株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年06月16日

【引け後のリリース】メディアフラッグ「スポット巡回」導入し売上高が大幅増の事例

引け後のリリース、明日の1本 「覆面調査」などのメディアフラッグ<6067>(東マ)は16日の午後、売場などを定期的に巡回する定期ラウンダーを配置できない地方などに対してのサービス「スポット定期ラウンダー」を某化粧品メーカー向けに実施し、売上高が昨年の同時期対比で166.1%を達成したと発表した。メディアフラッグの準主力事業として注目されそうで、6月中間決算などに期待が強まる場面が出てきそうだ。

 発表文によると、「スポット定期ラウンダー」は、定期ラウンダーを導入するほど店舗数の無いケースなどで活用するメリットがあり、たとえば地方都市の場合、定期ラウンダーを導入しようとしても近隣エリアに店舗数が少なく、効率的な巡回が行えない場合が多くあるようなケースで提供し、店舗に対して固定のラウンダーを配置することも可能なフレキシブルなサービス。店舗との関係構築や売り場交渉・作成など、スポットだけではなく定期ラウンダーに近い活動が可能になっているという。

 株価は今年2月に業績予想の増額修正を発表してから上昇基調を強め、それまでの600円前後での小動き横ばい相場から5月229日には1310円まで2倍の値上がりになった。今12月期は純利益などが連続最高益を更新する見込みで、1500円台から2000円台で活躍しても不自然ではないとの見方がある。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:34 | 今日のマーケット