9501>(東証プライム)の原発再稼働に関連する動きを受けて値動きが軽快になっていたため、買い材料への反応が強まったと見られている。電力株は軒並み高いが、北海道電力については、「次世代半導体工場の千歳進出を契機として、苫小牧から札幌・石狩にかけての一帯でデジタルや再生可能エネルギーを軸とする関連産業の集積等による経済波及効果が期待されている」(イオン北海道の西友9店舗買収のリリースより)という固有の期待材料も底流にあるようだ。

 原油高は電力会社にとってコスト高の要因になるが、電気料金の値上げの環境が整うため買い材料とされ、証券会社の新人研修でも株価変動要因の事例として取り上げられたことがあるようだ。(HC)

■株式投資情報(総合版):記事アクセスランキング

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | 材料でみる株価

モンスターラボHDが大幅続伸、サウジアラビアのTONOMUS社と業務提携、中東市場開拓へ

■サウジアラビア全土に世界クラスのデジタルサービスを提供

 世界19の国と地域(2024年4月2日時点)で、デジタルコンサルティング事業・プロダクト事業を展開するモンスターラボホールディングス(モンスターラボHD)<5255>(東証グロース)は4月3日、71円高(20.58%高)の416円(9時15分)まで上げて、昨日の後場急伸に続き大幅続伸している。同社は4月2日14時、サウジアラビアのNEOMの認知テクノロジーとデジタルインフラストラクチャーの子会社であるTONOMUS社と戦略的な協力関係を締結したと発表。今回の提携により、サウジアラビアにおけるDX推進に貢献し、顧客に付加価値を提供する革新的なソリューションを開発していく。

 両社は、持続的な変革と顧客満足に共通の焦点を置きながら、技術革新、製品開発、およびコンサルティングサービス提供の機会を追求。今回の提携は、大きな成長機会となるだけでなく、サウジアラビア全体のデジタル化を促進し、経済発展に貢献していくことが期待されている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:06 | 株式投資ニュース

イオン北海道が年初来の高値を更新、札幌市内の西友9店舗を取得、さらなる拡大に期待高まる

■3月下旬に業績予想を増額修正、株価軽快になり好反応

 イオン北海道<7512>(東証スタンダード)は4月3日、一段高となり、4%高の984円(35円高)まで上げて2か月半ぶりに年初来の高値を更新し、2023年1月以来の水準を回復している。3月下旬に業績予想の増額修正を発表して値動きが軽快になっている上、4月2日午後、「西友が札幌市内の優良立地に展開する9店舗のGMSを取得」と発表し、更なる業績拡大に期待が強まっている。

 西友を分割会社とし、イオン北海道を承継会社とする吸収分割により、対価170億円で西友が札幌市内の優良立地に展開する9店舗のGMSを取得するとした。承継する部門の売上高は261億16百万円(2022年12月期)。吸収分割契約締結日は24年4月2日。これにより、優秀な人材と店舗アセットを確保するとともに、店舗価値の最大化を図り、スケールメリット等のシナジーを追求することにより、直営売上高及び食品売上高北海道NO.1の実現を果たすとした。(HC)

■株式投資情報(総合版):記事アクセスランキング
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:47 | 材料でみる株価

ピアズが反発、超高速メタバースエンジン『WXR』開発のビジュアライズと資本業務提携

■AIボーディング強化へ

 ピアズ<7066>(東証グロース)は4月3日、46円高(4.97%高)の972円まで上げて反発している。4月2日、同社CVC事業の第7号案件として、超高速メタバースエンジン『WXR』の開発を提供するビジュアライズ(本社:東京都渋谷区)の株式を取得し、アバターやVTuberなどを活用した研修事業での連携などに関する資本業務提携をしたと発表。

 同社は、AIを活用したリスキリングや研修(AIボーディング事業)、オンライン接客支援サービス(オンライン接客事業)などを展開している。近年、次世代型AIボーディングやオンライン接客の可能性としてメタバースに注目し、研究を重ねてきた。

