株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年06月02日

フライトHD:日本初!電子マネー対応版決済システムを開発

■第一弾対応ブランドはNTTドコモの「ID」に

 電子決済システムなどのサービスを提供するフライトホールディングス<3753>(東2・売買単位100株)は、傘下のフライトシステムコンサルティングが、トッパン・フォームズのグループ会社であるTFペイメントサービス株式会社(TFPS)と連携し、日本で初となるスマホやタブレット上での電子マネー決済対応版「ペイメント・マイスターfor Thincacloud」を開発、本日加盟店向けに提供を開始したと発表した。

■多種多様な支払いニーズ、最先端決済ソリューションを提供〜東京オリンピックなど視野に

 第一弾の電子マネーブランドとしてNTTドコモの「iD(アイディー)」が本日からサービスを提供を開始する。

id11.jpg

 同社では、「iDに続き、様々な電子マネーブランドに対応を拡大し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、国内外の多種多様な支払いニーズに沿った最先端の決済ソリューションを積極的に提供していく」と話している。

■iPadなどネット回線利用し、“使い安心・安全”な決済処理

 「ペイメント・マイスター for Thincacloud」は、接続先決済センターをTFPSが運営する電子マネー専用クラウド型決済プラットフォームサービス「Thincacloud(シンカクラウド)」とし、フライト社のIncredistとタブレットを連動させて電子マネー決済を行う仕組みとなっている。

 具体的には、導入企業が電子マネー決済を行うにはiPad/iPhone/iPod touchに「ペイメント・マイスターfor Thincacloud」をインストールし、決済装置「Incredist」と組み合わせるだけで足りることになる。

■ソフトの拡張性活かし、ニーズ拡大にハードウェア投資は不要

 電子マネー決済で使用する回線はインターネット回線が利用できるので、iPad等のWi−FiまたはLTE回線を使い安心・安全な決済処理ができる。

 またThincacloudのクラウド型システムの特徴を活かし、Thincacloudの対応ブランドや対応サービスが拡大しても、ソフトウェアの拡張性により、支払ニーズにあわせた決済手段の利用が可能なので、導入企業が新たなハードウェア投資は必要ない。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 21:04 | 新製品&新技術NOW