株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2021年08月13日

JPホールディングスは22年3月期1Q減益、通期も減益予想だが保守的

(決算速報)
 JPホールディングス<2749>(東1)は8月12日の取引時間中に22年3月期第1四半期連結業績を発表した。新規施設開設などで増収だが、新人事制度導入やシステム導入などの一時的要因の影響で減益だった。通期(補助金収入の計上方法を変更したため売上高と営業利益を上方修正)も減益予想だが保守的だろう。株価は7月の年初来安値圏から切り返しの動きを強めている。第1四半期減益に対するネガティブ反応も限定的だった。調整一巡して出直りを期待したい。

■22年3月期1Q減益、通期も減益予想だが保守的

 22年3月期第1四半期連結業績は、売上高が前年同期比4.6%増の83億71百万円、営業利益が32.2%減の1億78百万円、経常利益が30.1%減の1億86百万円、親会社株主帰属四半期純利益が40.4%減の1億05百万円だった。

 新規施設開設(保育園3園、学童クラブ・児童館8施設)などで増収だが、新人事制度導入・賞与支給期間変更に伴う賞与引当金の増加、システム導入に伴う費用の増加など、一時的要因の影響で減益だった。なお自治体から受け散る補助金収入について、従来は営業外収益に計上していたが、当第1四半期から売上高に計上している。この更に伴って前年同期の数値も組み替えている。

 補助金収入の計上方法変更に伴って22年3月期通期予想の売上高と営業利益を上方修正した。修正後の連結業績予想は売上高が21年3月期比0.6%増の337億円、営業利益が19.5%減の23億円、経常利益が22.0%減の23億円、親会社株主帰属当期純利益が2.7倍の14億50百万円としている。配当予想は60銭増配の4円50銭(期末一括)である。

 当期純利益は減損損失が一巡して大幅増益予想だが、新型コロナウイルス感染症再拡大による不透明感なども考慮して営業・経常減益予想としている。ただし保守的だろう。

■株価は切り返しの動き

 株価は7月の年初来安値圏から切り返しの動きを強めている。第1四半期減益に対するネガティブ反応も限定的だった。調整一巡して出直りを期待したい。8月12日の終値は272円で、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS16円58銭で算出)は約16倍、時価総額は約239億円である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:21 | 決算発表記事情報