株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年05月12日

インテージホールディングスの20年6月期第4四半期連結業績は、増収増益と堅調

◇インテージならびにM&Aにより加入した協和企画、エヌ・エス・ケイ等が貢献

 インテージホールディングス<4326>(東1)の20年6月期第4四半期連結業績は、増収増益と堅調であった。堅調であった要因は、インテージならびにM&Aにより加入した協和企画、エヌ・エス・ケイ等の貢献により増収となり、利益面については、ヘルスケアおよびインテージテクノスフィアの影響等により増益となったことが挙げられる。なお、期連結業績は、決算期変更に伴い、19年4月1日から20年6月期までの15カ月間の決算となる。

 その結果、20年6月期第4四半期連結業績は、売上高562億04百万円(前年同期比4.1%増)、営業利益45億54百万円(同6.7%増)、経常利益46億円(同9.1%増)、純利益31億30百万円(同9.5%増)となった。

 マーケティング支援(消費財・サービス)は売上高348億98百万円(同3.2%増)となったが、営業利益は20億86百万円(同5.7%減)と減益となった。SRI+のリニューアル等投資が嵩んだことが影響している。

 マーケティング支援(ヘルスケア)は売上高137億25百万円(同4.9%増)、営業利益17億10百万円(同6.6%増)と医療用医薬品・医療機器に係るカスタムリサーチや、一般用医薬品に係るパネル調査は堅調に推移したことから増収増益となった。

 ビジネスインテリジェンスは、既存業界向けソリューションが堅調であったことに加え、子会社化したエヌ・エス・ケイが貢献したことにより、売上高75億81百万円(同7.0%増)、営業利益7億58百万円(同67.6%増)と増収大幅増益であった。

 今期は15カ月決算であるが、ここまでは増収増益と堅調に推移していることもあり、配当は30円(前期22円)と8円の増配を予想している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:05 | 決算発表記事情報