株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年11月09日

チムニーの第3四半期は主力ブランドが堅調に推移し増収増益

■主力の「はなの舞」は今年20周年

 チムニー<3178>(東1)の15年12月期第3四半期連結業績は、売上高が前年同期比1.8%増の347億39百万円、営業利益が同2.8%増の24億43百万円、経常利益が同3.3%増の24億96百万円、四半期純利益が同10.5%増の13億61百万円と増収増益で着地した。

 インバウンド増加の流れの中で、訪日外国人の顧客に日本料理と伝統文化の複合価値を提供し、来客数の増加を実現した。

 また、「はなの舞」は今年20周年を迎え、更なるブラッシュアップに努め、「北海道直送花の舞」業態を開発し、第3四半期末で13店舗となった。


 コントラクト事業では、特定施設内での食堂施設の運営事業などでは、アンケートによる顧客ニーズをメニュー構成に反映させ、顧客満足の向上等に努めている。

 店舗展開では昨年に引き続き山陰山陽四国地方への出店を強化。店舗数は、第3四半期末では直営店315店舗(前期末307店舗)、コントラクト店94店舗(同100店舗)、フランチャイズ店297店舗(同300店舗)で、同社の店舗数合計は706店舗となり、連結子会社の32店舗を加えると、グループ店舗数は738店舗となった。

 今期通期業績予想は、当初予想を据置き、売上高は485億40百万円(前期比4.2%増)、営業利益は35億90百万円(同4.6%増)、経常利益は36億20百万円(同3.9%増)、純利益は19億円(同5.8%増)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:38 | 決算発表記事情報