株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2011年09月15日

【上方修正株】ハブは業績上方修正・最高純益更新に増配がオンして急続伸

上方修正銘柄 ハブ<3030>(JQS)は15日、6500円高の12万8000円まで上げて3500円高の12万5000円と急続伸した。14日大引け後に今2月期第2四半期累計・通期業績の上方修正と期末配当の増配を発表、通期純利益が、7月開示の減益予想から増益転換して連続過去最高を更新することが、内需関連の割安株買いを拡大させた。

 業績修正のうち2月通期業績は、7月予想値より売り上げを1億7000万円、経常利益を4000万円、純利益を1500万円それぞれ引き上げ、純利益は、2億円(前期比0.5%増)と前期の過去最高を更新する。

 東日本大震災と原発事故の発生の影響で先行きが不透明化するとして、厳しい環境を乗り切るために経費全般にわたって費用対効果を見極めた経費管理を徹底し、その後、夏場の電力不足の影響もなく業績が順調に推移したことから上方修正をした。

 期末配当は、配当総額を経常利益の15%前後、配当性向50%以下とする業績連動型配当政策に従って7月予想の4800円を5300円(前期実績4700円)に引き上げ、連続増配幅を拡大する。

 株価は、大震災発生で年初来安値8万6500円まで売られ、前期業績の上ぶれ着地から13万4000円まで戻し、7月の今期純益の小幅減益転換予想を織り込み12万円台を出没した。PER7倍台、PBR0.9倍、配当利回り4.1%の割安修正に再発進しよう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 22:06 | 株式投資ニュース