株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年11月06日

ワークマンの第2四半期は、カジュアル、ファミリー衣料が2ケタ増収と好調で6期連続の増収となり最高益更新

■新規出店が直近の10年間で過去最高の18店舗と出店スピードが加速し、年間32店舗に上方修正

 ワークマン<7564>(JQS)の第2四半期は、カジュアル、ファミリー衣料が2ケタ増収と好調であったことから、6期連続の増収となり最高益更新となった。

 31日に発表された第2四半期業績は、営業総収入245億13百万円(前年同期比3.7%増)、営業利益43億18百万円(同6.2%増)、経常利益48億87百万円(同5.8%増)、純利益29億81百万円(同8.5%増)と最高益更新となった。

 今期の特徴は、新規出店が直近の10年間で過去最高の18店舗と出店スピードが加速したことと、「FieldCore」などブランド戦略の推進で客層の拡大を図ったことが奏して、カジュアル、ファミリー衣料が2ケタの増収となったことが挙げられる。

 新規出店については、契約形態を土地リースに切り替えたことで、出店スピードが加速している。そのため、今期は当初、通年で30店舗の出店計画であったが、32店舗に上方修正している。

 カジュアルウエア、ファミリー衣料が2ケタの増収と好調である。特に、カジュアルウエアの売上高は、過去4年間で最も伸びている。例えば、13年の第2四半期のカジュアルウエアの売上高は、ワーキングウエアの約3分の1であったが、今期16年第2四半期は約2分の1まで近づいてきている。背景には、客層の拡大を図ってブランド戦略を推進していることが挙げられる。

 通期業績予想に対する進捗率は、営業総収入47.2%、営業利益46.6%、経常利益46.8%、純利益44.8%である。
 前期の進捗率は、営業総収入47.6%、営業利益46.1%、経常利益46.4%、純利益44.1%であった。進捗率は、ほぼ変わらないことから、今期業績予想の達成はほぼ確実と思われる。

 株価は、31日発表の好決算にもかかわらず、日経平均の連日の大幅安の影響を受けて下げている。チャート的には安値圏で推移している。今期も最高益更新が見込まれていることから、株価の見直しが期待できる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:07 | 株式投資ニュース