株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年08月03日

「金」29年ぶり高値でも第一商品を除き関連株の動き鈍い

■円高の懸念が逆風

 第一商品<8746>(JQS)は3日、急反発となり、前場685円(78円高)まで上げ、終値も624円(17円高)。年初来の高値747円(7月27日)に迫る水準で堅調。東京工業品取引所の「金」先物が続伸し、後場、指標限月ベースで1982年9月9日(4326円)以来29年ぶりの高値になる1グラム4130円をつけたと伝えられ材料視された。値上がり率は2.8%高。

 もっとも、他の「金」関連銘柄は総じて重く、住友金属鉱山<5713>(東1)は無反応。回収・再生の松田産業<7456>(東1)は朝方1273円(16円高)まであげたものの、終値は1246円(11円安)。国内の金市況には円高が逆風になる。一方、上場投信の純金投資信託<1546>(東・LEIT)は後場3095円(75円高)まで上げ、終値は3095円(75円高)で2.5%高。4月の年初来高値4000円からはまだ低い水準。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:24 | 株式投資ニュース