株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年02月09日

【業績でみる株価】一蔵は上場後強い相場展開、第3四半期で通期予想利益を上回る

 一蔵<6186>(東2・100株)は、昨年12月25日に上場、株価は上場後高値1259円と同安値854円の「中間値」(1056円)を上回り1100円前後で強い展開である。新規上場銘柄の多くが値を崩す中で特筆される動きといえる。

 振袖、和装小物などきもの一式を自社店舗、チェーン専門店、一般呉服店、ネット通販、百貨店などで販売・レンタルを全国展開する。各店舗に専属カメラマンを配置し写真・アルバムのデザイン提供を行っている。

 以前は資産として高価な着物を所有し特別な機会にのみ着用することが多かったが、近年では、ファッションとして、「着て楽しむ」消費者が増加、「所有」から、「使用」に大きく変化している。外国人観光客の急増で日本の伝統的な着物文化に憧れが持たれ、「おもてなし」の代表にもなっている。川越市では、着物の日(ゆかた)が定番となっており、古風な町並みとマッチして優雅さをかもし出している。外国人の着物姿も多く目にふれる。

 上場後初決算の2016年3月期・第3四半期(4〜12月)の売上は1058600万円(前年同期との比較なし)だった。営業利益は10億5100万円だった。セグメント売上は、(1)和装事業が65億5200万円(構成比率61.9%)、(2)ウエイディング事業39億3400万円(同37.2%)。

 とくに、営業利益は通期(16年3月期)予想の10億2000万円を第3四半期で上回った。今期売上は前期比5.4%増の137億7400万円、1株利益152.0円、配当は期末一括の年35円の見通し。

 株価は上場時初値1236円は下回っているものの、前述のように相場強弱の目安となる中間値を上回り、今日の株価1064円で弾いた利回りは3.3%とたいへん魅力的である。PERでも7.0倍と割安水準だ。配当取りで中期注目できる銘柄といえる。全般相場が回復に転じれば1500〜1800円相場は期待できそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:35 | 業績でみる株価