株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月15日

アイビーシーは後場もストップ高、自社株買いや連結決算への移行など注目される

■前9月期の非連結決算は純利益が23%増加

 アイビーシー<3920>(東1)は11月15日、後場もストップ高の1492円(300円高)で始まり、朝方からほとんどこの値段で売買されて大商いとなっている。ITインフラの性能監視システムなどを手がけ、今期・19年9月期から連結決算に移行。14日の取引終了後、2018年9月期の決算(非連結)と今期の連結業績予想、および自己株式の取得(自社株買い)を発表し、注目集中となった。

 18年9月期の業績(非連結)は、売上高が前期比6.1%増加して12.90億円となり、純利益は同23.3%増加して1.41億円となった。今期から連結決算に移行し、連結業績予想は売上高が18.37億円、純利益が1.86億円、1株利益は32円70銭。

 また、自社株買いは、取得上限株数が22万株(保有自己株式を除く発行済株式総数の3.87%)、金額は2億6224万円。買い付けは、11月14日の終値1192円で15日朝8時45分の東証の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT−3)に委託する。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:54 | 株式投資ニュース