 一方、ビジュアライズは、メタバースのインフラとなる超高速エンジン「WXR」の開発やバーチャルライブサービス事業を展開しており、その技術力とノウハウは、ピアズのAIボーディング事業やオンライン接客事業の進化に貢献すると期待される。

 今回の資本業務提携により、ピアズはビジュアライズの技術を活用し、アバターやVTuberなどを活用した研修プログラムや、メタバース空間でのバーチャル接客サービスの開発を進めていく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | 株式投資ニュース

アステナHDグループ、能登半島地震で被災した珠洲の酒蔵を支援するクラウドファンディングを実施中、目標500万円で

■全壊した櫻田酒造を支援、奇跡的に難を免れた純米大吟醸500本を返礼品に

 アステナHD(アステナホールディングス)<8095>(東証プライム)グループで石川県奥能登地域における社会課題解決を目的とした新規事業を企画運営するアステナミネルヴァ株式会社と子会社のAMトレーディング株式会社では、いま、マクアケ<4479>(東証グロース)のクラウドファンディング(応援購入)システムを活用して能登半島地震で被災した珠洲市の櫻田酒造株式会社(珠洲市蛸島町:櫻田博克代表)を支援するクラウドファンディングを募っている。

 全壊した櫻田酒造で奇跡的に難を免れ、取り出された純米大吟醸「桃花鳥(とうかちょう)」をリターン(返礼品)として、輸送、梱包経費などを除く全額を同酒造の再建に役立てる。

 クラウドファンディングは、応援購入サイト「Makuake(マクアケ)」で実施中。目標金額500万円に対し、4月2日17時現在で428名から428万円の応募があり、「残り27日」と掲示されている。

◆応援購入サイト:https://www.makuake.com/project/toukachou/
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 話題

良品計画は「月次データ」全店25%増加など好感され大きく出直る

■3月、「直営全店+オンラインストア」は25.3%増加

 良品計画<7453>(東証プライム)は4月3日、大きく出直る相場となり、6%高の2547.0円(140.5円高)まで上げて約3か月前につけた実質的な上場来の高値2584.0円に向けて動意を強めている。2日午後、「3月度月次データ」(2024年3月度売上高情報)を発表し、「直営既存店+オンラインストア」の売上高が前年同月比16.1%増加し、「直営全店+オンラインストア」は同25.3%増加。大幅な伸びとなり注目が集まった。

 会員向けセールの開催日数は前年同期と同等だったが、新商品効果に加え、生活雑貨や食品を中心に、事前に在庫を積み上げたことで前年実績を上回った。土日祝日が多かったことも寄与した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 業績でみる株価

JR東海が6日ぶり反発などリニア新幹線株が高い、静岡県・川勝知事「辞職の意向」を材料視

■トンネル工事関連の安藤ハザマ、ケー・エフ・シーなども高い

 JR東海(東海旅客鉄道)<9022>(東証プライム)は4月3日、6日ぶりに反発して始まり、取引開始後は3745円(112円高)まで上げる場面を見せて出直っている。「リニア新幹線」の工事に反対していた静岡県・川勝平太知事が「辞職の意向表明、不適切発言の批判受けた会見で」(NHKニュースWEB4月2日19時)と伝えられ、工事再開への期待が強まる形になった。2日夜の夜間取引で急動意となっていた。

 トンネル工事に実績のある安藤ハザマ<1719>(東証プライム)、トンネル用ボルトで首位とされるケー・エフ・シー<3420>(東証スタンダード)、リニア新幹線のコースに余地を保有する特種東海製紙<3708>(東証プライム)も高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:33 | 材料でみる株価

