株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2013年04月02日

【株式評論家の視点】全世界の人口の約7割は黒髪、ミルボンは海外展開を加速へ

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 ミルボン<4919>(東1)は再度の新展開入りをうかがう強い動きを見せている。3月29日に発表された、今2012年12月期の第1四半期決算の好調を手掛かりに押し目買い人気が高まり、商いの増加が顕著で、3月18日の3420円の高値奪回が視野に入ってきた。据え置きとなった今期通期の見通しについて、海外の伸張などによりアナリスト筋は増額の方向を見ており、株価も再び新展開入りを目指すことが予想される。

 同社は美容室で施術するパーマネントウェーブ用剤やシャンプー・リンスなどのヘアケア用剤、染毛剤(ヘアカラー)などを販売し、国内トップシェアを誇る。製品開発はトップヘアデザイナーの持つ新しい美容技術やノウハウを一般の美容室でも使えるように標準化し、それを提供している。そして、美容の技術や知識を身に付けた同社の営業・教育担当者のフィールドパーソンが、美容室の業績をサポートしながら販売の拡大を図っている。

 今12月期の第1四半期決算は売上げ52億9100万円と前年同期比8.9%増、営業利益が9億200万円と同9.3%増の増収益を達成した。通期でも営業利益42億5000万円と6.6%増益が見込まれている。

 ヘアケア用剤部門では、2月度発売のエイジングケアブランド「プラーミア」と「オージュア エイジングケアシリーズ タイムサージライン」の滑り出しが好調なほか、染毛剤部門では、グレイカラー剤(白髪染め)「オルディーブ ボーテ」、ファッションカラー剤「オルディーブ」が順調に推移している。

 また、美容室に対する活発な教育活動等により海外子会社の売上げが、順調に伸びている。今後の成長を支えるのもグローバル展開。全世界の人口の約7割は黒髪であり、その多くが暮らしているアジア。中でも韓国や香港、台湾は美容へのニーズが高く、中国も、沿岸都市部の富裕層を中心に美容意識が高まってきている。さらに、今後経済成長とともに美容ニーズの高まりが予想されるタイ、ベトナム、マレーシアへも進出していく意向だ。(株式評論家・隆盛)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:55 | 株式評論家の視点