株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年01月30日

ぱど:今年3月より共通ポイントサービスの全国展開を推進

■広告主の業績悪化により広告宣伝意欲の減退が続く

ぱどホームページ 無料情報誌を発行しているぱど<4833>(大ヘ)は、29日の引け後に今10年3月期第3四半期連結業績を発表した。
 売上高64億4700万円(前年同期比11.4%減)、営業利益1200万円(同92.8%減)、経常利益2500万円(同83.9%減)、純利益△1200万円と減収減益で赤字となった。
 しかし、業績は徐々にではあるが、伸びている。4半期毎の売上高、営業利益を見ると、第1四半期20億9700万円、△9800万円、第2四半期21億6500万円、3500万円、第3四半期21億8500万円、7500万円と売上高、営業利益共に拡大している。
 一昨年からの世界的な景気悪化の影響による消費の冷え込みから広告主の業績悪化により広告宣伝意欲の減退が続いている。また、限られた広告予算の有効活用として紙媒体からWebへのシフトが顕著となっていることから厳しい環境となっている。しかし、クライアントニーズに応えるため、紙媒体とWeb媒体等のクロスセルを推進し、取引件数の増加、粗利率の改善を実現し、販売管理費の削減を実現している。
 昨年12月にポイント管理システムの開発会社であるタイヘイコンピュータとの合弁により「ぱどポイント」を設立。設立以前の昨年9月より横浜地域でテスト導入を開始している。今年3月より全国展開を進める共通ポイントサービス「ぱどポイントサービス」でポイント原資管理、ポイント管理システムの運営を行う。
 ユーザーは100円の利用につき1ポイントが貯まり、ぱどポイント加盟店で1円として使用できる。その原資は、ポイント発行時に加盟店に請求し、「ぱどポイント」が管理する。
 同社では、紙媒体からWeb媒体へも進出、更に顧客の販売促進策としてポイントが使えるように、ポイント管理のシステムの運営も行う等、時代の要請に応えている。
 今10年3月期通期連結業績予想は、売上高87億円(前期比9.3%減)、営業利益9000万円(同44.2%減)、経常利益9000万円(同39.5%減)、純利益6000万円(同61.5%減)を見込む。
 先述しているように、厳しい環境ではあるが、4半期毎の業績は拡大していることから、同社の経営方針は正確といえる。

>>ぱどのIR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | 決算発表記事情報