株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年02月09日

細田工務店 大幅減収ながら大幅増益で営業黒字化、経常・純利益は赤字幅縮小

■今通期連結業績予想は大幅減収ながら大幅増益で黒字転換

細田工務店のHP 戸建住宅の細田工務店<1906>(JQ)は、8日の引け後に今10年3月期第3四半期連結業績を発表した。
 売上高176億6300万円(前年同期比24.9%減)、営業利益2億2600万円(前年同期△25億7800万円)、経常利益△2億6600万円(同△31億2100万円)、純利益△2億6500万円(同△46億1700万円)と大幅減収ながら大幅増益で営業黒字化、経常・純利益は赤字幅縮小となった。
 四半期毎の売上高、営業利益を見ると、第1四半期36億5100万円、△2億6000万円、第2四半期83億5300万円、1億8300万円、第3四半期56億5900万円、3億300万円となっている。
 売上高は第2四半期が最も多いが、利益は第3四半期が最も多い、つまり第3四半期販売物件の利益率が最も高かったことになる。
 一時の地価高騰、建材の高騰により、前期は赤字決算となっているが、今期は徐々に、利幅の取れる物件が多くなってきたことが窺える。
 今通期連結業績予想は、売上高258億500万円(前期比25.7%減)、営業利益8億8000万円(前期△162億1800万円)、経常利益1億9000万円(同△170億8000万円)、純利益1億8000万円(同△190億1400万円)と大幅減収ながら大幅増益で黒字転換を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:04 | 決算発表記事情報