株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2020年08月24日

ニューラルポケットは上場3日目で初値、5100円で売買成立しさらに一段高

■公開価格900円の5.7倍、その後ストップ高まで上げる

 上場3日目となったニューラルポケット<4056>(東マ)は8月24日の前場、9時13分に公開価格900円の5.7倍の5100円で売買が成立し初値をつけた。その後、本日のストップ高の6100円まで上げた。後場も6100円で始まった。

 「AIエンジニアリング事業」の単一事業で、スマートシティ関連サービス及びサイネージ広告関連サービス、ファッショントレンド解析関連サービスの3つのサービスを展開。同社のエッジAIは、スマートシティの中で使われるさまざまなアプリケーションに搭載可能であり、進行中の開発プロジェクトの中で不動産デベロッパーや通信事業会社、セキュリティ管理会社、技術商社等、都市開発を支える様々な事業分野の大手企業と協働している。

 今期・2020年12期の業績予想(個別、会社発表)は、売上高が7.76億円(前期比149.4%増)、営業利益が1.65億円(前期は営業損失1.33億円)、純利益は1.15億円(同純損失1.39億円)、1株利益は8円55銭。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:42 | 新規上場(IPO)銘柄