株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2010年12月01日

第一商品は金価格上昇で顧客資産が増大!取引高増加へ波及

第一商品のHP 金地金営業に特化した営業を推進する第一商品<8746>(JQS)は、充実した情報サービスの提供をめざし、特に来店顧客増大を重視。長年定期的に継続してきた本店をはじめ各支店での「経済セミナー」をはじめ各社イベントを開催、あわせて全国ネットでのTVCMを通じて、低金利時代に相応しい資産運用を提案する地道な営業活動に取組んでいる。

 商品業界を取り巻く環境はめまぐるしく変化している。第2四半期がはじまった7月頃には、東京工業品取引所の金の取引高が急速に減少し、商品各社の収益も低調に推移していたが、その後、ヨーロッパを中心とする信用・通貨不安の高まりを背景に金価格が急上昇し、1,400j超と最高値を更新しはじめるに連れ取引高が急増する様変わりの展開を見せた。

 同社顧客の動きも活発化している。特に、金取引に特化している同社では、顧客保有の金資産残高が多く、金価格上昇で資産価値を高めており、売り、買い両取引で取引量が増大しているようだ。

■IRセミナー開催、営業戦略を明らかに

 こうした状況下同社は、12月14日(水曜日)14時から時事通信社ホールで、恒例のIRセミナーを開催する。

 同セミナーの第1部で落岩邦俊同社社長が、「CM、店頭サービス体制を一新」――金に特化した営業戦略が開花へ――を、テーマに会社説明を行う予定であり、第2部では「同社への質疑応答」で落岩社長と久下隆氏の対談が予定されているが、同社では、直近の同社の状況や、今後の資産運用への提案を知ってもらえるチャンスなので、多くの投資家の来場者を期待している。なお、第3部は株式講演「過剰流動性相場の裏表」。

>>第一商品のMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:11 | IR企業情報