株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年04月15日

【復興特需関連株】細田工務店は大地震発生で耐震関連のリフォームが増加の可能性も

■復興特需関連としての位置づけが広い

細田工務店のHP 細田工務店<1906>(JQS)の株価はやや人気が離散状態にある。東日本大地震に伴う影響に付いては一部営業所などに被害がでているが、東京中心のドミナント戦略を展開している同社にとって、事業への直接的な影響は確認されていない模様だ。

 一方、同社は住宅の安全性を計るための住宅の耐震診断を実施、その結果を踏まえての補強提案、補強工事を行っている。東日本大地震の余震が止まない状況からは、住宅の耐震診断へのニーズが強まる方向が予想され、広く復興関連としての位置づけも可能と思われる。

 前2011年3月期の業績は売上げが196億円と前々期比22%減少し、営業利益も7億300万円と同じく22%ダウンの見込み。住宅分譲の底入れで今2012年3月期は増益転換が予想されるが、リフォームへの引き合い増などがあれば増益幅が広がることも考えられる。

>>細田工務店のMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:37 | 株式投資ニュース