株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2013年08月15日

ピーエイ 2ケタ増収により、営業・経常利益共に増益

■販管費が増加したにもかかわらず第2四半期の営業利益は増益に転じる

 求人情報JOBPOSTを配信しているピーエイ<4766>(東マ)の今期13年第2四半期連結業績は、売上高6億83百万円(前年同期比12.9%増)、営業利益74百万円(同0.6%増)、経常利益85百万円(同9.7%増)、純利益84百万円(同5.5%減)と2ケタ増収により、営業・経常利益共に増益となった。最終利益については、特別利益を計上したため法人税が増加したことで減益となった。

 第1四半期は、3月にいわき市に新規営業拠点を開設するなどエリア拡大のために営業員を積極的に採用し、販管費が増加したことから営業利益は前年同期比24.7%減となったが、第2四半期も4月に、富山県(富山市)、群馬県(高崎市)に新規営業所を開設するなど同じく販管費が増加したにもかかわらず営業利益は増益に転じている。売上増が販管費の増加をカバーしたことになる。

 事業別の売上は、情報サービス事業6億9百万円(同11.5%増)、人材派遣事業74百万円(同25.4%増)と共に2ケタの増収。

 14日午後12時10分に決算が発表されたが、株価は好業績にもかかわらず前日比7円安の218円で引けた。

 4月25日に年初来の最高値470円を付けた後長い調整局面に入っているが、営業エリアの拡大、スマートフォン向けの投資等を積極的に行っていることからその成果が出てきている。今後の株価反発が期待できる。

>>ピーエイのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:43 | 決算発表記事情報