株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年08月15日

【銘柄フラッシュ】オンキヨーが急伸しホシデンなどの好業績株も活況高

 15日は、東証1部の値上がり率1位がホシデン<6804>(東1)の12.2%高となり、三菱UFJモルガン・スタンレー証券による目標株価の引き上げ(1200円から2000円に)が好感され、8月初旬に発表した四半期決算を好感した急騰相場が再燃とされて高値を更新。

 2位はジャストシステム<4686>(東1)の12.2%高で、引き続き8月7日に発表した四半期決算が好感されて7日続伸となり2006年以来の高値。

 3位はミマキエンジニアリング<6638>(東1)の9.1%高となり、10日発表の四半期決算や通期業績見通しの増額が見直される形で大幅反発。

 戸田工業<4100>(東1)は次世代リチウムイオン電池などへの期待が言われて7.7%高。アルコニックス<3036>(東1)は好業績株の再評価に加え国際資源市況の回復などが言われて7.7%高。

 パス<3840>(東2)は四半期での赤字改善が目立つとされ8月1日付で東証マザーズ市場から昇格(市場変更)したことなども言われて物色が再燃し9.0%高。富士通フロンテック<6945>(東2)は7月下旬に発表した四半期業績の大幅増益に加え、競馬場の発券・払い戻しシステムも手がけ、東京都競馬<9672>(東1)の決算発表などによると17年上半期の公営競技の売上高はオートレースを除き競艇も競輪も増加していることなどが言われて急反発し7.4%高。

 アクセルマーク<3624>(東マ)は四半期決算発表後の値動きが強く8月11日から3日間にわたって開催された「コミックマーケット92」に出展した最新作などが好評だったようだとされて15.8%高。ファイズ<9325>(東マ)は8月4日の四半期決算発表後5日続落となってきたが、14日に5000円の大台を割り下げ過ぎ感が出たようで反発し14.4%高。インフォテリア<3853>(東マ)は四半期決算が連日好感されて日々の下値を4日連続セリ上げ、11.2%高と出直りを強めて約3週間ぶりに終値で1400円台を回復。

 オンキヨー<6628>(JQS)はAI活用のスマートスピーカーなどに対する取り組みを連日発表して期待が強まり23.0%高。アイフリークモバイル<3845>(JQS)は10日発表の四半期決算を受けて翌取引日に約1ヵ月ぶりに300円の大台を割ったが、この大台割れはさすがに下げ過ぎとの見方があり21.5%高の急反発となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:18 | 株式投資ニュース