株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2009年08月11日

細田工務店 第1四半期業績は赤字幅を大幅縮小

■販売管理費は6億2000万円減少

細田工務店のHP 細田工務店<1906>(JQ)は、10日に10年3月期第1四半期連結業績を発表した。
 売上高36億5100万円(前年同期比50.1%減)、営業利益△2億6000万円(前年同期△12億6400万円)、経常利益△4億3200万円(同△14億4300万円)、純利益△4億3100万円(同△9億200万円)と売上高半減したが、赤字幅は大幅縮小となった。
 売上高は大幅減収となったが、売上原価率は13.6ポイントと大幅に改善し、前年同期の96.8%から83.2%になった。また、販売管理費も14億9400万円から8億7300万円と6億2000万円減少している。従って、営業利益以下の赤字幅が大幅に縮小する要因となった。
 キャッシュ・フローを見ると、営業キャッシュ・フロー2億9500万円。投資キャッシュ・フローは△700万円。財務キャッシュ・フローは、長期・短期借入金の返済による支出が17億円、短期借り入れが9億5000万円等となり、△7億7500万円となった。よって、第1四半期末の現金及び現金同等物の残高は7億4000万円と前期末より4億8800万円の減となっている。
 市場環境はまだ厳しいが、土地・建設資材の価格が下がったことで、適正価格での販売が可能となっていることから、今期は黒字転換を予想している。
 今通期連結業績予想は、売上高255億円(前期比26.7%減)、営業利益11億5000万円(前期△162億1800万円)、経常利益1億7600万円(同△170億8000万円)、純利益1億6000万円(同△190億1400万円)を見込む。
 尚、年間配当は3円と今期の復配を予想している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:02 | IR企業情報