INPEXが高値更新など石油資源株が一斉高、イランの報復声明を受け原油相場が大きく値上がり

■出光興産や石油資源開発などそろって高い

 INPEX<1605>(東証プライム)は4月3日、一段高で始まり、取引開始後は2399.0円(74.5円高)まで上げて3日ぶりに直近の高値を更新し、2008年以来の高値に進んでいる。イランの在シリア大使館が空爆を受けたことに対し、「イラン最高指導者ハメネイ師『犯罪を後悔させる』報復誓う声明」(NHKニュースWEB4月3日午前4時7分)と伝えられ、NY原油相場が大きく値上がりし、原油高効果などへの期待が再燃している。出光興産<5019>(東証プライム)石油資源開発<1662>(東証プライム)などもそろって高い。

 米国2日のNY原油先物は1バレル85.14ドル(1.44ドル高)と大きく値上がりした。これまで、イスラエルがガザに進行した後もイランに危機が及ばない限り原油は安定的とされてきたが、情勢がやや変化してきたとみられている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 材料でみる株価

日経平均は335円安で始まる、NY株はダウ396ドル安で2日続落、NASDAQは反落

 4月3日(水)朝の東京株式市場は、日経平均が335円19銭安(3万9503円72銭)で始まった。

 NY株式はダウ396.61ドル安(3万9170.24ドル)と2日続落し、NASDAQ総合指数と半導体株指数SOXは反落。イランがイスラエルに報復を表明と伝えられた。長期金利(10年国債利回り)が一時4.4%台目で上昇したにもかかわらず金、原油が値上がりした。

 CME(シカゴマーカンタイル取引所)の日経平均先物は3万9670円となり、東京市場2日の現物(日経平均)終値を169円近く下回った。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:02 | 今日のマーケット

ソフトクリエイトホールディングスは調整一巡、25年3月期も収益拡大基調

 ソフトクリエイトホールディングス<3371>(東証プライム)はECソリューション事業とITソリューション事業を展開し、成長戦略としてクラウドサービス拡大などを推進している。4月1日にはソフトウェア開発のシステムワークスジャパンを連結子会社化した。また24年度新卒入社社員106名の入社式を行った。24年3月期は2桁増収増益予想としている。第3四半期累計の進捗率が高水準であり、クラウドサービスの収益が積み上がる収益構造なども勘案すれば、通期会社予想に再上振れの可能性がありそうだ。さらに積極的な事業展開で25年3月期も収益拡大基調だろう。株価は戻り一服となったが、モミ合いレンジから上放れた形であり、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:52 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

建設技術研究所は目先的な売り一巡、24年12月期減収減益予想だが保守的

 建設技術研究所<9621>(東証プライム)は総合建設コンサルタントの大手である。成長戦略として、グローバルインフラソリューショングループとしての飛躍を目指すとともに、インフラ整備を通じた「サステナビリティ」の実現にも取り組んでいる。23年12月期の連結業績(不適切な原価管理に関する社内調査のために遅れていたが3月26日に発表、不適切な原価管理の影響は軽微)は受注が好調に推移して大幅増収増益だった。24年12月期は不透明感や人件費増加などを考慮して減収減益予想としている。ただし、国土強靭化関連など良好な事業環境を勘案すれば保守的な印象が強く、上振れ余地がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大を期待したい。株価は2月の高値圏から反落し、24年12月期減収減益予想も嫌気して上値を切り下げる形となったが、目先的な売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:52 | どう見るこの株

ヤマシタヘルスケアホールディングスは上値試す、24年5月期営業・経常利益予想を上方修正

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東証スタンダード)は、経営理念に「地域のヘルスケアに貢献する」を掲げ、九州を地盤とする医療機器専門商社(山下医科器械)を中心に、継続的な収益拡大に向けてヘルスケア領域でのグループ力向上を推進している。24年5月期第3四半期累計は販管費増加で減益だったが、売上面は医療機器販売が順調だった。そして通期の売上高および営業・経常利益予想を上方修正(純利益は特別損失計上で下方修正)し、営業・経常減益幅が縮小する見込みとした。第3四半期累計の進捗率が高水準であることを勘案すれば通期会社予想に再上振れ余地がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調を期待したい。株価は上方修正を好感して高値を更新する場面があった。依然として1倍割れの低PBRなど指標面の割安感も評価材料であり、利益確定売りをこなしながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

