株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年09月12日

【業績でみる株価】ソフトウェア・サービスはモミ合い上放れ期待、16年10月期第3四半期累計は大幅増収増益

 ソフトウェア・サービス<3733>(JQ)が9月9日発表した16年10月期第3四半期累計の非連結業績は大幅増収増益だった。株価は安値圏でモミ合う展開だが、好業績を評価してモミ合い上放れの展開が期待される。

 第3四半期累計(11〜7月)の非連結業績は売上高が前年同期比28.5%増の135億24百万円、営業利益が同35.0%増の23億32百万円、経常利益が同33.2%増の23億75百万円、純利益が同25.6%増の15億82百万円だった。病院統合オーダリングシステム「Newtons2」や電子カルテシステム「e−カルテ」の受注が好調に推移して大幅増収増益だった。

 通期予想は前回予想(12月11日公表)を据え置いて、売上高が前期(15年10月期)比17.1%増の170億円、営業利益が同3.4%増の27億50百万円、経常利益が同2.9%増の28億円、純利益が同0.3%増の19億32百万円としている。通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高79.6%、営業利益84.8%、経常利益84.8%、純利益81.9%である。医療機関の一般的な会計年度末に当たる第2四半期(2〜4月)の構成比が高い収益構造だが、季節変動要因を考慮しても高進捗率であり、通期上振れ余地がありそうだ。

 株価は安値圏4000円〜4500円近辺でモミ合う展開だ。ただし2月の年初来安値3620円まで下押す動きは見られない。そして煮詰まり感を強めている。好業績を評価してモミ合い上放れが期待される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:17 | 業績でみる株価