株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年03月12日

下値固まる「ぱど」、『ぱどポイントサービス』を全国展開(株価診断)

■来期業績回復確実で中期買い場

株価診断 地域関連のぱど<4833>(大ヘ)は100円安の1万6300円と小反落。しかし、引き続き下値の固い動き。特に、昨年12月1日以降、1万5000円台の安値を幾度もつけて下値が固まっている。10年3月期の44.2%の営業減益は織り込んだものとみられる。
 同社は無料情報誌『ぱど』を発行。日本の総世帯数の5分の1をカバーする1000万世帯へのリサーチ、地域の主婦を中心とした配布員1万3000人、80万人のインターネット会員、累計10万軒以上の取引店舗、毎週5000件以上の地域情報、などの特徴と強さを持つ。
 少子高齢化などが進む中、コミュニティや地域の重要性が浮かび上がっている中で、『ぱど』は、地域活性化事業として企業・行政・生活者と一体となって地域に貢献する新しい価値を提供する。
 昨年12月にポイント管理システムの開発会社であるタイヘイコンピューターとの合併により、「株式会社ポイント」を設立。横浜地域でテスト導入を始め、今年3月から全国展開を進める共通ポイントサービス『ぱどポイントサービス』を展開している。11年3月期の業績回復は確実な見通し。昨年は5月13日に3月期決算を発表。今年も決算発表で見直されてくるものとみられる。下値鍛錬の進んでいる1万6000円前後は中期仕込み場。

>>ぱどのIR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:40 | 株価診断