イオン北海道、西友の北海道事業を買収、2025年度売上高3800億円を目指す

■170億円でGMS事業を承継、9店舗で地域密着型GMSを展開

 イオン北海道<7512>(東証スタンダード)は4月2日、西友が北海道地域で展開するGMS事業を170億円で買収すると発表。買収するのは札幌市内にある9店舗で、イオン北海道はこれらの店舗をマルチフォーマットに改装し、地域ニーズに合わせた商品やサービスを提供していく。

 今回の買収により2025年度に直営売上高3800億円、食品売上高においても北海道NO.1となる3000億円を達成することを目指していく。また、9店舗をマルチフォーマットに改装し、地域ニーズに合わせた商品やサービスを提供することで、顧客満足度向上を目指していくとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:41 | IR企業情報

【どう見るこの株】G−FACTORYは赤字業績が続くが先行投資の収穫期入りを期待

■ダブルボトム形成を示唆し、下値不安後退

 G−FACTORY<3474>(東証グロース)は、2月15日につけた年初来安値322円からの底上げ幅を拡大させている。今2024年12月期業績は、前期に続く赤字が予想されているが、大型店舗出店や海外展開、業容拡大にともなう採用拡大・人件費増など先行投資負担によるもので、赤字幅自体も縮小が見込まれていることから、先行投資の収穫期入りを期待して売られ過ぎ修正買いが再燃した。テクニカル的にも前期の四半期決算の発表のたびに下値を探り、昨年11月には320円、今年2月には322円と売られて調整し、ダブルボトム形成を示唆したことも、下値不安後退として買い手掛かり視されている。

■経営サポート事業が続伸し前期出店の大型店舗や海外店舗も上乗せ

 同社の今2024年12月期業績は、売り上げ62億6100万円(前期比11.8%増)、営業利益1600万円の赤字(前期は3900万円の赤字)、経常利益2700万円の赤字(同6400万円の赤字)、純利益7000万円の赤字(同1億9400万円の赤字)と2期連続の赤字が見込まれている。経営サポート事業では、外食店舗の出店希望顧客への物件サポートやベトナムで人材を確保する外国人人材サポートサービスなどが続伸し、飲食事業も、インバウンド需要の回復に前期出店の福岡の大型店舗9店舗やベトナム、シンガポールに出店した複数店舗の売り上げが上乗せとなるが、業容拡大に向けた新規採用による人件費増、先行投資による減価償却負担などが重なり連続赤字を見込んでいる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:25 | どう見るこの株

くすりの窓口、EPARKお薬手帳が累計利用者数500万人突破、利便性と機能性で支持拡大

■全国約2万件の薬局で利用可能、予約・管理・情報共有を一括で

 くすりの窓口<5592>(東証グロース)は4月2日、同社が運営する電子お薬手帳アプリ「EPARKお薬手帳」の累計利用者数が500万人を突破したと発表。

kusu1.jpg

 EPARKお薬手帳は、スマートフォンで薬の情報を管理できるアプリ。従来の紙のお薬手帳を持ち歩く必要がなく、薬の受け取り予約や服薬管理を簡単に行える。処方薬や服薬管理、医療費などのお薬情報をアプリ内でまとめることができる。さらに、ご家族分も登録すれば一括管理が可能。

 日頃のヘルスケア管理に役立つ機能も備えている。健診情報や、ヘルスケアアプリ・ヘルスケア機器端末と連携してデータをアプリ内にまとめると、自動でグラフ・表データ化し状態変化の確認ができる。

