株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2012年05月12日

ぱど 12年3月期連結業績は減収ながら黒字転換

■情報誌関連、配布関連共に震災の影響を受ける

 無料情報誌のぱど<4833>(JQG)は11日、12年3月期連結業績を発表した。
 同社では、紙媒体を中心とする「ぱど事業」を推進し、地場広告の需要掘り起こしに注力した。また客単価の増加・新規顧客開拓を進める一方で、売上原価の圧縮を行うと共に、ターゲットを意識した媒体品質の向上を図り、収益回復に取り組んだ。
 その結果、12年3月期連結業積は、売上高78億67百万円(前年同期比4.6%減)、営業利益23百万円(前年同期△1億84百万円)、経常利益50百万円(同△1億72百万円)、純利益27百万円(同△2億67百万円)と減収ながら黒字転換を果たした。
 主力の情報誌関連では、ぱどの広告枠販売が、震災の影響を受けたことで、売上高は54億68百万円 (同5.1%減)、セグメント利益25億28百万円となった。
 配布関連は、「ぱど」、「ラーラぱど」等と一緒に、チラシを配送するサービスを行っているが、情報誌関連と同様に震災の影響を受け、売上高は8億76百万円 (同8.2%減)、セグメント利益3億84百万円。
 FC関連は、西日本地域の発行回数減などによりロイヤリティ売上が減少し、売上高2億42百万円(同11.9%減)、セグメント利益97百万円となった。
 営業支援関連では、Webメディアへの広告掲載及び販売促進ツールを提供している。商売名人プラスの販売地域拡大、及び誌面掲載とWeb掲載をセットで販売する定額プランの受注増加もあり、売上高は7億38百万円(同3.0%増)、セグメント利益は2億86百万円となった。
 その他では、売上高は5億41百万円(同1.1%増)、セグメント利益は1億39百万円であった。
 前期は震災の影響を受けたことで、減収となったが、今13年3月期連結業績予想は、売上高83億円(前期比5.5%増)、営業利益1億50百万円(同551.2%増)、経常利益1億60百万円(同220.6%増)、純利益1億円(同270.4%増)と増収大幅増益を見込む。

>>ぱどのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:36 | 株式投資ニュース