株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年03月05日

【選挙関連株】マクロミルはインターネット調査の成長性評価を確立する相場へ

選挙関連銘柄 インターネット調査首位のマクロミル<3730>(東1)は昨年来高値圏で頑強な動きを続けている。1月28日に今2011年6月期12月中間決算、及び今6月期通期見通しを上方修正、それをきっかけに見直し買いが上値に伸びるようになってきた。

 12月中間決算の売上げは従来見通しの58億2100万円を上回り62億8300万円と、前年同期比77%の大幅増を記録した。ネットリサーチ事業が一般事業会社や広告代理店向けに売上げを伸ばし、昨年8月に行ったヤフーバリューインサイト株式会社との経営統合が順調に進んだことも収益拡大に結びついた。

 営業利益も従来の9億円を大きく上回る14億2500万円と前年同期比62%増を達成した。5億2500万円の増額となったが通期見通しは単にそれを上乗せして24億6700万円から29億9500万円に修正した。中間期の営業利益は第1四半期の5億6800万円から第2四半期は8億5700万円へアップしており、こうした足元の流れに照らすと通期見通し再増額の可能性も強い。

 株価は既に2007年以来の水準にまで切り上げてきており、インターネットに特化した市場調査会社という業態が新たな成長評価を確立しつつあるステージと言えそう。(=注目の選挙関連銘柄)

【特集:東京都知事選】
・2011年03月03日:(1)現職知事の不出馬で選挙戦の行方と関連銘柄は?
・2011年03月04日:(2)各候補者の動向と「具体的な重点政策」
・2011年03月05日:(3)選挙特需が期待される業界と銘柄

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:59 | 株式投資ニュース