株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年03月30日

ヒーハイストは「ホンダF1開幕戦2位」や半導体市場の動向など材料視され一段と出直る動き

■業績は第3四半期に入って大きく改善

 ヒーハイスト<6433>(JQS)は3月30日、465円(65円高)まで上げる場面を見せて一段と出直り、昨年来の高値475円に迫る展開になっている。

 回転運動を直線の動き(直動)に変えるリニアボールブッシュなど直動ベアリングの大手で、「ホンダF1バーレーンGP開幕戦2位」と伝えられ、材料視された。このところは、「半導体製造装置メーカーが増産に向けて部品の確保に動いている」(日経産業新聞3月10日付より)など、世界的な半導体不足と増産に向けた動きが注目材料との見方が出て強い相場になっている。

 業績は第3四半期に入って大きく持ち直しており、期初から第2四半期までの累計営業利益(連結)は88百万円の赤字だったのに対し、第3四半期までの累計は24百万円の赤字に急改善した。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:48 | 材料でみる株価