株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年07月16日

細田工務店 重点エリアでの戸建事業用地の取得を積極化

■当面は、12年3月期の売上対象となる、200区画を取得

細田工務店のHP 戸建住宅の細田工務店<1906>(JQ)は、15日に重点エリアでの戸建事業用地の取得を積極化すると発表。
 同社は、10年3月期を初年度とする中期経営計画に基づき、重点エリアに分譲・注文・リフォーム事業のワンストップサービス拠点を設置。各エリアでの事業拡充により、知名度向上を図り、エリアの「おかかえ工務店」を目指した営業戦略を展開している。今後の戸建事業用地取得については、重点エリア毎の地域特性を考慮し、1物件あたりの区画数を1から20区画の範囲内で設定するとしている。事業化する際には、エリアの特性や区画数に応じて、同社の販売システムBY−CONCEPTT(プラン売り分譲住宅)・U(建築条件付宅地分譲)と通常の分譲住宅を組み合わせることで事業の早期完了を図り、棚卸資産回転率の向上に努める方針。
 当面は、12年3月期の売上対象となる、200区画を取得する。
 事業用地重点取得エリアは、東京エリア(練馬区、中野区、杉並区、世田谷区・狛江市)、多摩エリア(西東京市、小平市、国立市、三鷹市、武蔵野市、小金井市、国分寺市、府中市、調布市)、神奈川エリア(多摩区、高津区、町田市、宮前区、青葉区、緑区、麻生区)、千葉エリア(船橋市、八千代市、習志野市、船橋市、市川市、おゆみ野、)。

>>細田工務店のMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:05 | IR企業情報