株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年06月08日

【株価診断】ハブは上値への目線高く、中期では店舗展開をみながら30〜50万円を目指す

株価診断 8日(火)のハブ<3030>(大ヘ)は、8100円高の13万2000円と3日続伸、年初来高値を更新した。これまでの高値は4月12日の12万5000円。

 同社は首都圏、中部圏、関西圏を中心に『HUB』を展開。「1000円札一枚でいい気分」を、掲げた英国風パブ。今後、順次、政令指定都市に店舗を拡大する。去る7日発表の「5月」売上速報は既存店0.3%増と4月の3.1%増に続いて前年を上回った。全店ベースでは5月は13.8%増と4月の18.6%増に続いて2ケタ伸長。消費停滞といわれるなかで立派な数字。

 10年2月期は12.7%増収、18.3%の営業増益で配当は年3400円を据え置いた。11年2月期は売上8.5%増の61億円、営業利益11.4%増の3億200万円。配当は年4100円へ増配の予定。予想1株利益は1万2450円。

 これまで12万5000円どころが厚い上値の壁となっていた。突破したことで動きやすくなった。2006年4月の上場時には107万円の高値があり、上値への目線は高い。中期では店舗展開をみながら30〜50万円を目指すものとみられる。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 株価診断