 また、マイナポータルと連携することで、処方・調剤されたお薬情報、健診情報、予防接種情報などをアプリ内にまとめて反映することができる。処方されたお薬だけでなく、市販薬の登録もできる。そのほかに、成分や効果の確認や、服薬中のお薬同士の飲み合わせに注意が必要か確認ができる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:20 | IR企業情報

ブイキューブ、家電量販店の上新電機が動画マニュアルの投稿・視聴プラットフォームにQumuを採用

■現場で手間なく、動画編集・投稿が可能

 ブイキューブ<3681>(東証プライム)は4月2日、家電量販店「ジョーシン」を全国200店舗以上展開する上新電機<8173>(東証プライム)が、動画マニュアルプラットフォームとして、「Qumu(クム)」を導入したと発表。

 これにより、動画の編集から投稿までの工程が簡素化され、従業員は研修用動画を容易に共有できるようになった。従来のシステムでは、約4000本の動画が格納されていたが、編集とアップロードのフローが煩雑であり、視聴体験も不十分であった。Qumuの導入により、動画編集と投稿が一元化され、セキュリティを保ちながら視聴制限やID/パスワード認証が可能となった。また、視聴者の利便性が向上し、視聴率の増加に貢献している。

 Qumuの導入は、誰もが簡単に動画を制作・アップロードできる点、セキュアな環境での動画共有が可能となった点、お気に入り登録やコメント投稿などの新機能により視聴環境が改善された点が評価された。導入後7ヶ月で新たに400本のマニュアルが追加され、社内運用の効率化が進んでいる。今後も、ブイキューブは様々なコミュニケーションサービスを提供し、顧客のコミュニケーションDX実現を支援していくとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:07 | IR企業情報

第一商品、金価格連動型暗号資産『Kinka』が新プラットフォームで取扱銘柄に指定

■暗号資産『Kinka』の流動性向上へ

 第一商品<8746>(東証スタンダード)は4月2日、海外子会社「Kinka(BVI),Ltd.」が発行する金の価格と連動する暗号資産「Kinka」が新たな海外暗号資産取引プラットフォーム「MEXC」で取扱いを開始する発表。取扱いは4月16日20時からで、XNK/USDTの取引ペアが現物取引でリスティングされる。MEXCは、1日平均取引金額約14.9億米ドル、ユーザー数1000万人以上を誇る大規模なプラットフォーム。

 同社は、MEXCでのXNKの販売を、既存発行分のダイレクト・リスティングとして行い、海外マーケットメイカーと提携して流動性を供給の役割を担う。また、分散型金融(DeFi)への進出と、イーサリアム・ネットワーク上での「ERC−20規格」のトークンとしてのXNKの利用拡大を計画している。

 XNKの追加リスティングによる業績への影響は、需要と為替相場の変動により予測が難しいが、販売状況に応じて速やかに情報を公表する方針としている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:52 | プレスリリース

【話題】新宿高島屋「バナナマンのせっかくグルメ!!博覧会」開催

■全国各地の絶品グルメが集結

bana1.jpg

 高島屋<8233>(東証プライム)は4月2日、TBSテレビの人気グルメバラエティ番組「バナナマンのせっかくグルメ!!」で紹介された全国各地の絶品グルメが、新宿高島屋に集結すると発表。

 イートインでは、名古屋名物の「かつ丼あらた」のロースかつ丼、山形県酒田市の「酒田ラーメン 花鳥風月」のふわっとろ海老ワンタンメン、神奈川県逗子市の「サンダウナー東京オムレツ」のオムライスなど、番組で紹介された人気メニューが勢ぞろいする。

 テイクアウトでは、長崎県佐世保市の「佐世保バーガー ビッグマン」の佐世保スペシャルバーガー、島根県出雲市の「出雲 日本海」ののどぐろ海鮮ちらし、高知県高知市の「コミベーカリー」の窯出しチーズケーキなど、ご自宅でも楽しめるグルメが豊富に揃っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:04 | プレスリリース